5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【板金♀は】僕まか!攻雑スレ2丁目【俺の嫁】

1 :iPhone774G:2011/11/07(月) 21:56:17.06 ID:AYoaRd3j0
このスレは、「僕の魔界を救って!」の攻雑スレです。

「僕の魔界を救って!」は無料の放置型クラウド式ファンタジーシミュレーションRPGです。
人間に蹂躙されてしまった魔界で、その世界を取り戻すために魔王が奮闘する物語です。

開発.販売: JAGS
発売日: 2011年06月
価格: 0円
対応機種:iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.3 以降が必要
カテゴリ: 放置型RPG
現在のバージョン: 1.1.1

■App Store
http://itunes.apple.com/jp/app/id445773628

■公式・参考・他
JAGS
http://bokumaka.jags.co.jp/main
bokumaka on Twitter
https://twitter.com/bokumaka

■bokumaka @ ウィキ
http://www10.atwiki.jp/bokumaka/

■次スレは>>950が「宣言してから」立てること。
950が「宣言しなかった」時は>>960以降、立てられる人が「宣言してから」立ててください。


※前スレ
【僕まか】僕の魔界を救って!攻雑スレ【馴れ合い】
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/iPhone/1311258504/


2 :iPhone774G:2011/11/07(月) 22:22:17.80 ID:4DigRS2J0



3 :iPhone774G:2011/11/07(月) 22:25:53.95 ID:EnXRH6j90
1乙!
これもうテンプレ貼り終わってるんだよね?

4 :iPhone774G:2011/11/07(月) 22:32:38.11 ID:AgMKXjj/0
1乙!

5 :iPhone774G:2011/11/08(火) 12:36:18.87 ID:T3Z5eWCg0
交雑いらねえよ
乱立云々言われてんだからよそでやれ

6 :iPhone774G:2011/11/08(火) 12:45:46.62 ID:qFkfyUGfi
>>5
うるさいぞ新参

7 :iPhone774G:2011/11/08(火) 13:44:18.06 ID:K/FQFiyr0
どっちでも良い派だけど削るとしたらこのスレになるのもわからなくはない
失くすのは勿体無いし移動出来るならして欲しいけど

8 :iPhone774G:2011/11/08(火) 15:09:17.84 ID:qlT1qwda0
前スレ読んでもこのスレいらないとかいう人は魔王をやめた方がいいかも…
俺は前スレを読んでからヴァンパイアが可愛くて可愛くて…

9 :iPhone774G:2011/11/08(火) 15:23:04.92 ID:gIOEStEd0
前スレ埋めてから
こっちを使用しましょう

10 :iPhone774G:2011/11/08(火) 15:47:32.02 ID:k8xlfRTV0
>>8
読んでるからこそ移動して欲しいわ

11 :iPhone774G:2011/11/08(火) 20:24:28.66 ID:0Qst1Y+50
>>10
なら 居座る

12 :iPhone774G:2011/11/08(火) 20:39:23.26 ID:Ps2iI1gH0
くだらないSS書くのはいいが自演で自画自賛するのは冷めるからやめてくれ

13 :iPhone774G:2011/11/08(火) 20:51:24.56 ID:Y/yBy5oe0
本家もだいぶ変わっちゃったし、今はこのスレが一番落ち着くわ。

14 :iPhone774G:2011/11/08(火) 21:57:16.47 ID:w1LaDJY50
うだうだ言う奴は去れ!
ここはファンの集いの場だ。

15 :iPhone774G:2011/11/08(火) 22:41:21.49 ID:KRJm2XFf0
本スレは古参ばっかりで殺伐として初心者に厳しいから、こっちのスレの方が落ち着く

16 :iPhone774G:2011/11/08(火) 22:45:26.25 ID:8XriCJqO0
前スレうまってからつかいましょうや

17 :iPhone774G:2011/11/08(火) 22:51:14.94 ID:VgMC5tuB0
う、埋まったな

18 :iPhone774G:2011/11/08(火) 22:51:29.27 ID:bubzucZM0
俺はこのスレが大好きだ!!!

19 :iPhone774G:2011/11/08(火) 22:51:59.35 ID:0q1AXxlb0
>>16
埋まったよ〜
はぁー落ち着くわい

20 :iPhone774G:2011/11/08(火) 22:52:05.93 ID:zgMF0BeK0
どっちにしろ必要性はないんじゃないか
役割りも本スレと被ってるしただのSSスレなら乱立が問題視されてる今他所でやれ他所で

21 :iPhone774G:2011/11/08(火) 22:52:10.97 ID:Y/yBy5oe0
>>18
まだはえーよww

22 :iPhone774G:2011/11/08(火) 22:54:04.58 ID:zQ3JvOzM0
前スレの>>996-997ありがとう

23 :iPhone774G:2011/11/08(火) 22:55:00.05 ID:8FeXPUFP0
正直前スレの後半のSSはゾッとするわ

24 :iPhone774G:2011/11/08(火) 23:03:32.19 ID:8FeXPUFP0
このスレの機能完璧にSSだけだしな
設定だけなんだからもうSS板でやれとしか

25 :iPhone774G:2011/11/08(火) 23:30:26.29 ID:Y/yBy5oe0
本スレ終わってる。
テンプレがヒドイww

26 :iPhone774G:2011/11/08(火) 23:30:58.89 ID:inCj7MM00
本スレ酷いな

27 :iPhone774G:2011/11/08(火) 23:31:28.25 ID:eKkkmgzN0
時々現れるけど同一人物だよなあれ

28 :iPhone774G:2011/11/08(火) 23:34:46.63 ID:inCj7MM00
>>27
恐らく。

でもうざい人にうざいって言ってもだめ。
だってうざいんだもん。


29 :iPhone774G:2011/11/08(火) 23:35:28.74 ID:VgMC5tuB0
本スレコエー

30 :iPhone774G:2011/11/09(水) 00:28:18.54 ID:RU4yzfgZ0
魔王城のホール

魔王「おはよー、デルピュ」
デルピュ「お早うございます。王女様」
板金「デルピュ、もう王女様は魔王様になられたのですよ」
デルピュ「そうでしたわね。失礼しました、魔王様」
魔王「デルピュ、今日の朝ご飯何?」
デルピュ「今日は和食ですわ」
魔王「和食? じゃあドゥルジ帰ってきてるの?」

ドゥルジ「飯できてるかー?」
魔王「おかえりーっ、ドゥルジ!」
魔王飛びつくがドゥルジがだじろいでよける
魔王「ドゥルジ・・・」
ドゥルジ「す、すまん・・・」
魔王「・・・」

ドゥルジ「さぁー、飯だ、飯!」

31 :iPhone774G:2011/11/09(水) 00:29:36.39 ID:RU4yzfgZ0
魔王の寝室

魔王「ねぇ板金、この頃ドゥルジが何か変なの。遊んでくれないし。ドゥルジに嫌われちゃったのかなぁ・・・」
板金「そんなことないですよ。王女様は魔王様になられましたし、成長されていますからね」
魔王「?」
板金「少し胸もおおきくなってこられて、以前よりさらに可愛く、いえ、より美しくなってこられているから。ドゥルジも照れくさいのですよ。きっと今だけです」
魔王「そうなのかなぁ。だけど板金はいつも綺麗だね。私も板金みたいになれるかな?」
板金「魔王様はきっと私などよりずっと美しくなられますよ」
魔王「それでまたドゥルジも一緒にいてくれるようになる?」
板金「ドゥルジはあんな性格だから今はそっけないかも知れませんが、魔王様を大切に思う気持ちは変わっていませんよ」
魔王「ありがとう・・・ 板金」
板金(王と王妃がお亡くなりになって、幼少の頃から遊んでくれていたドゥルジがあの様子だから不安になっておられるのね・・・ 大丈夫ですよ、魔王様は私が支えてずっとお護りいたします)

タローマティ「ご報告いたします! 西の砦にまた人間が侵攻してきた模様です!」

32 :iPhone774G:2011/11/09(水) 00:31:07.35 ID:6Vh1TG+40


33 :iPhone774G:2011/11/09(水) 06:12:28.52 ID:33611fLr0
お、何か新しいの始まったぞ。

34 :iPhone774G:2011/11/09(水) 06:57:22.50 ID:ASfh5LCf0
報告を終えたルシファーの膝が崩れ落ちたその瞬間、ようやく僕は自分のミスに気がついた。
それから一時間。僕はいまだ玉座の間から動けないでいる。



床にはおびただしい血の跡が残っている。ルシファーの血だ。彼は息絶える直前まで恨み言一つ言わず、最期までただ『力及ばす申し訳ございません』と繰り返すばかりだった。
本当に謝らなければならないのは僕の方なのに。
寝ぼけた頭で、洞穴と間違えて征服者の塔を攻めるよう指示した僕の方こそ謝らなければならないのに。
けれど謝るべき相手は、もうこの世に存在しない。僕を恨み責める者は、もういない。
「魔王様……」
「……板金」
成長し、僕の片腕となったイモータルヴァンパイアが、人払いをした玉座の間に現れた。
「お元気が無いようでしたので」
「僕のせいなんだ」
「……なにが、でしょう?」
「ルシファーやラーヴァナ、バアル、イブリース、アンラマンユ。彼らの指導の元、訓練を積むはずだった新人たち。
みんな死んでしまった。僕のミスのせいで。
こんな僕が魔王になっちゃいけなかったんだ。父上のような立派な王になる力なんてなかったんだ。
父上の息子として生まれた。それだけの理由で僕を魔王として仕えなきゃならなくなった皆が気の毒だ!」
まるで拗ねた子供のよう。自分でもそう思った。
けれど板金は少し表情を落としただけで、何も言わず膝を折り、僕の肩を抱きよせる。
「魔王様。そんなことを言ってはいけません。悲しくなってしまいます」
「でも」
「私はこう思います。先代の子供だから魔王様ではないのです。魔王になるお力があるからこそ、先代のお子様として生を受けたのです。もっと、ご自分をお信じになってください。それに――」
板金が体を離し、僕の両肩を掴んで微笑む。
「私は、魔王様にお仕え出来て、とても幸せですよ」
「板金……っ」
板金の穏やかな笑みに、想いが溢れそうになる。ダメだ。僕は魔王なんだから。泣いてはダメだ。もっと強く、強くならなければ。
僕は唇を噛み締める。
泣き言はもう言わない。
もう二度と皆を――大切な仲間を死なせたりしない。
必ず立派な魔王になってみせるよ。
そう、僕は自分の胸と、
板金の笑顔に誓った。


〜本スレ56丁目887より

35 :iPhone774G:2011/11/09(水) 06:58:40.53 ID:ASfh5LCf0
夜いっぱい書かれてたので朝投稿したら本スレ流れているという始末。
空気を読んだらこのザマ。

36 :iPhone774G:2011/11/09(水) 08:19:47.65 ID:It6A09sw0
なるほどなるほど

37 :iPhone774G:2011/11/09(水) 12:04:55.45 ID:CWeUnuyX0
>>34
秀逸だね。表現に無理がなくうまい。

38 :iPhone774G:2011/11/09(水) 12:17:08.11 ID:Wez+TSmF0
真面目に書きすぎワロタ

39 :iPhone774G:2011/11/09(水) 16:47:46.47 ID:PlhiyHkS0
>>34
56にそんなのがあったのか

40 :iPhone774G:2011/11/09(水) 16:54:12.17 ID:0SyIC3080
>>34
イイね
最も僕まからしいssだった
つーか、イモータルは待機させてたのねw
全滅したらしたで次はpt立て直しの新たな楽しみが生まれるよなw

41 :過去:2011/11/09(水) 20:05:23.33 ID:tu4OUL8I0
お待たせ?しました続き、書きますね

翌朝
カッカッカッカッ…
カッカッカッカッ…
ゴブリン『魔王様、ヴァンパイアさま!!起きて下さい!!』
新魔王『うん?どうしたの?』
ゴブリン『人間が近づいてる模様です!!』
カッカッカッカッ…
新魔王『本当だ!!ヴァンパイアちゃん!!起きて!!逃げるよ!!』
ヴァンパイア『はい?えっ!!そんな!!』
新魔王『早く!!』
ヴァンパイア『はっ、はい!!』

新魔王『ハァハァ…この辺まで来れば…』
ヴァンパイア『一時はどうなることやらと…』
ゴブリン『心臓に悪い…』
新魔王『とりあえず一休みしてからゆっくり進もう』
ヴァンパイア『でも…』
ゴブリン『どうしました?』
ヴァンパイア『必死で逃げてたので道が…』
新魔王『大丈夫、探してればそのうちわかる所に着くよ!!』
ヴァンパイア『そうだと良いのですが…』
ゴブリン『諦めたらダメですよ!!』
ヴァンパイア『そうですね!!頑張りましょう!!』

こうして新魔王御一行は道に迷ってしまった…

後でまた書きます
ちょっと無理矢理感が出てしまいましたがどうしても書きたい一コマを思い浮かんだので新魔王御一行には道に迷ってもらいましたw

42 :iPhone774G:2011/11/09(水) 20:43:57.68 ID:i936n3lk0


43 :iPhone774G:2011/11/09(水) 21:07:49.76 ID:PgwSmm4p0
人間の物語(1)

邪悪なる魔物を諸王たちが打倒し平和な時が流れていた。

街は静寂と平穏を取り戻しかつての色が戻ってきた。

しかし、それは長くは続かなかった。

「ゴブリンが襲ってきた!」

最果ての村が一体のゴブリンによって壊滅した。
スチーム酪農村が二体のゴブリンによって壊滅した。
漁村スラックがゴブリンと巨大動物の大群によって壊滅した。

蹂躙される村人たち、破壊される民家、
積み上がる屍。

かつてアーサー王によって倒された魔王、その息子による復讐が始まったのだ。
その勢いは伝説の魔神たちを次々と解放しアーサー王一味を
肉の塊に変えるほどに凶悪になっていた。

そしてついに人間界の門は破壊された。

「行きなさいセロニアス。人間の平和は貴方が守るのです」

僕はバイクにまたがり、魔族の進行ルートである孤島に辿り着いた。

「俺たち、勝てますかね」

僕のブロウであるロンが語りかける。

僕はただ頷き、目の前のイブリースとバアルを凝視した。

44 :iPhone774G:2011/11/09(水) 21:12:13.59 ID:KviAfRJV0


45 :iPhone774G:2011/11/09(水) 21:15:41.54 ID:bRqATbCU0
魔術師セロニアスはもはや銀髪のイケメンでしか脳内再生されない

46 :iPhone774G:2011/11/09(水) 21:16:55.33 ID:xsNVLsT60
セロニアスは鎧で動くやつしかイメージできない

47 :iPhone774G:2011/11/09(水) 21:18:45.02 ID:7xq8iGwL0
元ネタの天羽時貞に憧れてSR400買ったけど幻の6速なんてありませんでした

48 :過去:2011/11/09(水) 21:25:36.01 ID:fphrXiiY0
ヴァンパイア『だいぶ歩きましたね、私もうヘトヘトです…』
ゴブリン『もう日も暮れるし今日はこの辺で休みますか?』
新魔王『そうだね、急いでもどうしようも無いし』
ヴァンパイア『すいません…』
新魔王『え、そんな意味じゃ…』
ゴブリン『ではとりあえず夕飯の用意でもしますか!!』


新魔王『ふぅ!!お腹いっぱい!!』
ゴブリン『魔王様、食後すぐに寝そべって…はしたないですよ』
新魔王『だって、楽なんだもん!!それに…星が綺麗…』
ヴァンパイア『あ、本当だ!!』
ヴァンパイア『私も寝そべっちゃお!!』
ゴブリン『ヴァンパイアさままで…でも本当に綺麗ですね』
新魔王『お父さんもこの星空見てるのかな…』
ゴブリン『どうでしょうね…』
ヴァンパイア『そういえば先代の魔王様はどちらに?』
新魔王『3年前にお父さんとお母さんがテムテムと戦ってそれきり…』
ヴァンパイア『大丈夫です…大丈夫』
新魔王『ありがとう』
ゴブリン『(ちょっと席外した方が良いかな…)』
新魔王『こんなに綺麗な星空なのに魔界は今侵略されてるんだよね…』
ヴァンパイア『でも良いじゃないですか!!』
新魔王『どうして?』
ヴァンパイア『この星空まで無くなってしまったら悲しすぎますから』
新魔王『そうだね、辛くてもこの星空がある』
ヴァンパイア『私はそこまで辛くは無いですけどね///』
新魔王『そうか、もう少ししたらお父様に逢えるんだもんね早くお父様に逢えると良いね』
ヴァンパイア『はい…(それもそうなんだけど…)』
ゴブリン『(魔王様…鈍い…)』

残念ですがまだまだ完を付ける気は無いですから


49 :iPhone774G:2011/11/09(水) 21:29:49.74 ID:8C23ifSk0
未完

50 :iPhone774G:2011/11/09(水) 21:32:32.30 ID:xsNVLsT60
続けてくださいお願いします

51 :iPhone774G:2011/11/09(水) 21:41:36.32 ID:OsmpPVpl0
他所でやってくださいお願いします

52 :iPhone774G:2011/11/09(水) 21:45:45.30 ID:Vjz7k9gi0
>>51
なぜ?

53 :過去:2011/11/09(水) 22:05:26.43 ID:fphrXiiY0
それから2週間、新魔王たちは魔界で迷い夜になると星を見つつ夜が開けるのを待つ事を繰り返していた
そして…
ヴァンパイア『あっ!!』
新魔王『どうしたの?』
ヴァンパイア『ここ、知ってます…あとはここをまっすぐに行けば…』
新魔王『本当!?』
ヴァンパイア『はい、間違いないです』
ゴブリン『やっと…ですね』
ヴァンパイア『はい!!』
新魔王『あともう少しだ!!頑張ろう!!』
ヴァンパイア『はい!!』



ヴァンパイア『着いた…』
新魔王『ここにお父様が?』
ヴァンパイア『はい!!』

?『ヴァンパイア!!ヴァンパイアじゃないか!!』
ヴァンパイア『お父様!!』
板父『ヴァンパイア…無事で良かった…』
ヴァンパイア『お父様…』
ゴブリン『あのぉ…』
板父『おお、これはすまない!!娘を送って下さった方だね?』
ヴァンパイア『はい、こちらが魔王様、こちらがゴブリン様です』
板父『魔王様?間違いでは?』
ヴァンパイア『お父様、こちらの方は先代魔王様の御子息様なんですよ』
板父『なんと!?それは失礼した』
新魔王『大丈夫ですよ、僕まだ魔王の器じゃないのは確かですし』
板父『そんな事は無いですよ!!こうして娘をしっかりと送り届けてくれた』
板父『それより外もあれなんでどうぞ中に…』
新魔王『あ、はい』
ゴブリン『ではお言葉に甘えておじゃまします』



54 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:21:12.73 ID:NLFwKHr60
>>52
乱立
機能が本スレと被ってる
SSスレの必要性?

実質1人が書いてるだけだからそれなら他の公開出来るスペースでやれば解決できるんだから
SS自体は否定しませんが悪く言うと邪魔になってます


55 :過去:2011/11/09(水) 22:29:02.83 ID:fphrXiiY0
板父『どうぞお座りになって下さい』
新魔王&ゴブリン『はい(久しぶりのイスだ)』
板父『ヴァンパイア、早速で悪いんだがお茶を淹れてくれないか?』
ヴァンパイア『はい!!喜んで!!』
板父『それで魔王様とお后様は…』
新魔王『テムテムと戦って以来…』
板父『それはすまない…』
板父『それ以降お二人で?』
新魔王『はい、人間から逃げつつ、途中でヴァンパイアさんが倒れてるのを発見して…』
板父『そうだったのか…それは大変だったね…』
新魔王『でも良い事もありましたよ?』
板父『それは?』
新魔王『ヴァンパイアさんに出会えましたし、あと星空…ですね』
板父『星空?』
新魔王『はい、星空、綺麗ですよ』
板父『確かに綺麗だが…』
ヴァンパイア『(魔王様///)』
板父『ところでこの後はどうするつもりなのかね?』
新魔王『今の所は特に…』
板父『ではとりあえず私達と一緒に行動しないか?』
新魔王『いえ、それは…』
板父『どうして?』
新魔王『恐らくテムテムの狙いは僕です、一緒にいたら危険にさらしてしまう』
板父『そんな事言わずに…』
新魔王『いえ、駄目です』
板父『ではとりあえず今日だけでも』
新魔王『ではお言葉に甘えて…』
ゴブリン『(お茶ウマスww)』

それからしばらく4人で色々な事を話し夜が更けていった



新魔王&ゴブリン『(やべぇ、布団の誘惑パネェ…)』


56 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:29:07.25 ID:yOmYtdqj0
じゃ〜こなけりゃいいだろ。

57 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:29:53.09 ID:tUYeYipT0
乱立はこなけりゃ良いって問題でもなくね

58 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:33:48.17 ID:ASfh5LCf0
>>55
ゴブリン仕事しろw

59 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:36:43.86 ID:CIVNYkb50
乱立ってほど気にするもんでもなかろう
ここはここで成立している

ssには舞台や行動を描写したト書きを入れると良い
そうすればもっと世界観が広がる

60 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:38:01.06 ID:yOmYtdqj0
スレタイが良くないと思うが、ここは本スレでは書けない妄想スレだからな。攻略、雑談は本スレ。

61 :過去:2011/11/09(水) 22:38:12.61 ID:fphrXiiY0
とりあえず立ってるスレは使わなきゃ

翌朝
ヴァンパイア『本当に行かれてしまうのですか?』
新魔王『うん、またいつか逢おう』
ヴァンパイア『約束ですよ!!』
新魔王『うん!!約束する!!』
ゴブリン『ではそろそろ行きますか?』
新魔王『うん』
板父『ではくれぐれもお気をつけて…』
新魔王『はい、では行ってきます!!』
ヴァンパイア『待って!!』

チュッ?

新魔王『え?あ?えっ?』
ヴァンパイア『行ってらっしゃい///』
新魔王『あ、うん///』


ゴブリン『魔王様お顔が赤いですよ』
新魔王『黙れ』

とりあえず今日はここまで
グダグダ言っているのはもうあんまり気にしない事にしました
チラ裏と言われようとなんと言われようと書くもんは書く!!



62 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:38:30.09 ID:Dt19GxS80
で、必要性ある?
ブログとかチラシの裏とかでやれば?

63 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:39:23.39 ID:nijZZ3Ou0
>>54

だいぶ言ってる意味がわからない

64 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:39:34.56 ID:yOmYtdqj0
無反省先生も過去先生も好きに書くがよろし。

65 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:39:49.39 ID:2dL0p0Xn0
結論:嫌なら来るな

66 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:43:09.17 ID:p9AvbqfY0
乱立は個人的感情じゃないんだから嫌なら来るなは通用しないよ
理屈で物言えないなら口開くなよ狂信者共

67 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:44:23.16 ID:APrWbNEN0
結論:他所でやればみんな幸せ

68 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:44:27.06 ID:ASfh5LCf0
>>61
おつー。昔、三丁目のSSを読んで僕まかを始めた俺のような輩もいる。価値観は人それぞれ。続き待ってるよー

69 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:47:51.72 ID:yOmYtdqj0
>>66
お前何しにここに来てるんだよ?

70 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:50:37.25 ID:APrWbNEN0
>>69

そりゃSS見にだけど…

あ、自演だと思われたら嫌だから一応言うがID変わってても同一人物のことの方が多いです
もう1人いるっぽいけど

71 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:53:18.78 ID:yOmYtdqj0
>>70
いや、おたくじゃなくて66に言ったんだが。。。なんか、すまん。

72 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:55:17.18 ID:GGCK486f0
>>71
同一です
SS自体は否定してないです

73 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:57:19.84 ID:yOmYtdqj0
>>72
ID変わり過ぎだろ

74 :iPhone774G:2011/11/09(水) 22:57:58.48 ID:29PHsdzN0
>>66
乱立ダメも理論的に説明してね

75 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:06:33.03 ID:v91S2Ib60
66なら、俺の隣で寝ているぜ?

76 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:08:35.36 ID:Ap0p5f+i0
>>73
ごめんなさい
PCI製のUSB無線アダプタから接続してるのですが理由がわからないです

>>74
iPhone板の他の方々のご迷惑になるのと実際何度か本スレの方でも話されてきてスレを下手に増やすなという意向で放流スレの件を経て固まったからです
僕まか関連だけで5つ立っています
それではそちらもこのスレの必要性について説明ください

77 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:10:16.85 ID:NXN4rtnP0
気に入らなきゃ作者に水遁でも噛ませよ

78 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:11:53.72 ID:Ap0p5f+i0
>>77
SS自体は楽しく読ませていただいてます

79 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:16:28.92 ID:29PHsdzN0
>>76
みんながいらないって言ったからっていう理由ねw
それだと、ここは元々本スレが隔離スレとして認めて出来たんだから良いんじゃない?
乱立いうならノリで立てた質問と放流に言ってきな

80 :ハウル ◆LC7P44pfbg :2011/11/09(水) 23:20:22.89 ID:zCDmyVkL0
質問や放流スレが出来たからスレ分け反対派が馴れ合いスレも要らないって言ってるのかもしれないね

81 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:20:59.01 ID:FPk5T3qD0
>>79
放流は認められてませんが質問は認められてるはずです
私が挙げたのは必要性という面であり放流・質問は個々の役割をこなし3〜4スレ分の間長く続いてた問題は解決されています

しかし役割を重視する余り乱立が起きているのも現状でそれは実際に何度も声が挙がっていますし迷惑であることは間違いないと思います
実質SSスレである現状ここで続ける必要性、なくてはいけないという根拠を説明願います

82 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:26:14.32 ID:8C23ifSk0
おいおい、みんな一人の荒らしにかき回されすぎだろw
乱立だとかなんとか言ってる新参はここが出来た経緯をしらんだけだ。
相手しなくていいんじゃないか?

83 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:27:47.31 ID:ASfh5LCf0
なんか、隔離病棟を立てて鬱陶しい人を隔離していたけれど、土地が狭くなった。そもそも隔離するような人間がここにいる事自体間違いなんだ。人数の少ないお前らはここからでていけ。
って言う事ですよね。わかります。わかりますよ。今なら売られたゴブリン(0)の気持ちが……

84 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:28:24.30 ID:29PHsdzN0
>>82
まあ、そうなんだがw
自治を煽るとちょっと楽しいw
ゴメン静かにしとくよ

85 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:29:01.72 ID:6mi9SG400
>>83
いや隔離という意味では放流も似たようなものですしそれで機能するなら構わないと思います

必要性となくてはならない根拠は説明出来ませんか?

86 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:29:33.41 ID:zCDmyVkL0
まあそもそも2chのスレに必要性なんて無いけどね
見るのは自由な訳で

87 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:30:28.72 ID:ajgeCq430
どっちもどっちだと思うが乱立はあるな…
質問を本スレに統合してここ残したらだめなの?

88 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:31:23.46 ID:ESyADGAD0
>>86
見る見ないの話ではなく迷惑になってますので

89 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:32:10.35 ID:yOmYtdqj0
>>88
誰か迷惑なんだ?

90 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:32:33.18 ID:zCDmyVkL0
>>88
具体的にどの面で迷惑がかかってるの?

91 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:34:40.69 ID:ESyADGAD0
>>89>>90
iPhone板の方々と僕まか関連スレ全てにですね
まず数が多いというだけでも指摘を受けるにも関わらず進行にも少なからず影響があるでしょう

実際に本スレのテンプレートを見て混乱の原因になり得ると思いませんか?

92 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:35:48.68 ID:CIVNYkb50
ID変わるからNGにできなくて困る
さっきから君、お呼びでないよ

93 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:37:43.70 ID:YJf9T+VD0
>>92
嫌なら見るなというのをお返しします
私は根拠を持って主張するまでで内容のある内容で指摘や説明を頂ければいつでも辞めます

あと私以外にも1人か何人かいるようですので悪しからず

94 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:37:52.96 ID:8C23ifSk0
自治ウザいからもう相手すんなよ。

95 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:39:44.32 ID:ASfh5LCf0
>>85
納得するかどうかはあなた次第だけど。

昔本スレでSSを書かれていた頃、そのSSに興味を持って僕まかを始めたので、存在意義はあると思っています。
ご存知の通り、僕まかにはもともと小説的空気もありますからね。4つだけですが。
必要性の質問は意味がないでしょう。私にとって僕まかの世界観を楽しめるのはこのスレだけです。が、そうでない人にはゴミでしかないので。
人数を理由に削除希望されるのなら、運営に固有IPを調べてもらって、スレの占有かなにかを申請すればよいと思います。

96 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:40:56.44 ID:zCDmyVkL0
>>91
僕まか関連スレ住民がいつ迷惑って言ったんだよww
そんなの態度のでかい新参だろ
それに混乱を招くなら本スレでテンプレから無くすよう言えばいいだろ

スレ乱立というなら、ゆけ勇でも同じ事を言って回ってるの?
ゆけ勇の事よく知らんけど


97 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:42:04.81 ID:wK6dJHGj0
頭の良い(と思っている)正義の味方(と思い込んでいる)あらわる!wwwww
って本気の馬鹿だな

98 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:43:46.68 ID:yOmYtdqj0
もう触るのはやめよう
あぼーん出来ないのが辛いが

99 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:47:30.97 ID:YJf9T+VD0
>>95
まともな返答ありがとうございます
世界観を楽しむというのも重要な要素であることは私にもわかります。SSは読ませていただいてますし否定はしません。

必要性というのは当然個人の価値観に委ねられてしまうのはここでは一旦不確定材料と置きます

私がいう必要性は乱立の問題を押してまでここがなくてはならないかという話で
例えば、他のスレとは違いSSの性質上書き手がいて、読者がいれば成立します
なので他所でやれという、あくまでも提案なのですが、これでは全ての問題をクリアできるのではないでしょうか?

逆になくてはいけないと意固地になって理屈で説明できない方は、どのようにすれば諸問題の解決に至るとお考えでしょうか?

100 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:51:21.51 ID:zCDmyVkL0
そもそもiPhoneのゲームのSSなんだからiPhone板でよくね?

101 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:51:43.37 ID:D//q39eg0
>>99
おまえがおっ氏ねば万事オーケー
考えなくて済むよ

102 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:52:53.69 ID:Cbdxgpjl0
>>100
乱立を押してまで必要であるというのなら
なくてはならない理由を具体的によろしくお願いします

103 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:53:28.71 ID:29PHsdzN0
>>99
まず君の存在が必要ないよ
本スレの代表みたいな気分でいるみたいだけど、全てのスレでウザがられるよ

104 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:53:38.03 ID:8C23ifSk0
>>99
すごいなwこれは新たな中二病だなもうw

ところで、他所でやれとは具体的にどういうしろってことなん?
実はその意味がよく分からん。

105 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:55:08.76 ID:8C23ifSk0
>>102
ないよ、そんなもん。
聞かなきゃ分からないかね。。

106 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:55:12.45 ID:NXN4rtnP0
要するにクソつまらんSSをタラタラ書かれるのが気に入らないんだろ?
さっさとNGしろよ

107 :iPhone774G:2011/11/09(水) 23:58:47.36 ID:Cbdxgpjl0
>>104
乱立が問題視されてきているのでSSのみを他に移動させないかという提案です

>>106
SS自体は楽しく読ませていただいてます

108 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:00:58.88 ID:WOgBa1660
>>107
じゃ提案却下で

109 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:02:07.59 ID:ezzsdT/80
>>107
自治厨気取らないで中学生はROMってもらえますか?

110 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:02:28.90 ID:ASfh5LCf0
>>99
ここになくてはならない理由は、このスレがSS専用スレではなく、単に雑談の一環で今SSブームがやってきているだけ、だからです。
前スレ読んで頂ければわかりますが、最初の方はハウルさんという方の絵を見て和むスレでしたw

乱立問題については申し訳ないけれど、私にはまったくわかりません。にちゃんねるに詳しくないので、乱立が起こす問題と言えば、鯖の負荷などサーバー運営側の問題かな?というレベルです。
なので、それが問題なら、運営が削除すべき、と考えます。
乱立でややこしくなるのであれば、本スレのテンプレから削除し、このスレのテンプレに「僕まかへの愛情が溢れた人の集まる隔離病棟」のように明記すればよいのではないかと(的外れな意見でしたらすみません)

111 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:02:37.48 ID:8C23ifSk0
>>107
じゃあまず君がやることは、署名活動だな。
個人のどうしろこうしろなんて意見がこのスレを動かせると信じてるのならば頑張って続けるのも良いと思うが。

112 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:04:20.37 ID:o8MN0Ty60
>>108
主張になにかさしさわる所がお有りでしょうか?
もしよろしければ拒否に至る箇所と丸く収まる代替案があればご提示願います

113 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:05:25.19 ID:ezzsdT/80
>>112
君がiPhoneからBB2Cを消せば丸く収まるよ

114 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:05:59.56 ID:aGok2AeX0
>>112
いや、代替案って。
坊やが勝手に問題視してるだけでしょ?
違う?
違うなら先ずは署名活動でもやっておいで。

115 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:08:10.76 ID:JwNlH2sG0
>>110
それは他の媒体に移っては機能しなくなるものでしょうか?
私もSSを読ませて頂いてるのでそのことは認めます

ただ、乱立と言う点に於いてそれとこれとは別問題で、乱立の問題はiPhone板の他の方々の邪魔になるのはもちろん他の僕まか関連スレの混乱の原因になるからです
実際これは本スレが荒れる度に槍玉に挙がることでもあるので私は折衷案として媒体の移動と乱立の低減を提案します

116 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:09:45.13 ID:Zm+d5rz80
誰かまともな返ししたら黙るって言ってるんだし賢い人筋の通ること言ってみろよ

117 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:11:18.20 ID:WOgBa1660
>>115
まずは本スレ住人の賛同をとってこい
話はそれからだ

118 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:14:53.76 ID:aGok2AeX0
>>115
もう何度も言ってるんだけど、先ずは署名活動しておいで。
君はこのスレが迷惑をかけてるって前提で話をしてるけど、今君のことを迷惑がってウンザリしてるみんなはその前提が一致してないの。
だから君がみんなに嫌な思いをさせてまで書き続けても、話はまとまらないでしょ?
だから、このスレが迷惑だという事が君の個人的な意見にとどまらないことを、先ずは君が証明しなければ始まらないと思わない?

119 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:15:10.10 ID:EIhWKJnc0
>>117
私は別に本スレの回し者でもありませんが本スレの書き込みを根拠にしているのでそのことをこのスレの方とお話ししたいと思っています

残念ながらまともな根拠と理由をもって建設的なお話を出来る方はごく少数のようですが

120 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:17:27.07 ID:ToWIay0S0
>>115
>>119
だから、そこまで考え込まなくていいんだってw
乱立で混乱するのは君のかたい頭の責任もあるのでは?
観る観ないは各々が判断すれば良い話で、削除どうこうまで議論する必要性そのものを感じない
どうしても論破したいみたいだけど、平行線をたどるだけだぞ
あと、おまえ友達少ないだろw

121 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:19:28.70 ID:aGok2AeX0
>>119
建設的な話がしたいのならば、まずは君の意見が個人的な感情程度で言ってることではないということを証明しなさいって意味だよ。
本スレのまわし者だとは誰も思ってないと思うよ?
君の意見が本スレの代表的な意見だなんて、誰も思ってないからね。分からないかな?

122 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:19:52.32 ID:ezzsdT/80
>>115
それは全てのスレに言える事なんじゃ無いかな?
質問スレができた経緯は、wikiを見ない新参が散々既出の質問をするから
放流スレが立った経緯は、放流する度に荒れる事が多いから
交雑スレが立ったのは、ノビ使徒というコテを隔離するため

上の2つは新参が増えた事によって立ったスレっていうのは分かる?
実際放流は前から行われてたけど大きく荒れたのはほとんど無いんだわ
交雑スレを祭りスレとして再利用しようという流れにはなったけどね

新参が増えるまでは交雑スレは本スレで槍玉に上がる事も無かったのも知ってるかな?まあ新参だから知らないか

交雑スレはちゃんとイラスト・SS投下、雑談妄想のスレとして必要性はあるんだわ

だから乱立云々をここで言うのは根本的に間違ってるよ

123 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:20:26.99 ID:EIhWKJnc0
>>118
主観か客観の違いってことですよね
このスレ内でアウェーな立場であることは理解してますが私はあくまでも提案に関しての意見とこのスレがなくてはならない理由を問いたまでです

このスレを必要とするのは本スレ住人ではなくこのスレの住人だと思っていたのですが違うのでしょうか
このスレの住人でありながら未だなくてはならないという主張がされない以上、私は根拠、理由において頭ごなしに、問題を考慮せずに否定しているようにしか思えないのですがどうでしょう?

124 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:23:17.36 ID:2xAzegf20
なんで荒れてんの

125 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:23:35.78 ID:byx54czV0
>>123
>>100の理由じゃダメなの

126 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:26:57.12 ID:9M86j3oo0
>>120
他に建設的な意見や指摘がありましたら聞き入れる余裕はありますよ
迷惑になっている以上見る見ないの問題ではないかと

>>121
本スレの書き込みを根拠に提案してます

>>122
上にも書きましたが機能しているのであれば問題はありません
ただここの機能は媒体に制限されない、本スレと機能的に被り混乱を招く、乱立、それを押してまでなくてはならないものかどうかです
乱立は根拠の一つで問題はそれだけではありません
新規参入が増えて必要性が低下したのなら、むしろ見直されるべき点であるとは思いませんか?

127 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:27:34.07 ID:aGok2AeX0
>>123
たから、問題を考慮せずにって、さっきから何度も、問題だと思ってないからだと言ってるでしょ?
全然議論ができないのね。

128 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:28:25.95 ID:HyIlCSC60
主張自体はまぁ前から言われてることだよな…

129 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:28:49.25 ID:sh5aLDob0
>>115
残念ながら私の意見と平行線上にあると判断しました。これで最後にします。
私にとって関連スレ、というのは少なからず混乱するものです。なので必要なのはスレを減らすことではなく、テンプレや誘導、そしてモラルです。大事なのはルールを決めることではなく、運営することです。
なので、混乱するからという理由では、残念ながら頷けません。だってこのスレがなくても混乱しますからね。
乱立については、先ほどもご説明しましたが、乱立の定義がわからない以上、理由としては個人的感情、もしくは概念にすぎず、不適切だと思います。

130 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:29:22.68 ID:SqYzlams0
>>127
本スレの書き込みを根拠にしてるのでそれはありません

131 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:30:09.33 ID:WOgBa1660
>>130
本スレの書き込みってなんだよ

132 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:31:59.40 ID:aGok2AeX0
>>129
判断遅すぎる。
頭の悪い迷惑な坊やだなあ。
俺のIDで抽出して読んでくれないかな?
結局こうなるって、今頃分かったの?

133 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:33:12.34 ID:SqYzlams0
>>129
機能統合ならわかりますが、私は移転を主張してます
混乱というのはこのスレの機能が本スレと被っていることで乱立とはべつの問題です

これらを包括的に解決するには媒体を移転し乱立を低減し、かつ機能を明白にすることで何度も挙げられる問題を解決できませんか?ということです

返答ありがとうございました

134 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:33:40.46 ID:ezzsdT/80
>>126
機能的に被るっていうのも質問スレや放流スレでも言えるだろ?

新規参入して必要性が低下したなんて言ってねーよ
文句を言うなら新規参入してから乱立した質問スレと放流スレに言えって言ってんだよ

135 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:33:59.17 ID:GCMmoTwj0
>>123
おまえにとって、なくてはならない理由ってのは何を指すんだ?
これまでの皆の意見で察してほしい
まだ足りないと言うなら、その足りないものを満たしたスレはあるのか?
ないだろう

136 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:34:14.73 ID:rmoY4mBO0
本スレとまぎらわしいテンプレ文だけなんとかすりゃいいんじゃね

137 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:36:42.36 ID:TcpAu7+90
正直、この提案自体は確かに問題解決できるものではあるよ
この提案自体を否定出来なければこっち側が個人的感情で擁護してることにしかならない

138 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:36:54.01 ID:aGok2AeX0
>>131
だから、問題視してないと言ってるのはこのスレを楽しんでるみんなのことだよ?
話の流れも掴めないの?
ちゃんと議論出来るようになってから提案してよ。

139 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:38:09.79 ID:WOgBa1660
もうどうでもいいよ。
やめようぜ。
先生たちが書きづらくなるだけだ。

140 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:39:04.85 ID:cLM7iNdx0
>>131
度々交雑でやれ、や質問スレと本スレと交雑スレでの役割で被る点を指摘されています
現行でも見た記憶がありますし過去でも難度も出てくるので探してみてください

>>136
そうですね
それとこのスレの役割を明白にすれば混乱のを招くという問題は解決されると思います

141 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:39:23.42 ID:sh5aLDob0
>>132
うむ、ごめん(´・ω・`)書くのに必死だった。そして君の全然聞いてくれてなくて笑ったww
しかし慣れないことするもんじゃないわ。SSでも書いてればよかった。

142 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:39:36.42 ID:aGok2AeX0
安価ミス
>>131じゃなくて、>>130だ。

143 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:40:36.05 ID:ezzsdT/80
http://beebee2see.appspot.com/i/azuY9K-LBQw.jpg


144 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:40:53.21 ID:cLM7iNdx0
>>138
それは個人的な感情というものの範疇ではないでしょうか?
実際、真摯に考えられてる方もいるのでは?

145 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:42:33.53 ID:wsBEA3Kr0
なんでアスペのガキをいちいち相手にしてるんだ?
サクッとID入れとけよ
相手にするからつけあがるんだよ

146 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:44:19.43 ID:cLM7iNdx0
>>129
すみません、勘違いしてました
混乱というのは言うとおりの内容であってますよ
このスレの役割>>1を見る限り本スレと被る点は見受けられますよね?
役割を明白化することで少なくともこれはクリアできると思いますが、個人的感情でしょうか?

147 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:47:06.50 ID:ezzsdT/80
http://beebee2see.appspot.com/i/azuYhqKIBQw.jpg


148 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:49:10.17 ID:aGok2AeX0
>>144
この流れでまだ分からないかね。
もう、呆れます。

それに、居るのでは?で終わってたら同じ質問が自分に返ることも予想出来ないの?

149 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:49:10.53 ID:TcpAu7+90
まとめ
このスレの役割が曖昧なので本スレ・質問スレとの間で混乱の原因

乱立の解決にSSスレとしか機能してないこのスレを移動する

このスレの人たちは上を問題だと思っていない
しかし本スレでは槍玉に挙がっている

150 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:50:11.80 ID:GCMmoTwj0
>>137
ここはここなりに成立していた
擁護というなら、本スレだって僕まか好きが擁護していると言えるだろう
今回の議論は一時、ゆけ勇好きがパクリだ消えろだとレスしてきたのと同じこと
要は荒らしだ
運営側が著作権の侵害と訴えてきたのなら分かるがね

151 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:50:39.88 ID:sh5aLDob0
>>146
ごめんね。終わりにしたので。かわりに俺の塔ドープお買い物リストでも置いて起きますね(´・ω・`)っhttp://beebee2see.appspot.com/i/azuY9q-LBQw.jpg


152 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:52:38.82 ID:cLM7iNdx0
>>150
機能としてはSSスレとして成立していたのはわかります
私はその機能を乱立低減のため移動しませんか?と主張しています

問題に挙げたことが虚構だと言いたいかのようですがどう思われますか?乱立は起こっていませんか?ここの機能は本スレと被りませんか?

153 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:53:12.45 ID:aGok2AeX0
>>149
という意見も少なからずあるってことを言いたかったんだね?
そのようにシンプルにまとめて伝えなさいよ。
要点をまとめて言えない人間は、一般的に頭の悪い人間だと思われるんだから。

154 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:55:06.98 ID:40gIaYWA0
久々にお休みで、愛車あんはZX12Rで久々ツーリングに行ってきた俺ですみなさんこんば
家?(仮住まいのレオパだけどね)に帰ると家がないという事実に意外とショックw

元々ここって誰かの隔離スレだったのを、私が空いてることをいいことに勝手に独りよがりのSS書きまくり今も仕事の合間に
ストレス発散で適当に書いて、次もスレ建てたけど気に入らない人がいるということかな

155 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:55:41.39 ID:TcpAu7+90
正直どっちもどっちでしょ
本スレで言われてきたことで先延ばしにするから新しい動きがある時に問題起こっただけで

条件ならべて見たら俺はたしかに乱立混乱自体は収束できると思うしこのスレがそれ以前から成立してることもわかるもん
折衷策でも取ってお互い納得でいいんじゃないの?

156 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:56:46.48 ID:aGok2AeX0
もう寝ます。

ちゃんと君が議論できるようになったら、また話しましょう。
明日の朝起きても何も変わってやしないというのに。。。

157 :iPhone774G:2011/11/10(木) 00:57:41.31 ID:cLM7iNdx0
>>153
そうですね
主張は変わりませんが話が紆余曲折して全レスみたいな感じになってしまったのは悪かったと思います

基本的には>>149に挙げてもらった通りです

158 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:00:11.47 ID:/1CEyYFNi
本スレ=古参、ニムシー以降用
質問スレ=新参用
放流スレ=乞食用
交雑スレ=腐、同人SS用

159 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:03:55.75 ID:G/W9FTJI0
>>158
あたし3丁目からいる古参だけど最近は本スレ終わってるから交雑しか覗いてないよミ☆

交雑=イラスト・SS妄想+他スレが荒れた際の避難所みたいな?

160 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:12:30.69 ID:JrXl+ui40
>>159
俺もその認識だ。
交雑だから絵や妄想、SSが自由に出る。
ここは自治しても仕方ない自由スレなんだよ。

161 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:19:29.67 ID:rYh4i6oq0
まーた古参が自分ルールブック作り始めたよ(笑)

162 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:19:38.16 ID:40gIaYWA0
本スレで雑談禁止 交雑行け
交雑で雑談する その頃本スレでスレ建て乱立 大荒れ
煽りをくらってここも消せと?
でも消す気ないし、むしろ僕まかのことなら何でもかけ ここは僕まかが好きな人は来ていいとこだから
放流もしろ 煽りもおk 議論もおk 荒しも恋 みんなきいちゃるw
SS 絵もかけ(板金の絵書いてくれた人大好き 待ち受けにしてる)
本スレはiPhone板に居ておkでSSはどっかい行け?
そんなもんしらんわ?

ああ そんなことより>>34さんや過去さんみたいに綺麗に文書きたい

163 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:21:24.23 ID:G/W9FTJI0
>>161
どうかした?

164 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:30:34.50 ID:iPsvCFScI
>>162

165 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:31:28.31 ID:iPsvCFScI
>>162
◯井帰ってきたのなら原稿あげろ


166 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:32:58.17 ID:8gurOMPZ0
>>162
ああ…うん…

167 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:35:30.52 ID:40gIaYWA0
わおw
伏字になってねぇしw

168 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:38:13.45 ID:9MqCVteK0
もうここは同人腐女子隔離スレでいいじゃん

169 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:39:21.84 ID:GCMmoTwj0
結局、乱立と混乱は確かなことなのか?
皆そこまで判断力に欠けてはいないだろう
>>158が158なりに仕分けてくれている
それぞれに需要があり、好き嫌いが存在する
他所で続けることが解決策とは思えない
そもそも問題視されるほどのことだろうか
釣りや荒らしのレス同様に、スレごとをスルーしてしまえば良い
このままではやはり混乱をまねく、単に嫌いなど本心はどうでもいい
ものの良し悪しを断言する権利は誰にもないだろう

170 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:43:38.79 ID:uPbgkNDx0
>>169
物の良し悪しとか言ってる時点であれなんだけど

まぁなんにせよ当分このスレ埋まらないだろうし次問題起きたらどうするかを今回のこと考慮に入れて考えればいいんじゃね

171 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:48:41.96 ID:lQTV+6Bq0
需要ごとに住み分けるんじゃまた需要が増えたとき、たとえば訓練所、トレードとか新規スレ立てるとかを認めることになるからな

議論されるべき内容ではあるんだけど議論自体を嫌う空気もあるしする場所でもないから結局はしどろもどろ

172 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:50:32.40 ID:ToWIay0S0
>>170
あれ、ってなに?
そこで言葉を濁すなよ
俺は本スレじゃ認められない雑談を大いにすればいいと思うぞ

173 :iPhone774G:2011/11/10(木) 01:58:43.81 ID:lQTV+6Bq0
>>172
良し悪しの話なんて一つも話に挙がらなかったよってことなんじゃね?

全部終わってから来たからあれだけど、いくつか前の本スレでなんどか質問と交雑は被ってるって言ってる人はいたし先延ばしにしたのが悪いのかなぁ

174 :iPhone774G:2011/11/10(木) 02:10:26.56 ID:ToWIay0S0
>>173
いるかいらないか、他スレと被るか被らないか、混乱するかしないか、他所に移るか移らないか
是か非かってことで書いてんじゃね
なら分かる

175 :iPhone774G:2011/11/10(木) 02:14:10.77 ID:ksZ5kiHV0
もう本スレからのテンプレから外してもらってつづければいいじゃん
流石に向こうも認めてない物を数に含めることはないだろ

176 :iPhone774G:2011/11/10(木) 06:02:40.52 ID:XtJenydk0
っていうか僕まかスレはここしかみてねぇ
本スレとか放流祭りやら何やらの時に俺は逃げたから今更見る気がおきん
交雑スレはまったりでいいってレスが本スレでもここでもたまに出るんだから
しっかり本スレとの区別はできてるだろ

177 :過去:2011/11/10(木) 06:57:08.54 ID:lSjiEEVu0
朝起きて見てみたら何だこれ?
テムテムの襲撃?

178 :iPhone774G:2011/11/10(木) 07:18:11.34 ID:zmrW0qTbi
スレ独占主がきたぞー

179 :iPhone774G:2011/11/10(木) 07:57:47.64 ID:jU1Jpj140
まず本スレの人はこまってるっていう前提がおかしいからまったく議論にならない。
本スレに交雑でやれって書き込みがあるということはここ交雑スレにもちゃんと役割があるってことだろ?
僕まかスレ乱立がiPhone板の人に迷惑かけてるならまず行け勇スレを半分にして来い。
個人的には昔は放流だって本スレでやってて嫌がってるのは一部でそいつらがいきなり勝手に立てたのが放流スレなんだから交雑にその話をする前に放流スレ終わりにしてきてほしい。
新参質問すれだってwikiとかぶってる。



180 :iPhone774G:2011/11/10(木) 08:01:33.81 ID:G/W9FTJI0
>>179
放流スレって乞食が立てたと思ってたわ

結局あれだろ、交雑どっか移れって言ってる奴は何も知らない新参だろ

181 :iPhone774G:2011/11/10(木) 08:04:23.64 ID:Lfvkt8B80
>>179
それ混乱するって言われてることじゃないの?

182 :iPhone774G:2011/11/10(木) 08:13:01.03 ID:byBM5EED0
とりあえずややこしい向こうのテンプレとこのスレの方向性まとめろよ誰か

183 :iPhone774G:2011/11/10(木) 08:14:56.81 ID:jU1Jpj140
>>181

kwsk

184 :iPhone774G:2011/11/10(木) 08:19:09.51 ID:9ooz2DxT0
このスレができた後も賛否両論だったろ
古参(笑
のやつならそんぐらいわかんだろ
なにがどういう理由でできたか知らない新参だよww

185 :iPhone774G:2011/11/10(木) 08:22:20.01 ID:io5x9hoH0
>>183
向こうの役割も雑談だしこっちも交雑なんて名前つけといて誘導されたら混乱もするだろ

186 :iPhone774G:2011/11/10(木) 08:26:06.77 ID:kIB0dpEni
結論:ここは隔離病棟
書き手は早く腐豚引き付ける為に早くエサ出せよー^^

187 :iPhone774G:2011/11/10(木) 08:34:50.32 ID:crJBVSGW0
>>186
落ち着けよ、腐豚!

188 :iPhone774G:2011/11/10(木) 08:36:59.25 ID:mwVxRi3y0
>>186
「魔王の城に一人って、わかってんの?」

189 :iPhone774G:2011/11/10(木) 08:37:30.28 ID:o5hEvXPn0
ドゥルジ=ダンターグ
ザリチュ=ワグナス
タローマティ=ノエル
マーラ=クジンシー
アカマナフ=ボクオーン
サルワ=スービエ
ラマトゥシュ=ロックブーケ


190 :iPhone774G:2011/11/10(木) 08:41:14.01 ID:Q3+7rvjX0
私たしかにザリチュ×パズズのBLとか妄想してる腐女子だけど
隔離病棟とか言われると悲しいよ;;

191 :iPhone774G:2011/11/10(木) 08:48:26.83 ID:XtJenydk0
ザリチュもタローもドゥルジも女の悪魔だけどな

192 :iPhone774G:2011/11/10(木) 08:57:17.42 ID:LUmLgVkD0
タルウィ×ザリチュ
パズズ×ラマトゥシュ

の純愛だろ


193 :iPhone774G:2011/11/10(木) 09:05:04.19 ID:mwVxRi3y0
服従Lv唯一36、上位魔神と下位魔神の間に立たされるパズズと、最弱魔神のラマシュトゥ。

……逃避行、あるな。

194 :iPhone774G:2011/11/10(木) 12:33:41.26 ID:CbQrA1X70
どぅるじ☆

195 :iPhone774G:2011/11/10(木) 14:53:42.68 ID:WMYGcOrT0
乱立とかどうでも良いから
>>34
>>43

みたいな話を早く書きなはれ、ほれほれ

196 :iPhone774G:2011/11/10(木) 15:30:04.84 ID:rAviltnu0
豚がエサを要求してるぞー^^

197 :iPhone774G:2011/11/10(木) 15:35:28.41 ID:RdAB8KXU0
禁断症状かw

198 :iPhone774G:2011/11/10(木) 19:45:58.19 ID:lTPLQm+90
質問スレの>>572はこのスレの先生が投下したんだよね?
こっちに落としてください。

ってそのまま質問スレに書いてしまった。

199 :iPhone774G:2011/11/10(木) 19:51:59.33 ID:Q0SLusD50
あのグロいやつか

200 :iPhone774G:2011/11/10(木) 19:56:42.80 ID:jD79iFIk0
とりあえずこのスレいらないって思うやつは本スレに帰れや
いつあんたらに迷惑かけたんだよ
こっちはこっちで楽しくやってんだから別にいいだろ

…とは思ってませんがこのスレの無反省先生や過去編先生の作品を楽しませてもらっている人は沢山いるのでこの荒れた空気はもうやめましょう。今まで通り楽しく行きましょう!!
---------------以下通常運転---------------

201 :iPhone774G:2011/11/10(木) 20:12:26.67 ID:hKudxKCS0
ザリチュ「魔神勢揃いかと思いきやバアルがいねーな」
アカマナフ「副会長様はこんな時でもお忙しいのよ〜」
ラマトゥシュ「こんな時だからでしょ?経験値集めに奔走してるのよきっと」
ドゥルジ「さかぐちいいいいいいいいいい!!」
イブリース「ドゥルジ!!うるさい!!暑い!!臭い!!」
パズズ「バックレ屋のアスタロートですら来てるってのにな…バアルはクズだな」
アスタロート「ですらって何だ殺すぞ蛇チンコ」
マーラ「おーやってみろボケカス」
ラーヴァナ「納得いかぬ…!!魔王はなぜ我らにお声をかけてくれなんだ」
ルシファー「同感だ 紫蘇板や蟠竜では役不足!!」
アンユマンラ「自分で狩りたかったから→ラーヴァナ 役不足の使い方間違い→ルシファー なのでは?」
サルワ「魔王はみんなでと言われた 来るまでまとう」
タルウィ「…」

バアル「やあーお待たせ!本っ当 申し訳ない!」

202 :iPhone774G:2011/11/10(木) 20:13:14.28 ID:5aHbm+GM0
俺も思ってないけど
ほーんと思ってないけどこのスレのSSみたいなの恥ずかしいから本スレとかに貼るの辞めてね

203 :iPhone774G:2011/11/10(木) 20:19:08.43 ID:QYO2nCVK0
>>201
蝿がいない

204 :iPhone774G:2011/11/10(木) 20:21:20.51 ID:5J41Mn7/0
>>203
蝿はあの豆だよきっと

205 :iPhone774G:2011/11/10(木) 20:26:09.39 ID:BQoaXcS90
ハンターハンターいまどうなってんの?

206 :iPhone774G:2011/11/10(木) 20:36:52.06 ID:2xAzegf20
>>205
でかいババアが出てきた

207 :iPhone774G:2011/11/10(木) 20:42:56.40 ID:sh5aLDob0
>>206
北斗の拳かw

208 :過去:2011/11/10(木) 21:31:53.48 ID:lSjiEEVu0
通常営業!!
ヴァンパイア、板父と別れ再び2人となった新魔王御一行

新魔王『ねぇゴブリン?』
ゴブリン『何でしょうか?』
新魔王『また逢えるよね?』
ゴブリン『きっと逢えますよ』
新魔王『魔界、どうなっちゃうのかな?』
ゴブリン『さあ…』
新魔王『このまま魔界が人間に占拠されちゃったらどうしよう…』
ゴブリン『どうしましょうか…』
新魔王『占拠されちゃったらヴァンパイアちゃんに逢えなくなっちゃうのかな?』
ゴブリン『そうかもしれませんね…』
新魔王『お父さんとお母さんなら何とかできそうなのにな…』
ゴブリン『魔王様とお后様はどこに行ってしまったのですかね…』
新魔王『考えても仕方ないか…』
ゴブリン『とりあえず今は生き残る事で精一杯ですからね…』

209 :iPhone774G:2011/11/10(木) 21:39:25.67 ID:N/KtSZZv0
エサだぞー

210 :過去:2011/11/10(木) 21:41:19.24 ID:lSjiEEVu0
それから半年が過ぎ…

ヴァンパイア『はぁはぁ、お父様!!お父様!!』
板父『どうしたヴァンパイア?そんなに慌てて』
ヴァンパイア『人間が!!人間が近くまで!!』
板父『本当か!?それはまずい、必要な物だけ持ってすぐに逃げよう!!』
ヴァンパイア『はい!!』



テンマ『おい、あんな所に明かりがあるぞ!!』
村民『はい、確かに』
テンマ『誰か居るかもしれない、調べに行くぞ』
村民『かしこまりました、村長!!』

211 :iPhone774G:2011/11/10(木) 21:41:56.58 ID:jD79iFIk0
とりあえずかすはNG

過去編先生ありがとう

212 :過去:2011/11/10(木) 21:57:42.82 ID:lSjiEEVu0
ダダダダダダッ!!

板父『やばい、気づかれたようだ』
ヴァンパイア『えっ!!私まだ…』
板父『急げ!!』
ヴァンパイア『えっとこれとこれ!!よし!!』
板父『用意はできたか?急いで逃げるぞ?』
ヴァンパイア『はい!!』

ドドドドドドッ!!

板父『クッ、思ったより早い!!』
ヴァンパイア『このままでは…』
板父『ヴァンパイア、とりあえず井戸の方に逃げるぞ?』
ヴァンパイア『はい!!』

ドドドドドッ!!

村民『村長!!あそこに人影が!!』
テンマ『よし!!追え!!』

ドドドドドッ!!

板父『このままでは追いつかれる!!』
板父『ヴァンパイア』
ヴァンパイア『はい?』
板父『元気でな』
ヴァンパイア『えっ?』

ドンッ!!

ヴァンパイア『お父様?あっ!!』

どっぼ〜ん!!

板父『すまん、ヴァンパイア』

ドドドドドッ!!

村民『追いついたぞっ!!』
テンマ『キサマ一人か?まあいい捕まえろ』
板父『ここまでか…』
テンマ『随分とおとなしいな』
板父『じゃあこうすれば良いのか?』
ドコッ!!
村民『うっ!!』
テンマ『キサマ、もう殺しても構わんかかれ!!』
村民『はい!!』

今日はここまで


213 :過去:2011/11/10(木) 21:59:54.98 ID:lSjiEEVu0
>>211
いえいえ、完璧に僕の趣味ですw
読んで頂いてるだけで有難い…

214 :iPhone774G:2011/11/10(木) 22:22:55.33 ID:jD79iFIk0
今日も楽しかったです
いつも本当にありがとう

215 :iPhone774G:2011/11/10(木) 22:23:57.53 ID:lTPLQm+90
まさかテンマが出るとは。
ってなると、厨二病の斧貴族に期待しちゃうねww

216 :iPhone774G:2011/11/10(木) 22:26:51.31 ID:lTPLQm+90
>>201
こっちのドゥルジはイカれてるなw
続きはないのですか?

>>212
また明日待ってます。

217 :過去:2011/11/10(木) 22:33:43.14 ID:lSjiEEVu0
>>214
こちらこそ読んで頂いてありがとうございます!!
>>215
とりあえず今回は敵キャラにも発言して頂きたかったので…
強さ的にもテンマ辺りが適任かなと
>>216
また明日頑張ります

218 :iPhone774G:2011/11/10(木) 22:53:21.74 ID:QZcxzrcC0
>>216
元ネタがハンター×ハンターの十二支だし続きはないんじゃね?

219 :iPhone774G:2011/11/10(木) 23:01:07.68 ID:u4OyG95Di
じゃあ俺はクリスマスに向けて絵を描こう

220 :iPhone774G:2011/11/10(木) 23:02:49.40 ID:V2pLQh5J0
ラーヴァナ「ティムティム…お前は強かったよ…
しかし間違った強さだった」

221 :iPhone774G:2011/11/10(木) 23:05:19.06 ID:RdAB8KXU0
>>219
久々だわ。
マッドサンタだったけか?

222 :iPhone774G:2011/11/10(木) 23:38:44.40 ID:pLOlTjHw0
おい豚が脱走して本スレに迷惑かけてるぞ

223 :iPhone774G:2011/11/10(木) 23:42:50.51 ID:lTPLQm+90
>>222
あれは荒らしだからスルーで。

224 :iPhone774G:2011/11/10(木) 23:58:12.72 ID:JX7sSDmW0
魔界の静寂の終わりは突如訪れた。

魔界が人間たちによって攻撃された。

俺の主人である魔王の一家が虐殺された。

俺は命辛々、殺戮の現場を抜け出した。

そしてもう一体の影がいた。

子供だった。

こいつは魔王の一家の倅。名前は…坂口。

生気を失った目で俺をずっと見ていた。

「父さんと母さんが殺された」

倅はボソボソとつぶやいていた。

俺はこいつが嫌いだった。
行きてるか死んでるかわからない腐ったガキだ。

「僕の魔界を救ってよ!」

急に叫ぶなクソガキ。

だが、待てよ?

こいつに恩を売ればかつて魔神たちのような最高の待遇を受けられるかもしれない。

気付いたら俺は最果ての村にいた。
そして、次々と人間の頭を叩き割っていた。

225 :iPhone774G:2011/11/11(金) 00:00:31.01 ID:mxeHYGHZ0
いやほんと荒らしです。スルーしてください。出来ればNGしてください。しかもなんだ俺の体感足って。いろいろ死にたいorzほんとごめんなさい
というのをまた本スレに誤爆するところだった。これはもうアレだ。もうダメだ

226 :iPhone774G:2011/11/11(金) 00:26:36.44 ID:20Vr5r+H0
>>206
てめえ許さねえからな

227 :iPhone774G:2011/11/11(金) 07:17:01.83 ID:L2Kk6tOV0
>>224
っくそ!
坂口に笑っちまった

228 :iPhone774G:2011/11/11(金) 11:06:59.79 ID:WBqZWuOr0


229 :iPhone774G:2011/11/11(金) 12:23:28.96 ID:fY/C5HI/0
>>225
紫電一閃のやつか。
悪くなかったけど、まあドンマイ。懲りずにまた書いてくれ。こっちになw

230 :iPhone774G:2011/11/11(金) 21:18:42.45 ID:BXzQHPhH0
続き

ヴァンパイア『(外が静かになった…様子見てみようかな…)』

キョロキョロ…

ヴァンパイア『人間はいなくなったみたい…』
ヴァンパイア『お父様はどこに?』

キョロキョロ

ヴァンパイア『お父様!!』

板父『…』

ヴァンパイア『お父様!!ねぇお父様!!』

板父『…』

ヴァンパイア『そんな…お父様…ぐすん…』

すいません、今日は鼻水が止まらないのでこれにて…


231 :過去:2011/11/11(金) 21:19:23.11 ID:BXzQHPhH0
名前抜けた
上は私です

232 :iPhone774G:2011/11/11(金) 21:36:07.51 ID:YpV/tK/00
大魔王「坂口よ、そこに三つの牢屋があるじゃろ?」
大魔王「好きな牢屋を選ぶが良い」

坂口「…」

大魔王「ほう?それはドゥルジじゃな。『不義と偽り』の魔神じゃ。
ドゥルジにするかね?」

坂口「…」

大魔王「やはりそれにするか?それはサルワじゃな。『無秩序』の魔神じゃ。
サルワにするかね?」

坂口「…」

大魔王「やはりそれにするか?それはアカマナフじゃな。『悪の思考』の魔神じゃ。
アカマナフにするかね?」

坂口「…大魔王」

大魔王「?」

坂口「ラーヴァナオナシャス。45分で」

大魔王「乞食死ね」

233 :iPhone774G:2011/11/11(金) 21:38:28.08 ID:L2Kk6tOV0
>>230
おとぉさまーーーー!!


234 :iPhone774G:2011/11/11(金) 21:40:14.51 ID:GB8gsF2m0
いろんな作風があって良いな。
おれもなんか書いてみたくなる。
無理だけど。

235 :iPhone774G:2011/11/11(金) 22:18:25.26 ID:wKqCIhR60
>>232
ワロタw

236 :iPhone774G:2011/11/11(金) 22:35:09.55 ID:L2Kk6tOV0
>>234
レッツチャレンジ?


237 :iPhone774G:2011/11/11(金) 22:50:51.16 ID:PPo4ss7K0
じゃあ俺は最近腐だの豚だの言われるから腐が入る隙間の無いくらい男臭いハードボイルドSSでも考えるわ

238 :iPhone774G:2011/11/11(金) 23:40:47.80 ID:L2Kk6tOV0
>>237
いいねそれ!

ギガンテス「押忍!」


239 :iPhone774G:2011/11/12(土) 00:26:52.38 ID:paNDGH8o0
色んな作風になればもっと面白い

240 :iPhone774G:2011/11/12(土) 00:35:09.88 ID:NOYwQ3gs0
ひまだなぁ」
上位魔神との抗争から二週間 
弩弓で撃たれ、タローマティと上位魔神に刺され意識不明で魔城の病室に担ぎ込まれた俺
最初の数日は意識不明の昏睡ですごし、目覚めた後、一週間はベッドの上で激痛にのたまわっていた 最近になってようやく容体も安定し動けるようにもなった
でも、治れば治った時でも問題はある そう ヒマなのだ
連日の騒動とケガで激怒したレイスから許可があるまで部屋を出ることもできないし、抜け出ようにも監視までつけられた
見舞いに来る ギガンテスやタローマティも隊の仕事があるので毎日毎日来るわけにもいかない
「ゴーストやランタンをからかうのも飽きたしなぁ」

コンッコンッと部屋のドアをノックする音がする
「ドゥルジ様 シーツのお取替えにまいりました」
「おうー はいっていいぞー」
「失礼します」
ドアを開け、シーツや花、細々とした物を乗せたカートを押してワイトが入ってきた シーツやら花瓶を換えに来きて部屋を片付けにくるワイト
「少しの間、窓あけさせてもらいます 寒くなりましたらいってくださまし」
「おう、、、、」
気のない返事を返し、シーツや花瓶の花をテキパキと交換し部屋を整えていくワイトぼけっと眺める


241 :iPhone774G:2011/11/12(土) 00:36:24.89 ID:ozHmITSa0
なにかと登場するドゥルジ

242 :iPhone774G:2011/11/12(土) 00:37:56.60 ID:NOYwQ3gs0
不死一族が魔城の管理を引き受けてから、蜘蛛の巣はこびる城が人間界の城に負けないほど立派な城になった
もちろん戦闘では役に立たないけど、戦場の後方支援 物資の運搬 管理 連絡など、軍の生命線とも言うべき重要な仕事を完璧にこなしている
魔族の中には、副官としてわざわざ雇う連中もいるくらいだ

適材適所ってやつか

部屋を掃除しているワイトを見る 以前 戦場で連絡員として何度かあったことはある、
その時は軽装の服に不死族がよく使っている胸当て鎧姿だったけど、城ではレイス同様 黒のドレスに白のエプロン姿だ 
スカート越しに女の丸みの帯びたお尻とくびれた腰 胸は…ちょっと残念 手の平サイズだけど、それはそれでいい
板金の所の女ってほんと美人ぞろいだよな
戦場で見せた厳しい表情もなく穏やかで暖かい笑顔をふりまき、鼻歌を歌いながら部屋を掃除するワイト
屈んだり背を伸ばしたりする度、女特有のしぐさとスタイルが目に入り楽しませてくれる

いかんムラムラしてきた
病室に放り込まれて、早 数週間 俺のリビドーもそろそろ限界だ
タローマティは誘っても病室じゃ恥ずかしがって断られてばかりいるし、前 囲っていた女もタローマティに追い払われて近づくこともなくなってしまった
そんな状態で不死族の美人ぞろいのメイドが毎日、目の前をうろうろしていたら狂いそうになる

食っちまうか


243 :iPhone774G:2011/11/12(土) 00:54:36.08 ID:ozHmITSa0
ドゥルジ「おーし、今日は久々のドゥルジ隊出撃だ!
人間ども皆殺して殺して殺して殺しまくるぞー」
トロールナイト「ヒャッハー!!久々の出撃だぜー!」
ギガンテス「オトコ…コロス…オンナ…オカス…」
ドゥルジ「おいギガンテス!てめえのチンチンは人間の女には入らねえ!
城で股開いてるエキドナでも犯してやがれ!ガハハハハ!」
ギガンテス「ウウ…カナシイ…」
ケルベロス「グルル…」
ドゥルジ「おうワン公!腹減ったか?今からたらふく人間のフレッシュな肉
喰わせてやっから我慢しやがれ!ガハハハハ!」

ドドドドド…がシャン!
村人女「キャー!!魔軍が来た!」
村長ユゲー「オーマイガー!!俺が賄賂で建てたスペシャルなジムが!」
ドゥルジ「ウヘヘ…虫ケラどもが泣き喚いてるぞ、だが情けは無用だ野郎ども
作戦名は『超攻撃的』老人もガキも容赦なく殺せーだが女は生かしたまま捕らえろ!」

トロールナイト「ヒャッハー!こんなところに赤ん坊がいるぜ!」
赤ちゃん「ウエーン」
村人「ああっ…私の赤ちゃん!」
グチャッ!
村人「あああああああ!なんて事を!!」
トロールナイト「黙れクソオンナ!」
ゴス!
トロールナイト「あ、やっべー女殺しちまった…ドゥルジさんに怒られる
おーいケルベロス、この死骸食べてくれー」
ケルベロス「グルル…ワンワン!」

ギガンテス「オンナ…オカシタラ…スグコワレタ…ウウ…」

244 :iPhone774G:2011/11/12(土) 00:57:12.31 ID:ozHmITSa0
SSでドゥルジが決まって脳筋なのは朝青龍のせいだな

245 :iPhone774G:2011/11/12(土) 00:59:34.48 ID:AzVGL3Qw0
まじみんないろんな特色があって面白いな。個人的には無反省先生のが一番好きかな。
でもみんな面白い。

246 :iPhone774G:2011/11/12(土) 01:12:34.08 ID:82NQAxII0
アカマナフ「ドゥルジ、魔王様がお前を解雇なされるそうだ」
ドゥルジ「は…なんやて?」
アカマナフ「酒場に売却されることになった」
ドゥルジ「何ゆうとんねん。俺バリバリの一軍やん」
アカマナフ「いや、お前、サルワ、タルウィ、マーラは解雇だ。…私もな」
ドゥルジ「なんでや!今まで城でもニムシーでもどんだけ貢献したと思ってんのや!」
イブリース「うーす」
ドゥルジ「あ?」
大王バアル「まだいたの?下級魔神くん」
ラーヴァナ「君たちはもう魔王軍から戦力外通告を受けたのだ。
もう戦わなくていいんだよ。」
ドゥルジ「なんやとワr

ズン!

ドゥルジ「おぷっ」
アスタロト「おうゴラァ!雑魚が楯突くんじゃねぇ!!」
アカマナフ「行こう…ドゥルジ、酒場へ…」
ドゥルジ「嫌や…嫌や!」
ラーヴァナ「往生際が悪いぞドゥルジ殿」
ドゥルジ「やんなと?シバくどコラァ!」
イブリース「じゃあ死ぬか?」
ドゥルジ「上等じゃボケェ!」


ドゥルジは1人、征服者の塔へ送られた。




247 :iPhone774G:2011/11/12(土) 01:25:16.25 ID:nmEdCV390
板金が女になってたのは同人ノリで苦手だったけどこういうのは好き

248 :iPhone774G:2011/11/12(土) 02:01:11.63 ID:Zxfaaeu80
なんかさっきハードボイルドなの書くって言ってた人です

魔界歴XX9X年…
魔界は人間による侵略が始まった。
抵抗する者は殺され、生き残った者は捕らえられ、人間は次々と魔界を征服し、その凶刃は遂に魔界を統べる王の元にも達した…
魔界の秩序は完璧に失われ、かつての魔界は消滅した。

それを率いた男ッ…!
世紀末覇者ティムティム…ッ!!

人間は暴徒と化した魔族の残党を散らしつつ着々と魔界への移住を進め、それが遂に全域にまで達し様としていた…ッ!!

わすがに残った魔界の大地…ッ!!
魔界の歴史の終焉…誰もがその結末を予測した…ッ!!

命からがらこの大地の果てに逃げ及んだかつての魔王の息子…そしてその側近のゴブリン(0)…
終焉の時を迎えようとする彼らはあてもなく歩き続けた…



249 :iPhone774G:2011/11/12(土) 02:02:22.29 ID:Zxfaaeu80
「これからどうするおつもりですか」
唐突に側近が口を開いた
城を出てから数日間、歩き続けていたのにも関わらず語気は強く、はっきりとした声だった

「もう…どうでもいい…」
それとは対象的に、力なく、かつての権威もなにも感じさせない、弱弱しい声だった

「魔界はおしまいだ、君は僕に構わず、好きな所に行くといい」
全てを諦めた、冷たい瞳で側近に目を向ける

「馬鹿野郎ッ!!!!」ドゴッ
「ッ!!!!?!?」
何が起こったのかわからなかった。

顔を上げ、目を向ける。
そこには、鬼の様な…いや、鬼の形相を浮かべる側近。
否、最早別の何かと呼ぶべき、誰かだ。

「お前は…魔界を捨て、このまま終わりを迎えろ、と言うのか?」

言葉が出なかった。
静かに、怒りを浮かべる側近の前に、かつての魔王の王、その息子は弱々しく握った拳を震わすことしかできなかった。

「嫌だ」
静寂の中、はっきりと、強い口調だった。

「このまま、全てを失うのは嫌だ」
それはさっきまでとは違う王子の姿だった。
頬を腫らし、泥で汚れてはいるものの、紛れもなく、その姿はまさに、王。

「それなら、どうすれば良いか、わかっているだろう」
いつも通りの優しい口調だった。
しかし、顔付きは険しく、腹をくくった、とでも言うような顔付きだった。

「これから、全てを奪還する」

彼らはこれまで歩いた道を、逆に歩き始めた。

250 :iPhone774G:2011/11/12(土) 02:05:03.31 ID:fX9XLDd20
ジョジョと北斗の合いの子か

251 :iPhone774G:2011/11/12(土) 02:06:39.62 ID:Zxfaaeu80
こういうの書くの初めてだからどうしたらいいかわかんないしあんまりハードボイルドじゃない
ゴブゼロには勢いで殴らせた


252 :iPhone774G:2011/11/12(土) 02:07:14.55 ID:Zxfaaeu80
>>250
意識したねだいぶ…

253 :iPhone774G:2011/11/12(土) 02:13:03.85 ID:AzVGL3Qw0
これはまた面白そう!
世紀末覇者ティムティム!!に吹いたw

254 :iPhone774G:2011/11/12(土) 07:34:27.76 ID:MuGwsW6w0
いままでの内輪揉めものよりいい!

255 :iPhone774G:2011/11/12(土) 14:07:53.53 ID:Zxfaaeu80
彼らが歩を戻してから、人間の集落を見つけるのにそれ程時間はかからなかった。

村というよりは、小さな集落だが、人間が住める程度に整備され、既に家が建っている。

「人間の技術とは対した物だなぁ…」
思わず魔王は口からそう零した。
それもそうだ。彼らがこの土地に逃げ込んでから数週、数日しか経っていないのだ。

「人間はそれほど多くはいないみたいだけど…」
魔王はそこで口を濁した。
戦えない魔王には今戦力といえる者はゴブゼロしかいない。
彼が倒れることは、則ち即全滅を意味するのだ。

「…いや、今すぐ襲撃しよう、お前はここで待っていると良い…10分あれば十分だ」
何時の間にか敬意を全く払わなくなった側近。
返事を待たず彼は村に意識を向ける。
凄まじいまでの気迫。ゴブリンのくせに。

「…作戦を開始する、あの村を奪還せよ」
慎重にならなくてはいけないとわかりつつ、魔王はそう答えるしか出来なかった。
鬼の形相を浮かべるゴブゼロの前に、王は、恐怖したのだ。

ゴブゼロは無言で頷き、背を向け、村に歩を進める。


256 :iPhone774G:2011/11/12(土) 14:08:41.34 ID:Zxfaaeu80
慎重さを欠く必要なんて全く無かった。
このまま夜を待つのも手だっただろう。
何故彼は村に正面から向かっているのだ。
王は若干の焦りと不安を覚えた。

「ま、魔物だー!!魔物が出たぞー!!!」
農民が声をあげる。
案の定、ゴブゼロが村の入り口に着く前に鋤や鍬を持った農民によって防衛線を形成されてしまった。
危機管理がお粗末すぎるだろう。

しかしゴブゼロは歩を緩めない…ッ!
余りもの堂々とした立ち居振る舞いに、村人達は少したじろいだ様に見えたっ…!

「ただの小鬼だ!一斉にかかれ!!」
誰かが震えた声を挙げる。ゴブリンなのに。

「やめておけ…」
「怪我をしたくなければな…ッ!!」
ゴブゼロは短い手足で、奇妙な構えを取るッ!!

「構うな!!かかれぇ〜!!!」
農民達は一斉に鋤や鍬を振り上げるッ!!!
「アタァ!!!」
刹那、農民達は空に舞った…ッ!!!
農民達に容赦なく繰り出されるその拳はッ…!!
瞬く間に防衛線を壊滅ッ…!!

「なんだァーッ!?その拳はァーッ!!?」
「セント神拳…」
セント神拳とは…!
魔界に伝わる伝説の暗殺拳…ッ!!

「や、やめ、たすげぶゥーッ!!!!」
ゴブゼロの拳が農民に容赦なく振り下ろされるッ!!!

わずか数秒で防衛線を壊滅し、村の奥に歩を進める。
残る村人は戦意を無くし、その場に崩れるか、走り去って行く。

「ま、待ってください…私たちはただ征服王様に…!」
ゴブゼロと距離をとりつつも、護衛にも逃げられた村長は震えた声をあげる。

「征服王…?人間の都合など知ったことかッ!」
ゴブゼロの拳が村長に伸びるッ!!

「う、うがああああ!!!…あ、あれ?痛くない…?」
「経絡秘孔の1つ、新一を突いた。お前には自分の意思とは関係無く知っていることを話して貰う」

それから村長は話し続けた。
世紀末覇者ティムティムの目的。
人間が魔界のほとんどを制圧したこと。

ゴブゼロは村を後にする。
人間と、戦い続けることを胸に誓って…

257 :iPhone774G:2011/11/12(土) 14:13:25.92 ID:Zxfaaeu80
パロディと捏造で構成されています。
あと書いてる時のテンションの浮き沈み激しいです。

最果ての村がいくら田舎だからってゴブリン一匹に潰滅させられるって流石に危機管理なってなさすぎだろって思ってたんですよね。
だからゴブゼロが超強い設定にしときました。

もしかしたら夜も書きます。

258 :iPhone774G:2011/11/12(土) 14:22:43.00 ID:dzl6KgaY0
お前は今まで放流してきた魔物の数を覚えているか?

放流スレで上級魔神の放流宣言があったらどうする?
俺は酒場の魔神カテゴリーに張り付くだろ?
誰だってそそーする。
俺だってそーする。

259 :iPhone774G:2011/11/12(土) 14:59:28.27 ID:AzVGL3Qw0
>>256
ヤバイ、まじワロスww

260 :iPhone774G:2011/11/12(土) 15:46:50.46 ID:YDl0tTw40
ドゥルジ「なに?タローマティとザリチュが死んだだと?!」
トロールナイト「はい…ニムシーでお亡くなりになりました」
ドゥルジ「バカな!あいつらは俺を差し置いて一軍まで昇格したのに…
アイテムは?」
トロールナイト「…アイテムなしでケルベロスたちとともにニムシーに送られ
全滅したそうです」
ドゥルジ「またか…あの魔王!」

魔王のぶおは酒場の彷徨えるヌシとなっていた。祭りと呼ばれる他人の魔神や
レアユニットの放出を得るために一日中酒場でたむろし、時には詐欺にあい
かつて500万はあった文はすでに底をついていた。

ドゥルジ「あのクソ野郎!またくだらない金を使い方をしてるのか!
仲間は解放するものだ!酒場で買い漁るものじゃない!」
トロールナイト「落ち着いてください」
ドゥルジ「魔王に一言申してくる!」


王座
魔王のぶお「今日はルシファーとイブリースをゲットしたぞ〜」
プリンのルシファー(2)「ゴロロロロ!」
舞妓haaaaaaaan!!のイブリース(15)「宜しくお願いしいたします。のぶお様」
ドゥルジ「おい!魔王!」
魔王のぶお「ん?ドゥルジか」
ドゥルジ「酒場で文を使い込んでないで、ユニットにアイテムを持たせて下さい!」
魔王のぶお「なぜ?」
ドゥルジ「なぜって…いくら我々でもアイテムによる強化がなければ死んでしまいます」
魔王のぶお「ふーん…じゃあアイテムいらないほど強い魔神雇ったほうがいいじゃん」
ドゥルジ「あなたはわかってない!」
坂口のラーヴァナ(4)「黙れ、下級魔神よ」
ドゥルジ「あ?誰だよテメェは」


261 :iPhone774G:2011/11/12(土) 15:49:42.91 ID:YDl0tTw40

魔王のぶお「知らないの?最強の魔神だよ。
昨日酒場に張り付いてついにGETしたんだ」
ドゥルジ「あなたという人は…」
舞妓Haaaaaan!!のイブリース(15)「この魔神はのぶお様のですか?」
魔王のぶお「ああ。昔、城回してたら出てきた。今はもう使わないけどね」
ドゥルジ「こんな他人の魔神に頼るなんて父上が悲しみますぞ!」
のぶお「黙れよドゥルジ。父さんの話をするな。」
坂口のラーヴァナ(4)「殺しましょうか?のぶお様」
魔王のぶお「いや、こいつは酒場に売る。魔神放出すれば乞食どもが喜ぶし」
ドゥルジ「な、なんと…!」
魔王のぶお「甘ったれるなよドゥルジ。お前はもういらないんだ。いずれ売ろうと思ってた」
ドゥルジ「初の魔神をこんな目に…」
魔王のぶお「初めての魔神だっけ?忘れたよそんなの」
ドゥルジ「あなたは…変わってしまわれた」
魔王のぶお「もういいかい?
さようならドゥルジ。さて、僕はこれから征服者の塔に行く。
ラーヴァナ!行くぞ!」
坂口のラーヴァナ(4)「はい。
…さらばだ、哀しき魔神よ」
ドゥルジ「う、うおおおおおお!!」






魔王くりおね「あ、酒場で魔神発見!購入!」
のぶおのドゥルジ(1)「…」
魔王くりおね「ドゥルジだ!やったー!」
のぶおのドゥルジ(1)「新しい魔王か…」
魔王くりおね「朝から更新ボタン連打しまくっててよかった!宜しくねドゥルジ!」
のぶおのドゥルジ(1)「(こいつも乞食か…クソが)」

同じ頃、ノードープで征服者の塔に挑んだのぶおの魔神軍団は全滅し、
のぶおは残りのユニットを放出し魔界を救うことを放棄したという。



262 :iPhone774G:2011/11/12(土) 16:22:51.38 ID:SDf7vdE70
>>260
リアル路線だなww
笑えるがまじ話に見える

263 :iPhone774G:2011/11/12(土) 16:56:32.82 ID:FsT6Nmb00
>>255-256
面白杉
本気でわろた



264 :iPhone774G:2011/11/12(土) 19:18:18.29 ID:AzVGL3Qw0
本スレがますますヤバくなってる。
ここは平和で良い。

265 :iPhone774G:2011/11/12(土) 19:18:50.10 ID:YCuqBghL0
>>264
ですねー

266 :iPhone774G:2011/11/12(土) 19:20:59.48 ID:AzVGL3Qw0
放流スレもやられてる。
ここは荒らしはスルー徹底に徹したいね。

267 :iPhone774G:2011/11/12(土) 19:28:55.39 ID:YCuqBghL0
>>266
あいあいさー!!


268 :iPhone774G:2011/11/12(土) 20:50:55.25 ID:aGiNVUEb0
http://beebee2see.appspot.com/i/azuYhuuQBQw.jpg

ピッタリ。

いま、洞穴で一軍か全滅して
立て直し中。

269 :iPhone774G:2011/11/12(土) 20:51:59.25 ID:ozHmITSa0
>>268
お焼香あげたいので遺影SSお願いします

270 :iPhone774G:2011/11/12(土) 20:54:55.65 ID:Zxfaaeu80
「終わったぞ」
眉一つ動かさず、そう告げる。

すぐに言葉が出ない。
王は、遠くからその一方的な戦いの様子を眺めていた。

(ゴブゼロは…一体何者なんだ…?)
彼は、自分の臣下であり、自分の半生以上の時間を共に過ごしてきた信頼の置ける側近である。
頼もしく思う反面、初めて見る、彼の内にある鬼の部分に戦慄したのだ。

「本当に10分もかからなかったね…」
本当はどうでもいいようなことを口にする。
何にせよ、今、魔王は彼に守られているのだ。
その強さが頼もしくもあり、なんとなく、情けなく思う気持ちがあった。

それからゴブゼロは村長から聞いた話を説明する。
世紀末覇者、ティムティム。
彼は魔界の領土を奪い、そこに人間の隷属農民を住ませて生産活動に従事させているらしい。
要するに植民地だ。
人間界の事情は知らないが、そのために魔界に住む命を切り捨てようという身勝手が心底気に食わなかった。

この魔界の果て一帯は主にリザードマンが生息している。
しかしリザードマンは水辺を好むため、ただ平野に住み着いた人間の住居地を壊滅させただけであって、あるべき魔界の一部を取り戻したとは言えない。

邪悪な存在で無いリザードマンと魔族はそれほど親交はなく、むしろ大部分に魔族が住む魔界での関係は悪い、彼らを救出して手を貸して貰えるかはわからないが、漁村スラックに足を向けることにした。

271 :iPhone774G:2011/11/12(土) 20:57:13.06 ID:Zxfaaeu80
海岸沿いの森の中を歩く。
どれだけ歩いただろう。
ゴブゼロが村から取ってきた食料があるから空腹に悩まされることはないが、いい加減。疲労が溜まってくる。

「見えたぞ」
遠目に小舟と民家が見える。

「ゴブゼロ、まだ陽が高い。それに歩き続けて体力も落ちているはずだ。夜を待とう。」
今回は濁すことなく言った。
最果ての村の襲撃で逃げ出した人間が既に知らせて征服軍から討伐隊が出されたかも知れない。
そうでなくても、警戒くらいされていてもおかしくない。

「ま、魔物だァーッ!!」
突然の叫び声に呆気に取られる。
声の出処はどこだ。森の中に人がいたのか?

「あ、あそこだッ!!」
浜辺に、人間を襲う者の姿があった。
長く伸びた鼻筋に、肌を覆う鱗。間違いない、リザードマンだ。

「仲間を開放しろッ!!!」
「た、たすけて…ぐふぅ」

彼は辺りの船乗りを蹴散らすと一目散に村へ向かって行く。

「僕たちも彼に続こう」
突然の開戦で昂る心を抑え、なんとか落ち着きを保つことができた。
疲労もあるが、
「漁村スラック奪還作戦を開始する!」

272 :iPhone774G:2011/11/12(土) 21:05:51.26 ID:aGiNVUEb0
>>269
お気持ちありがとう。
魔神7人全てを、一週間前に失いました。
SSは、ありません。

現在、自前で魔神4人まで持ち直しました。

鬼、骸骨、蜥蜴の僧・魔6人部隊の
活躍をに拍手を。

http://beebee2see.appspot.com/i/azuY0NuQBQw.jpg


http://beebee2see.appspot.com/i/azuYmaGMBQw.jpg



273 :iPhone774G:2011/11/12(土) 21:06:59.39 ID:ozHmITSa0
>>272
育成枠か
魔神逝くよりこいつら死んだら辛いだろうな

274 :iPhone774G:2011/11/12(土) 21:16:38.53 ID:aGiNVUEb0
>>273
そうです。
セイント・ウィザードからの進化実装前からの育成枠なので死んだら
リアルに落ち込んでしまいます。

275 :iPhone774G:2011/11/12(土) 21:38:10.48 ID:FsT6Nmb00
>>274
わーお
わろえないな

276 :過去:2011/11/13(日) 01:18:40.78 ID:Llr62uH80
続き

ヴァンパイア『ぐすん…いつまでも泣いていても仕方ないよね…』
ヴァンパイア『私も強くならなきゃ…先に進まなきゃ』

そう呟きヴァンパイアはちょっと大きな石を集めお世辞にも立派とは言えないけれどとても心のこもった小さな小さなお墓を作った

ヴァンパイア『魔王様は今どこに居るのだろう?』
ヴァンパイア『今からでも追いつけるかな…』
ヴァンパイア『1人ってやっぱり寂しいなぁ…』

友達と遊んでて更新できなかった…
今帰って来て酒飲みつつ更新
ただ眠いのでサラッと寝落ちするかもしれません

277 :過去:2011/11/13(日) 01:26:19.09 ID:Llr62uH80
それから新魔王を追うように1人旅に出たヴァンパイア

人間『誰か居るぞ!?』

ヴァンパイア『いやっ!!人間!!』

人間『お前何者っっ(ドキュン!!)』

ヴァンパイアの魅了が発動!!

ヴァンパイア『やめて!!触らないで!!』

ボコボコボコッ!!

ヴァンパイア『あれ?倒しちゃった?』

ヴァンパイア『まあいいや、先に進もう!!』


ヴァンパイアのレベルが上がった…

このような感じで危な気なく突き進むヴァンパイアであった…

278 :過去:2011/11/13(日) 01:37:09.56 ID:Llr62uH80
その後5年、ヴァンパイアは魅了しまくり快進撃を続けていた

ところが…

プリンセス・マリ(以下マリ)『あなたね、私の男を奪ったのは』
ヴァンパイア『はい?』
マリ『すっとぼけんじゃないわよ、あなたのせいであの人は居なくなった、私辛くて何回もリスカしたわ』
ヴァンパイア『だから何でしょう』
マリ『あなたさえ居なければ私はずっと幸せでいられるハズだった』
マリ『だからあなたにも私と同じ苦しみを与えてあげるわ…』
マリ『やっておしまい』
マリの部下『はい!!』

ヴァンパイア『キャー!!』


マリ『止め、こんなもんでいいでしょう、このボロボロの女を牢屋に入れて見せしめにしておきなさい』
マリの部下『はい!!』
マリ『あと牢屋に入れた後は死なない程度に痛め付けた状態にしておきなさい』
マリの部下『かしこまりました』



279 :過去:2011/11/13(日) 01:44:14.67 ID:Llr62uH80
その頃新魔王は…

新魔王『とうとう魔界の果てまで来ちゃったね…』
ゴブリン『はい…』
新魔王『これからどうしようか?』
と言いつつ近くにある岩を背もたれがわりに座り込んだ

ズズズズズズッ!!

新魔王『えっ!!岩が…動いた』
ゴブリン『下に穴がありますね…』
新魔王『入ってみよう!!』


新魔王『へぇ〜意外に広いなぁ…』
ゴブリン『2人ならここで充分隠れられそうですね』
新魔王『そうだね、とりあえずここに隠れてしばらく様子を伺おう』
ゴブリン『はい!!』

280 :過去:2011/11/13(日) 01:52:43.96 ID:Llr62uH80
それから3日ほど経過して…

新魔王『今日も特に異常なさそうだね』
ゴブリン『はい!!』
新魔王『穴に戻ろう!!』
ゴブリン『はい!!』


新魔王『この穴も住めば都だね…』
ゴブリン『そうですね』


ズズズズズッ!!

新魔王『えっ!!』
ゴブリン『誰か来た!!』

?『下にいるのはもしかして魔王様の息子様ですか?』

新魔王『なんでわかるんだ?』
ゴブリン『さぁ?』

?『魔王様より伝言が…』

新魔王『お父さんから!?』

?『はい、私は人間界であなたのお父様に助けていただいてそのついでであなたに伝言を頼まれた者です』

新魔王『とりあえず入って来て!!』

あの時の人間『はい』

281 :過去:2011/11/13(日) 02:08:02.28 ID:Llr62uH80
それから新魔王はその人間に今何が起きているのか、自分がテムテムを倒さなければならない事などを聞いた

新魔王『なるほど…じゃあ時が来たら奪還作戦を開始しなきゃだね』
ゴブリン『それにしても魔王様が人間界に飛ばされていたとは…』
人間『といってももう9年前ですけどね…』
人間『そうだ、私、この9年テムテムの手下として扱われていたのでこんな物を入手しました』
新魔王『これは?』
人間『牢屋の鍵です』
新魔王『牢屋の鍵?』
人間『魔族は殺されもしましたがだいたいは捕虜として牢屋に閉じ込められています、この鍵があればその牢屋を開ける事ができます』
新魔王『という事は奪還しつつ魔族を救出できるって事か…』
新魔王『あっそういえば人間さん!!』
人間『なんですか?』
新魔王『このようなキノコはご存じ無いですか?』
人間『どれどれ…ああ、これは人間界でドーピングと呼ばれている物の一種ですね』
新魔王『えっ!!知ってるの?』
人間『はい、これを食べると身体能力が向上します、キノコの他に葉っぱ、薬、タケノコなどがありますよ』
新魔王『何とか手に入らないかな?』
人間『人間界に行けば大概は売ってますよ』
新魔王『人間界か…』
人間『私が買って来ましょうか?(もちろん利益は乗せるけどw)』
新魔王『本当に?お願いします!!』
人間『かしこまりました!!では明日人間界に戻り買って来ます』
新魔王『これで奪還作戦も楽になりそうだね!!』
ゴブリン『はい!!』

今日はここまで

282 :iPhone774G:2011/11/13(日) 09:30:15.35 ID:/L+IzOgV0
たぶん牢屋は力づくじゃあかないんだろうなw

283 :iPhone774G:2011/11/13(日) 09:31:18.12 ID:ncUmNh0L0
過去編先生いつもありがとう

284 :iPhone774G:2011/11/13(日) 09:34:13.36 ID:ncUmNh0L0
ってかやべーよ
本スレも質問スレも乞食スレも荒れてる
ここだけはまったりいつも通り


285 :iPhone774G:2011/11/13(日) 09:54:46.53 ID:+cMImSW50
今までで1番酷い上にここもとばっちり受けてるっていう…
なんか本スレだけだったのに交雑と放流にまで削除出されてるよ

286 :iPhone774G:2011/11/13(日) 10:35:28.83 ID:sI1Flk4LI
消されたらSS板かなんかに避難すれば良くないか?

287 :iPhone774G:2011/11/13(日) 10:44:04.56 ID:R8mOjFg3I
消されても立てやるから安心しろ

288 :iPhone774G:2011/11/13(日) 10:53:52.78 ID:/L+IzOgV0
タイトル決めとこうぜ

289 :iPhone774G:2011/11/13(日) 10:56:21.47 ID:+cMImSW50
創作スレとか?
交雑じゃややこしいって言われるんだよな
もう本当にSSスレとして運用するならそれでも良いと思うけど

290 :iPhone774G:2011/11/13(日) 11:00:33.48 ID:/L+IzOgV0
内容は主にss
雑談しても構わないでおk?

291 :iPhone774G:2011/11/13(日) 11:01:19.00 ID:sI1Flk4LI
2丁目においてはSS除いたらこの板はほぼ無になってしまうから、向こうも言い分も分からなくはないんだ
消されるかもしれないなら今の内に手を打っておきたいね

292 :iPhone774G:2011/11/13(日) 11:03:03.05 ID:54h7v5FR0
雑談の機能被らせたまんまじゃ結局あれだろ
SS板に移るのがいいのかな

293 :iPhone774G:2011/11/13(日) 11:05:44.90 ID:/L+IzOgV0
基地外のせいで乱立してるけど
これが本スレです。
すみませんよろしくおねがいします。
【僕まか】僕の魔界を救って! 60丁目
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/iPhone/1321142660/


294 :iPhone774G:2011/11/13(日) 11:34:24.61 ID:Mflx4iXg0
ところでSS板ってどこにあんの?
ちょっと覗いてみたいんだけど

295 :iPhone774G:2011/11/13(日) 11:53:55.32 ID:L2Ox+amU0
>>294
オレも気になって探してみた
正式には「創作発表」板って名前みたいだ
ざっと見たけど、全板から集まってるみたいなんでジャンルは相当多岐に渡ってるな

296 :iPhone774G:2011/11/13(日) 11:58:51.79 ID:mgKRpd310
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/
ここだな

297 :iPhone774G:2011/11/13(日) 12:11:36.97 ID:GvtYaIf/0
過去先生サンクス。

起きたら僕まか関係のスレがめちゃくちゃになっててわけ分からん。
一体どれが本スレなのか、どこが削除されるのか分かる人教えてくれ。

298 :iPhone774G:2011/11/13(日) 12:23:27.33 ID:sI1Flk4L0
>>296
見れねぇ
普通に 創作 で検索したらでた

299 :iPhone774G:2011/11/13(日) 12:59:03.09 ID:Xq/HEoYp0
BB2Cは直接スレ以外は飛べないんだな

300 :iPhone774G:2011/11/13(日) 16:21:39.98 ID:Mflx4iXg0
>>296
なるほど、サンクスー

301 :iPhone774G:2011/11/13(日) 16:29:13.00 ID:AAY5d61d0
bb2cなら外部板の追加で見れるようになる


302 :iPhone774G:2011/11/13(日) 16:51:56.71 ID:0mtG8fLd0
ドゥルジ「まぁた出撃に呼ばれずケルベロスの散歩かよ…チッ」
ケルベロス「ワン!」
ドゥルジ「ん?あそこにいるのはパズズ…あいつも一軍落ちしたのか?」

ラマシュトゥ「あなた元気だしてよ」
パズズ「やってられっかよ。酒場でたまたまラーヴァナ拾ってきたからって
この俺をスタメンから外しやがって…」
ラマシュトゥ「しょうがないじゃないのよ」
ドゥルジ「うーす」
パズズ「万年ベンチウォーマーのドゥルジか」
ラマシュトゥ「あなた!ドゥルジさんに失礼よ」
ドゥルジ「いやいいんです。俺にはこいつの気持ちわかりますから」
パズズ「ケッ」
ラマシュトゥ「もう魔神一軍はラーヴァナ、バアル、ルシファー、
アスタロト、イブリースで確定。あとはデュークゴブリンやイモータルが
正式に一軍入りしたみたいね」
パズズ「なんで成り上がりのゴミどもが一軍でこの俺様が二軍なんだよ」
ドゥルジ「そうカッカすんな。魔王の懸命な判断さ。
それより今日アカマナフ、サルワ、タルウィたちと港町ブライトンまで
酒を飲みに繰り出すんだが来ないか?」
パズズ「フン、落伍者の傷の舐め合いに付き合ってられんね。行くぞラマシュトゥ」
ラマシュトゥ「ゴメンなさいドゥルジさん…」
ドゥルジ「…」



その夜、ラーヴァナや大王バアルで構成された魔王屈指の軍団は征服者の塔で全滅した。

303 :iPhone774G:2011/11/13(日) 16:59:56.65 ID:iXraVoxg0
オチで笑ったわw

304 :iPhone774G:2011/11/13(日) 17:03:07.64 ID:0mtG8fLd0
ドゥルジ「全滅した…だと?」
ザリチュ「上級魔神で固めた魔王軍が…?」
タローマティ「ああ。ゴブリンゼロから聞いた」
サルワ「どんなところなんだよ征服者の塔って」
パズズ「お前ら下級はそこに行く前に一軍落ちしたから知らんだろうが
あそこは魔山や渓谷とは桁違いのダンジョンだ。俺も何度も死にかけた。
しかし…ドープも適正に行っていれば全滅しないはずだ」
タルウィ「お前も下級だべ?」
パズズ「なんだと?貴様らと一緒にするな」
ドゥルジ「やめとけ2人とも」
アンラマンユ「大変なことになったわぁ」
ドゥルジ「マンユさんは出撃しなかったのか?強いのに」
アンラマンユ「あたし呼ばれなかったのよぉ」
タルウィ「(ネカマきめぇ…強いから逆らえないけど)」
マーラ「なんでも勝手に護符を売ったやつがいるらしい」
パズズ「何?」
マーラ「護符を使おうとしたら倉庫の護符が全部なくなってそうだ」
パズズ「馬鹿な。護符がなければ征服者の塔を攻略するのは難しい。
今の魔王軍はメンツこそ凄いがほとんどがレベル5以下だ…」
ドゥルジ「…裏切り者か?」
ザリチュ「まさか」
タローマティ「この中に?」
パズズ「…」
アンラマンユ「え?え?どうゆうことよぉ」
ラマシュトゥ「そんな…」

305 :iPhone774G:2011/11/13(日) 17:16:49.19 ID:KCjUeYn00
意外な展開

306 :iPhone774G:2011/11/13(日) 17:18:21.92 ID:0mtG8fLd0
魔王「すまんなお前たち、急にこんなことになって」
ドゥルジ「いえ、いいんです。それより護符が出撃前に消えたというのは本当ですか」
魔王「情報が早いな。その通りだ。」
パズズ「心当たりは?」
魔王「…ない」
タルウィ「失礼ですが魔王が間違って売ってしまったとか」
パズズ「おい、空気の読めない下級は黙っていろ」
魔王「いや、タルウィと同じ疑問はみんな持っているはずだ…しかしありえない。」
ゴブリンゼロ「魔王様が何かを売買されるときは私が同行しています。」
タルウィ「ただのドープし忘れの線は?」
パズズ「いい加減にしろ貴様。魔王を侮辱しているのか?」
魔王「ドープしようとしたときには消えていた。本当だ。」
マーラ「売られてしまったのでしょうか?捨てられたのではなくて」
魔王「その可能性もある…と思ってケルベロスとパイアに捨てられた護符がないか
探しにいかせているところだ。」
サルワ「裏切り者ですかね」
ザリチュ「信じたくはないが知能を持つ魔物は俺たち魔神と鬼とアンデッドくらいだし」
アンラマンユ「裏切り者がいるとしたら一軍に恨みを持っている人じゃない?」
タルウィ「あんたとパズズがまず頭に浮かんだ」
パズズ「黙れ、ザコが。軽率な発言をするな」
ドゥルジ「…(この中に護符隠しの犯人がいるのか?)」

307 :iPhone774G:2011/11/13(日) 17:20:52.97 ID:AAY5d61d0
わかったぞ!犯人はヤスだな!

308 :iPhone774G:2011/11/13(日) 17:21:54.95 ID:iXraVoxg0
感動巨編の予感。

309 :iPhone774G:2011/11/13(日) 17:29:57.80 ID:0mtG8fLd0
トロールナイト「護符が見つかりました!城の井戸に捨ててありました」
サルワ「…決まりだな。誰かが意図的に捨てたのか」
パズズ「誰だ!名乗りでろ!」
タルウィ「あんたも容疑者だろ。何イキつちゃってんの?」
パズズ「もう我慢の限界だ。魔王、こいつを殺すことを許可してください」
魔王「ちょっと…」
ドゥルジ「2人ともやめてくれ!」
アンラマンユ「名乗りでるわけないじゃない。犯人がわかった瞬間、
私が殺しちゃうんだもん」
マーラ「アカマナフ、お前じゃないよな?」
アカマナフ「違うって…昨日はブライトンでサルワやドゥルジやタルウィといたし」
タルウィ「そうだ。これで絞られたな。俺、ドゥルジ、アカマナフ、サルワは
違う。まぁ俺の中で犯人はもう決まっているが」
パズズ「…何がいいたいんだ貴様」
ドゥルジ「お願いだ、2人とももうやめてくれ!」
タローマティ「気持ち悪いは!この中に裏切り者がいるなんて」
サルワ「本当だ。仲間だと思ってたのに」
ラマシュトゥ「…私よ!」


一同「「!?」」

310 :iPhone774G:2011/11/13(日) 17:32:24.01 ID:KCjUeYn00
まさかスレタイにヒントが隠されていたなんて

311 :iPhone774G:2011/11/13(日) 17:40:19.12 ID:0mtG8fLd0
ラマシュトゥ「…私よ」
パズズ「…なん…だと?」
ドゥルジ「ラマ姉さんが?」
魔王「本当か、ラマシュトゥ」
ラマシュトゥ「本当です。私を殺してください」
アンラマンユ「しょうがないわねぇ」
魔王「待て、アンラマンユ。話を聞かせてくれないか、ラマシュトゥ」
ザリチュ「…」
パズズ「お前…何故だ…何故なんだ」
ラマシュトゥ「夫が一軍から外されるのが納得いかなかったんです。
あんなに頑張っていたのに…たまたま酒場で手に入った上級魔神の登場で
その立場が…うっうっ」
ドゥルジ「だからって一軍を全滅させることはないでしょう」
パズズ「馬鹿野郎!無駄な気を使うな!」
魔王「ラマシュトゥ…君は自分が何をしたかわかっているのか」
ラマシュトゥ「申し訳ございません。断罪してください。」
パズズ「俺も責任を取ります!夫婦揃って人間界の門に送ってください!」
魔王「ダメだ。今の僕には君たちの力が必要だ。死なれては困る」
ラマシュトゥ「いえ、殺してください!」
タルウィ「…」
パズズ「お願いします!」
魔王「君たちの処分は前と同じ戦力が揃うまでお預けだ。
それまでは働いてもらう。いいね?これは命令だ」
ドゥルジ「なんて尊大な魔王だ…」
魔王「今日から君たちが一軍だ!僕の魔界を救ってくれ!」

次の日、魔王の時間指定ミスでパズズやドゥルジで構成された新生魔王一軍は
あっけなく魔山ヴィーダーで全滅した。



312 :iPhone774G:2011/11/13(日) 17:42:25.10 ID:92uKkPr90
そしてケルベロスの時代がくると・・・

313 :iPhone774G:2011/11/13(日) 17:42:36.10 ID:+cMImSW50
泣いた

314 :iPhone774G:2011/11/13(日) 17:47:15.94 ID:iXraVoxg0
泣かすぜ。。

315 :iPhone774G:2011/11/13(日) 18:00:48.95 ID:Mflx4iXg0
ケルベロス「くくく、魔王が寝れないよう一晩中吠え続けたかいがあったな。あいつらワンコ扱いしやがって。ざまあみろ。
…まあ俺も罰として人間界の門特攻の命を貰ったわけだが…」

316 :iPhone774G:2011/11/13(日) 18:13:18.49 ID:lz68hhZw0
トロールナイト「うはwwwwww俺一軍ktkr」

317 :iPhone774G:2011/11/13(日) 18:19:24.54 ID:KCjUeYn00
ゴブリンゼロ「ついにセント神拳を使わなければならない時がきたか・・・」

318 :iPhone774G:2011/11/13(日) 18:38:45.24 ID:s8LaJg/+i
>>316
次の日、人間界の門に単騎で向かう
彼の後ろ姿を見た。


319 :iPhone774G:2011/11/13(日) 18:41:10.63 ID:RCiLYGS50
サイクロプス「うはwwwwwついに拙者の5回攻撃を披露する時が来たでござるwwwww」

320 :iPhone774G:2011/11/13(日) 18:51:12.57 ID:iXraVoxg0
バロネット・ナルナル「生きていたか、セント神拳・・・」

321 :iPhone774G:2011/11/13(日) 18:54:12.40 ID:s8LaJg/+i
>>319
彼に下った命は、人間界の門への単騎突撃でもなくましてニムシーでの軍資金集めでもなかった。
彼への命は、彼の居場所を危うくする育成枠ゴブリン解放のため、最果ての村への単騎突入だった。
ゴブリンLv1でも攻略できる簡単な任務。

魔王のとなりでは、ザーボンとドドリアが
薄ら笑いしている。

サイクロプスがスーパーサイクロプスとなり、魔王に反逆すると予測したものはサイクロプスを含め一人もいなかった。

322 :iPhone774G:2011/11/13(日) 19:27:31.65 ID:s8LaJg/+i
>>321
サイクロプスは、三眼に変身する能力があたが実は、1000年に一人誕生すると言われるロマン枠があった。
それは、上位魔神を越えるXXXXクラスの
超魔神だった。
しかし、そこまで成長したら魔王の服従レベルではコントロールできない。

戦うしか能がないサイクロプス。
いつ、人間側に願えるか分からない。

そう考えた魔王は、サイクロプスに
経験値を稼がせない様にハブることにした。

しかし、これが魔王とサイクロプスの間に埋めることがてきない深い溝を作るきっかけとなった。


323 :iPhone774G:2011/11/13(日) 19:50:40.90 ID:dg85i1EW0
本来、女性のユニットって誰?
タローマティ、ドゥルジ、ラマシュトゥは知ってる

324 :iPhone774G:2011/11/13(日) 19:52:38.66 ID:s8LaJg/+i
>>322
失意のサイクロプスの元へ、ティムティムから使者が送られた。

ティムティムは、彼に取得できる経験値が10倍になるアイテム 戦慄の大太鼓を
無数に提供するかわりに魔王軍の機密情報を漏らすように提案してきた。

15分足らずの戦闘で得られる経験値は25ぐらいだ。
だけど、一年間、アイテム枠一杯に大太鼓を使い続けたら…。
サイクロプスは静かに頷き、提案を呑んだ。




325 :iPhone774G:2011/11/13(日) 20:11:18.98 ID:s8LaJg/+i
ティムティムに使者は、サイクロプスが提案を報告した後、その主に尋ねた。

使者『サイクロプスが再び、魔王側につく心配はないのですか?』

ティムティム『ない。戦慄の楽器は魔物の聴覚を通じて脳に働き、経験値を増幅させるもの。言わば、麻薬と同じ。
その他のドーピングアイテムもしかり。
魔王軍の売店には、スパイを送り込んでいる。魔王軍の一軍は、麻薬漬けと言えよう。アイテムの供給を経ったら、魔王軍は何もできなくなる。サイクロプスも同じただ。我々の敵ではない。』




326 :iPhone774G:2011/11/13(日) 20:21:53.95 ID:s8LaJg/+i
薄ら笑うティムティムは気付いていなかった。訓練所に通う戦士・僧侶・魔法使いのゴブリン三鬼衆の存在に。

賢明な魔王は、店で販売されている怪しいアイテムに疑惑を持っていた。
そこで、密かに訓練所を設立し、三鬼衆に訓練所に通うことを命じていた。
戦闘に参加していないゴブリン三鬼衆の存在を、はぶられているサイクロプスは知らなかった。そのため、裏の主ティムティムにも知られなかった。

ゴブリン三鬼衆は、Lv99のデュークとなり、ロマン枠解除の人を待った。


327 :iPhone774G:2011/11/13(日) 20:44:14.80 ID:sI1Flk4L0
設定が色々ぶっ飛んでておもしれぇwww

328 :iPhone774G:2011/11/13(日) 20:51:04.81 ID:sI1Flk4L0
というか連投で悪いが、削除依頼を出されてしまった以上はSSの保存と新スレ作成の計画立てが必要なんじゃないか

329 :iPhone774G:2011/11/13(日) 21:03:35.62 ID:/3m7424/0
消されるかわからんから新スレは保留
場所も目的も定まってないし

SSは前に出たwikiを作る案とかが良いのかな

330 :iPhone774G:2011/11/13(日) 21:08:35.14 ID:j6zw5B6B0
(帰宅したので、PCで書きます)
>>326
一年後、ロマン枠が解除され五つ星のXXXXXの超魔物となった
サイクロプスは金石・銀石の売却で立てたれた極魔城を見上げていた。

彼は薄ら笑いしていた。魔王軍の店にはスパイが送り込まれているため
魔王軍から買い取った金銀は、人間界で10倍の値段で再度売却されていたのだ。
魔王軍は潤っているように見えたが、人間達は更に潤っていたのだ。

『馬鹿な魔王だ…。』とサイクロプスは呟いた。
生け捕った人間共は殺さず、人間界に送り返している。
送り返された人間達は再び、魔界に進軍してくる。
部下が死んだとき、悲しそうな顔をしている魔王。
そんな魔王を主に持つ自分をサイクロプスは誇りに感じていた。

だが、魔王はサイクロプスをハブったのだ。
『憎い。あれだけ尽くしたのに...。』
彼は、武器庫からくすねた征服者シリーズを纏い、
新設された極魔城に乗り込んだ。



331 :iPhone774G:2011/11/13(日) 21:16:06.55 ID:j6zw5B6B0
>>330
極魔城の1Fには、図鑑枠の雑魚が100体ほどいた。
なかには、彼が開放した魔物もいる。
その魔物たちは、人間共から開放してくれたヒーロ:サイクロプスを
笑顔で出迎えた。
だが、サイクロプスは三眼サイクロプスに変身し、まだローンが残っている
カツラを放り投げた。
彼は、息を吸い、こう叫んだ。

『太陽拳!』

まぶゆい光が、極魔城の1Fを覆いサイクロプスの来城を
祝福していた魔物達を取り込み、そして消し去っていった。



332 :iPhone774G:2011/11/13(日) 21:17:08.22 ID:sI1Flk4L0
>>329
やっぱ別にwiki作るのがいいと思う
一部が本wikiに貼ってあるけど、それが増えてくるとアンチ雑談スレ派が荒らしに来る可能性もあるからね
wikiもスレも分離すれば流石に文句は言えまい

333 :iPhone774G:2011/11/13(日) 21:23:21.07 ID:j6zw5B6B0
彼は、2F,3Fとかつての同僚だった魔物達の血を手に染めながら
突き進んでいった。

ふと、サーボンとドドリアの2人に出会った。
彼らは、SSSクラスの魔物であったが、XXXXXクラスの魔物となった
サイクロプスの敵ではなかった。
サイクロプスは、一気に彼らと勝負に出た。

サーボンとドドリアは、息を引き取る直前、命乞いをしながら
こういった。
「一緒に魔王を倒そう。」

だが、サイクロプスは耳を貸さず、新技、「気功砲」で
彼らを消し去った。

そして、とうとう魔王の玉座の扉の前に立った。

サイクロプスは、手に汗を握りながら扉を開いた。

この扉の前に、魔王がいる...。




334 :iPhone774G:2011/11/13(日) 21:33:50.48 ID:Zxp2Utg20
あげ

335 :iPhone774G:2011/11/13(日) 21:35:23.16 ID:/L+IzOgV0
>>334
しね

336 :iPhone774G:2011/11/13(日) 21:39:01.32 ID:iXraVoxg0
さげ

337 :iPhone774G:2011/11/13(日) 21:45:25.65 ID:j6zw5B6B0
(ごめん。もう少し書きたい。)

かつて敬愛の念を抱いていた魔王の前に現れたのは
雑魚と嘲笑っていたゴブリン・スケルトン・リザードマンの
戦士・僧侶・魔法使いの9人だった。

彼らは密かに訓練所に通い、デューククラスを超え、エンペラークラスに
なっていた。しかも、Lv99のデューククラスから進化。

サイクロプスのスカウターは、5つ星を超え、7つ星のXXXXXXXを指して
壊れた。
彼ら9人は、それぞれ7つ星の実力をもっているのだ。

超魔物と言えど、高々5つ星。7つ星には、到底適わない。

エンペラーゴブリンウィザードは、呪文を唱えた。
光輝く強烈な光が、サイクロプスを貫いた。

「あれは、幻の最大呪文 魔法の龍矢か?」
サイクロプスは死の床で、呟いた。

そんな問いにかつての戦友のゴブリンウィザードは、
「いや、只の魔法の矢だよ。下等呪文でも、呪文を扱う者のレベルが高ければ、
強大な呪文となるんだよ。君の最大呪文は私の下等呪文より劣るということだね。」


絶望の淵に陥っているサイクロプスにあの優しかった魔王が近づいてきた。
戦友達が戦死したと報告を受けたときに見せた悲しい目をしている。

魔王は、サイクロプスの耳元で呟いた。

「なぜ、僕を裏切ったんだい...。
君には訓練所の所長を務めて欲しかったのに..。
そのため、まずロマン枠となる魔物たちの開放を頼んだのに..。」

そう。全ては、彼の思い違いだったのだ。

あの時、魔王はサイクロプスの誕生日パーティー 兼 
訓練所所長就任パーティーを計画していたのだ。

ザーボン・ドドリアの笑いは、薄ら笑いではなく
彼が驚く姿を想像して笑っていたのだ。
ザーボン・ドドリアは、パーディーの実行委員だったのだ。

事実を知ったサイクロプスは、涙を流しながら
自分の愚かさを悔やんだ。

一年前のあの日に戻れたら...。





338 :iPhone774G:2011/11/13(日) 21:49:02.03 ID:flL0I2ZJ0
そして…
エンペラーゴブリンウィザードは、エンシェントゴブリンウィザードへと進化する…!

339 :iPhone774G:2011/11/13(日) 21:54:51.12 ID:j6zw5B6B0
サイクロプスは、ふと涙で滲んだ目を開けた。
彼は、巨大なベットのなかにいる。

彼の周りには、魔王・そして夢のなかで殺したはずのロマン枠の
魔物たち、そしてエンペラークラスになったはずの、進化前のゴブリン達。

彼らは、横断幕を持っていた。

「祝。サイクロプス1000歳の誕生日 & 訓練所所長就任」
そう。サイクロプスが経験してきたものは全て夢だったんだ。

彼の目の前には、優しい魔王がいる。

彼は誓った。『一生この魔王に付いていこうと。』



一年後、訓練所には、デューククラスとなったゴブリン達、
ロマン枠のホワイトベア達がいた。
彼らは、目を輝かせロマン枠解除の日を胸に訓練に励んでいる。

彼らは全員、Lv255となっている。
期待に胸を弾ませている。





だがしかし、残酷な事実があった。
バグのため、Lv255になるとレベルアップもクラスチェンジも
できないのだ。


そんな事実も知らず、今日も訓練所で訓練は続いている。

---完---













340 :iPhone774G:2011/11/13(日) 21:58:21.21 ID:RCiLYGS50
乙!

前スレ最後のハウルさんのサイクロプスでは脳内変換出来なかったww

341 :iPhone774G:2011/11/13(日) 22:02:10.12 ID:sI1Flk4L0
乙面白かったぜ
最後にちょろっとポケモンのバグ挟むなしwww

342 :iPhone774G:2011/11/13(日) 22:21:21.94 ID:KCjUeYn00
他人のレスから話を膨らませるのはいいね。楽しめました。

343 :iPhone774G:2011/11/13(日) 22:23:19.85 ID:iXraVoxg0
乙!
最高に面白かったよ。
途中でちょっと泣きそうだったのは秘密だがな。

344 :iPhone774G:2011/11/13(日) 22:43:11.39 ID:ncUmNh0L0
面白かった!



345 :iPhone774G:2011/11/13(日) 23:29:28.03 ID:+cMImSW50
>>271つづき

ゴブゼロは魔王を森に残し村の入り口を目指す。
リザードマンは村の入り口で守衛と戦っていた。

「ま、また魔物が来たァーッ!!!!」
村人の1人が声をあげる。
その声に釣られ守衛もこちらに目を向けた。

「ただのゴブリンだ!そこの蜥蜴と比べたらぜんぜ…ぶへらっ!!」
ゴブゼロは守衛が言い切る前に拳をぶつけた。

その瞬間、場が凍りつく。
人間、魔族の間でも、ゴブリンと言えば弱き者の代名詞的存在ッ…
そのゴブリンに殴られ宙を舞う守衛を見て、誰もが驚愕した。

「おい、そこの蜥蜴…困っているなら手を貸そう」

「え、あ、ええ…」
リザードマンもこれには驚かされた様だった。
恐らく、ゴブリンを自分より下等な存在と意識していたのであろう。
酸素が足りない魚の様に口をパクパクさせている。

「あべしっ!!!」
「ぐふぅ」
「ぬわーーー!!」
ゴブゼロは次々と守衛を薙ぎ倒していくッ!!
その様子をリザードマンはただ口をあんぐりと開いて眺めていた。

「おい、お前…名前は?仲間が捕らえられているのか?」

「あ、はいッ!!クロコダインと申します!娘が奴らに捕まっていて…で、でも結構だ!魔族の手など借りなくても…!」
明らかに怯えている。
ただでさえ真っ青な顔が、より青白い。
あとなんとなく頼りない。
それでも魚人としての誇りがあるらしく、ゴブゼロの助けを断った。

「そうか…しかし俺は俺の目的で戦わせて貰う…」
何か言いた気の魚人を残し
ゴブゼロは村の奥に足を向ける。

346 :iPhone774G:2011/11/13(日) 23:29:40.42 ID:+cMImSW50

「ヒャッハー!魔物だァ!!」
道端で昼間から酒を飲んでいる男がゴブゼロの姿を見て叫ぶ。

「…死にたくなければ、やめておけ」
「あぁ〜ん?この俺様とやろうってのかぁ?小鬼ちゃんがそんな口をきいていのか…なァ!?」ドゴッ

典型的なジャイアン野郎だ。
鈍い音が響く。

「良いパンチだ…」
「な、なんだァお前ェーッ!どうしてビクともしないんだァーッ!!!」
「記念に一発打たせてやっている…大抵、死んでしまうからな…ッ!」ドォンッ!!

乾いた音が鳴り、ジャイアンは宙を舞いった。

「この村の長はどこだ…?」
小さな村ではあるが、それなりに敷地面積は広い。
しかし出会う人は荒くればかりだ。
向かってくる者に相手をしていては埒が明かない。

「な…なぜお前…ごれほどのち、力を…」
顔のゆがんだジャイアンが口を開く。

「あれを喰らって生きていたか…おい、お前、村の長はどこだ?」
右手に握り拳を作り、尋ねる。

「ひ、ひぃ!!あっちです!あの家!!」
「そうか…」
ジャイアンが指差す方向に酒場があった。
黙っていればよかったのに。脳みそまで筋肉なのだろうか。
哀れに思ったゴブゼロはそのままジャイアンには何もせず酒場に足を進める。

347 :iPhone774G:2011/11/13(日) 23:30:28.85 ID:+cMImSW50
昼間の酒場には外で見た様な荒くれで賑わっていた。

「なんだァ…?また魔物かァ?」
酒場の荒くれが一斉にゴブゼロを睨む。
一際目立つ、筋骨隆々の男。
彼がこの村の長だろう。

「お前がこの村の長か…?」
「ああ…俺様が村長、ビエント様だがァ…?」
薄ら笑いを浮かべ、答える。

「悪いが、お前にはここで死んで貰う…!」
その瞬間、荒くれどもが一斉に笑い出す。

「お前が、お前みたいなチビのゴブリンが俺を倒す?笑わせるなwwwさっきもお前みたいに魔物がここを訪ねてきたわ!
すぐに叩きにしてやったがなァ!!」
そう言って、床に転がっていた鰹の叩きの様なものに蹴りを入れる。

「く、くるな…いくらあんたでも…こいつらの数じゃ…!!」
「なんだァ?まだ息があったのか、オラァッ!!」ドゴッ

「ク、クロコダイーーーン!!!」
鰹の様なものは村の入り口で会ったリザードマン、クロコダインだった。
どうやらここまで来るのに相当迷ってしまっていたらしい、彼が先にここに着き、叩きにされてしまったのだ。

「ほう、まだやる気があるのか」
余裕満々に笑みを浮かべるビエント。

「ビエント…貴様はこの俺が許さん…ッ!」
「面白いッ!相手してやるわァッ!!」
右ストレート!!!
響き渡る爆音ッ!誰もが決着を予期したであろうッ!!

「少し効いたぞ…」
戦慄ッ…!!
小鬼は微動だにせず、ビエントの一撃を受け止めているッ!!

「セント残悔拳!!!」
「う、うわああああ、あ、あ、ああ…?」
狼狽えるビエントッ!静まる荒くれ。

「貴様の命はあと7秒だ…念仏でも唱えるんだな…」

「そ、そんなぁ〜!!お、お願いします!たすけぶふぉ!!」
肉塊が、地面に崩れ落ちる。

「ば、化け物だァ〜ッ!!!!」
荒くれ達は一斉に酒場を飛び出す。

「大丈夫か…?」
「あ、ああ…だが…娘はもう…」
「そうか…」
「くそッ…俺は絶対に人間を許さない…ッ!!」ガクッ
「クロコダイン?…クロコダイーーーン!!!」

酒場を出るともう陽は落ちていた。
人間への怒りと魚面の女を見ずに済んだことへの安堵の気持ちを胸に、ゴブゼロは村を後にする。

348 :iPhone774G:2011/11/14(月) 00:02:40.40 ID:oO/iWLbm0
ターゲット層が迷走してるwww

349 :iPhone774G:2011/11/14(月) 00:16:24.32 ID:kRlDXZLe0
オモロイなw
次はついに斧貴族が登場するのか?

350 :iPhone774G:2011/11/14(月) 00:55:31.22 ID:8DQrrp/e0
文書うまいな〜
読みいるね

351 :iPhone774G:2011/11/14(月) 01:54:38.36 ID:Y87wZqHL0
なに?このスレ。
しばらく見ぬ間に黄金期きてる。

352 :iPhone774G:2011/11/14(月) 02:02:12.28 ID:azTBrtcc0
期待!

353 :iPhone774G:2011/11/14(月) 08:12:28.94 ID:SAyhRrQ60
あげ

354 :iPhone774G:2011/11/14(月) 08:14:09.60 ID:kRlDXZLe0
訓練所まだかな。

355 :iPhone774G:2011/11/14(月) 08:32:49.71 ID:HM0dQ5TL0
面白い

356 :iPhone774G:2011/11/14(月) 10:30:49.95 ID:HM0dQ5TL0
もしこのスレも消されたらスレタイ変えようぜ

357 :iPhone774G:2011/11/14(月) 10:44:37.62 ID:8DQrrp/e0
SS専用スレにするのがいいね

358 :iPhone774G:2011/11/14(月) 10:52:59.12 ID:HM0dQ5TL0
>>357
だよね
あと【板金♀は俺の嫁】も普通にしてほしい

359 :iPhone774G:2011/11/14(月) 15:18:00.05 ID:QpGWIokG0
【】内はその時スレ建てる人のセンスに任せればいいよ

360 :iPhone774G:2011/11/14(月) 16:08:58.42 ID:xpy265hN0
【ゾロアスター教】
アンラマンユ…絶対的な悪神
サルワ…アンラマンユより格下の悪神
ドゥルジ…女悪神
タローマティ…女悪神
アカマナフ…悪神
タルウィ…ザリチュのパートナー
ザリチュ…タルウィのパートナー

【ヒンドゥー教】
ラーヴァナ…魔王

【仏教】
マーラ…悪神

【キリスト教】
ルシファー…悪魔の総帥
ベルゼブブ…地獄の君主
バアル…ベルゼブブの元々の名前?
アスタロト…ソロモン72柱の1人

【イスラム教】
イブリース…魔王

【アッカド神話】
パズズ…風の悪魔
ラマシュトゥ…パズズの嫁


361 :iPhone774G:2011/11/14(月) 16:11:32.21 ID:2wh3tbWP0
ゾロアスター教弱っ

362 :iPhone774G:2011/11/14(月) 16:19:27.23 ID:F7lW1VJai
>>361
ソンナコトイッタララマシュトゥサンハ…

363 :iPhone774G:2011/11/14(月) 16:22:06.31 ID:md3NQRKt0
ドゥルジは脳筋の下衆野郎というイメージが出来てしまったので
今更女と言われても脳内変換不可…

364 :iPhone774G:2011/11/14(月) 16:34:44.06 ID:0mW6VTpe0
ドゥルジ女だったのか・・・
無反省先生困るだろこれ。

365 :iPhone774G:2011/11/14(月) 17:14:29.09 ID:8DQrrp/e0
ドゥルジのお姉キャラブーム到来の予感

366 :iPhone774G:2011/11/14(月) 17:16:55.08 ID:0mW6VTpe0
>>365
AKBなら秋元か?

367 :iPhone774G:2011/11/14(月) 17:46:52.36 ID:i/g7uK610
ドゥルジは
ランスシリーズでいうミネバ


太郎待てィ…こいつも女かよ

368 :iPhone774G:2011/11/14(月) 17:53:03.60 ID:o3QpCuFD0
【女魔神】
ドゥルジ
タローマティ
ザリチュ
ラマシュトゥ


369 :iPhone774G:2011/11/14(月) 20:26:24.22 ID:bzBH2e0c0
ここのSS読んでて、いまさらドゥルジ 女変換できるやついるのか?

370 :iPhone774G:2011/11/14(月) 20:45:27.41 ID:kRlDXZLe0
ドゥルジが女?
それはwikipediaが間違ってるんだと思うな。

371 :iPhone774G:2011/11/14(月) 21:00:14.48 ID:m8h8PHQr0
先生って、デュラハンのことだよね?

372 :iPhone774G:2011/11/14(月) 21:01:26.36 ID:4f6DoWp90
ドゥルジは脳筋バカだから可愛い。
ドゥルジかわいいよドゥルジ! ハァハァ…

373 :過去:2011/11/14(月) 21:05:16.09 ID:3kC5+N9s0
ドゥルジ『私16歳のJKだよ?』


374 :iPhone774G:2011/11/14(月) 21:17:23.81 ID:m8h8PHQr0
>>371
スレチでした。
質問スレに行きます


375 :iPhone774G:2011/11/14(月) 21:33:13.09 ID:XLOBf8+F0
───アタシの名前はドゥルジ。心に傷を負った女子高生。モテカワマッチョで恋愛体質の愛されガール♪
アタシがつるんでる友達は援助交際をやってるタローマティ、学校にナイショで
キャバクラで働いてるザリチュ。
訳あって魔神グループの一員になってるラードーン。


376 :iPhone774G:2011/11/14(月) 21:36:21.12 ID:XLOBf8+F0
友達がいてもやっぱり魔城はタイクツ。今日もタローマティとちょっとしたことで口喧嘩になった。
女のコ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆
そんな時アタシは一人で繁華街を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらしつこいデュラハンを軽くあしらう。


377 :iPhone774G:2011/11/14(月) 21:39:05.89 ID:XLOBf8+F0
「カノジョー、ちょっと話聞いてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
デュラハンはカッコイイけどなんかサビ臭くてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。
「すいません・・。」・・・またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっと鉄クズ男の顔を見た。

378 :iPhone774G:2011/11/14(月) 21:41:12.06 ID:XLOBf8+F0
「・・!!」
…チガウ…
今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを駆け巡った…。
「…(カッコイイ…!!…これって運命…?)」
男はホストだった。連れていかれてレイプされた。
「キャーやめて!」ドラッグをきめた。
「ガシッ!ボカッ!」アタシは死んだ。モンゴルの英雄(笑)


379 :iPhone774G:2011/11/14(月) 21:42:25.13 ID:6FJmXECui
ワロタ

380 :iPhone774G:2011/11/14(月) 21:59:20.77 ID:HM0dQ5TL0
>>375-378

なんやねん!!

381 :iPhone774G:2011/11/14(月) 22:01:56.42 ID:6FJmXECui
>>380
悪い事は言わないから半年ROMった方がいいかも

382 :iPhone774G:2011/11/14(月) 22:07:19.32 ID:HM0dQ5TL0
>>381
言い訳じゃないけど俺は交雑は全部よんだぞ!2度読みしたぞ!無反省先生、過去編先生、セント神拳みんな大好きだ!

だからこそ>>375には期待したのにオチが…
エロ展開きたーとおもいきやの…
詐欺にあっちまったようだ

383 :iPhone774G:2011/11/14(月) 22:13:55.22 ID:sJwY51qd0
>>382
これ元ネタあるぞ
改変ネタ

384 :iPhone774G:2011/11/14(月) 22:23:47.88 ID:mn09DzyC0
>>307
>わかったぞ!犯人はヤスだな!
え? 俺?

385 :iPhone774G:2011/11/14(月) 22:55:37.20 ID:YUCUE8Ln0
携帯小説のコピペだろ

386 :iPhone774G:2011/11/14(月) 23:04:14.26 ID:uev9HHmk0
ザリチュ「タールウィ!セックスしよ!」

387 :iPhone774G:2011/11/14(月) 23:12:08.16 ID:9rfzTZQG0
スイーツ(笑) パスタ(笑) ランチ(笑) セレブ(笑) ビビッド(笑) 女性の鬱(笑) 癒し系(笑)
マイナスイオン(笑) Wハッピー婚(笑) ダイエット(笑) エステ(笑) フェミニン(笑)
専用コスメ(笑) ナチュラルスイーツ(笑) 夏色コスメ(笑) 秋色ファンデ(笑)
レディースプラン(笑) アメニティライフ(笑) 自分らしさを演出(笑) 隠れ家的お店(笑)
マイブーム(笑) 若い女性に人気(笑) 思い切って残業(笑)ザリチュ(笑) 岩盤浴(笑)
がんばった自分へのご褒美(笑) 高級ブランドショップ(笑) セルフプレジャー(笑) お忍び(笑)
等身大の自分(笑) ピル(笑) くつろぎインテリア(笑) 常に上目遣い(笑) 愛され上手(笑)
さぁ自分磨きがんばろう!(笑) ロハス(笑) スローフード(笑) デトックス(笑)
タローマティ(笑) 納豆で血液サラサラ(笑) 保湿成分配合(笑) ふわモテカール(笑)
アロマテラピー(笑) 小悪魔メイク(笑) 自立した大人の女性(笑) そんな彼女の普段の顔(笑)
ハッピースピリチュアルメイクアップアドバイザー(笑) スローライフ(笑) ガーリッシュ(笑)
ドゥルジ(笑)  流行にキャッチアップ(笑) キラキラ小物(笑) 詰め放題(笑)
モテカワ(笑) ピラティス(笑) ホットヨガ(笑) ハリウッドスターにも大人気(笑)
骨盤体操(笑) くつろぎの温泉宿(笑) ツンデレ系でカレの気を引いちゃえ!(笑) 艶女(笑)
キッチュなサーフガール(笑) 酸素バー(笑) 可愛い顔が台無しだぞ!(笑) かわいい(笑)
鏡に向かって頑張れ私!(笑) Lady nanoty(笑) ヤバイ(笑) キテる(笑) ほっこり(笑)
ハニートラップ(笑) 女だけで、楽しむ。(笑) 新定番(ニュースタンダード)ヒロイン(笑)
春色フルーツカラー配色レッスン(笑) ラマシュトゥ(笑) ワーキングビューティー(笑)
ワザあり!下着(笑) 着回しトップレス(笑) 真似したい総決算(笑) 女ヂカラ(笑)
ケータイ小説(笑) おやすみ、マンモス。(笑) ガイタメジェンヌ(笑) 美肌のカリスマ(笑)
ハートフルストーリー(笑) ちょいワルマタニティー(笑) ○○男子(笑) プチ○○(笑)
キャンパスデビュー(笑) ○○をプロデュース(笑) 恋愛体質(笑)プチうつ(笑)

388 :iPhone774G:2011/11/14(月) 23:54:51.89 ID:Oup+88p50
>>387
ラマシュトゥはいってんぞw

389 :iPhone774G:2011/11/14(月) 23:57:24.72 ID:kNfTWgPv0
>>388
三人娘もいるぞ

390 :iPhone774G:2011/11/15(火) 00:02:53.92 ID:ZMEWvAv00
たろーもいるなw

391 :iPhone774G:2011/11/15(火) 00:12:31.31 ID:V8/SNTlB0
勝気なドゥルジ、幼馴染タローマティ、妹分のザリチュ、先輩の彼女ラマシュトゥ
のエロゲやりたい

392 :iPhone774G:2011/11/15(火) 10:54:05.55 ID:LE6ynZSR0
>>387
ラマシュトゥ
ドゥルジ
ザリチュ
タローマティ

ww

393 :iPhone774G:2011/11/15(火) 11:02:01.16 ID:bOnXewab0
魔王僕(CV -)
ゴブリンゼロ(CV 山口勝平)
タルウィ(CV 子安武人)
パズズ(CV 関智一)
マーラ(CV 緑川光)
ドゥルジ(CV かわしまりの)
ザリチュ(CV まきいずみ)
タローマティ(CV有栖川みや美)
ラマシュトゥ(CV 風音)

394 :iPhone774G:2011/11/15(火) 11:18:22.10 ID:e7guv7k80
>>393
僕はラマシュトゥちゃん!

395 :iPhone774G:2011/11/15(火) 11:25:30.77 ID:1QEdvobF0
しまりのさんのドゥルジとかエロ過ぎやん…

396 :iPhone774G:2011/11/15(火) 12:19:30.00 ID:3b027CDw0
ザリチュ「いやぁ…そんなとこ舐めちゃラメェ…汚いよぉ」
タルウィ「そろそろ挿れるよ、ザリチュ」
ヌチュ
ザリチュ「あっ、ああっタルウィが中に入ってくるっ!」

397 :iPhone774G:2011/11/15(火) 12:43:22.64 ID:AmhOSElWO
ちょっと意見を聞かせてほしいんだが
今、魔王おとなしことりで
春香さん→ヴァンパイア
リッチャン→デュラハン
ちーちゃん→アイアンゴーレム
まで名付けたんだが、他のメンバーにオススメのモンスターってどうだろう?
強さはどうでもいい
とりあえず、やよいは動物系かなと、なんとなく思っているんだが

398 :iPhone774G:2011/11/15(火) 12:50:17.95 ID:ZFFYw+f30
ちょっと意見を聞かせてほしいんだが
今、魔王おとなしことりで
春香さん→ヴァンパイア
リッチャン→デュラハン
ちーちゃん→アイアンゴーレム
まで名付けたんだが、他のメンバーにオススメのモンスターってどうだろう?
強さはどうでもいい
とりあえず、やよいは動物系かなと、なんとなく思っているんだが



























わいばーんじゃだめ?

399 :iPhone774G:2011/11/15(火) 12:53:46.42 ID:ZFFYw+f30
だれかー




































(エロss書いて////

400 :iPhone774G:2011/11/15(火) 13:02:37.79 ID:ROeHu4320
デュラハン山田しか思いつかないけど勝手にしろよ

401 :iPhone774G:2011/11/15(火) 13:13:01.85 ID:AmhOSElWO
>>398
やよいが?
うーん……なるほど
イメージ的にドラゴン系は伊織か真だと思ってたんだが
検討してみる
ありがとう

402 :iPhone774G:2011/11/15(火) 17:37:45.30 ID:aFuy+AkX0
ベタに美希はサキュバスでどうよ?
覚醒(進化)しないけどw

403 :iPhone774G:2011/11/15(火) 18:08:23.09 ID:PPJpbext0
Appleはスティーブ・ジョブズがいないとダメだな

理由
訓練所が来ない

結論
スティーブ・ジョブズがいないAppleは産業廃棄物デュラハンよりはマシだが、塔のゴブリン以下らしい
よってスティーブ・ジョブズは神

404 :iPhone774G:2011/11/15(火) 18:35:54.51 ID:AmhOSElWO
>>402
本スレでサキュバス涼ちん枠でアドバイスがあったんだけど、そっちの方がベタでいいな

ここまで意見ありがとう
かなり参考になった

405 :iPhone774G:2011/11/15(火) 20:56:14.46 ID:8oBOs0Qa0
>>404
真は獣人かxxナイトでどうだ?
いおりんは語感と光繋がりでデュークxxセイント

406 :iPhone774G:2011/11/15(火) 21:13:46.34 ID:SNsxUa3j0
>>404
涼ちんはパズズだろ。隠し持ってるだけにw

407 :iPhone774G:2011/11/15(火) 21:29:21.16 ID:1aP75a+y0
>>399
任せろ!

と言いたいところだが俺にはセンスがない…


408 :過去:2011/11/15(火) 21:56:36.85 ID:iHgpScZW0
番外編

新魔王『ゴブリン!!ちょっと果実取って来てよ!!』
ゴブリン『えっ!!あっ!!はい!!』
新魔王『ゆっくりで大丈夫だからね!!ゆ っ く りで!!』
ゴブリン『わかりました、行って来ます!!』


新魔王『ヴァンパイアちゃん』
ヴァンパイア『は、はい///』
新魔王『ゴブリンが果実取って来てるあいだに…』
ヴァンパイア『はい///』

新魔王はその場でヴァンパイアを押し倒しヴァンパイアの着ていたワンピースの肩ひもをゆっくりと外した
するりとめくれたワンピースの間から白く美しい山とピンクに染まった山頂がチラチラと見える

ヴァンパイア『なんか…恥ずかしい///』
新魔王『とっても綺麗だよ、食べても良い?』
ヴァンパイア『は、はい///』

新魔王はヴァンパイアの胸にある山のひとつに手を掛け丁寧に撫で回しもう一方の山に舌を這わせ登山を始めた

しばらくしてヴァンパイアから甘い息が漏れる

ヴァンパイア『んぁっ!!』
新魔王『声も可愛いね』
ヴァンパイア『魔王様!!』

しばらくして新魔王はヴァンパイアのしたの方にある丘に手を掛けた
今度はしっとりとした丘を丁寧に撫で回す新魔王
次第に丘に水が溢れてくる
新魔王はそれを伺いヴァンパイアのパンティーを足でゆっくりと脱がし山登りしていた舌を丘に進軍させた

ヴァンパイア『魔王様、お願いだから早く来て下さい…じゃないと私…先に逝ってしまいそうです…』
新魔王『わかった…じゃあ行くよ…』
ヴァンパイア『は、はい///』

ヴァンパイアの丘にゆっくりと魔王の杖が入って行く…

ガサガサ!!

ヴァンパイア『あっ、魔王様、今何か物音が…』
新魔王『多分動物だろ?大丈夫』
ヴァンパイア『はい///』
新魔王『ちょっと激しくするよ!!』
ヴァンパイア『は、はい//っっあ!!ぁん!!』

ゴブリン『どうしよう…すごいものを見てしまった…』

書いて見た結論、俺には無理w

409 :iPhone774G:2011/11/15(火) 22:09:07.70 ID:qp7AdZWeP
>>406
ストレートにマーラでどうか。

>>404
美希は金羊毛の番竜と言うのもありじゃない?
もしくはイモムシw
やよいはカルキノス、千早は鳥系にしたいかなぁ

410 :iPhone774G:2011/11/15(火) 22:33:01.16 ID:NBYztnSZ0
>>408
わっふるわっふる

411 :iPhone774G:2011/11/15(火) 22:44:15.04 ID:KMrWbYSZ0
そもそもヴァンパイアの女人化に無理あるしな

412 :iPhone774G:2011/11/15(火) 22:45:28.67 ID:VkZ2RYs70
>>411
どうやらこのスレの全員を敵に回したようだな

413 :iPhone774G:2011/11/15(火) 22:49:23.41 ID:3Vs8W+aQ0
なんかBB2Cの広告欄でbookyardっての見つけたんだけどこれSSの保管に使えない?


414 :iPhone774G:2011/11/15(火) 22:54:47.41 ID:Edqmdv5j0
無理に女体化せんでもドゥルジ、ザリチュ、タローマティという
ブヒれる女キャラいるじゃん

ラマシュトゥは非処女だから論外
あ、ザリチュもか

415 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:02:27.86 ID:6LX5N4Cz0
>>414
レベル高いなお前w

416 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:04:08.46 ID:KMrWbYSZ0
ドゥルジが女の悪魔だとしてもルックスどうなん?
タローマティも然り

417 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:05:19.96 ID:BVxzGIYo0
>>408
死んだパイアのおじさんのことを思うとなんだか泣けて来た(T . T)

418 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:06:15.43 ID:co7STH2g0
板金を女人化した豊かな想像力があるんだろ?知らんけど

419 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:07:14.89 ID:KMrWbYSZ0
昨日いたパイア引き連れて門凸させたおじさんのことか

420 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:08:35.01 ID:pzh7t6E10
>>411
ロザリオとパンツ
というアニメがあってだね。

421 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:18:45.45 ID:BVxzGIYo0
>>419
ちげー。
そこで魔王とイチャついてる女子パイアには元々親父がいたんだよ。
命をかけて娘のパイアを守ったのに、忘れ去られてこんなことに。
って意味だよ。

422 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:20:44.03 ID:dpAsGPAv0
紛らわしいwwwww
魔獣パイアとかぶっとるわ

423 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:22:10.40 ID:182sxFji0
魔王「ゴブリン」
ゴブ(0)「はっ」
魔王「お前、明日から来なくていい」
ゴブ(0)「そんな!困ります!な、なにかお気に食わないことでもありましたでしょうか…」
魔王「だってお前♀じゃないじゃん」
ゴブ(0)「えっ」
魔王「だってどうせなら♀が良いじゃん。侍女ってさ…エロくね?」
ゴブ(0)「し、しかし私にも家族が…」
魔王「お?門行くか?お?お?」
ゴブ(0)「いえ…失礼します…」
ゴブ(0)「(どうしよう…職を失うと家族が…ゴブ(1〜853)までいるのに…)」
ゴブ(0)「こうなったら…男の素晴らしさを王にわからせるしかない…ッ!この身を持って…ッ!」ゴゴゴゴゴ…

魔王の、1番長い夜が幕を開ける…

ごめんエロいの書いてたけど誰か後はたのんだ

424 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:39:29.46 ID:anizhPM+0
魔王「おーいデルピュネ、梨を剥いてくれ」
デルピュネ(1)「ハーイ」
デルピュネ(2)「ハーイ」
魔王「たまらん乳だなぁ」
タローマティ(1)「魔王様!ザリチュ率いるパイア部隊が城を奪還し、
無事帰還して来ました!」
ザリチュ(1)「ただいま戻りました!」
魔王「うむ。解放したユニットは?」
ザリチュ(1)「それが…魔神が解放されたのですが…」
ラーヴァナ(1)「拙者、ラーヴァナと申します。」
魔王「へっ」
ラーヴァナ(1)「?」
タローマティ(1)「魔王、ラーヴァナ殿は魔神の中でも最強…戦力に加えた方が」
魔王「お前、人間界の門行き」
ラーヴァナ(1)「!?」
ザリチュ(1)「そんな…」
魔王「あの城にはドゥルジがいるはずだ。それ以外の魔神を連れて来ても
嬉しくないんだ。ザリチュ、お前ならわかるだろ?」
エキドナ(1)「あらまぁ可哀想な魔神ちゃんねぇ
門へ行くのは一発私と遊んでからでよくて?」
魔王「テュポーンを目の前で殺されたのに相変わらずビッチだなエキドナ。
だが、それがいい」
ラーヴァナ(1)「くっなんという魔王だ…無念」

425 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:41:49.10 ID:pWqUEJhb0
誰かハードボイルド頼む

426 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:43:31.22 ID:pzh7t6E10
先日書いた、訓練所設立秘話を
いじった話ならあるが。


427 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:46:14.93 ID:pWqUEJhb0
>>426
頼む

428 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:51:42.23 ID:pzh7t6E10
>>427
待たせて悪いが、
アップデートまで待ってもらえないかな?

思わせぶりで済まん。

429 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:54:08.77 ID:182sxFji0
>>425

ゴブ(0)「王よ…」
魔王「な…直接部屋まで来るとは何事だ…ゴブリン…ッ!」

ただならぬ気配を前に王は身構える。

ゴブ(0)「貴様の性を正しに来た…ッ!」
魔王「な、何を言っている…ッ!?貴様…ッ、覚悟は出来ているのか…!」

王とゴブ(0)の間合いは2m弱。攻撃の間合いからはわすかに外れる。
2人は本能的に理解する。

(先に動いた方が…ヤられる!)

430 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:55:16.32 ID:182sxFji0
緊張。硬直したまま時が過ぎる…
その均衡を先に解いたのはゴブ(0)だった。

ゴブ(0)「アタァッ!!!」ブンッ
魔王「ッ!!!?」

拳はわすがに王の頬を掠める。

魔王「き、貴様---ッ」
王はすぐに体勢を整える。

しかし、遅い。

ゴブ(0)の拳は魔王に命中する。

魔王「…ッッ!!!アッー!!!ゴブリンの拳が入ってくりゅううううう!!!らめえええけえ!!!らめなのおおあおお!!!」
魔王は悶絶する。

ゴブ(0)「秘孔、"阿部"を突いた。お前の意思とは関係なく略」

そう言い残すと悶絶する魔王を置き部屋を去る。
それから色々あってゴブリンは職を失わずには済みましたとさ完

431 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:57:06.86 ID:182sxFji0
誰も書かないから結局自分でやった。
途中でなにしてるんだろう俺と思ったけどやりきったよ!
本編は明日書くよ…

432 :iPhone774G:2011/11/15(火) 23:59:59.58 ID:pWqUEJhb0
>>428
了解。

433 :iPhone774G:2011/11/16(水) 00:01:24.37 ID:vetQ9Zyt0
エロやんだったらぴんくss行けよ異常性癖者ども

434 :iPhone774G:2011/11/16(水) 00:03:08.67 ID:Xr0USqJw0
>>431
やっぱ本編のが良いわw

435 :iPhone774G:2011/11/16(水) 00:04:47.51 ID:wqBTcegei
>>408
過去先生の本編止まってる。

436 :iPhone774G:2011/11/16(水) 00:05:47.06 ID:yhYC5my+0
>>431
おもろかった!

437 :iPhone774G:2011/11/16(水) 00:07:16.93 ID:K4UyvXSG0
>>433
そっちの気はないから経絡秘孔突いただけで直接的なの避けてあくまで投げっぱギャグにしたつもりだけど気分悪くしたのならごめんなさい。

>>434
全部勢いだからネタが…

438 :iPhone774G:2011/11/16(水) 00:25:26.99 ID:rNZo70730
アーーーーッ!

439 :iPhone774G:2011/11/16(水) 00:49:43.64 ID:cs2DQ2G50
ヤマダ電気屋かよ。

ときめきを返せ。

440 :iPhone774G:2011/11/16(水) 01:20:22.90 ID:UnvpveS60
>>439
おもしろいSSありがとうございました。

441 :iPhone774G:2011/11/16(水) 02:26:45.51 ID:1Xuhd7fR0
無反省先生はお仕事が忙しいのかな…?

442 :iPhone774G:2011/11/16(水) 09:16:21.41 ID:Wp8muKTv0
あげ

443 :iPhone774G:2011/11/16(水) 10:17:32.41 ID:xzOE36Fd0
超"強"ェゾ? セロニアスは・・・・(アサシンロン/ニムシーの孤島)


444 :過去:2011/11/16(水) 11:49:07.82 ID:TkBeqSepi
>>435
なんか空気が違う気がして書かなかった…
くされ文章なのである程度過疎ったらまたチマチマ書くよ

445 :iPhone774G:2011/11/16(水) 12:23:48.46 ID:wqBTcegei
>>444待ってるぜ。

446 :iPhone774G:2011/11/16(水) 12:25:44.47 ID:E7gv1xe90
>>444
空気とか気にしなくてもいいよ
そこまで期待されてない、くらいの気持ちでバンバン投下してくれ

447 :過去:2011/11/16(水) 12:35:44.44 ID:TkBeqSepi
>>445
>>446
応援サンクス
他の先生の邪魔しない程度に頑張ります

448 :iPhone774G:2011/11/16(水) 17:16:56.17 ID:ZA4+YZjx0
訓練所で何故かパンプキンマスク使えるな
経験値低いから使う気にならんが

449 :iPhone774G:2011/11/16(水) 18:18:28.34 ID:ekFxLaiw0
>>448
1個5000らしい

450 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:16:56.00 ID:cs2DQ2G50
■■■■■■ デュラハン 訓練所開設物語 (その1) ■■■■■■

この物語は、某掲示板で産廃と蔑まれたデュラハンの
悲しい魔王と仲間との触れ合いを描いたものです。

〜魔王軍〜

デュラハンの悲劇は、魔王軍本部のある朝に始まった。

悲劇の始まりである朝は、騒々しかった。

魔王軍の精鋭中の精鋭、上位魔神20体の一軍が
征服者の塔で全滅したとの一報が伝えられたのだ。

この知らせは、本部で待機していたデュラハンの耳にも届いた。
デュラハン、彼は魔王軍本部が廃墟からの古参の魔物である。
かつては最前線で戦ってきた身が、魔神達が魔王軍に加わって
からは、二軍扱いとなっていた。

一報を聞いたデュラハンは、一軍の全滅により再び己が一軍に返り咲くことを
不謹慎と知りつつも願った。
自己嫌悪に陥っているデュラハンに、魔王から玉座にくるようにと
呼び出しがかかった。

魔王軍は万年、予算不足であるため、本部はまだ一軒家。
玉座は、名前だけでダイニングルームである。
壁には、『魔王とよい子の5つのお約束』と書かれた厚紙が貼られている。
まるで、どこかの小学校のようだ。


451 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:18:34.01 ID:Zy/wP4IC0
リアルタイムだな

452 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:18:39.51 ID:1Xuhd7fR0
>>450
きた♪───O(≧∇≦)O────♪

期待値高いです!!
これからよろしく

453 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:19:58.78 ID:cs2DQ2G50
■■■■■■ デュラハン 訓練所開設物語 (その2) ■■■■■■
今、魔王軍の現状は悲惨なものである。
軍資金のほとんどが部下への給料・そして部下がなるべく安全に
戦地に赴けるように法外な価格のドーピングアイテム購入に注がれていた。
そのため、魔王軍本部の電気料金が払えず、電気が止められている。

飾りだけの電球の隣で「ウィル・オ・ウィスブ:鬼火」が部屋を弱いながらも懸命に照らしており、
その隅ではレッドドラゴンが暖房の代わりに暖かい吐息を緩やかに薄い壁を破らないように吐いている。
そのため、ダイニングルームこと玉座の間は肌寒く、薄暗い。
そんな部屋の中に、魔王の側近ドドリアとザーボンと指令書を手にしている魔王が見えた。

指令書といってもスーパーの広告の裏にサインペンで書かれた粗末な黄色い紙である。

手抜き工事のためか穴の空いた壁には、幾層にも重ねて貼り付けた広告が見える。
だがその隙間から風が時折吹き込んでおり、その黄色い紙を揺らしていた。

様々なものが、魔王軍の悲惨な現状を物語っていた。

ただ、不思議なことに敬愛する魔王の周囲は暖かで心地よかった。
そうデュラハンは、この魔王をとても愛しているのだ。


454 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:22:23.87 ID:Xr0USqJw0
面白いw
またザーボンとドドリアの人か。

455 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:22:52.98 ID:cs2DQ2G50
■■■■■■ デュラハン 訓練所開設物語 (その3) ■■■■■■
だが、魔王の手から渡された黄色い紙は彼の身を凍らせた。
黄色い紙には、こう書かれていたのだ。

 -------------------------------------------
 | 指令書                 |
 |  デュラハンへ。            |
 |                     |
 | 最果ての村・漁村スラックへ赴き、    |
 |ゴブリン・スケルトン・リザードマン達を  |
 |単騎で解放してくること。         |
 |                魔王より |
 -------------------------------------------

デュラハンは、目を疑った。

彼は魔王軍の軍資金集めのため、
アックスデス島に赴くことを命じられることを
期待していたのだ、

二軍扱いを受けていているが、魔王に対する敬愛の念は人一倍だと
自負しているデュラハンにとってこの指令書は酷い仕打ちであった。

期待を打ち砕かれた彼は、玉座:ダイニングルームを後にし、そのまま酒場に向かった。


456 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:24:57.11 ID:cs2DQ2G50
■■■■■■ デュラハン 訓練所開設物語 (その4) ■■■■■■
〜酒場〜

酒場の端に座り、安酒を呷(あお)りながら、彼は溜息を何度もついた。

「俺は、もっと魔王軍のために働きたいのに...。」

気づけば、棚にいっぱい並んでいたハズの酒瓶が、全て空になっている。
既に時は深夜だ。

門限の22時をすぎているため、魔王軍本部にはチェーンがかかっている。
チェーンが外れれるのは、軍資金の足しにと魔王が新聞配達に出かける夜の3時だ。

「今日は、この酒場で夜を明かさないといけないな...。」
と彼は溜息ながら、魔王のことを考えていた。

あの時、黄色い紙を手渡したときの魔王とその側近達には、不気味な笑みを見て取ることが
できた。
大好きな魔王に、あのような不気味な笑みを見たことは一度もない。

彼は、自分がハブられているような気持ちになった。
「なぜ、ゴブリンLv1でも攻略できる簡単な任務を自分に下すのだろう?」
どうしようもない失望感が漂っている。


457 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:26:11.51 ID:Xr0USqJw0
なんか見たことある流れだぞwww

458 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:26:40.42 ID:cs2DQ2G50
■■■■■■ デュラハン 訓練所開設物語 (その5) ■■■■■■
今、酒場には人影が一つだけである。

そんな折、酒場に一つの怪しい人影が現れ、片隅に佇んでいる人影に
近づいていった。

その怪しい人影は、一杯の酒をデュラハンに勧めてきた。
ベロンベロンのデュラハンは、勧められたお酒を飲んでしまった。

実は、あのダイニングルームの厚紙には『知らない人から食べ物を貰っても口にしないように。』と書かれていた。
がしかし、敬愛する魔王との約束を忘れるほど、彼は泥酔した状況であった。

その状況が、悲劇をもたらすことになる。なんと、そのお酒は幻覚剤入だったのだ。

この主人公の頭の中はいつも、自分を大切にしてくれる魔王への敬愛の気持ちで
満ち溢れており、ハブられた事への失望感は、本来小さなものであるはずだった。
しかし、残念なことに、幻覚剤は失望感を消え去ることのない強大な憎悪と変えていった。

デュラハンの憎悪が十分に満ちたとき、怪しい人影は、ティムティムの使者だとはじめて名乗り、
恐ろしい提案を出してきた。

その使者は、彼に取得できる経験値が10倍になるアイテム「戦慄の大太鼓」を
無数に提供するかわりに魔王軍の機密情報を漏らすように提案してきたのだ。

15分足らずの戦闘で得られる経験値は25ぐらいだ。

だけど、一年間、アイテム枠一杯に大太鼓を使い続けたら…。
彼は計算を試みたが、自分に知力ステータスがないことを思い出し、すぐに諦めた。

使者は、次々と甘い誘惑の言葉を彼に投げかけた。

その提案は、普段なら一蹴するものである。
がしかし、彼にそうさせないほど、魔王への憎悪は強大なものとなっていた。


459 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:27:09.76 ID:ngPw7RdK0
デュラハンが…酒を呷る?…溜息?


460 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:28:27.29 ID:cs2DQ2G50
■■■■■■ デュラハン 訓練所開設物語 (その6) ■■■■■■
〜デュラハン:征服者の塔〜

ティムティムの使者は、デュラハンの買収が成功した旨を報告した後、その主に尋ねた。

使者    『デュラハンが再び、魔王側につく心配はないのですか?』
ティムティム『心配ない。お前は知らんだろうが魔王軍の売店には、スパイを送り込んでいんだ。
       アイテムの戦慄の楽器は魔物の聴覚を通じて脳に働き、経験値を増幅させるもの。
       言わば、麻薬。気づかぬうちに、俺の命にしか従わなくなる。
       他のドーピングアイテムも然り。魔王軍は、麻薬漬けと言えよう。
       アイテムの供給を経ったら、魔王軍は何もできなくなる。
       それに、魔王軍の重大作戦時には、アイテムを紛い物とすり替えて提供させている。
       先日の魔王軍の全滅は、そのためだよ。魔王軍が我々の敵となる日は来ない。』
使者    (あくどい.....)



461 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:30:18.92 ID:cs2DQ2G50
■■■■■■ デュラハン 訓練所開設物語 (その7) ■■■■■■
〜魔王軍〜

ティムティムは気付いていなかった。
訓練所というものが魔王軍にできつつあることを。

幼いが賢明な魔王は、先の負け戦により店で販売されているアイテムに疑念を持ちつつあった。
魔王  『ドーピングアイテムを潤沢に持たせているのに、肝心な作戦ではなぜ全滅したのだろう?』
しかし、生還者が居ないため確かな証言を得ることはできない。

そこで、密かに訓練所を設立し、コブリン・スケルトン・リザードマンの戦士・魔法使い・僧侶の9人
を呼び、訓練所に通うことを命じた。

戦闘に参加していないで、訓練所に通うため9人の存在は、人間側に知られることはなかった。
それは、魔王を避けつつあるデュラハンも同じだった。

その後、デュラハンは密かに大太鼓を使いながら、仲間達を解放していた。



462 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:31:21.98 ID:cs2DQ2G50
■■■■■■ デュラハン 訓練所開設物語 (その8) ■■■■■■
== 一年後 ==

その一年後、
ついに5星のXXXXXクラスの魔物となった
デュラハンは極魔城を見上げていた。

魔王軍は、ニムシーへの侵攻を繰り返し大量の金銀を手中に収めていた。
その売却益で今や魔王軍は、一軒家から極魔城へと取って変わっていた。

だが、彼は薄ら笑いしていた。
魔王軍の店にはスパイが送り込まれているため魔王軍から買い取った金銀は、
人間界で10倍の値段で再度売却されていることを彼は知っていたのだ。

魔王軍は潤ったに見えたが、人間達は更に潤ったのだ。

『馬鹿な魔王だ…。』とデュラハンは呟いた。

生け捕った人間共は殺さず、人間界に送り返している。
送り返された人間は再び、魔界に進軍してくる。
生け捕りと送り返しの果てしないループでも
人間の殺害を厳禁している魔王。

部下が死んだと報告を聞くと、キッチンで夜通し泣き続ける魔王。
ツギハギの服を着ながら、部下に精一杯の給金を与えてくれる魔王。
厳寒の中、魔王と仲間で寄り添い温め合いながら過ごしたあの夜。
デュラハンはそんな魔王と仲間に誇りに感じていた。

だが、その魔王はデュラハンをハブったのだ。
『憎い。あれだけ尽くしたのに...。』
暖かい思い出と共に渦巻く憎悪に戸惑いながらも
彼は、武器庫からくすねた征服者シリーズを纏い、
新設された極魔城に乗り込んだ。


463 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:32:15.87 ID:cs2DQ2G50
■■■■■■ デュラハン 訓練所開設物語 (その9) ■■■■■■
極魔城の1Fには、図鑑枠の雑魚が100体ほどいた。
なかには、彼が開放した魔物もいる。
その魔物たちは、人間共から開放してくれたヒーロ:デュラハンの帰宅を笑顔で出迎えた。

帰宅を祝福する仲間を前にして、デュラハンはカツラを放り投げた。

隣町の酒場で若年ハゲをからかわれ、涙を流したデュラハンのため、
魔王が自分の光り輝く銀の頭髪を切って作ったくれた大切なカツラである。

温かい魔王の笑顔が一瞬の間、デュラハンの頭の中を覆い尽くしたが、
幻覚剤の作用がそれをすぐに打ち消した。

彼はこう叫んだ。『太陽拳!』

まぶゆい光が、極魔城の1Fを覆いデュラハンの帰宅を
祝福していた魔物達を取り込み、そして消し去っていった。

彼は、2F,3Fとかつて一緒に暖をとった仲間の血を手に染めながら突き進んでいった。



464 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:33:26.66 ID:cs2DQ2G50
■■■■■■ デュラハン 訓練所開設物語 (その10) ■■■■■■
魔王の玉座の手前で、魔王の側近:サーボンとドドリアに出くわした。
彼らは、自分を下等魔物と小馬鹿にした憎い奴である。

彼らは、SSSクラスの魔物であったが、XXXXXクラスの魔物となった
デュラハンの敵ではなかった。

サーボン・ドドリアは、魔王を守ろうともぜず、
白旗を振りながらこう言った。

サーボン・ドドリア『一緒に魔王を倒そう。』

その一言がデュラハンに強い殺意を抱かせた。
魔王の庇護を受けていながら簡単に裏切るサーボンらを
デュラハンは許すことができなかったのだ。
他の魔物達は、魔王を死守しようとしたのに、彼ら二人はそれをしない。
今、自分も魔王を殺そうとしているのに...。
そんな複雑な思いに戸惑いながらも、彼は攻撃に移った。

デュラハン『新技、100! ^ 100!回攻撃 !!』

無数ともいうべき拳が、サーボン・ドドリアに降り注ぎ、血塊と変えていった。

デュラハンは、軽蔑の念を感じつ、静かに玉座の扉の前に立った。

この扉の前に、魔王がいる...。

一呼吸をして、手に汗を握りながら、デュラハンは扉を開いた。


465 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:34:43.16 ID:cs2DQ2G50
■■■■■■ デュラハン 訓練所開設物語 (その11) ■■■■■■
〜魔王軍:玉座の間〜

かつて敬愛の念を抱いていた魔王との間に立ちはだかったのは
彼が人間から解放したゴブリン・スケルトン・リザードマンの
戦士・僧侶・魔法使いの9人だった。

彼らは密かに訓練所に通い、デューククラスを超え、エンペラークラスに
なっていた。しかも、Lv99のデューククラスから進化しているのだ。

デュラハンのスカウターは、5つ星を超え、7つ星のXXXXXXXを指して壊れた。
彼ら9人は、それぞれ7つ星の実力をもっているのだ。

デュラハンと言えど、高々5つ星。7つ星には、到底適わない。
どうしようもない恐怖が彼を硬直させた。

硬直している彼に、かつての仲間は、呪文を唱えた。

光輝く強烈な一筋の線が、デュラハンを貫いた。いや、貫くはずだった。
光が彼を貫く前に、別の衝撃が彼を押し倒した。
代わりに光線は押し倒した者を貫く。押し倒した者は、魔王だった。


466 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:35:16.02 ID:cs2DQ2G50
■■■■■■ デュラハン 訓練所開設物語 (その12) ■■■■■■
主を殺そうとした自分をその主は見捨てることなく助けてくれたのだ。

魔王の目は、暖かくデュラハンを見つめていた。
魔王  『怪我はないかい?』

魔王の目は暖かい光を放っているが、
その光はだんだんと小さくなっていく。

が、その小さな光はデュラハンを包み込むのには充分だった。
心地より温もりが彼を幻覚剤の呪縛から解き放した。

彼は、真実を知り、自分の過ちを悟った。

あの時、魔王は彼の誕生日パーティー 兼 
訓練所所長就任パーティーを計画していたのだ。

魔王の不思議な笑みは、驚き喜ぶ彼を想像したものだったのだ。
事実を知った彼は、涙を流しながら自分の愚かさを悔やんだ。

すでに、魔王の目は光を発していない。

変わりにデュラハンの目は、正義の光を再び放ち始め、
水を止むことなく流し続けた。

一年前のあの日に戻れたら...。


467 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:36:23.07 ID:cs2DQ2G50
■■■■■■ デュラハン 訓練所開設物語 (その13) ■■■■■■
〜魔王軍:一軒家の寝室〜

デュラハンは、ふと涙で滲んだ目を開けた。
今、彼はベットのなかにいる。

彼の周りには、魔王・そして夢のなかで殺したはずのロマン枠の
魔物たち、そしてエンペラークラスになったはずの、進化前のゴブリン達。

彼らは、風邪で寝込んでいるデュラハンの見舞いに来たのだ。
ゴブリン達は横断幕を持っている。

横断幕:「祝 デュラハン1000歳の誕生日 & 訓練所所長就任」

そう。デュラハンが経験してきたものは全て夢だったんだ。
彼の周りには、夢の中で殺したはずの仲間達がいる。
裏切りもののサーボン・ドドリアを除いて。

デュラハン『あれ、サーボン・ドドリアは?』
魔王   『サーボン・ドドリアって、烏山明の漫画にでてくる悪人かい?
      個人の趣味をとやかく言わないが、漫画は卒業したほうがいいぞ。』

デュラハンは、赤面した。そろそろ、漫画とアニメの趣味を変えなくては....。

ユニット辞典にサーボン・ドドリアという仲間はいない。
我・魔王軍は、忠誠を誓う仲間達で構成されている。

デュラハンはベットの中で、魔王への絶対の忠誠を誓った。


468 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:37:03.72 ID:ngPw7RdK0


469 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:37:07.50 ID:cs2DQ2G50
■■■■■■ デュラハン 訓練所開設物語 (最終章) ■■■■■■
== 一年後 ==

訓練所には、デューククラスとなったゴブリン達、エンペラークラスとなったドラゴン達
ロマン枠のホワイトベア達がいた。

彼らは全員Lv255まで成長し、期待に胸を弾ませながらロマン枠解除の日に向けて、
厳しい訓練を続けている。

だがしかし、そこには残酷な事実があったの。

バグのため、Lv255になるとレベルアップもクラスチェンジもできないのだ。
しかも、そのバグは修正不可能。

そんな事実も知らず、今日も訓練所で訓練は続く。
Twitterに謝罪の言葉が書き込まれるその日まで...。

---完---
(同じネタで申し訳なかった。)

470 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:39:01.83 ID:0Vh3Pw170
>>469
え そんなバグあるの?

471 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:39:13.49 ID:e4jH8pcf0
サイクロプスのカツラはわかるがデュラハンのカツラって。

472 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:41:29.62 ID:cs2DQ2G50
>>470
ネタです。


473 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:44:25.67 ID:Xr0USqJw0
一部流れが変わってたな。
オチまでわかっていたのに途中で泣きそうになるのはなんでだ。
てかサーボンでいいのか?

474 :過去:2011/11/16(水) 21:51:46.50 ID:l+T2ytdq0
本編の続き

人間『あっそうだ!!』
新魔王『どうしたの?』
人間『テムテムの下にいた時に戦力配分を決めたメモを入手したんです!!』
新魔王『という事は進めば良い順番がわかるって事?』
人間『はい、私がいた頃の物ですから今はちょっと変更されてるかもしれませんが大きくは変更されてないと思われます』
新魔王『それなら戦力の低い所から行って仲間を増やす事もできるね!!』
人間『是非お役立て下さい!!』
新魔王『ありがとう!!』
人間『では私は人間界に戻りドーピングの仕入…っと調達をして来ますね!!』
新魔王『お願いします!!』

ゴブリン『今あの人仕入れって言ってなかったですか?』
新魔王『うん…でも相場わからないし仕方ないよ…』
ゴブリン『それもそうですね…』
新魔王『頑張ってお金稼がなきゃ…』
ゴブリン『魔王様、奪還が先では?』
新魔王『うん…』

475 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:51:47.44 ID:mDbeqwUF0
>>347つづき

「ゴブゼロ!…ひどい怪我だ、気絶してるみたいだけど…」
鰹の叩きの様な物を見て魔王は声を落とす。

「ああ…手酷くやられたようだ」
そういうと村から奪ってきたブラック・ワンドを魔王に手渡す。

「うう…ここは…?」
「気がついたか」
「すまない…結局助けられてしまったようで…」
クロコダインが目を覚ます。

「先代魔王、小暮の息子だ」
「まだ…子供じゃないですか…」

先代の魔王、小暮は魔界史上でも傑出した手腕で10万40年余りもの間魔界を統治してきた。
しかし子を設けたのは晩年のことで、魔界常識的に彼はまだ幼子の扱いだった。

「本当に、魔界を取り戻すつもりなのか?」
その言葉に魔王は一瞬息を呑む。
しかし、すぐにその躊躇いを振るい、応える。

「うん、そのつもりだよ」
「魔界の掟は俺が守る…ッ」

476 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:52:49.47 ID:mDbeqwUF0
魔界の掟…やられたら、やり返す。
復讐法というものだ。目には目を。侵略には侵略を。
最果ての村、漁村スラック。
既に2つの村を奪還してきたが、それはゴブゼロの力だ。

(僕は魔王だ…なにかしなくては…)

心の内にある情けない思いが溢れ出す。
戦いは苦手だし、自分が倒れてはならない者であることは理解していたが魔族の血が復讐を願うのだ。

「次からは、僕も戦う」
さっき手渡された、ブラック・ワンドを手にそう告げる。
驚くゴブゼロを他所に魔王は続ける。

「それと、出来れば今は魔族だとか魚人とか言わず、魔界に住む物として君にも協力して欲しい」
長年の対立関係にあった魚人。
その対立の根は深い。
しかし、今回の人間による侵略はそれよりも遥かに大きい。

「…この状況じゃ仕方ありません、協力しましょう」
なんだかんだ、スラックの件で少しは打ち解けたのだろう。
前回とは違い、意外にもすんなり了承する。

新たな仲間を加え、一行は故郷を目指す。

477 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:53:12.54 ID:TH25AelK0
どっちが先に投稿するか決めないとごちゃごちゃになるんじゃね?

478 :過去:2011/11/16(水) 21:54:30.72 ID:l+T2ytdq0
お先にどうぞ!!
私はまた後ほど…

479 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:55:55.77 ID:mDbeqwUF0
あ、ごめんなさい過去編先生と1秒違いで被っちゃった…
では先に過去編先生だったので少し後で投稿します

480 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:59:12.06 ID:e4jH8pcf0
>>479
過去先生みたいにコテに何か入れてもらえるとうれしいです

481 :iPhone774G:2011/11/16(水) 21:59:35.69 ID:mDbeqwUF0
>>478
また出遅れた…
てば先に失礼します。
-----------------------------

一行の次に向かう地は東の砦。
スラックで得た情報によると、この一帯で捕らえられた魔物のほとんどはここに押し込まれたらしい。
つまり、ここを落とさない限り、戦力の増強は望めない。

「ギョギョーッ!!このスズキおいしいですねぇーッ!!!」
「お前そんなキャラだったの」

スラックから調達した食料で十分に保つが、東の砦まではまだ随分ある。

だが、本当に砦を落とせるのだろうか…?
魔物が多く捕らえられているのなら守りも相当堅いはず。
それだけでなく、砦には人間達の中でも選りすぐりの将を置いているという。

「ギョギョッ!?魔王様はお食べにならないのですかッ!?」
「そのギョ言うのやめろ」

考え過ぎた様だ。
どちらにせよ、砦に向かうしかない。
距離はあるが、歩き続ければ2日もせず砦につくだろう。

482 :iPhone774G:2011/11/16(水) 22:11:04.03 ID:mDbeqwUF0
ごめんなさい、クリップボードに書いてたのが見当たらないので今日はここまでにしときます。
コテは適当に考えときます。
あと過去編先生ごめんなさい。

483 :iPhone774G:2011/11/16(水) 22:24:19.58 ID:9tYbiTpbi
>>481
ギョギョにふいたわww

484 :過去:2011/11/16(水) 22:31:26.98 ID:l+T2ytdq0
>>482
いえいえ、大丈夫ですよ

翌日 人間界
人間『魔王様!!報告です』
魔王『おお!!よく戻った!!で、何だ?』
人間『とりあえず御子息様はご無事でした、あと御子息様が人間界でドーピングと呼ばれる物を欲しがっている模様です!!』
魔王『良かった!!でドーピングとは?』
人間『人間界では普通にお店で買えるものなんですが体に良い薬などの事です!!』
魔王『そうか!!ならスグに買ってこよう!!后!!ドーピングを買って来い!!』


后『とりあえずこの村に売ってたドーピングを買い占めて来ました』
魔王『とりあえず今回はこれで、また他の村などをあたってみる事にするよ』
人間『よろしくお願いします!!では私はまた魔界に戻り御子息様にこのドーピングを届けてきます!!』
魔王『頼んだぞ!!』


人間『(しめしめ…タダで手に入ったぞ…)』

485 :過去:2011/11/16(水) 22:35:41.35 ID:l+T2ytdq0
その頃魔界では…

新魔王『とりあえず人間さんが戻ってくるまで戦いに備えて訓練しようよ?』
ゴブリン『はい!!』
新魔王『今まで逃げてばっかりだったけどこれからは攻めなきゃダメだからね』
ゴブリン『はい!!ゆくゆくは魔界を取り戻しましょう!!』
新魔王『うん!!』

その日、新魔王とゴブリンは夜遅くまでカンカンと威勢の良い音を響かせた

486 :過去:2011/11/16(水) 22:46:29.87 ID:l+T2ytdq0
翌日

人間『只今戻りました!!』
新魔王『お帰りなさい!!』
人間『人間界でもこの状況なのでドーピングが高騰していて…とりあえず買えるだけ買って来ましたけど』
新魔王『ありがとう…大変だったでしょ?』
人間『いえいえ、これ位、あと帰り道の途中残ったお金で人間を買収して何体か魔族を開放してきましたよ!!』
新魔王『本当に!!』
人間『でもまた買い出しに行かなくてはならないのでとりあえず販売という形にしたいのですが…』
新魔王『それは仕方ないよ…で、幾らなの?』
人間『うーん、だいたいこれ位かなぁ…』
新魔王『えっ!!そんなに…ごめん…そんなにお金無い…』
人間『私はいつでもここにいますから欲しい時はいつでも言って下さい!!』
新魔王『わかった…とりあえずお金貯めてまた来るよ…』


新魔王『ごめんゴブリン…』
ゴブリン『どうしました?』
新魔王『思ってたよりドーピングが高い…』
ゴブリン『仕方ないですよ』
新魔王『とりあえず明日はドーピング無しで大丈夫?』
ゴブリン『はい!!やってみせます!!』
新魔王『ありがとう!!』

今日はここまで
次回は初出撃!!

487 :iPhone774G:2011/11/17(木) 03:42:03.23 ID:96ZNoGN00
人間こえー

488 :iPhone774G:2011/11/17(木) 06:59:47.21 ID:i7ovXUY70
人間ってほんとどうしようも無い生き物だな

489 :iPhone774G:2011/11/17(木) 12:45:39.54 ID:n5637Mloi
>>486
古物商やってんのは人間って設定なんだな。

490 :過去:2011/11/17(木) 12:51:10.15 ID:CBgLiAAW0
>>487
>>488
この人は相当腹黒いですよね…
>>489
一応私の設定では人間が酒場経営って形になってます
魔族経営だとちと書きにくいって都合もありますけどw

491 :iPhone774G:2011/11/17(木) 13:19:51.26 ID:2ztL3wN/0
みんなから嫌われてる健気な訓練所たんを幸せにしてほしい。

492 :iPhone774G:2011/11/17(木) 13:21:07.71 ID:O0BvNjrB0
杖でブヒる…だと?
リリスたんとか騒ぐ浅はかな萌え豚が増えそうだな

493 :iPhone774G:2011/11/17(木) 13:27:08.51 ID:I9QRLJbU0
杖擬人化とか…閃いた

494 :iPhone774G:2011/11/17(木) 13:33:55.00 ID:RjDygisS0
さすがにここのSS職人ならリリスロッドの同人SS、なんて
底辺高卒でも思いつく糞は書かないだろうだろ

495 :iPhone774G:2011/11/17(木) 13:45:46.89 ID:2ztL3wN/0
訓練所たんのことも考えてあげて。
頑張ってるんだから。

496 :iPhone774G:2011/11/17(木) 18:03:28.75 ID:OXG43XkwO
訓練所たんはきっと、魔王に憧れて、力になりたいと思ってやってきたんだけど、やる気が空回りするわんこ系の頑張り屋さんなんだ。
魔王の役に立とうと思って、ユニットたちに勉強教えるんだけど、
前線に立たない訓練所たんは理屈ばっかり捏ねくり回すだけで使えない奴だと言われて、まともに聞いてもらえない
それで全然成果をあげられないんだ
ある日魔王が夜空を見に外へ出かけると、本拠地から離れた林のあたりで小さく泣く声が聞こえる
気になって木の影を覗いてみると、訓練所たんが体育座りで泣いてるんだ


497 :iPhone774G:2011/11/17(木) 18:04:16.18 ID:OXG43XkwO
どうしたのかと声をかけようとすると、こちらに気づいてびっくりしたような顔をして、逃げようとする
あわてて腕をつかんで引き戻すんだけど、訓練所たんは手を振り払って逃げようとするんだ
とりあえず抱き留めて落ち着かせて話を聞いてみたら、自分は魔王の役に立ちたくて来たのに、魔王の足を引っ張ってばかりなのが悔しいって。
ユニット達に泣いてるのを見られて、「泣けば済むと思ってる」って言われるのも嫌だし、魔王に見限られるのも怖かった。
何より、もし魔王にかばってもらったら、それが一番情けなくて辛いって言うんだ。
魔王は訓練所たんが泣き止むまで側にいて、一緒に戻るのを見咎められたらと思って、訓練所たんより先に本拠地に戻る。
次の日、訓練の様子を覗いてみると、相変わらずユニットたちは訓練所たんの言うことを聞いてないで、勝手にわめいてるんだけど、こちらに気づいた訓練所たんが、何も言わずににっこり微笑んだので
俺は心の中で「頑張れ」と呟いて、その場を後にした

498 :iPhone774G:2011/11/17(木) 18:23:37.79 ID:FPmVy2ro0
訓練所たん……。
ぽえー。

499 :iPhone774G:2011/11/17(木) 18:27:43.92 ID:nwlA51HY0
そっちを擬人化したのか…

500 :iPhone774G:2011/11/17(木) 19:09:49.12 ID:xURBPgsO0
俺の脳内ではついていけん…


501 :iPhone774G:2011/11/17(木) 19:13:58.03 ID:UUgbaUqy0
うーむ…

502 :iPhone774G:2011/11/17(木) 20:59:59.34 ID:Pn8lM0/p0
これは、、、上級者向けなんだろうな。

503 :iPhone774G:2011/11/17(木) 21:03:13.04 ID:DFVnDSiZ0
いや、アブノーマルだろ…

504 :iPhone774G:2011/11/17(木) 21:14:16.77 ID:OXG43XkwO
おかしい
不当な非難を受けている気がする
何故だ

505 :iPhone774G:2011/11/17(木) 21:16:10.46 ID:FPmVy2ro0
>>504
おれはスゴくいいと思う。
すっげぇイイ。
ぽえー。

506 :iPhone774G:2011/11/17(木) 21:20:07.33 ID:0dkpnW+i0
>>505
棒だな

507 :iPhone774G:2011/11/17(木) 21:31:02.08 ID:nwlA51HY0
>>504
俺も文自体は好きだよ。綺麗。
でもガレージの腕を慌てて掴むとか俺にはレベルが高過ぎて、出来てもビーストウォーズになっちゃうからなんというかその…

508 :iPhone774G:2011/11/17(木) 21:33:12.56 ID:HA530Lxb0
女教官だとこじつければ辻褄が合うだろう?

509 :iPhone774G:2011/11/17(木) 21:34:53.63 ID:Pn8lM0/p0
>>508
天才か!?
この不思議なモヤモヤが嘘のように晴れたぞ!!

510 :iPhone774G:2011/11/17(木) 21:36:00.98 ID:nwlA51HY0
未熟でした。
精進します。

511 :iPhone774G:2011/11/17(木) 21:36:48.64 ID:32REB8N40
教官が魔族か人間か、それが問題だ

512 :iPhone774G:2011/11/17(木) 21:49:34.44 ID:jShCctmo0
脳内ビジュアルはとあるの小萌ちゃん

513 :iPhone774G:2011/11/17(木) 22:05:50.39 ID:UHScc3Mk0
>>504
まだまだ初心者が多いんだよ
俺にはちゃんと理解出来るぞ

514 :iPhone774G:2011/11/17(木) 22:13:17.44 ID:OWLBRlnG0
擬人化ってなんというかレベル高いな
訓練所のイメージ残して人の形にするのが難しいこと…

515 :iPhone774G:2011/11/17(木) 22:15:58.42 ID:Z0Ml6rSb0
駄目だ。俺が初心者のせいなのかもしれないが咀嚼出来ない。
誰かハードボイルド頼む。

516 :iPhone774G:2011/11/17(木) 22:19:16.31 ID:Ix5+vNpm0
安心しろ
初心者とか上級者とか関係なくただの嗜好の違いだ

517 :iPhone774G:2011/11/17(木) 22:30:32.47 ID:0dYwOC1L0
>>514
物っぽい人とか、人っぽい物みたいなのを想像するからダメなんだよ
人でもあり、かつ物でもある
精霊みたいなものだよ
訓練所で言えば、まず物として訓練所があって、その訓練所の意思が精霊として人の形で現れてる感じ
座敷わらしを想像すると分かりやすいと思う

518 :iPhone774G:2011/11/17(木) 22:33:42.25 ID:jazhiC/o0
そういうAVとかエロゲとか同人誌がないってことはつまりそういうことなんだろ
あんまり無理すんな

519 :iPhone774G:2011/11/17(木) 22:34:42.31 ID:Pn8lM0/p0
>>517
座敷童を想像してあれ読んだら何か駄作になったわ。。。
>>512の言うように小萌先生で読むとなかなかだけど。

520 :iPhone774G:2011/11/17(木) 22:34:50.37 ID:AZrmmn890
奇を衒って玄人ぶりたい年頃なのはわかるが…うーむ

521 :iPhone774G:2011/11/17(木) 22:35:56.10 ID:IMONFiFs0
>>517
お、おう…


522 :過去:2011/11/17(木) 22:37:42.30 ID:pdrPqvVF0
何やら不思議な空気


523 :iPhone774G:2011/11/17(木) 22:38:39.28 ID:Z0Ml6rSb0
>>522
先生口直し頼みます

524 :iPhone774G:2011/11/17(木) 22:38:57.74 ID:32REB8N40
>>522
頼むぜ先生

525 :過去:2011/11/17(木) 22:53:12.80 ID:pdrPqvVF0
うはw
じゃあとりあえずちょっと書きます

翌日
新魔王『いよいよ初出撃だね、ゴブリン』
ゴブリン『はい、魔王様は如何なさいます?』
新魔王『えっ?』
ゴブリン『魔王様はただ1人の司令官ですから危険な戦地に向かうのはどうかと思いまして…』
新魔王『それもそうだね…でも今日は一緒に行くよ!!司令を出すにも戦地がどんな感じなのか把握する必要もあるし』
ゴブリン『わかりました、では一緒に…』
新魔王『人間さんからもらったメモをみる限りはじめは最果ての村だね』
ゴブリン『一体どんな敵が待ち受けてるのでしょうかね?』
新魔王『しらんがな…とりあえず行ってみよう!!』
ゴブリン『はい!!』

526 :過去:2011/11/17(木) 23:03:07.25 ID:pdrPqvVF0
最果ての村

新魔王『ここが最果ての村か…』
ゴブリン『一気に行きましょう!!』
新魔王『うん!!』

農夫『ありゃあ〜あれは魔族だべ…まっじ〜なぁ〜』
村人『敵襲だ〜みんな〜敵が来たぞ〜』

新魔王『早速見つかっちゃったね』
ゴブリン『とりあえず魔王様は後ろに!!』
犬『ワンワン!!』
ゴブリン『ごめん、ちょっと邪魔…』

ゴフッ!!

犬『くぅ〜ん』

農夫『おらこの村守っぺよ!!』
ゴブリン『元々は魔族の物だ!!悪いが返してもらう!!』

鍬を振り回す農夫、だがやみくもに振り回してるだけで全然ゴブリンに当たらない…

農夫『はぁ〜オラ疲れただ…』
ゴブリン『…』

ゴフッ!!

新魔王『意外に呆気ないね…』
ゴブリン『はい…』
新魔王『この調子でドンドン行こう!!』
ゴブリン『はい!!』

527 :過去:2011/11/17(木) 23:09:21.82 ID:pdrPqvVF0
新魔王『ゴブリン!!ちょっと待って!!』
ゴブリン『どうしました?』
新魔王『あそこに宝箱が!!』
ゴブリン『後でもいいんじゃないですか?』
新魔王『だって…ドーピング…』
ゴブリン『わかりました、行きましょう…』

魔王は宝箱を開けた

16文を手に入れた

新魔王『…(これだけ?)』
ゴブリン『さあ行きますよ!!』

新魔王『あっ!!』
ゴブリン『今度は何ですか?』
新魔王『牢屋がある!!』
ゴブリン『おおっ!!行きましょう!!』

牢屋を発見!!
巨大イモムシを救出!!

新魔王『やったねゴブリン!!仲間が増えるよ!!』
ゴブリン『…(イモムシって言葉通じるのかな…)』

そんなこんなしてる間に村長の屋敷に辿り着いた

528 :過去:2011/11/17(木) 23:16:10.09 ID:pdrPqvVF0
村長の屋敷

村長『いらっしゃい、何か用で?』
新魔王『えっ、あっ、この村を返して貰いに来ました』
村長『ああ、そうかい、まあお茶でも飲みながらゆっくり話そう』
新魔王『えっ、はい…』
ゴブリン『なんか調子狂う…』

村長の護衛『(そろり…そろり…今だ!!)』
ゴブリン『!!』

ガッ!!

村長の護衛『ちっ、ミスったか…』
村長『だらしないのぉ、もういい、普通に戦うぞ!!』

新魔王『応戦だゴブリン!!』
ゴブリン『はいっ!!』

529 :過去:2011/11/17(木) 23:19:33.35 ID:pdrPqvVF0
ゴブリン『ハァハァ…』
新魔王『やったねゴブリン!!』
ゴブリン『記念すべき…初奪還ですね!!』
新魔王『うん!!』
ゴブリン『あっ!!』
新魔王『どうしたのゴブリン?』
ゴブリン『こんな所に地下への通路が…』
新魔王『本当だ…』
ゴブリン『どうなさいます?』
新魔王『行こう!!』
ゴブリン『はい!!』

530 :iPhone774G:2011/11/17(木) 23:32:34.43 ID:ptJzm3EK0
>>496のせいで訓練所:未使用がもうねなんというかね

531 :過去:2011/11/17(木) 23:39:44.54 ID:pdrPqvVF0
村長の屋敷 地下

新魔王『薄暗いね…』
ゴブリン『はい…』
新魔王『あれ?何か見えて来た』
ゴブリン『牢屋?ですかね?』
新魔王『そうみたいだね、行ってみよう!!』
ゴブリン『はい!!』


新魔王『中に居るのは…ヴァンパイア?』
ゴブリン『そのようですね』
新魔王『えっ!!も、もしかして?』
ゴブリン『ヴァンパイアさん!!』
ヴァンパイア『ま、魔王様!!ゴブリンさん!!』
新魔王『やっぱりそうだ!!待ってて、今鍵開けるから』
ヴァンパイア『はい!!』
ガチャガチャ!!
キィ〜
ヴァンパイア『魔王様〜』
ヴァンパイアは牢屋を出るなり泣きながら新魔王に抱きついた
新魔王『ヴァンパイアちゃんどうしてここに?』
ヴァンパイア『あのあと父と暮らしてたんですが…以下略』
新魔王『という事はお父様は…』
ヴァンパイア『はい…で、その後…以下略』
ヴァンパイア『その後にここの村に連れてこられて村長の鑑賞用として…』
新魔王『そうだったんだ…』
ヴァンパイア『あっあと人間から逃げてる間に私進化しまして今はヴァンパイアキングになりました』
新魔王『えっ!!そういえばなんか変わったなとは思ったけど…』
板金♀『うふふ、魔王様の知らない間に成長したんですよ!!私も!!』
新魔王『うん!!なんか前より可愛くなった(おっぱいも成長してるし!!)』
ゴブリン『あの…』
板金♀『そんな!!照れちゃいますよ///』
ゴブリン『あの…』
新魔王『本当だよ!!』
板金♀『魔王様お上手になりましたね///』
新魔王『本当だって!!』
ゴブリン『あのぉ!!』
新魔王『で、何ゴブリン?』
ゴブリン『久しぶりで話したい事が山ほどあるのはわかりますがとりあえず基地に戻りません?』
新魔王『それもそうだね、板金♀ちゃんも一緒に行こう!!』
板金♀『はい!!』


巨大イモムシ『(確かに俺喋れないけどさ…空気すぎじゃね?)』
ゴブリン『イモムシ、大丈夫、俺もだ』
巨大イモムシ『(テレパシー!?)』

532 :過去:2011/11/17(木) 23:40:50.58 ID:pdrPqvVF0
書き忘れた…
とりあえず今日はここまでで
次回更新は気分次第!!

533 :iPhone774G:2011/11/17(木) 23:44:03.50 ID:LROh+0pQ0
最果ての村で板金だと??

534 :過去:2011/11/17(木) 23:47:43.27 ID:pdrPqvVF0
>>533
本当は出ないのですが板金♀と魔王の一緒に居る時間を長くとりたかったので…
ただ板金♀は特別なので基本的に家事に専念させる予定です


535 :iPhone774G:2011/11/17(木) 23:59:21.98 ID:LROh+0pQ0
>>534
チャチャ入れてすいません。気にしないで下さい。

536 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

176 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)