5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

妹「兄さんのことが好きですっ! 私と付き合ってください!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 14:36:09.87 ID:6eYpqhJu0
兄「帰宅早々、何を寝惚けたこと言ってんだ? さっさと学校の宿題でもやれよ」

妹「わ、私は真剣なんです! だから兄さんも真剣に聞いてください!」

兄「分かった。お前は真剣にキモイ。実の兄に向かってそんなこと平気で言えるお前は真剣にキモイよ。
  残念で仕方ないね。今まで好きでも嫌いでもなかったけど、今ので嫌いになったわ。だから消えろよ。そして宿題やれ」

 と、こんな言葉を浴びせたというのに、妹は嬉しそうに俺に尋ねた。

妹「じゃあ宿題を終わらせたら、相手してくれますか?」

 どういう思考回路をしていたらこんな答えが導き出されるのか?
 どうやら俺の妹はアホのようだ。

 敬語を使おうがアホなものはアホなのだ。どう体面を取り繕うとアホはアホに変わりはない。
 アホだから俺に対して好きだなんてアホな事が言えるのだろう。

 しかし妹はまだ幼い。だからアホであろうと仕方がないともいえるだろう、
 つまりアホだから兄を好きになってはいけないという社会通念が理解できていないだけなのかもしれないのだ。

 ならば宿題をすべきであろう、少しは頭を使えばアホの薬にでもなるだろう。
 だから俺は頷いた。

妹「じゃ、じゃあすぐに終わらせてきますからっ!」

 妹は言って、自室へと駆けていった。

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 15:40:19.05 ID:6eYpqhJu0
これ以上の書き溜めはありません。
遅筆になりますがご容赦をば

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 15:40:53.53 ID:TWxhkW0l0
>>37
お前ってほかにやることないの?

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 15:41:01.72 ID:HhbMOEk4O
早くしろ

41 :忍法帖:2011/05/04(水) 15:42:17.97 ID:Lr9Qp8//0
なんか某NTRゲームを思い出した

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 15:43:41.00 ID:eX3zfnBE0
これは予想以上に酷いスレだな。
早くしろよ。

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 15:44:36.94 ID:sbDrE96Z0
色々すばらしい

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 15:48:04.54 ID:DC3278/q0
腹筋スレじゃないだと・・・・

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 15:48:27.80 ID:6eYpqhJu0

 それは夜のことだ。
 深夜二時。
 俺は夕飯の凶事を思い出して、なかなか寝付けずにいた。

 カチャ、とドアノブを回す音が聞こえた。
 小さな足音。
 ひたひたと近寄ってくる。

 妹だ。間違いないだろう。

 枕元で足音は途絶え、

「兄さん」

 と、小さく尋ねる声が聞こえた。
 案の定、妹の声である。

「なんだ?」

 俺はぶっきらぼうに返す。

「起きていらしたんですね──約束、ちゃんと守りましたよ?」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 15:50:38.61 ID:/MB1zO2xO
久々に面白いスレじゃないか
是非完結してほしい

楽しみにしてる

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 15:53:52.13 ID:6eYpqhJu0
「約束?」

 俺は妹の台詞に疑問符を付けて返した。

「母さんの目の前でキス、しました」

 あれは──あんなのは──

「──事故だ。忘れろ」

「忘れられません。兄さんの唇、とても柔らかかったです」

 柔らかかったのは確かだ。
 ──だが、俺は嫌悪感しかなかった。
 妹はどうなのだ?
 その答えは直ぐに聞けた。

「兄さん、私、もう一度したいです」

 ──したい? 何が? キス?
 それしかないだろう。

「俺は嫌だ」

 そう端的に返す。

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 15:55:42.48 ID:fYQn/F39O
>>39
あるよ

49 :兄/妹「」付けてないですが、必要なら教えてください。:2011/05/04(水) 16:00:03.59 ID:6eYpqhJu0
「それは──」

 ──ツンデレですか?
 そう返してくるのが目に見える。
 だから割って入った。

「違う、裏返しでもなんでもない。俺の本音だ。お前となんてキスしたくない。
 気持ち悪いだけだ。だから部屋に帰れ」

「嘘ですね」

 妹はきっぱりとそう言った。
 ──嘘じゃあない。本当だ!
 だが言葉に出来なかった。何故かは分からない。
 妹は言葉を続けた。

「だって、じゃあどうして逃げなかったんですか?」

「逃げる?」

「はい。別に、母さんが目を閉じろって言ったからって、本当に従う必要はありませんでしたよね?」

「それは──」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:01:12.34 ID:5gM/RDsV0


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:04:23.54 ID:TXF2ZTsk0
支援

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:04:31.19 ID:DC3278/q0


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:04:59.68 ID:FMUMHMVL0
おれの股間がトラベリング

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:05:41.28 ID:6eYpqhJu0
 ──それは
 考えようとしてみる。
 けれど、どうしてだか分からない。
 答えが分からない

 しかし、本当は分かっているのだ。
 チラチラと脳みその片隅で理由がもたげている。
 それを考えると、気持ちが悪くなるから、考えないようにしているだけだ。

 だから、その答えは間違っているのだ。

 ギシリ。
 ベッドが軋んだ。
 妹がベッドに足を掛けたのだ。

「こっちに、来るな!」

 俺はおびえたような声を出した。
 ベッドから這い出して、壁を背にした。
 妹が近付いてくる。

「うふふ──」

 妹は笑っている。

「──ちょっとした、テストをしましょう?」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:14:17.47 ID:5gM/RDsV0


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:14:25.22 ID:6eYpqhJu0
「テスト?」

 さっきから俺はオウムのようだ。

 妹の大きな二つの瞳が、窓の外から入る街灯の光を反射して、さらさらと輝いている。
 その瞳はまるで、狙いを定める猫のように思えた。

 ならば、妹は狩る側であり、
 俺は狩られる側だ。

 本当は逃げるべきなのだ。
 しかし、忍び寄る魔手が俺の肩を掴んだ。

 ──もう、逃げられない。

「簡単なテストですよ。私が、兄さんにキスをします──と言っても、口にはしません。
 近くまで私が寄りますので、兄さんがしたくなったら、してください」

 妹は言って、俺の頬にキスをした。
 唇以外は奪うということだろうか?

 猫は俺の膝の上にちょんと乗った。

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:21:00.81 ID:6eYpqhJu0
 妹は俺の前髪を掻き分けた。

「ちゅ」

 そしておでこにひとつキス。
 ちゅ、ちゅ、と二度、三度と唇が触れる。

 その度に、妹の短い髪が俺の顔に触れた。
 くすぐったく、それでいていい匂いがする──甘い香りである。

「兄さん……」

「なんだよ?」

 俺は虚勢を張って、語気を強く答える。

「あ、すみません。呼んだだけです」

 熱が篭った様な、艶かしい声だった。
 返事をするんじゃなかったと後悔する。
 その声が妙に耳に残ったからだ。

 キスは徐々に顔の下へ向かっていった。

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:30:46.75 ID:6eYpqhJu0
 眉、こめかみ、鼻背──それぞれ三回ずつキスをされた。

「兄さん?」

 今度は答えない。
 クスクスと、悪戯っぽく笑う妹の声が聞こえた。

「じゃあ、好きにしちゃいますね?」

 首筋に妹の腕が回る。
 妹は抱くように俺と体を密着させ、俺の右肩に顎を乗せた。

「ふぅ」

 生暖かい吐息が耳に掛かる。
 ゾクゾクと背筋に悪寒が走った。

 首の横腹に指が這う。妹の指は小さく冷たかった。

「鳥肌、立ってますよ?」

 俺は無視をした。

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:32:25.48 ID:EowoaAeui
C

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:36:38.30 ID:6eYpqhJu0
「何か言ってくださいよ。リアクションがないとつまらないです」

「黙れ」

「もうちょっと優しい言葉をください」

「気持ち悪い。離れろ」

 妹は拗ねるように、むぅとか、うぅと小さく唸りを上げて、

「あむっ」

 と、ワザとらしく声をあげながら、俺のみ耳たぶを唇で挟んだ。
 酷く不慣れな刺激が耳に走る。

 同時に耳に妹の鼻息の声が聞こえる。妙に荒い。
 ──もしかしたら妹は、興
 そこまで考えて、全て言葉になる前にすぐに否定した。

「気持ち悪い」

 搾り出すように答えた。

「ダメですよ?」

 すかさず、妹の声──諭すように優しい口調。
 何がダメなのか、考える間も無く妹は続けた。

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:43:49.64 ID:OHMBZ8Tu0
悪くない

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:43:49.97 ID:6eYpqhJu0
「気持ちいい──と言ってください」

「誰が、そんな──」

 妹が言葉を遮る。

「嘘でもいいんです。ですが、そう言ってください。今だけで構いません。
 あとで、どれだけ私を罵ってくれても構いません。ですが、今だけは──そう言ってもらえませんか?」

 妹がすぅと顔を横に倒した。

「ちゅ」

 首の横腹に破裂音。
 鳴ってすぐ、何かが首を這った。
 這われた場所に、ゾクゾクと鳥肌が立つ。

「んく、しょっぱぁい」

「んっ!?」

 すぐさま首に再び唇が這う。
 じゅくじゅくという湿った音とともに、顎の下スグまで唇と舌が這い上がってきた。

「こんなの、キスじゃないだろ──」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:48:32.06 ID:OgQswbAU0
C

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:51:08.40 ID:6eYpqhJu0
「キスですよ。唇ですから──気持ちいいですか?」

 なんと返すのだったか?
 肯定すればいいはずだ。
 だから俺は、うん。と、小さく答えた。

 妹は首に唇をあてがったまま、んふ、と笑い、
 喉仏を通過して、左側の首へと移動した。

 ちゅぷ、と湿った破裂音。
 妹はようやくそこで首を開放してくれた。

「暑いですね?」

 妹が体を離した。
 体が汗で湿っている。二人の間に空気が進入して、すぅと体が涼しくなった。
 それで俺も体が熱くなっていることを悟った。

「兄さん"も"興奮しちゃいました?」

 ──俺"は"していない。
 ──否。違う。俺は、俺も、妹だって、興奮しているはずがない。
 俺なんかで興奮するな。気持ち悪い! 気持ち悪い! 気持ち悪いんだよ!

「気持ちよかったですか?」

「……あぁ」

 これは嘘だ。嘘だ。
 違う、言い訳をするな。これは嘘だから、言い訳なんて必要、ない──

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 16:56:35.89 ID:6eYpqhJu0
「じゃあ──」

 妹は語尾を濁して、俺の頬に頬擦りした。
 妹の頬は酷く、やわらかい。

「兄さんのほっぺはやわらかいですね──気持ちがいいです」

 違う。違う! 気持ちよくなんてない。
 俺はそういう意味で、やわらかいと思ったわけじゃない。
 お前とは──違う。

 妹は俺の頬に軽くキスをした。

「じゃあ、しますね? キス」

 心臓が高鳴る。
 ──キス? しないんじゃなかったのか?
 妹は俺の両の頬を愛しく両手で包み、ゆっくりと体を──顔を近づけてきた。

 妹の吐息が顔にかかる。
 俺の頭がぼぅっとする。

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:02:33.19 ID:6eYpqhJu0
 寸で。
 いや、寸は約3センチであるから、
 もっと近い。1センチにも満たない距離である。

 妹の唇と、俺の唇の距離が、だ。

「しちゃっても、いいですか?」

 妹が言う。

「ダメだ。約束だろ」

 俺が答える。

「こんなに近くにいるのに、我慢しろって言うんですか?」

 妹の声が俺の顔にかかる。
 俺のその息を吸って、

「そうだ」

 と答えた。
 妹はその俺の息を吸い、

「分かりました」

 と、切なそうに言った。

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:07:10.65 ID:QsLxNOpB0
支援

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:09:15.18 ID:HWChBBwI0
しえ

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:09:24.28 ID:EVdFByr00
きみ才能あるよ

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:10:29.27 ID:6eYpqhJu0
 しかし、妹はさらに顔を近づけた。
 といっても、数ミリである。

「ちょっとだけでいいんです。顔を前に出してください」

 声が顔に響く。
 俺の頭の後ろは壁だ。後ろには引けない。
 顎を少しでも前に出そうものなら、触れてしまうだろう。

 夕食のことを思い出す。
 妹の唇を。妹の舌を。
 思い出しているのは俺の頭ではない。
 唇と、舌がそれを思い出した。

 少しだけ、唇が前に出た──ように思う。
 
 つん、と一瞬だけ唇が触れた。
 唇から全身に電気が走る。

「兄さん?」

「違う。今のはお前が! お前が──!」

「違います──」

 妹がなだめる様な口調で、口を開いた。

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:12:15.48 ID:EowoaAeui
さるよけ

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:14:04.40 ID:6eYpqhJu0
「──どうして、逃げないんですか?」

 ざわざわと全身の毛が逆立った。
 ──どうして、俺は逃げないんだ?

 猫に射竦められているから?
 ──違う。

 これは妹のテストだから?
 ──違う。

 吐き気がもたげた。
 吐き出したい。何を──? 言葉だ。だが、決して言えはしない。言ってはいけない。これは禁忌だ。

 そもそも、こんなテスト自体、アホみたいなものだ。
 却下すればいいだけだったのだ。

 けれど、ここまできて理性が邪魔をする。

 ──俺は、俺は──

 妹が口を開いた。

 

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:16:25.66 ID:6eYpqhJu0
「私が、責任を持ちますから」

「──え?」

「だから、しちゃいますね?」

 反論する暇はなかった。
 いや、出来なかったというべきか。
 違う。しなかったのだ。

 ──それも違う。
 俺は、やはり逃げていたのだ。

 ──逃げない。もう逃げはしない。
 妹に責任を持たせるわけにはいかない。

 俺は、妹を胸に抱いて、
 深く深く、唇を重ねた。

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:27:09.06 ID:aHsV2jMB0
ふむ

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:28:44.06 ID:6eYpqhJu0
 どれだけ唇を重ねていいただろうか?
 瞳を開けると、空がほんの少し明るんでいるのが見えた。
 まるでアホみたいだ。実際にいや、アホなのだろう。
 妹のアホがうつったのだ。

 口の周りが涎でベトベトだった。
 妹はぽぅとした表情で俺を見ている。
 しかし俺も俺も似たような表情だろう。

 優しく妹の頭を撫でた。

「兄さん、好きです」

 妹は惚けた顔のままで、ポツリと言った。

 しかし俺はやはりアホになってしまったのか、なんと返せばいいのか分からなかった。
 返答に困っていると、妹が言った。

「宿題」

「え?」

「このテスト、明日の宿題にしてもいいですか?」

 俺は答えた。
 もちろん、本心からの答えである。

「あぁ」

 おわり

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:31:45.26 ID:rVAGXWFu0
終わらないでもうちょっと続けてくれ頼む

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:31:58.56 ID:5gM/RDsV0
えええええええええええええええええええええええええええ

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:33:37.56 ID:4lW+Nq9J0
なぜベストを尽くさないのか

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:33:53.84 ID:j/NyzNif0
これはプロローグだろ??
本編はこれからじゃないのか??

80 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/05/04(水) 17:33:58.40 ID:DC3278/q0
え?
















え?

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:37:32.37 ID:6eYpqhJu0
何を言う。
妹を拒否していた兄の心が邂逅しただろ
それでOKではないか

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:41:21.89 ID:74UItEIr0
ちょっと何言ってるかわからない

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:41:28.91 ID:rVAGXWFu0
その後の親や知り合いの目を気にしつつきゃっきゃうふふする箇所が抜けてる

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:43:12.57 ID:4lW+Nq9J0
わざわざスレまで立てたんだから
全力つくせや

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:45:23.81 ID:6eYpqhJu0
やめてくれ
キスでこの長さだぞ?
本番まで書いたらそれこそ1000越えますわ

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:46:01.41 ID:aHsV2jMB0
いけるって 頑張れ頑張れ出来る出来る

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:47:59.53 ID:EVdFByr00
次スレは俺らがたてるからがんばれ!

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:50:32.52 ID:6eYpqhJu0
お前等は所詮エロが好きなだけか

しかしアレだな、意外と地の文まで読んでくれるんだな

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:51:24.77 ID:nmB3Bje7i
俺が開いて読み始めるといつもこれだよ!

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:54:27.32 ID:4lW+Nq9J0
  .r==x r==x
          /三/.|/三/ |
         (三(/(三(/_/
          l ̄¨'| ̄ ̄¨|
          l;::::::::|:::::::::::::l
          l;::::::::|:::::::::::::l
          l;::::::::|:::::::::::::l
          l;::::::::|:::::::::::::l
          l;::::::::|:::::::::::::l
          l;{==}!::{==}:::l
         r|:::::::::::::::::::::::|
       _ノ  ̄`ー--、,;;l~ヽ
     ,∠==、ヽ `i'ー- .     l
    /    ヽ| 「`'ー、`ー、 .ノ
     l     ミ| /   `ー、ヽ
  /j     R|イ ー-ァ、.  Y゙  どうかどうか、このとおりです。
  { [`ュハハハr''~] ̄ ___ノ  ホントお願いします。

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 17:55:20.77 ID:TXF2ZTsk0
地の文の方が基本好きなんだよ自分の場合は!
まあ、無理してまで書けとは言わないけど、書いてくれたら凄く嬉しい

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 18:02:05.12 ID:6eYpqhJu0
いいじゃないか。他にもエロ妹のスレなんてごまんとある
どうせそのうちまた何か立てるし
エロはその時に書くさ

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 18:02:49.01 ID:TWxhkW0l0
>>92
エロじゃなくてもいいからお前の文が読みたいんだ!

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 18:09:20.59 ID:6eYpqhJu0
>>93
じゃあアレですよ、妹+兄さんで検索して
地の文でエロ展開があるのは大概は私のだから読んでみてくださいな

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 18:13:05.64 ID:TWxhkW0l0
>>94
まじで?探してくるいやっほう!!

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 18:13:48.51 ID:4lW+Nq9J0
>>94
つかめんどいので作品名言ってくれたら嬉しいなぁ

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 18:14:17.08 ID:omil0m1A0
>>91
なんだかんだあんたも姉スレ建ててん
じゃねーか!

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 18:15:07.13 ID:V7fdYEGb0
新鮮なのが・・・

フレッシュなのがいいに決まってるだろうがあああああああああ

99 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/05/04(水) 18:15:32.69 ID:MCyk4xMc0
終わり?

100 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/05/04(水) 18:18:00.40 ID:MAKIPzOs0
なんで終わるんだょぉぉぉっ‼‼

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 18:35:06.94 ID:6eYpqhJu0
>>96
そんなものは覚えていません。

今ググッてみたけど、全然出てこないですね
古いですし、多分作風も全然違いますし

妹+兄さんで一番上に出てくるチンポのはそうです

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 18:38:27.99 ID:x0shHroB0
どこで検索すればいいんですか?kwsk


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 18:54:44.02 ID:IWJM4Kzy0
とりあえず 前日のスレで書いていたのをとっと仕上げて投下するんだ

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 19:09:04.04 ID:6eYpqhJu0
>>103
そうですね。今書いています。
ですが、なかなか指が進まないのです
このスレみたいな雑念がわらわらと出てきまして

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 19:16:59.97 ID:TWxhkW0l0
>>104
レスはいらないからぜひ頑張ってくれ
心から応援している

45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)