5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

女「大きな月」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:04:14.01 ID:xUKGdipM0
1日経っちゃったけど

2 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/03/20(日) 23:05:58.17 ID:5vjh3pHE0
何が始まるというんです?

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:06:31.99 ID:tfWnEFT30
>>1の改造手術

ttp://images.4chan.org/d/src/1300620776648.jpg

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:06:54.41 ID:xUKGdipM0
■2011年3月20日 午前3時過ぎ 薫葉恩賜公園

女「まいど」

男「ぅお? ……なんだ、女か こんばんは」

女「月、見に来たの?」

男「あー、うん そう 女も?」

女「うん なんか眠れなかったし」

男「女ひとりで何出歩いてるんだよ ヤバイだろ夜中は」

女「んー、なんとなく、きみが来てる様な気がしたし」

男「気がしたんだったら、メールでもしとけば良いのに」

女「あ、そうか」

5 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/03/20(日) 23:07:47.74 ID:5vjh3pHE0
これから面白くなるならみててやる

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:09:31.14 ID:xUKGdipM0
女「凄い明るさだね、月 それにおっきい」

男「うん」

女「……」

男「……」

女「なんか、ボ〜っと見ちゃうね」

男「あー、そうなー」

女「……」

男「明るさ、すげーよなー 目閉じると残像が残るよ」

女「あ、ほんとだ 太陽みたい」

男「……」

女「……」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:11:58.39 ID:xUKGdipM0
女「男」

男「あぃ?」

女「口、開けっ放し」

男「ああ」

女「スッゴイばか面だったよ」

男「いいじゃないさ 誰が見てる訳でも無いんだし」

女「私は数に入らないのか」

男「お前にはもう、格好付けるのも今更って感じでしょ」

女「まーね」

男「……」

女「……」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:14:23.38 ID:xUKGdipM0
女「……」

男「……」

女「あれ? カメラは?」

男「ん? 持ってきてないよ」

女「今日は撮らないの? 写真」

男「あー、うん、今日はいいや」

女「きみ、いつも資料資料言って色々撮ってるじゃない」

男「ん〜、まあ、いいでしょ、こういうのは 見てるだけで」

女「そーだねー そうだよね」

男「……」

女「きれいだよね」

男「うん」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:21:21.11 ID:xUKGdipM0
男「なんか雲が多くなってきたな」

女「隠れちゃう」

男「アレ位だったら、すぐに晴れるでしょ」

女「もっと近くで見たいなぁ」

男「無理だろ 今で最大に近いんだから」

女「宇宙に行けば良いじゃない」

男「宇宙って、俺ら行けないじゃん」

女「月に近づく遊覧飛行ツアーとか、これから出来るかも知れないでしょ?」

男「いつかって話なら、そうかも知れないけど」

女「そうそう」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:27:38.79 ID:BQx8Y3dC0
銀杏
自動販売機
バイアグラ

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:28:41.21 ID:xUKGdipM0
男「お前、そんな非現実的な事言い出すタイプだったっけ 俺が言うならまだしも」

女「私は実は殆ど信じてないけどね でも、生徒の前では何についても
  可能性はたくさんあるよ、って風に話す様にしてるんだよ」

男「ああ、うん、なるほど」

女「いつか、そういう仕事をしてくれる子が、私の教え子から出てくるかも
  知れないじゃない?」

男「まぁ、そうだよなぁ」

女「あれ、男はこういう夢とか絵空事みたいの、キライじゃなかったっけ」

男「可能性の話なら、いいんじゃないの?」

女「うん」

男「お、雲が切れる」

女「あ、ほんとだ」

男「……」

女「……」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:33:51.41 ID:rr0uU43+0
見てる

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:35:26.72 ID:xUKGdipM0
女「……」

男「……」

女「なんだっけ、今日のこの月」

男「ん?」

女「何か名前があったでしょ? なんとかムーンみたいなの」

男「ああ、エクストラスーパームーン」

女「うん、それ スゴイ名前だよね」

男「うん、月と地球が接近して、月がでかく見えるのを『スーパームーン』ていうんだけど
  今回のは最大規模で、最も近くなるんだって、しかも満月 19年振り」

女「へー、19年か〜」

男「長いよなぁ」

女「……」

男「……」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:37:47.80 ID:ZCJFOpiY0
淡々としてるな

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:40:41.38 ID:xUKGdipM0
女「……」

男「……」

女「……あれ、19年って言うと、私らってもう知り合ってるんじゃない?」

男「んん? ……ああ、本当だ ギリギリ会ってるかも」

女「そうだよ、小学校に入るちょっと前くらいだったから」

男「そうか そうか〜 そう考えると、俺らもなげー付き合いだよなぁ」

女「そーね 途中あんまり会わない時期も、あったけどね」

男「ま、そうな お互い、実家を離れちゃうとね」

女「うん」

男「……」

女「……」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:41:22.20 ID:ZtdLbEIm0
雨降ってるよね…

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:44:36.52 ID:xUKGdipM0
男「……」

女「……」

男「……子供の頃にこんなの見たら、覚えてそうなもんなんだけどなぁ」

女「小さかったし、夜更かしはさせて貰えなかったんじゃない?」

男「あ、そうか」

女「うん、きっとそうだよ 男のおかあさん、厳しかったじゃない」

男「悔しいな、見れてた筈だったのに見れなかったとか」

女「でも、いいじゃない 今見てるんだから」

男「ああ、そうだね」

女「……」

男「……」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:47:25.20 ID:aEtKa97f0
>>16 昨日の話じゃない?

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:47:31.23 ID:F++0Fsc50
>>1まだ読んでないけど、題名で思ったんだがss書いた事ある?



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:49:12.91 ID:xUKGdipM0

女「……」

男「……」

女「明るいね〜」

男「ああ、空全体も結構明るいね」

女「うん あ、そのせいか、ここに来る時、そんなに怖くなかった」

男「あ、お前、帰りは1人とかで歩くなよ 家まで送るから」

女「え、いいよ 方向反対じゃない、きみんちって」

男「いいから、送られとけって」

女「心配し過ぎだって、きみは」

男「……」

女「……」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:54:02.58 ID:xUKGdipM0
男「大体さぁ」

女「なに?」

男「公園まで来て、俺が居なけりゃどうしてたんだよ」

女「そしたら、ひとりで見てたよ」

男「あほか あぶねーっての」

女「いいじゃない、居たんだから」

男「良くねーよ お前、生徒がそういう言い方したら叱るだろ」

女「今日は仕事の無い日だからいいの」

男「適当だなぁ」

女「……」

男「……」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:56:02.91 ID:Ei9kX93J0
嫌いじゃない

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:58:25.70 ID:xUKGdipM0
女「……」

男「……」

女「男、ずっと月見てると、なんか変な気分になってこない?」

男「ん〜? いや、特に」

女「ルナティック、って狂人とか精神障害みたいな意味があるでしょ
  月には魔力があって、人を狂わすって言われてるんだよ、昔から」

男「全然無いなぁ むしろクリアーな気分だよ だってキレイでしょ、月」

女「私はするな なんかドキドキする 非日常感っていうか」

男「俺は、結構夜に外歩くからなぁ 慣れなのかな」

女「あー、男は仕事の帰り、遅いもんね」

男「そーそー」

女「……」

男「……」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 23:59:54.54 ID:YaAibJpS0
長くはなさそうだね

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:01:38.01 ID:2AFnvLtW0
男「……」

女「……」

男「寒くない?」

女「うん、ちょっと」

男「そろそろ、帰っとこうか」

女「うん……なんか、もったいない気もするけど」

男「またいつか見れるでしょ」

女「そだね ……次に今みたいに見れるのって、いつになるの?」

男「さぁ、知らないや 周期は一定じゃないみたいだけど」

女「そか」

男「……」

女「……」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:03:00.92 ID:+BctIOqj0
俺なら
超襲うよ

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:07:03.73 ID:2AFnvLtW0
女「……」

男「……」

女「その頃まだ、私らって、まだ仲良いかな」

男「そりゃ、わからないよな これから何かあって仲悪くなるかも知れないし、
  事故とか病気とかでどっちか死んでるかもしれない」

女「うん」

男「それに、19年前から今までだって、全然会わなかった時期だってあった訳だし」

女「そうだね 離れた場所に居るかも知れないよね」

男「それもあるよな」

女「うん わかんないや わかんないね」

男「……」

女「……」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:11:16.16 ID:oOMocZk00
(ノ_・。)

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:13:51.00 ID:2AFnvLtW0
女「帰ろうか」

男「ああ ん〜、ベンチでケツが冷えた」

女「私もだ」

男「そんじゃ、送ってくかね」

女「ありがとね」

男「普段も、夜道は気をつけろよな」

女「気をつけてるよ」

男「ならいいけど」

女「うん、ありがとう」

男「ほんじゃ行こう」

女「うん 手、つないでもいい?」



おわり

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:14:50.83 ID:oOMocZk00


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:17:05.39 ID:xEUAtA500


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:18:03.66 ID:2AFnvLtW0
短い時間ですが、お付き合いどうもありがとう

このスレは、同じ様なテーマで色んな人が書いたりなんかしたら最高だなと思いつつも
このまま落ちるのもまた良し、といった感じでひとつ

>>19
あるけど、タイトルは似ていないのでアテは外れだと思う


では

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:19:54.92 ID:PxiStVG30
>>1
短いけどいいまとまりだった

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:22:04.42 ID:3ID7qmdJ0
>>1

良かった

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:22:47.50 ID:NldvOl6c0
おつ

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:23:10.53 ID:s6CiRueBO
おもしろかった


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:28:23.85 ID:2AFnvLtW0
もひとつ

夕べほど強烈じゃないけど、今夜も良い月なのは間違いないので
見れる人は見てみると良いよー

ではさいなら

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:29:35.36 ID:8o+OfKKY0
いちおつ
誰か何か書いてー

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:37:00.61 ID:nbwcqf1H0
コンビニいてくる

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:46:01.39 ID:RMaqI3PsO
女「ねー、見える?」

男「うん」

女「嘘だ」

男「なんで」

女「…声こもってる」

男「…ごめん。」

女「寝る?」

男「いやいや」

女「おやすみ」

プーップーッ

男「………」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:47:24.44 ID:Y4ael9od0
みじけええええええええ


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:50:42.59 ID:/SwH5rUb0
お、なんか始まったな
支援

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 00:52:06.27 ID:bjg6xOnS0
携帯電話を閉じると、男は煙草に火を点けた
マールボロの紫煙が辺りに漂う
寝てるソファから窓に掛かる半開きのブラインドに目をやると、遠くのネオンが反射していた
そこで、男は起き上がった
何故今まで気付かなかったのか
「誰か入ったか?」
もう一度紫煙を深く吸い込むと、乱雑に灰皿へ押し付けた
「洋子君なら夜になれば閉める筈だ・・・」
自分以外の何者かがここ、新宿歌舞伎町にある事務所に入ってきたというのか

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:08:21.08 ID:vVimxtKh0
もしや>>40>>40だけで終わりなのか

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:10:30.84 ID:ARhCT9gl0
突如として三郎

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:13:27.16 ID:RMaqI3PsO
>>40ですが続けさせて頂きますね



男「……」

男「かけ直すか。」

プルルルルル

女「…もしもし?」

男「寝ないって」

女「寝てもいいのに」

男「いやいや」

女「もう布団のなかでしょ?」

男「ベッドだけどな。」
女「…どっちでもいいけど。」

男「………」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:15:53.80 ID:Eg4LClFk0
>>43 誤爆か、神宮寺君

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:17:03.21 ID:2AFnvLtW0
支援

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:17:34.13 ID:RMaqI3PsO
女「…仕事、どう?」

男「ぼちぼちでんなぁ」

女「ははは」

男「…ごめんなさい。」

女「なにが?」

男「………」

女「お疲れ様。」

男「え?」

女「仕事」

男「ああ、うん、ありがとう」

女「…寝る?」

男「まだいいよ」

女「そっか」

男「………」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:22:12.04 ID:RMaqI3PsO
女「月、大きいよ」

男「うん、見てるよ」

女「嘘つくな」

男「はは」

女「明日は雨かなあ」

男「ん?」

女「星がでてない」

男「ああ そっか」

女「男なんて随分星見てないでしょ」

男「そうでもないよ」

女「都会は星見えないって聞いた」

男「………」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:22:27.23 ID:bjg6xOnS0
事務所内を一通り調べたが、異常は無かった
その時、携帯電話のバイブレーションを感じる
発信者の名前は熊野・・・
「おお、神宮寺君かね」
初老の声
「どうしたんだい熊さん。こんな時間に」
「おお、スマンスマン。いや、キミの協力もあってホシが挙がってな」
ただでさえ気の良い初老の男を小躍りさせるような出来事なのだろう、
熊野は上機嫌だった
「ああ、例の・・・」
男は数ヶ月前に熊野に情報を提供した事を思い出していた
「結局、身代金はどうなったんだい?」
「ふーむ、そこなんじゃよ。逮捕した奴を聴取しても知らぬ存ぜぬの一点張りでな」
「複数犯って事だったのかい?」
「・・・相変わらず鋭いのう。どうやらそうらしい」
男は煙草に火を点けた

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:24:35.62 ID:dwnBrXBS0
神宮寺君は誤爆じゃなかったのかああああ
よくわからんけどとりあえず静観

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:26:53.13 ID:RMaqI3PsO
男「女」

女「ん?」

男「…月が、綺麗ですね。」

女「え?」

男「…夏目漱石…。」

女「なに?」

男「………」

女「なに?いきなり」

男「…いや…」

女「…意味わかんない」

男「………」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:30:27.73 ID:T99mN3CD0
これは悲しいww

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:33:29.06 ID:9brfA4LA0
>>1は上手いな! 乙
>>53も見てるぜ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:37:29.85 ID:bjg6xOnS0
「随分と騒がしいようだが、飲んでるのかい?」
「そうだ。とりあえずホシを挙げたという事で、刑事課の奴らと飲んどる」
騒がしさが一層大きくなる
「おう!誰だ!?・・・ああ、テメエか探偵!何だ?テメエも来るのか?」
突然話し相手が変わる
「誰だい?・・・ああ、何だコバさんか」
「何だとは何だこの野郎!いいからお前もさっさと来やがれ!」
「おお、スマンスマン。ワシだ。神宮司君、今から来れるかね?あの沖縄料理屋だ」
そのやり取りに男は苦笑しながら答える
「いや、俺はこれから一人で一杯やって寝るよ。熊さんもあんまり飲みすぎると羆みたいになるぞ」
「ふもっ!何を言うか!ワシはまだ一滴も飲んどらん!・・・じゃあまた連絡するよ。」
男はああ、と言って終話ボタンを押した

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:40:03.21 ID:RMaqI3PsO
支援ありがとうございます



女「ねー、いま真っ暗?」

男「おー、街中節電中だからな」

女「じゃあ月が綺麗に見えると思うよ」

男「え?」

女「ん?」

男「いや…夏目漱石…?」

女「…だからそれ何?」

男「…吾が輩は猫である」

女「…名前はまだ無い」

男「………」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:45:05.88 ID:RMaqI3PsO
女「千円札の人だね。」

男「え?」

女「夏目漱石さん」

男「え?ああ…いや昔のだろ?」

女「そうだっけ?」

男「いまは野口五郎」

女「ふーん」

男「いや…あの」

女「なに?」

男「だからいまは野口…」

女「どっちでもいいや。」

男「………」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:48:28.22 ID:LdTsuzkQ0
噛み合わない男女か

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:52:00.76 ID:bjg6xOnS0
・・・。
男は事務所から出る
男がバー・かすみに入ったところで、ビルの陰から何かが出てきた
それはボロ布を纏った人だった
大きな満月に映し出された姿は酷くやつれているようにも見えた
そいつは何かに操られるような足取りで男が出てきた事務所のビルへと向かう
事務所のドアまで1mといったところだろうか
不意に声が掛かった
「何か用かね?」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 01:54:34.83 ID:ZVfanHNo0
神宮寺の方はちゃんと終われるの?

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 02:03:16.56 ID:bjg6xOnS0


俺はバー・かすみに入るとすぐに
「今、囮捜査中なんで協力してもらえるかな?」
と笑顔で出迎えるママのかすみに断った
俺が冗談で言ったのではない事が表情から伝わると、
すぐに頷き店内のジュークボックスの音量を下げてくれた
「助かるよ」
そう言って俺はドアを少しだけ空け、外を除き見た
嫌に大きな月がビルの間に顔を出している
一分、二分と時が過ぎ、かすみが水を持ってきてくれた頃、そいつは現れた
酷く痩せた体に伸び放題の髪
ニット帽と破れた長袖シャツに薄汚れ、
所々から綿のはみ出た赤いジャンパーと同じく元の色合いが分からないほどのジーンズ
そんな風貌の人物がビルの間から、薬物中毒者のそれのように出てきた

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 02:09:28.40 ID:RMaqI3PsO
女「男ー」

男「ん?」

女「そろそろねなきゃ。」

男「俺は大丈夫だけど?」

女「お肌に悪いのー」

男「あー…そう」

女「明日も朝早いんでしょ?」

男「あーまあ、うん」

女「体壊しちゃうよ」

男「…うん。ありがとう。」

女「うん。おやすみ。」

男「おやすみ。」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 02:10:08.49 ID:bjg6xOnS0
その人物が事務所の方へと向かう
月に照らされたその姿が、その光景が、その状況が18年前の事を思い出させた
俺は静かにドアを開ける
自然と険しい顔をしていたのだろう
かすみが俺に声を掛けようとした空気と、
小さく明るめのサクスフォンの音だけが店内に残され、すぐに消えた




続きはお前らの脳内にある「探偵神宮司三郎〜三日月になる前に〜」でお楽しみ下さい

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 02:10:45.97 ID:RMaqI3PsO
女「あ!男っ!」

男「どした?」

女「月、見れる?」

男「うん?見れるよ」

女「見て。」

男「おー」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 02:12:45.20 ID:RMaqI3PsO
女「………」

男「…おー、まじででかいな」

女「男」

男「ん?」

女「月が、綺麗ですね。」

男「…え?」

女「おやすみ。明日も仕事頑張ってね。」

プーップーップーッ

おしまい。
初SSでしたー

至らぬ点ばかりだったと思いますが支援して下さったみなさんありがとうございました!

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/21(月) 02:59:49.75 ID:OTnNu7tm0
乙。

これは東京で撮った今日の月。
スーパームーンじゃないけどね。

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1447032.jpg

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)