5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アップル、第1四半期の利益を60億ドルと発表

1 :John Appleseed:2011/01/19(水) 23:00:55 ID:PbJG/irf
http://www.computerworld.jp/topics/move/190396.html

 米国Appleは1月18日、2011年度第1四半期の収入が史上最高の267億4,000万ドルに達したことを発表した。
「iPhone」「Mac」「iPad」などの販売が好業績を牽引したという。売上高は71%増、純利益も78%増加の60億ドルを記録した。

 第1四半期のMac売り上げ台数は、前年同期比23%増の413万台。iPhoneの販売もあいかわらず順調で、2010年から86%多い
1,624万台が売れた。なお、第1四半期の「iPad」売り上げ台数は733万台だった。

 同社の最高経営責任者(CEO)を務めるスティーブ・ジョブズ氏は声明の中で、第1四半期はMac、iPhone、iPadの売り上げが
記録的な数値に達した「驚嘆すべき」四半期であったと述べた。

 これまでタブレット市場はAppleが支配してきた。しかし、「Android OS」を搭載する新型タブレットが出回るようになった
ことから、現在のバランスが変わる可能性も出てきた。

 IT専門の調査会社である米国IDCの最新の予測では、2010年第3四半期の世界タブレット市場に占めるAppleのシェアは87.4%
だった。だが2011年以降は、AndroidやそのほかのOSを利用するデバイスが躍進するとの見方を示している。

 今回の決算報告は、AppleがジョブズCEOの病気療養を公表した翌日に行われた。同社はジョブズ氏の休職期間や具体的な理由を
明らかにしていない。

 ジョブズ氏は2009年1月にも同様に6か月間の休養を取り、肝臓移植を受けた。その前には、2004年に膵臓から癌腫瘍を摘出する
手術をしている。

 ジョブズ氏の健康状態についてAppleがどの程度情報公開をすべきかという議論は、過去にもしばしば繰り返されてきた。同氏が
健康を取り戻し、職場に復帰するまで肝臓移植を受けていたことを公表しなかったせいで、Appleは大いに批判された。

 “強烈な個性”を持つCEOは少なくないが、ジョブズ氏はその中でも特別な存在だ。ジョブズ氏がいなければAppleはまったく違う
企業になっていただろうと言う人もいる。したがって、同社は投資家に対し、ジョブズ氏の経営手腕に影響をおよぼす健康状態に
関して情報を開示すべきだと指摘する声が上がっているのだ。

 投資家たちは、ジョブズ氏の現状がはっきりしないことに不安を抱いているようである。同氏の休職について一報が流れたあと、
最初に株式が取引された1月18日朝の同社株価は20ドル下落した。もっとも、同日の決算報告前には多少戻し、下落価格は5ドル
(割合では1.4%)に踏みとどまった。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)