5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

オリアナ「ねぇ、お姉さんを匿ってくれない?」上条「……えっ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/24(火) 02:07:12.20 ID:M33Ktif/0
とある休日の正午。上条当麻の家に一人の人影が近づいていた。
肌を過度に露出させた服装はとても目立ちやすく、通り過ぎる人々には常に目を向けられていたが、
その人物にとってはいつもと何も変わらない景色であり、特に気にする事もなくここまでやって来た。

「ふぅ……ここが『彼』が住んでる部屋かぁ……うふふ」

軽く笑いながら玄関の前に立つと、深呼吸を行う。
彼女は柄にもなく緊張していたからだ。
二、三回と大きな呼吸を終え、態勢を整えると、インターフォンを押す。
ぬぐい取れなかった緊張は彼女の指先を少し震えさせていた。

「おっ? 誰か来たのか。はいはいっと」

ちょうど昼食を作っていた最中だった。
炒めていた炒飯は良い感じに仕上がっていて、後は盛り付けるだけだ。
だから、「まぁ、大丈夫だろ」と、スイッチを押して電源を切り、フライパンの上に蓋をして、スタスタと玄関へと足を運び、扉を開けた。




「はぁーい、久しぶりね」


425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 01:52:00.78 ID:Opk8YJ6a0
オリアナの喘ぎ声が少し変わり、若干疲れたような声になっていた。
そろそろか、と両者にはその雰囲気がどちらともなく流れ、二人の目線はついに交差した。

「……オリアナ」

「……はあ……んっ……。坊や、もう一度だけ聞いていい?」

オリアナの言葉に、上条は静かに耳を傾ける。

「私と、本当に歩いてくれる? 後悔は……してない?」

その答えの代わりに、上条はオリアナを強く抱きしめた。

「……あっ、坊や……もしかして」

「言葉で答えるのはもったいない、強く抱きしめて、だろ?」

「……上出来よ――当麻。…………来て?」

「ああ……いくぞ、オリアナ」

上条はオリアナの秘所に自らのそれをあてがった。そして――

「あ、……ああ、……んっ……!」



426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 01:53:23.09 ID:C73H1g1u0
とある追跡封じの処女喪失

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 01:54:47.23 ID:Opk8YJ6a0
頭ぼーっとぢてきた……眠気は無い……すこしだけ離れます

428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 01:55:33.44 ID:gltkignu0
朝まで残ってろよコンチクショウ

429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 02:09:59.94 ID:8nUjxeYl0


430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 02:20:15.26 ID:8nUjxeYl0


431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 02:21:47.56 ID:Opk8YJ6a0
上条とオリアナはその体を重ね合わせ、二人の距離をゼロにした。
だからこそ相手の反応はすぐにわかる。今、上条はオリアナの明らかな変化に気づいていた。
しかし、上条はそれを口には出さない。上条はただ、愛しい相手の声を待つ。

「……ごめんね。お姉さん、実は……」

「……それがどうしたんだ? なんか問題でもあるのか?」

「でも……あなたは最初、お姉さんがそういうの上手そうだから……」

「そうだったっけ? ……っつうか俺、今全然余裕が無いんだ」

「……えっ?」

「……なんかあったかいし、狭くてキツイ……こんなん動いたらすぐに」

「……ふふ、早い男は嫌われるよ?」

「……お前に嫌われたら、もう生きていけねえ……なんとか我慢する」

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 02:35:28.05 ID:8nUjxeYl0


433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 02:35:31.11 ID:1jW6fv+H0
SUEB

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 02:36:31.28 ID:Opk8YJ6a0
二人が繋がってから少しの時が経ち、お互い自分がどうすればいいかを理解し始めた。
男か後ろの筋肉や腹筋に力を入れ、女は息を吐いて力を抜く。
そうやって少しづつお互いを思いやり、快楽へと二人で歩き出した。

「……動くぞ」

「……うん、いっぱい……愛して?」

そんな安い台詞さえも、今の二人には大きなきっかけとなる。
その言葉を聞いた上条は、自らの腰を力強く動かした。
乱暴、単調、稚拙、不器用、そんな言葉がぴったりとあてはまる。
それでも、オリアナは上条の動きに合わせて淫靡な声を発していた。

「……んっ、……んん……! あっ……そ、そんな……こんな、に……!?」

「……くっ、なんだよこれ……こんなのすぐに……」

「……ね、んっ……ねえ……? 私の……ああっ……な……くっ……なか……どう、なの?」

「……悪い、今必死で我慢してるから……話しかけないでく……うう!」

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 02:46:17.66 ID:Opk8YJ6a0
今の状況は上条が上になり、オリアナを一方的に責めているという状況であるが、
オリアナは喘ぎながらチャンスをうかがっていた。
今まで坊やと呼び続けた男に良いようにされるという現実。これがオリアナは少し引っかかっている。

(生意気ね、坊や……そろそろお姉さんも、責めてあげようかな……!)

上条が少し休むために腰の動きを止め、大きく息を吐いた。そこをオリアナは見逃さない。

「えいっ」

「な……な、何を?」

「ふふ……お・か・え・し」

「お返し……って、なあっ!?」

オリアナは上条を突き飛ばし、その上に馬乗りで跨った。
完全に立場は逆転し、今度は上条が責められる側となる。

「ねえ……激しいのと、じわじわとくるの、どっちがいい?」

「……その二択はいったい!? でも激しいのはやばそうだから強いて選ぶならじわじわの方を!」

「じわじわか……じゃ、いくね?」



436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 02:54:58.79 ID:Opk8YJ6a0
「う、うう!? ……なんだよ、これ……!」

「じわじわ……こないかな?」

オリアナは上条のそれを自らの奥で咥えこみ、後ろの方に力を入れ、思いっきり締め付ける。
そしてそのまま腰をゆっくりと前後左右に動かし、静かに、しかし確実に快楽を上条に与える。
空いたては上条の頭を撫でてみたり、上条の胸の先端を刺激してみたりと絶えず動き続ける。

「……なんだよそれ。ヤバすぎだろ……あっ……!」

「坊や、お姉さんにいいようにされる気分はどう?」

「……なんかムカつくけど……正直めちゃくちゃ気持ちいい」

「……カワイイ。――んんっ」

437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 02:57:14.59 ID:6+RSghQz0
けしからん抜いてくる

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 02:57:41.61 ID:6+RSghQz0
ふぅ

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 03:17:27.98 ID:Opk8YJ6a0
その後も形を変えたりなどして、手探りながらも、二人は快楽をある程度は味わえるようになっていた。お互いにこれが初めてであり、
ここまで上手くいく事は普通は滅多にに無いだろう。しかし、そんな時間にも終わりは来る。実際、上条の顔から余裕が少しも見られなくなっていた。

「……はあ……んっ……ねえ、あなたもう……限界でしょう?」

「……結構前から、……くっ……そうだったりして」

「……お姉さん、最後に激しく突いて欲しいな?」

「……でも、下手したらそのままお前の――」

「私は……いいよ。あなたのものなら全て受け止める……一つも無駄にしたくない」

「……わかった。いく……ぞ!」

上条は最後の力を振り絞り、勢いよくオリアナを突き続ける。
もはや我慢の必要は無い。だからこそ、上条は何ものにも縛られずただ快楽を貪ろうとする。

「……んんっ……あんっ……はげし……んうっ!」

「……くうっ……オリアナ、俺、もう……ダメ……だ……!」

「当麻……ちょうだい……んっ、お姉さんにあなたのすべて、すべてちょうだい……はあんっ……」

「……オリアナ、……オリアナ!!」

「ああっ……!!」

上条は愛しい相手の名を呼びながら果て、オリアナに覆いかぶさるように倒れた。
オリアナは愛しい相手からあふれ出たものを全て受け止め、倒れてきた相手の頭を優しく撫でながら静かに眠りについた。

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 03:28:58.28 ID:Opk8YJ6a0
上条(……眩しい、朝か)

上条(俺は確か昨日……オリアナと……オリアナ、オリアナ)

上条「あれ!? オリアナがいねえ!?」

上条「オリアナー! どこだー!? どっか隠れて……ん? 手紙?」

オリアナ『カワイイ坊やへ。
      昨日はありがとう。おかげさまで寝起きはスッキリ、お肌はツヤツヤだったわ。
      本当はゆっくりしたかったんだけど、お姉さんも仕事できたから、学園都市にいられる時間が限られてたの。
      何も言わずに出てごめんね? でも、話すと別れるのが辛くなりそうだったから……』

上条「……あいつ、何も言わずに出ていきやがって」

オリアナ『でもね、坊や。もう会えないってわけじゃないのよ?
      きっと私達はまた会える。そう、必ず。だって、あんな気持ちいいこと知っちゃったら……またしたくなるもの。
      だから、また会ってたくさんしましょうね? あっ、一人でしちゃダメよ?
      もちろん浮気なんてしたら……お姉さん、ちょーっと怒っちゃうかもしれないからね?』

上条「……ったく、最後まであいつらしかったな」

441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 03:29:17.66 ID:ZEceFtp/0
オリアナとどっちが身長あるか気になるな…

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 03:41:03.70 ID:Opk8YJ6a0
上条(インデックスとも話し合わなきゃいけないな……それにしても、しばらくは一人かな)

上条「……なんだろ、昨日の今日でこの感じ。すっげえ寂しい……」

ピンポーン

上条「……ん? 誰だ? はーい、今開けまーす」

黄泉川「おっ、なんだ月詠センセとこの悪ガキじゃん。この部屋の住人?」

上条「はあ……そうですよ。……武装してますけど、何か事件でもあったんですか?」

黄泉川「そんなに深刻な事じゃないんだけどね。ちょっと追いかけっこって感じじゃん?」

上条「追いかけっこ……?」

黄泉川「……なに? 新しい目撃情報? わかった、すぐ行くじゃん。
     急に押しかけて悪かったね、学校には遅れないように。じゃ、失礼するじゃん」

上条「ご苦労様でーす。……なんだったんだ?」

コンコン

上条「ん? また誰か来た……? いや違う、これは……ベランダ?」

??「あ・け・て?」

上条「その声は……まさか!」


443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 03:44:08.88 ID:Opk8YJ6a0
オリアナ「はぁーい、久しぶり」

上条「お、オリアナ!? お前、帰ったんじゃないのか!?」

オリアナ「うん、それなんだけど……坊や、頼みがあるの」

上条「頼み……?」


オリアナ「ねぇ、お姉さんを匿ってくれない?」

上条「……えっ?」


444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 03:47:27.30 ID:kDXXrld90
ここでスレタイを吸収かwww

445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 03:53:23.26 ID:8nUjxeYl0
スレタイが今頃wwww

446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 03:56:30.85 ID:Opk8YJ6a0
オリアナ「本当は今日の朝、学園都市を出ないといけないんだけど、逃げてきちゃった」

上条「な、なんで逃げたんだよ?」

オリアナ「なんでって……あなたに会いたくなったからに決まってるでしょ?」

上条「それは嬉しいけど……さすがにまずいだろ」

オリアナ「……一日だけでいいから、ねっ?」

上条「……わかったよ。正直言うとさ、俺も寂しかったから……かなり嬉しい」

オリアナ「ふふ……素直なあなたは大好きよ?」

ドンドン

黄泉川「ここに逃亡したオリアナ=トムソンが居ると確認が取れた。すぐにここを開けるじゃん!」

上条「げっ! ど、どうする、オリアナ?」

オリアナ「ふふ……イイこと考えちゃった」

上条「……なんか嫌な予感!」

447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 04:02:02.15 ID:Opk8YJ6a0
オリアナ「ねえ……たまには一緒に逃げてみない?」

上条「はあ!? なんで俺まで!?」

オリアナ「だって……あなたと一緒にいたいけど、ここに居たら捕まっちゃうし」

上条「そ、それは……そうだけど」

オリアナ「だから一緒に逃げれば全部丸く収まるわ。どう? お姉さん、賢いでしょ?」

上条「……どうする? どうする俺!?」

黄泉川「応じないと見なして、強制的に開けるじゃん!」

上条「なああっ!?」

オリアナ「さーて……どうする?」

上条「……オリアナ! 逃げるぞ!!」

オリアナ「ふふ、そうこなくっちゃ」

448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 04:05:52.60 ID:Opk8YJ6a0


「行くわよ、坊や?」

「ああ……こうなったらどこまでも逃げてやるよ!」

「ふふ……お姉さん、ワクワクして濡れてきちゃった」

「いいから逃げるぞ、オリアナ!」



449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 04:08:00.52 ID:A6/2Aj8c0
紫煙

450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 04:12:28.23 ID:Opk8YJ6a0
終わりだ、終わった… 支援保守、そのほか全員に感謝します
そして>>1さんありがとうございます。スレタイとスレを使わせてもらいました本当にありがとうございました
自分で書いてて何してんの俺? って言った回数→100以上 これは読み返せねえ……うん、どうも失礼しました

451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 04:15:03.39 ID:A6/2Aj8c0
>>450

452 : 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 :2011/05/26(木) 05:55:35.20 ID:j4vvq4y90
>>450
超乙!最後までよく頑張った!


453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 06:59:23.79 ID:Ps+GA24y0
>>450
超乙
オリアナSSでここまでの長編はなかったぜ
よくやったよ
上条×オリアナも良いね

454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 07:03:34.96 ID:E+ifj7yL0
ずっとROMってたけど乙乙

455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 07:05:09.09 ID:V89p+n5F0


456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 07:13:09.67 ID:8qCYHLh+0
おつ
大義であった

457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 07:20:23.88 ID:mCoyTJTx0
乙!

>>1はどうなったんだ?

458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 07:23:45.42 ID:Fu6FP7/rO
残ってた


459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 07:31:50.05 ID:1tnARqzoP


最高でした!

460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 07:53:12.45 ID:WRBsPUWZ0


461 : 忍法帖【Lv=39,xxxPT】 :2011/05/26(木) 08:15:17.64 ID:kkADO5O/i


462 :米田 ◆YONE/zixE6 :2011/05/26(木) 08:58:57.84 ID:yproRmBE0
      _, ,_   
   r( ・∀・)   ドゾー
 +  ヽ    つ旦
     (⌒_ノ
      し'ゝ


463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 09:12:01.33 ID:jxcU5pIQ0
ありがとう米田

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 09:20:49.15 ID:9WjpdMQf0
おつかれしたー

465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 09:49:37.03 ID:V6LnoRA4O
今読み終えた

乙!

466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 09:54:34.10 ID:sNtT7LIX0
超乙
久しぶりにいいものを見た

467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 09:55:35.84 ID:gqZwC7by0
大層乙であった

468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 10:32:44.83 ID:5RK3wdL0O
帰ってよむ

469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 10:43:34.32 ID:66jgZzgrO
>>1とはなんだったのか

470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 11:06:23.31 ID:UqoHV6i90
>>1なんてそげぶ

471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 11:32:48.11 ID:sw9HHOiV0
乙!!!

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 11:45:48.43 ID:3KQnQBjs0
完走乙!面白かった

473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 12:01:04.50 ID:g1ZULWnB0
お疲れ様

474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/26(木) 12:34:40.06 ID:73aFJVt70


162 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)