5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(^p^)←こいつに哲学を語らせてくれ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:35:41.83 ID:I8mGRIxb0
頼んだぞ

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:36:55.54 ID:2LJxm6a/0
>>2なら志望校合格!!!!!!!!!!!!!

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:37:20.37 ID:xDS2wqkD0
結局の所人が生きる意味とは…いや、生物が生きる意味などあるのだろうか…^p^
何世代にも渡りただただ進化を遂げそれを何年も繰り返す…一体生きるとはなんなのか^p^

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:39:20.44 ID:aFmadphf0
(^p^) <人間は自由の刑に処せられている

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:40:33.19 ID:BKFWoCWj0
(^p^) <第三に、いてもいなくてもよい。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:40:38.89 ID:T0BBV0+o0
(^p^)< 不遇裏。

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:42:28.07 ID:aFmadphf0
(^p^) < 思考しえぬことを我々は思考することはできない。それゆえ、思考しえぬことを我々は語ることもできない。

8 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/06/10(金) 19:43:18.65 ID:2hDfTUd20
(^q^)<革命とは常にマイノリティが起こすものなのだよ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:45:01.33 ID:aFmadphf0
(^p^) < 死が存在することを、これからお前で証明してやる…

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:45:49.24 ID:U0Yv8Qpq0
(^p^)<私も所詮記号でしかない。

11 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 :2011/06/10(金) 19:46:46.94 ID:gVrToIbn0
(^p^)<神は死んだ

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:47:20.33 ID:7Dt3PjVJ0
(^p^)<人はイデオ界で何を学ぶのか

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:48:16.49 ID:GCfxi3WS0
           (^o^ )
         /   ヽ      現実は いつも私に選択を迫る
        | |   | |       私には それがたまらなく嫌なのだ
        | |   | |        ならば逃げよう その先に何があろうとも
        ||   ||        その現実からも 逃げてみせよう
        し|  i |J         私には この生き方しかできない
          .|  ||
         | ノ ノ
         .| .| ( 
         / |\.\
         し'   ̄

これを思い浮かんでしまった

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:49:12.03 ID:/QdoQuTvO
(^p^)<罪は罪、柿泥棒め許さぬぞ。私は神を超えし者なり、この柿の木は由緒ある我が祖先が埋めたものなり。
貴様の名を言え、なに、野比のび太だと?YRP野比みたいな名前しやがって。この世に生まれたことを後悔するがよい。
激しい復讐の怒りに燃える私を止めることなどできはせぬ、喰らえ[ファーストエイド]
私の恐ろしさが分かったら持って行くがよい少年よ!

15 :預言者 ◆bsSVR.MQtY :2011/06/10(金) 19:49:47.82 ID:3ix7RoqO0
(^p^) <人間は不完全

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:50:08.08 ID:6L77GmNL0
(^p^)<人は時を止める術を知らない。進むしかないのだ。

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:50:39.41 ID:hGNrPWyj0
(^p^)<おっぱいはおっぱいでありおっぱいでない完全なおっぱいなんだ

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:50:59.21 ID:3SaVEWBG0
(^p^)<神は人を作る そして人も神を作るのだ

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:53:06.40 ID:e5FkuwNl0
(^q^)「互換性が無いのが問題なのだ」

(^q^)「障害者のアウトプットは健常者と対応しない」

(^q^)「逆もまた然り、健常者は障害者に何もしてあげられない」

(^q^)「じゃあ福祉というものは存在しうるのか」

(^q^)「答えはYESだ」

(^q^)「しかして実態は広辞苑を開いて載っている内容とは違う」

(^q^)「生身の福祉、それはビジネスであり道化だ」

(^q^)「つまり障害者というものを理解したフリをし、介護したフリをする」

(^q^)「そして金を得る、全ては合理的に出来た非常に単純な機械である」

(^q^)「それが福祉であり、障害者」

(^q^)「全ては手段」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:53:49.05 ID:DkJFosb9O
(^p^)〈使いきれないほどの金は記号にすぎない

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:54:49.14 ID:0i2Q4CblO
(^q^)<バナナがおやつに含まれるか否かを決める前におやつとは何かを定義づける必要がある

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:54:52.20 ID:uKVhIzVG0
(^p^)<同一なる人物は何人存在するか?その問題に解答できる物は人か否か。これを解き得る命題は存在しないだろう。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:55:35.13 ID:tmDcdcwD0
(^q^)<人類社会が、階級を消滅させ国家を消滅させるまでに進歩したあかつきには、戦争はなくなる。
反革命戦争はなくなる。革命戦争もなくなる。不正な戦争はなくなる。正義の戦争もなくなる。
これこそ、人類の恒久平和の時代である。

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:55:55.54 ID:B+4gw8h2O
(^p^)<私の言葉の限界は、私の世界の限界である。

25 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/06/10(金) 19:58:02.56 ID:qFlcniv20
(^p^)「そもそも障害者とは何を健全とした時の障害を示しているのか?世間の人はこれに対して全く疑念を持たない。

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:58:16.26 ID:4PHtffH00
                 / ̄\    >>508
                | ^o^ |    常識的、と君は言うがな?
                 \_/     自分のいう常識が、必ずしも他人の常識と同じであるとはかぎらない。
                / 丶'  ヽ:::::  常識とは人の数だけ存在するのだよ。
               / ヽ    / /::::  これはどのような物事にもいえることだ。
              / /へ ヘ/ /:::::  例えば善悪。何が善で、なにが悪かなんてしょせんは人が決めたこと。
              / \ ヾミ  /|:::   必ずしもそれが絶対とは限らない。
             (__/| \___ノ/:::::::  ニーチェも「一切は許されている」って言ってるしね。
                /    /::::::::   社会で言われている善悪はいわば相対的な善悪なんだよ、
                / y   ):::    常識だってそうさ、社会で言われている常識は相対的な常識でしかない。
               / /  /::::    ならば絶対的な「それら」はどこにあるのか?
             /  /::::       それは個人の中に存在する、つまり人の数だけ「それら」はあるんだよ。
            /  /:::::        突然こんなことを言われても理解できないかもしれないが、
          (  く::::::::          きっと君にもわかる日がやってくる。
           |\  ヽ:::::         「真実は常に君と共に。」
            |  .|\ \ :::::       自分を信じて生きるんだ。
      \    .|  .i::: \ ⌒i::
       \   | /::::   ヽ 〈::
          \ | i::::::   (__ノ:
          __ノ  ):::::
          (_,,/\

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 19:58:23.33 ID:C6CxF9My0
(^p^)<世界とは私であり、私とは世界であった。
そして依然変わりなく世界とは私のために存在する。

28 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2011/06/10(金) 19:59:06.07 ID:ldIEcvCw0
(^p^) <私は私か?俺は俺か?僕は僕か?君は君か?みんな同じだ。

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:00:45.88 ID:WxFmhHPC0
(^p^) 特急でもどんそくでも目的の駅につく

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:00:54.99 ID:Ee5D09eyO
(^p^)「このスレは間違いなくまとめブログに乗るいや乗せろ」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:01:22.61 ID:qIORF7s10
(^p^)<一人の人間が何かをしたところで宇
宙という大きな存在にとってなにも
起こらなかったことに等しい
従って今うんこを漏らしたが、これ
は何も起きてないということだ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:06:38.48 ID:uKVhIzVG0
(^p^) <哲学、それは哲な学問である。哲が全ての限界を超越しない限り哲学に限界は超越不可能である。
    しかし仮に哲が限界を超越出来たとしよう。
    その時、哲学は絶対的権力を得て全ての力を手にするだろう。
    しかしそれは哲学を究める意義ではないはずだ。
    それを突き詰める学問、それを人は哲学という。

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:07:48.99 ID:k+tOAt9i0
(^p^)< 僕は僕を知っている。宇宙はなにも知らない。

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:09:37.72 ID:pRUDOLX70
(^p^)< 明日 死ぬ為に、今日 生きる

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:09:53.81 ID:IWZ36MsN0
我々いけぬまは卓越した存在・・・けんしょうしゃ風情と一緒にされては困る。
                  、人 '           ;’, ,
          (  ^p^)   iニ二@ ´     ( ^o・)・  、
           )  ⌒〜(__) ,Y`       ゝ   ( ` ´ .
          /   ィ,-─ ̄           /⌒   )
        l    /            / /  ' `/
       |   (          ⊂二__,/   /
        |    i                 l,   、 , l
        l ヽ.   |              /   _ノ, )
       l   |  |            / _./l  /
          l   |   |          /  ,ノ  ! /
        l  i.|   |           / /   l )
        l  i .|   |         ノ ')    i ,/
      .....("_)("_゙)      └‐'´ .........厶).......

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:10:45.79 ID:jP2GGM7/0
(^p^)<文字というものは元々は能力がある人間が少しばかり力の劣ったものに
    事の真理を教えるためにできたのだ。
    しかし今はどうだろう能力のない人間が文字を覚え使っているそれにより
    文字というものの存在価値が低くなり今のような社会になる   
    文字というものは無駄に乱用するものなのだ他とは性質が違うだけだ
    
    それに気づかない人間が多すぎるのだ

37 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 20:12:03.07 ID:Oq8BDz2E0
(^p^) < 哲学という日本語に基づいているのがそもそもの誤謬である。
     哲学は日本では本来「希哲学」と訳され「哲学」という名ではなかった。
     フィロソフィーは元来ソフィストを批判的に見ることを行っていたはずであるのに
     「哲学」になると「知の学」という意味になり「知を愛する」という意味が忘れられがちである。

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:12:46.63 ID:jP2GGM7/0
訂正

(^p^)<文字というものは元々は能力がある人間が少しばかり力の劣ったものに
    事の真理を教えるためにできたのだ。
    しかし今はどうだろう能力のない人間が文字を覚え使っているそれにより
    文字というものの存在価値が低くなり今のような社会になる   
    文字というものは無駄に乱用してはいけないものなのだ他とは性質が違うだけだ
    
    それに気づかない人間が多すぎるのだ

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:12:49.79 ID:7gqk41wf0
>>26はいいよねえ。この認識は団塊に足りなさすぎる

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:15:48.95 ID:gFr+cI0AO
(^p^)<死ぬ時にこんな風に生きたかったと思うような生き方をしようではないか

41 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 20:17:54.08 ID:Oq8BDz2E0
(^p^) < 哲学とは何であるか。こういう新人文主義時代の大学において
     哲学部は神学部、法学部の下に位置し、広く教養を学ぶ学部として考えられていた。
     哲学とは教養であるのだろうか。
     否、断じて否である。現代を生きる私達が哲学と教養を同一視することはきわめてナンセンスなことである。
     人の教養とは所詮理想主義的な側面、言い換えるのであれば理想主義的なヒューマニズムに基づくものである。
     現代の哲学は理想だとか形而上学的思考におちいってはならない。哲学の本来の意味を取り戻すためには
     自然(ピュシス)に即した思索、それが重要なのである。

42 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 20:23:38.47 ID:Oq8BDz2E0
(^p^) < 人間進歩史観。この観念論は現代の日本社会、
     とりわけ哲学に触れ合ったことのない人々に強く根付いていると
     私個人としては感じる。

43 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 20:25:30.74 ID:Oq8BDz2E0
>>38
(^p^) < 優れた人間、劣った人間、そんな一面的に世界を捉えることはヘーゲルを頂点として終わっているのだと
     私は思うがね

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:26:21.05 ID:WjuHhamL0
なんで(^p^)に言わせるだけで格好いいんだろう

45 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 20:27:07.90 ID:Oq8BDz2E0
>>41
(^p^) < 「こういう」はいらんかった

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:28:09.97 ID:gGjcdds80
(^p^)<我思うゆえに我あり

47 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 20:28:33.04 ID:Oq8BDz2E0
(^p^) < コギトエルゴスム

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:30:17.39 ID:EB6THtZ5O
(^p^)セックスとは、単に性欲を処理するための手段ではない。セックスとはお互いを深く理解するためのプロセスであり、ひいては世界の理解のプロセスである。故に、一人で世界を理解しようとするならば、一人でセックス、つまりオナニーをするしかないのである。

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:31:39.55 ID:e5FkuwNl0
(^q^)「…」

女子高生たち「ひそひそ…」

(^q^)「見ろ。お笑いだ。我々が町を歩くだけで劇場が生まれる」

女子高生A「なんかぶつぶついってるよー」

女子高生B「ほんと、きもちわるいよねー」

(^q^)「…ああ、自らの浅はかさに未だ気づかぬ哀れなる衆愚どもよ」

主婦たち「ひそひそ」

(^q^)「同情しよう、いっぱしの常識人を気取り、その実、
    障害者にも劣る思考形態でもって日々を浪費する哀れなる”健常者”ども」

小学生「おじさん、何言ってるのー?」

(^q^)「革命は常にマイノリティが起こすものだということだよ、ぼうや」



50 :名無しに変わりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:31:49.37 ID:l30h6JNv0
(^q^)<死は所詮一つの過程にすぎない、そのため死を恐れることも急ぐ必要もない

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:32:50.31 ID:yh3F2qHL0
ksk

52 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 20:34:34.86 ID:Oq8BDz2E0
(^p^) < 哲学と思索と思想を区別しなくてはならない。
     現代においてとりわけ区別を見失いがちなのは、構造主義者・ポスト構造主義者と哲学者の区別である。
     しかし、まぁ、何が「哲学か?」という議論は何千年と議論されてきたし、
     それを全て踏まえるとするのであれば、哲学の意味は限りなく広い。
     けれど哲学は何でも意味していると言って哲学という盾を乱用することの粗暴さが私個人としては好ましくないと思う。
     哲学とは少なくとも科学とは区別された領域で、科学の有用性に支配されずに科学を先駆するものである。
     まぁ、少なくとも科学とは区別して哲学をとらえて欲しいと思う。

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:35:09.36 ID:5d9I2LvO0
(^p^)<私は池沼の存在を拒否する人間を否定はしない。
何故なら人間は動物だからである。
動物故に本能というものがどの人間にも備わっている。
本能は理性という人間の最後の砦をいとも容易く破壊することができる。
故に私は池沼の存在を拒否する人間を否定しない・・・いや、できないのだ。何故なら私たち池沼がどの人間よりも本能で動いているからだ。

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:35:45.05 ID:jP2GGM7/0
(^p^) <差というものは必ずあるものだ実体のあるものは特にだ
     昔の差を埋めようと文字を使った人間
     そして今の差を付けようとするする人間
     共存という意味で捉えると前者の方が優れてるといえるだろう
     少しの差というのは仕方がないのだ、しかし今だした2種類の人間では
     大きく差ができすぎてしまっているのだ異常なほどにね

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:35:48.29 ID:oe1ldDYV0
(^q^) < 信じて送り出したフタナリ彼女が農家のおじさんの変態調教にドハマリしてアヘ顔ピースビデオレターを送ってくるなんて……

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:36:56.99 ID:0AoBx4AZ0
(^p^)「貴方は貴方からうまれ貴方になった。そしてどこにもいかない」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:40:30.08 ID:EB6THtZ5O
(^p^)本能で動く我々池沼は、当然で固められた自由社会を逸脱した存在となる。なぜなら健常者は自由社会内で、自らが作り上げた一種の当然を我々に当てはめようとするからだ。言うまでもなく、そこには障害が生まれ差別が生まれる。

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:42:13.61 ID:Hd1rwqJk0
(^p^)<一は全。全は一。私はお前でありお前は私なのだ。

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:44:02.59 ID:Q3eV1Cr80
(^p^)(…・・・最近よく思うことだが)

(^p^)(位相幾何学というものはあらゆる物体に通用するのではないのか?)

(^p^)(たとえば立方体を正面から観察する。次に俯瞰で観察する)

(^p^)(私の主観では感じることができないが、理論上同一のものを別の方向から観察する)

(^p^)(つまりA→Bに変わるまでの→の時間を入れるとすれば)
(^p^)(位相幾何学に分類されるのではないか……?)
母「たかしちゃんどうしたの? ブロック見て俯いて……」
(^p^)「あうあうあーwwwwwwww」

60 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/06/10(金) 20:44:14.52 ID:cSGcItLr0
(^p^)<我らは常軌を逸した存在であるという事を忘れるな

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:50:03.29 ID:XKykT2//0
(^p^)< 死が悪いものとは限らない

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:51:20.44 ID:gp0Gwqma0
(^p^)<第三者の意見は飽く迄第三者でしかない

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:52:58.77 ID:zroj4Cju0
>>49
男子高生にボコボコにされてろ

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:53:00.93 ID:YnfBM+Ob0
(^p^)<俺は本当の神を恨んだことはない。俺が恨んでいるのは人々が信じる神だ

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 20:54:17.35 ID:I8mGRIxb0
(^p^)たかし「」

66 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 20:58:39.16 ID:Oq8BDz2E0
(^p^) < 現代哲学はニヒリズムからはじまった。その意味をふまえなくてはならない。
     たんに教養主義、進歩史観をとなえるものなど、阿呆である

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:00:41.71 ID:EB6THtZ5O
(^p^)人が他者を理解する事はないだろう。なぜなら、人と言うものは自分自信のことすら理解できない存在だからだ。故に我々池沼は福祉の場においてただの道具にしかならない。

68 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 【Dhonobono1306759071505527】 :2011/06/10(金) 21:04:47.94 ID:EX1rQ9pC0
(^d^b^)

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:06:23.17 ID:EB6THtZ5O
(^p^)健常者が我々池沼の視点に立ち、池沼の為の福祉のありかたを考えることは、群盲が象を撫で、その体躯を考えることと等しい。健常者が健常者である限り、すべからく無意味である。

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:09:59.28 ID:O78Yxl2h0
(^p^)「障害を患ったとき、障害もまた、我を煩うのだ」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:10:25.23 ID:jP2GGM7/0
(^p^)<確かに私はニヒリズムに反する事を記述した
    しかし今は原点から派生してできたものもある

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:10:57.48 ID:v4Ed3FnH0
           (^p^ )
         /   ヽ      Actus semper mihi electionem instat.
        | |   | |       Mihi dolor crudelis est.
        | |   | |        Si hoc, fugiam quocumque ero.
        ||   ||        Sic faciam quae acto hoc fugio.
        し|  i |J         Iter vitae hujus solum possum.
          .|  ||
         | ノ ノ
         .| .| ( 
         / |\.\
         し'  

73 :BJC1992 ◆KOUTA38/cnjt :2011/06/10(金) 21:13:06.04 ID:dfoXcWPX0
(^p^)<ぼきは誰よりも特別な存在だと思ってるよ。センスが逸脱した人間こそ至高。それは天才と同じ事。

74 :名無しに変わりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:15:29.28 ID:l30h6JNv0
(^q^)<罪とはなんだろう もしそれが人道や道理を外れたものと定義するなら
    道理とはなんだろう もしそれが法律や規則・マナーだとするなら
    規則とはなんだろう もしそれが政治家や有権者によって作られるものだと定義するなら
    権利とはなんだろう もしそれが義務を果たせば自由に使えるものなら
    義務とはなんだろう もしそれが人道や道理に従った正しいものだとするならば
    正しいとはなんだろう それは神が決めるのか?それとも人が決めるのか?はたまた神の存在を信じた人間が勝手に決めるのか?
    人それも見たことのない他人が善悪を判断してるなら守る必要はない 人と同じことをする必要はない
    しかし道理に反することはしてはいけない
    だが何度も言うように道理とはなんだ 神が正しいとは限らない
    神の存在を確認できない限り正しい事はなんなのかも確認できない
    しかし神の存在を確認したところで宗教や法律はなくならない なぜなら信じることもまた自由だからだ
    正しいはない そのため罪は存在しなのにもかかわらず平等のために法が作られる
    正しいはない われわれ池沼が生きてることが罪ならば また健全者が生きてることも罪なのだ

75 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:20:17.61 ID:Oq8BDz2E0
(^q^) < 普遍的な正しさや神や徳があると言えないと同様に、普遍的な正しさや神や徳がないと言う事は
      形而上学的思想に基づく。懐疑のための懐疑は停止するべきだ。
      なぜなら懐疑のための懐疑はいかにその論がすぐれたものになろうとも、それはあくまで論のための論になってしまい、
      本来言おうとしていることに、本来の意味が失われてくるからだ。

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:22:34.08 ID:EB6THtZ5O
(^p^)健常者は自らの障害に気付けない哀れな存在である。我々池沼は障害に気付くことすらない哀れな存在である。両者の違いとは実に些細なものだ。

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:22:51.79 ID:jP2GGM7/0
反論できねぇwwwわろたwww

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:25:51.96 ID:18GJX8p20
(^p^)<人間は考える葦である

79 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:26:14.33 ID:Oq8BDz2E0
(^q^) < これは俺の持論だが、邪気眼を身に着けたものだけが邪気のオーラを纏う者の恐ろしさがわかる。
      素人がそのオーラを察知せずに邪気なるオーラに近寄ると思わず危ない!と叫びたくなる。
      同様に我々障害者は選ばれた者なのだよ。我々だけがあの段差の持つ恐怖のオーラを感じ取ることができる。
      素人の健常者はそのオーラに気付くことはない。
      素人とはいい気なもんだな、あの恐怖のオーラの側にいても、それを見抜く力量すらないのだから。

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:26:26.30 ID:uKVhIzVG0
(^p^)ニワトリが先か、タマゴが先か。
   この問題はニワトリというものを明確に定義すれば答えが出るのかもしれない。
   しかし、本当の問題とはこんな議論に意味があるのか、ということだ。

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:26:30.02 ID:9SoqRiA/0
(^b^)<正義の対義語は悪だと
人は言うがそうではない

(^b^)<正義と対になるものは
そのものとは別の価値観、言うなれば別の正義

(^b^)<正義とはそのものが信じている事実の押し付けに過ぎなく

(^b^)<ほかのものにとっては正しい事でないのが常である

(^b^)<そう…悪とはロマンなのだよ

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:27:24.77 ID:QB87k8tSO
かっけぇなwww

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:28:08.63 ID:N1x3103LO
(^p^)<ガイアが俺にもっと輝けと囁いている

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:28:12.87 ID:5vevfI470
           (^p^ )
         /   ヽ       おっぱい
        | |   | |      
        | |   | |        
        ||   ||        
        し|  i |J         
          .|  ||
         | ノ ノ
         .| .| ( 
         / |\.\
         し'   ̄

85 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:28:42.14 ID:2xyj35x50 ?PLT(20000)

  ┌○┐
  │お|
  │ぎ|^p^) < ぱしろへんだすwwwwww
  │ゃ..| //
  └○┘ (⌒)
     し⌒

86 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:29:39.13 ID:qFlcniv20
(^b^)←誰だお前

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:29:45.38 ID:HQ6oDE1a0
(^p^)<単純な二元論に生きるやつにはわかるまい

88 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:29:45.51 ID:Oq8BDz2E0
(^q^) < タマゴかニワトリかを問題にすることが問題なのだよ。

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:30:16.04 ID:PCt9nbe80
(^b^)・・・・

90 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:31:36.54 ID:Oq8BDz2E0
(^q^) < 私は生まれたくて生まれてきたわけではない。

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:31:55.75 ID:jP2GGM7/0
(^p^)<ニヒリズムからの派生
    その新しい分野を作るため私は旅にでる
    

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:32:50.67 ID:Hlko4a5O0
(^q^)<きみたちが笑っている、泣いている、楽しんでいる、この世にそんざいしている。
   それらはただの化学反応でしかないんだよ。

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:33:03.47 ID:I8mGRIxb0
誰か「おいたかしどうした」貼ってくれ

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:34:16.39 ID:OyQnZczA0
           (^p^ )
         /   ヽ   相対性理論ってロマンチックで
        | |   | |   切ないものよね   
        | |   | |        
        ||   ||        
        し|  i |J         
          .|  ||
         | ノ ノ
         .| .| ( 
         / |\.\
         し'   ̄

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:36:45.33 ID:fo6SJo/70
てかなんで身をかがめてかわさないといけないんだろう
人のしない苦労をなんで自分がと思うと悔しくて眠れない

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:36:49.32 ID:nsiZ17sS0
(^p^)「確かに障害者の意思というものは尊重され難い」

母「あら、たかしちゃんどうしたの」

(^p^)「障害者に対する健常者が抱く恐怖心というのは、大きな動物を見たときのものと同種ではないか」

母「たかしちゃん…?」

(^p^)「要するに障害者というものは現象であり、行為である」

母「あなた、たかしちゃんが…」

(^p^)「いわば健常者は原因である。理由にその行為の本質を見出す事がそれを裏付ける」

父「おい、たかしどうした」

(^p^)「対して障害者は結果である。何をしたかが重視され、理由というものに重きを置いてその存在を語られることはあまり無い」

(^p^)「つまり、お前たちは障害者を金のなる樹だと――」

父「黙れ!」

ドゴゥ

(^p^)「…あうあwwwwwwぱしへろんだすwwwwwww」

父「危ないところだった」

母「全くね」

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:37:20.20 ID:oBRjxEmj0
(^p^)<哲学の端緒は、展開を通して貫徹される。
   「自覚的に考える」ところに哲学の<始まり>を捉えるなら、それは、一時的に、仮説的に
   想定された上で、あとになって、その過程を検証して初めて、その<始まり>が正しい
   本当のものだと証明されるようなものではない。

98 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:37:46.69 ID:Oq8BDz2E0
(^q^) < 哲学、いや考えることは、反応することではなく、
     ましてや化学反応などではなく、先駆することだ

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:37:53.18 ID:uKVhIzVG0
(^q^)<生きる意味などない。
    では死んでよいのか?
    否、生きなければならない。
    死なないことに意味があるのだ。

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:39:01.14 ID:jP2GGM7/0
哲学って楽しそうだな学びたくなってきた

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:39:15.73 ID:N1x3103LO
           (^p^ )
         /   ヽ       ガイアが俺に
        | |   | |     もっと輝けと囁いている 
        | |   | |        
        ||   ||        
        し|  i |J         
          .|  ||
         | ノ ノ
         .| .| ( 
         / |\.\
         し'   ̄

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:39:28.04 ID:7MRAhcDO0
たかしちゃんか・・・

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:40:06.49 ID:I8mGRIxb0
>>96
これこれwww

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:40:19.60 ID:+OL9o1M90
(^p^)(透明とは色を指しているのだろうか)

(^p^)(背景を見るまでには無色透明が存在するはずだ)

(^p^)(しかしその背景が影だったらどうだろう)

(^p^)(二次元物質は三次元を通して見ることは出来ない)

(^p^)(つまり透明とは三次元には存在しないのではないか)


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:40:28.38 ID:oBRjxEmj0
(^p^)<「私は私である」という自己確証の知でさえ、自分で直感的に確信できるものではなく、媒体されてこそ知である。

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:40:36.65 ID:Hlko4a5O0
(^p^)<健常者は考える池沼である

107 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:40:57.24 ID:Oq8BDz2E0
(^q^) < 留保することではなく、積極的に生の意味を取り戻していこうする思想の試みは嫌いではない。
      だが問題も大きい。その問題というのは、伝統哲学がつくりだしたヒューマニズムという大きな物語からくる。
      今一度21世紀に君たちに問いてみよう!
      大きな物語は終わったのか?

108 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:42:05.76 ID:Oq8BDz2E0
(^q^) < 自分で言ってて意味わかんね

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:42:35.35 ID:Hlko4a5O0
(^p^)< 人生とは、今日一日のことである。



110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:43:56.81 ID:aMZou49HO
(^q^)<ひとはなんのためにいきているのだろう
そもそもじぶんはいきているのか
そもそもいきているとはなにか
まずいきているのていぎを
こきゅうをしおぎゃwwwwぱしへろんだすwwwwww

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:44:31.42 ID:vJZp57uk0
(^p^)<我々がこの世に生まれた意味はただ一つだけ。
     この世界こそが真の地獄だということの証明それだけだ
     さあ怯えろ泣き叫べ絶望のハーモニーを響かせろ
     アンハッピーバースデーこの狂った世界へようこそ玩具たちよ
     

112 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:46:04.17 ID:Oq8BDz2E0
(^p^)<「私がある」という命題はもはや過ぎ去った。20世紀の思想は主体と客体に覆い隠されている
    存在を見つめる試みがおこなわれ、これは今の主流となるいくつかの思想展開の土台となるものである。

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:47:18.72 ID:iw2+qFZs0
(^p^)<オナ禁というオナニー

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:47:33.73 ID:Hlko4a5O0
(^p^)<一日一日を大切にしなさい。

    毎日のわずかな差が、人生にとって大きな差となって現れるのですから。

115 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 【東電 76.2 %】 :2011/06/10(金) 21:48:01.50 ID:1DFBpAED0
にわかばっかで思ったよりつまんね

116 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:49:57.10 ID:Oq8BDz2E0
(^p^)< 哲学は決して偉い人のありがたい言葉や人生の教訓という意味のみではない。
     だから哲学は面白いのだ。

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:50:17.41 ID:EB6THtZ5O
(^p^)健常者は結論のみを真理としるし、悦に至っている。しかし、それは甚だ愚かなことである。なぜならば考えの仮定こそが真理であるからだ。

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:50:21.59 ID:3BU4RcnW0
(^p^)<哲学とは考える事そのものである。
   人類は誰もが尽きぬ命題に立ち向かう哲学者と言える。

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:51:41.03 ID:jP2GGM7/0
(^p^)<正直いうと厨二っぽいこと考える方が好き

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:51:47.38 ID:eLmYJRv20
(^p^)<どうして目を背ける、後で苦しみとなって返ってくるだけだぞ

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:52:07.21 ID:b36rMMcd0
(^p^)<私は今ここにいると同時に、100年前にあってたばこをふかしている。

122 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:52:16.35 ID:Oq8BDz2E0
(^p^)<教養とは決して覚えた学者の名前や理論をつらつらと並べることではない

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:52:46.52 ID:i3/XsAY70
哲学じゃなくて格言とかが多くね

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:53:23.67 ID:oBRjxEmj0
(^p^)<一面的で否定し合う判断を包括して双方とも否定することによって
   そこにむしろ肯定的で思弁的な認識への理路が拓かれるのだ。

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:53:41.59 ID:jP2GGM7/0
>>115
俺に哲学をおしえれ

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:55:10.72 ID:nQY/9XJkO
(^p^)<我思ふゆえに我在り

127 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:55:52.45 ID:Oq8BDz2E0
(^p^)<否定しあう双方・・・そもそもまずはじめに二つの極端に分けてから
    思想を展開する。伝統哲学の最大の失敗はここにあったのではないのかねヘーゲルくん。

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:56:05.68 ID:vrQ+IkiD0
(^p^)そもそもなぜこの地上に人間
いや・・動物あらゆるものが存在するのか
奇跡的にできたとは考えずらい
他の誰かによって私たちは
動かされているかもしれない・・・・


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:56:26.93 ID:i3/XsAY70
>>125
(^p^)<哲学とは何か それを考えるとき
   君はすでに哲学をしているのだ

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:57:21.46 ID:bttyMPAk0
>>125
厨二の延長線上
そんな時もあるし、そうじゃない時もある

131 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:57:28.84 ID:Oq8BDz2E0
(^p^)<わたしたちみんながてつがくしゃだったのですねせんせい!

132 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 21:58:35.41 ID:Oq8BDz2E0
(^p^)<哲学時点に「厨二」の文字はない

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 21:59:13.57 ID:jP2GGM7/0
>>129
(^q^)<あうあうあ〜wwww(しまった時間ぎれか)

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:00:50.40 ID:Hlko4a5O0
>>115
(^p^)<人間は言うことが無くなると、必ず悪口を言う。

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:01:58.87 ID:jP2GGM7/0
(^q^)<厨二はあくまで表現なんだから哲学とは無縁でおk?
     文字っていうか意味として

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:02:33.08 ID:eLmYJRv20
(^p^)<不快感とは全て憧れの裏返しであるのだろう

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:02:47.55 ID:Y407aeJF0
(^p^)<わたしは考えている、だからわたしは有る。

138 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 22:03:01.09 ID:Oq8BDz2E0
(^p^)<いや実際に哲学辞典に「厨二」って項目はないってだけ

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:03:02.42 ID:EB6THtZ5O
(^p^)>>133ある事象を根本的かつ統合的に考える、それが哲学。または人生経験からの世界観のことをさす、しかし私は後者は嫌いだ。なぜならそれはただの独り言だからである。

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:03:05.94 ID:nwVXNUko0
d(^p^) <GJ!

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:04:08.77 ID:EXgy9RNB0
>>115
(^q^)<「ムカつく」という行為はその対象であり、「キレる」とは健常者そのものである

142 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 22:05:15.03 ID:Oq8BDz2E0
(^p^)<哲学にはいろんな意味がある。人生経験に基づく価値観のようなものに哲学を着せることもあれば、
    ガチガチに論理に固められたものだけにのみ「哲学」を着せようとする人もいる。

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:05:45.55 ID:5tkOlFlzO
(^p^)<POSSESSION(DP CHALLENGE)

(^p^)<BPM185から繰り出される16分ばらまきは、まさに哲学と呼ぶに相応しい

(^p^)<更にその配置は鬼畜を極めたといっても過言ではない

(^p^)<すべての譜面を過去にする…

(^p^)<君の足は、もっと動くはずさ

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:07:54.88 ID:uKVhIzVG0
(^p^)<健常者、それは健常者によって漠然と定義付けられたひとつの分類に過ぎない。
   何を以って健常者とするのか、明確な基準が存在するか?
   健常者の定義した基準は明確とは言えない。完璧な自明、それこそ明確な基準なのだ。

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:08:51.76 ID:mfk29RjyO
(^p^)<私は私という人間の一個体からでしか世界を把握できない
(^p^)<ふとこう思ってしまうことがある・・・私は世界の観察者であり神にも似た存在なのではないか、と
(^p^)<私には他人の意識がもちろんのことながら知るよしもない、だから否定できないのだ、この愚かな思考を
(^p^)<私は一体なぜ私という器にあるのだろうか、その模索は終わるところを知らない

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:08:53.75 ID:ybU+8wsF0
(^p^)「哲学とは絶望である」

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:09:10.61 ID:jP2GGM7/0
>>139
とりあえず先入観は置いておいた方がいいってこと?

148 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 22:10:31.75 ID:Oq8BDz2E0
きみとぼくはひとつだったんだね!>(^p^p^)<やっと世界市民になれた!!

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:11:17.00 ID:jP2GGM7/0
>>145
俺もそれ思ったことあるんだが
やっぱみんなこの事考えるのか?

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:11:25.58 ID:pRUDOLX70
(^p^)< いずれかの宗教に頑迷に固執する態度は、
     知性の自殺行為であるだけでなく、
     徹底した不信心ですらある。
     なぜなら、それは新しい世界観に心を閉ざすことになるからだ。
     詰まるところ、信仰とは、
     開かれた心のことであり、未知のものを信頼することである。

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:11:36.50 ID:KFAhJyj40

(^p^)
(^p^)
(^q^)
(^q^)    互 換 性 と は 何 か
(^b^)
(^b^)
(^d^)
(^d^)

(^p^)(^p^)(^q^)(^q^)(^b^)(^b^)(^d^)(^d^)

   互 換 性 と は 我 々 だ



152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:13:32.15 ID:eLmYJRv20
(^p^)<常識とはそのコミュニティから一歩でも出れば消えてしまうものだ。普遍的な常識などないのだよ。

153 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 22:15:23.97 ID:Oq8BDz2E0
(^p^)<哲学ってなんだろう。そういえば「男の隠れ家」って雑誌で哲学特集がされていたね。
    なんかこういうの見ると死にたくなる

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:16:07.79 ID:pRUDOLX70
(^p^)<私の姿がどこかおかしいのは事実だ
     しかし私を咎めることは神を咎めることだ
     もし私が自分を創りなおすことが出来たならば
     私はあなたを落胆させはしないだろう

     もし私が巨大で塔に触れることが出来たとしても
     あるいは手のひらで海を掴むことが出来たとしても
     私は精神によって測られるべきである
     精神こそが、人間のもの差しなのだから

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:16:24.66 ID:uKVhIzVG0
(^p^)<IEを使うのは情弱ばかりである。
    これも個人的主観に過ぎない一個人の考えである。
    しかし、それが一般人の普遍的な考えであるならそれは常識と言われる。

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:16:44.13 ID:yh3F2qHL0
ksk

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:17:08.52 ID:0YgZc0pm0
(^p^)<決して大きいとは言えなくても、毎日の部活で鍛えられた胸筋に内側から押し上げられ、外側からは抵抗をなくすために開発された競泳水着に圧迫されている胸!
   僕はその美しく火薬のように爆発しそうなエネルギーを蓄えた感じが見たくてついつい覗きに来たんです。

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:17:33.98 ID:AaQDTu+z0
(^p^)<自分という個体が人間だと自分で
     認識することが出来るのは
     周りの人間が自分に対して
     他の人間と同じように接しているからである

159 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 22:17:59.29 ID:Oq8BDz2E0
(^p^)<社会は暴力で支配する。個人と個人が活動する公的領域は社会によって失われてしまった。

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:19:13.76 ID:b36rMMcd0
(^p^)<実在論的意味神話の崩壊は我々の死を意味する。

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:20:13.46 ID:mfk29RjyO
>>149
(^p^)<私の考えに類似した思考を持つ者は実際は多くいる、と私の中の一部はそう踏んでいる
(^p^)<しかし、どうも信憑性が感じられない、否、感じることができないのだ
(^p^)<私は私でしかない、私は他人には絶対になりえないのだ・・・
(^p^)<あぁ、私は他人になりたい、私を否定してくれ

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:20:58.10 ID:piIxaLp70
(^p^)好きなもの?女の子ですかね
(^p^)嫌いなもの?女…ですかね

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:21:05.41 ID:+4UNqR0VO
ぱしへろんだすwwww

164 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 22:21:13.00 ID:Oq8BDz2E0
(^p^)<いしかわりょうみたいになりたい

165 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/06/10(金) 22:21:36.47 ID:QDSHsZXl0
(^p^)<ここに10枚の硬貨がある。例えばこれらを適当に放って全て表になったとしよう
人はそれを奇跡だ何だと騒ぎ立てるだろうが、そこに理由も意味もない
全ては起こり得るただの結果でしかない
我々池沼もまたそのようなイレギュラーによってもたらされた結果だが
彼ら健常者は理由や意味を探し求めるがゆえ盲目であり
その盲目さから来る不安が為に我らを排せずにはいられない

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:22:41.25 ID:jP2GGM7/0
>>169
すげぇわかるそれ
なんか実は夢みたいなもの見てるんじゃないかとか思えてくる

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:22:53.95 ID:3l3VoPtU0
(^p^)「It is true that Handycapped's right is tend to be ignored.」

母「あら、たかしちゃんどうしたの」

(^p^)「The phobia ordinary person feel to Handycapped、is likely to impulse when we see big animal.」

母「たかしちゃん…?」

(^p^)「In a word,Handycapped are phenomenon, as same as act.」

母「あなた、たかしちゃんが…」

(^p^)「So to speak,ordinary person are an act。Reason that is we could see the essence of an act.」

父「おい、たかしどうした」

(^p^)「By the way,Handycapped are fact.People respect us by゙What we did"、dont see us by the reasons.」

(^p^) 「That is to say,ordinaries think us as a profitable tree――」

父「黙れ!」

BANG!!

(^p^)「…あうあwwwwwwぱしへろんだすwwwwwww」

父「危ないところだった」

母「Absolutely」

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:23:22.16 ID:eLmYJRv20
(^p^)<窮屈な成功者は自由な者を憎む。それを認めてしまったら自分の人生を否定することになりかねないからだ

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:24:10.57 ID:pRUDOLX70
(^p^)< そこにたどりつこうとあせってはいけない。
     「そこ」など、どこにもないのだから。
     本当にあるのは「ここ」だけ。
     今という時にとどまれ。
     体験をいつくしめ。
     一瞬一瞬の不思議に集中せよ。
     それは美しい風景の中を旅するようなもの。
     日没ばかり求めていては
     夜明けを見逃す。

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:24:46.70 ID:vnOsEsxKO
>>167
誰か訳してくれ

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:25:53.96 ID:EB6THtZ5O
(^p^)>>147自らある問いかけに対し一つの答えを出す時、先入観によってあらかじめ定めた答えが優先されがちであるが、それは悪いことではない。なぜなら、我々が自分に対する問いかけを作る時自分の中にしか答えはないからだ。
(^q^)しかし、他者の作り出した概念を理解しようとしたとき先入観を持ってはならない。なぜなら他者の概念を理解したと確信した時、それは自分の先入観を以て出した概念一致してしまうからだ。

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:26:25.43 ID:pRUDOLX70
(^p^)< ずっと、ずっと大昔
     人と動物がともにこの世に住んでいたとき
     なりたいと思えば人が動物になれたし
     動物が人にもなれた。
     だから時には人だったり、時には動物だったり、
     互に区別はなかったのだ。
     そしてみんながおなじことばをしゃべっていた。
     その時ことばは、みな魔法のことばで、
     人の頭は、不思議な力をもっていた。
     ぐうぜん口について出たことばが
     不思議な結果をおこすことがあった。
     ことばは急に生命をもちだし
     人が望んだことがほんとにおこった---
     したいことを、ただ口に出して言えばよかった。
     なぜそんなことができたのか
     だれにも説明できなかった。
     世界はただ、そういうふうになっていたのだ。

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:26:47.13 ID:I8mGRIxb0
>>170
>>96だろ?

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:28:21.71 ID:vnOsEsxKO
>>173
ありがと

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:30:04.59 ID:pRUDOLX70
(^p^)<歩いた足跡で

     ひとは

     永遠に知られる

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:30:04.82 ID:jP2GGM7/0
>>171
なるほど
>>172
ちょwwそれ国語でやったぞ

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:32:05.21 ID:LUsb9P+q0
>(^p^)神は存在する、神という言葉が存在するのだから。


178 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 22:33:49.38 ID:Oq8BDz2E0
(^p^)<じゃあつるつるオマンコのぼくの9歳のいもうとも存在するんですねやったね!!

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:34:38.42 ID:CVIoCgXT0
(^p^)<我々が醜く見えるのは人類が障害者が見にくいというイデアを分有しているからにすぎない

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:35:17.72 ID:uKVhIzVG0
>>178
(^p^)<じゃあつるつるオマンコのぼくの9歳のいもうとは存在しない。
   言葉は存在するが論理的に不可能だからだ。

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:37:40.99 ID:9xWRLadZO
(^q^)「あああああ!」

母「どうしたのたかしちゃん」

(q^^)「ああああ!ああああああああああばまああああ!!!」

母「たかしちゃん、どうしたの、うなされたの」

)(^^q「ああああああああああああああああああああ」

母「うんうん、怖い夢見たのね、大丈夫よ大丈夫」

q)^(^「あああああああああああああああああああああああ」

(^q^)「…ああ、悪夢だよ。世界の終焉を垣間見た様な気がする。
 酷いリアリティで頭が痛い」

母「え?」

(^q^)「健常者も障害者も下らないとしか言いようが無い。
小手先の類型化が何を生む?所詮は健常者至上主義に他ならないのさ」

母「たかしちゃん…?」

(^q^)「悪夢…いや、違うな。現実さ」

(^q^)「全部が悪い現実なんだ」

182 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 22:39:21.02 ID:Oq8BDz2E0
(^p^)<つるつるおまんこのぼくの9歳の妹は論理的に不可能であっても言葉においては存在しているんですね!!
    ハーフーハーフー!はぁぁ〜ん!おまんこという文字からその存在の息吹を感じるヨォォォォオオオオ

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:39:21.97 ID:JVRG0gELQ
(^p^)<『常識を持つ人なら誰でも、目の混乱には二通りあり、
そして二つの原因から生じることを知っているだろう。
すなわち明るい所から暗い所に入ったために生じるか、
または暗い所から明るい所へ入ったために生じるかである』

(^p^)<……我々が前者だと一体誰が決めたのだろう

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:40:01.65 ID:pRUDOLX70
>>176 ネイティブ・アメリカン(エスキモー族)の言葉だ

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:41:33.54 ID:BKp8mC7e0
(^p^)「私は思考する。深き思考の海を潜るとき、私はその全てを受け入れる。
   そう、思考こそ我が糧。私が思考し思考が私を支配する。その無限なる
   旅が終わることはなく、すでに”リアル”に私はいない。抜け殻だけがそこに
   残り、愚者達はそれを見て笑う。彼らの中には何もない。それは見ていて
   とても滑稽だ。」


186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:41:37.05 ID:CCCQ0uC00
(^p^)<女の子は誰だってお姫様。白馬に乗った王子様は絶対に現れるよ

187 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 22:42:29.92 ID:Oq8BDz2E0
>>186
おまえのidすごすぎるな

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:42:36.88 ID:JVRG0gELQ
>>183
間違えた正しくは


(^p^)<『常識を持つ人なら誰でも、目の混乱には二通りあり、
そして二つの原因から生じることを知っているだろう。
すなわち明るい所から暗い所に入ったために生じるか、
または暗い所から明るい所へ入ったために生じるかである』

(^p^)<……我々が後者だと一体誰が決めたのだろう



189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:43:12.92 ID:jP2GGM7/0
>>184
国語なのに違うとこの文章載せてたのか

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:44:06.92 ID:pRUDOLX70
(^p^)<恐怖そのものに傷つけられることなどあるものか?
     あなたが恐怖に動かされなければ
     恐怖はあなたを傷つけることはできないのだ。
     みずから恐怖にのみこまれてしまったら
     恐怖があなたの主人になる
    
     あなたが恐怖を支配するか
     恐怖があなたを支配するか
     いずれにしてもどちらかが主人になる。

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:45:05.77 ID:pRUDOLX70
>>189
インディアンもサムライも似たようなもんなんじゃね?

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:45:25.04 ID:EB6THtZ5O
(^p^)>>188明順応と暗順応という言葉があってだな...

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:45:35.14 ID:QDSHsZXl0
(^p^)<ネバーランドは「この世にない世界」の事だ
     理想など人の作り出す虚構以外の何者でもない
     だが・・・現実と虚構の違いとはなんだ?
     私はそれを知るすべを持たない

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:46:12.10 ID:pRUDOLX70
(^p^)<あなたが本来の自分であること。
     宇宙に対して
     あなたにはそうある責任がある。
     自分の本当の姿を思って
     あなたがぞっと身震いするなら、
     身震いすればよい!
     あなたは壊れやしない。
     怖れずにはばたけ、
     自分自身になれ!

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:46:59.13 ID:7gqk41wf0
>>106スキ

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:48:24.78 ID:pRUDOLX70
(^p^)<今日は死ぬのにもってこいの日だ。
     生きているものすべてが、私と呼吸を合わせている。
     すべての声が、わたしの中で合唱している。
     すべての美が、わたしの目の中で休もうとしてやって来た。  
     あらゆる悪い考えは、わたしから立ち去っていった。
     今日は死ぬのにもってこいの日だ。
     わたしの土地は、わたしを静かに取り巻いている。
     わたしの畑は、もう耕されることはない。
     わたしの家は、笑い声に満ちている。
     子どもたちは、うちに帰ってきた。
     そう、今日は死ぬのにもってこいの日だ。   

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:49:13.55 ID:pRUDOLX70
(^p^)<チンコが立ったらごしごしすればよい。その度に貴方は賢者に近づけるから

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:49:38.24 ID:BKp8mC7e0
(^q^)「十分に自分自身を支配する力がなく、
    絶えざる自己支配・自己克服としての道徳を知らない人は、
    無意識のうちに善良で同情的な情動の崇拝者になってしまう。」

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:50:44.95 ID:3QOWdwXfO
(^p^)<非暴力不服従であって、無抵抗逃走ではない。
ヒンドゥー教徒もムスリムも、殺さず自ら死ぬ勇気を培って欲しい。もしその勇気がなければ、せめて殺し殺される術を身につけることだ。卑怯にも危険から逃れてはならない。
逃げる者は精神的なヒンサー(暴力)を振るうのだ。逃げるのは、殺そうとして殺されるだけの勇気がないからだ。
いかに肉体の力が弱くても、逃げるのは恥である。我々は持ち場を守って死ななければならない。これこそが非暴力であり同時に義勇なのだ。いかに弱くともあらん限りの力を振り絞って敵に危害を加え、
その過程で死ぬ――これは義勇であり、非暴力ではない。危険に立ち向かうことが義務であるのに逃げるのは、卑怯である。
危険に直面しないで逃げることは、人と神と自身に対する信頼を否定することだ。このような精神的破綻状態で生きるよりは入水して死んだ方がましだろう。

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:52:27.79 ID:1UDr2bkB0
(^p^)<おぎゃwwwwwぱしろへんだすwwwww(神は死んだ)

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:52:48.32 ID:EnnAJCa90
(^p^)<常識人は自分で自分のことを常識人とはいわない
    常識とは常識とは何かを疑う心のことである

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:53:53.40 ID:2D6jknQb0
(^p^)健常者は我々を憐れんだ目で見ている だが我々からすれば、法と理性で縛られた彼らは見ていて滑稽である 健常者こそいけぬまの奴隷にふさわしい

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:57:01.28 ID:JVRG0gELQ
>>192
(^p^)<『その人の魂がより明るい生活から暗い生活へ入り、
それで暗さに慣れていないゆえに見えていないのか、
あるいは暗闇から白日の下へ戻ったのであまりの明るさに目が眩んでいるのか』

(^p^)<より分かりやすく言い換えるとこういうことだ

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:57:59.21 ID:ErxJcjSe0
    _
   _|_|_
  _( ^p^)__
 イ  ゝイノ | ヽ
 || ヘ      | /|  健常者は我々を憐れんだ目で見ている
 || |    /  | |   だが我々からすれば、法と理性で縛られた彼らは見ていて滑稽である
 |  |   /  |  |  健常者こそいけぬまの奴隷にふさわしい
 |⌒|     |  |
 \|` ヽ   ヽ/
 /|\人/\|
 || || | | | |
 ||/|| | | | |
   || | | | |
   ヽ| | | |.
    ヽ| | |
     | | |
     | く__く
     \  >

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:59:12.83 ID:EB6THtZ5O
(^p^)他者の独り言に、独自の解釈を当て嵌めることは無意味である。というのも、その独り言の中にどれ程の意味が含まれているかすら、発言者すら知らないからだ。
(^p^)つまり、わたしの言いたいことは、今こうして多く独り言が書き込まれているが、それらにはなんら論理的繋がりはなく、自己満足をするために作られた虚実である、といいことだ。

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:59:13.15 ID:I8mGRIxb0
>>196
これ良いな

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:59:32.86 ID:pRUDOLX70
(^p^)<独りぼっち だったり

困りはてて いたり

誰かの 助けが 必要なときは

まぶたを 閉じて

わたしを 思い

わたしの 名前を よびなさい

そうすれば わたしは くる。

見上げる 夏の日の 大空に

わたしの 姿を さがしもとめ

道に響く わたしの 足音に

あなたの 耳を こらしなさい。

石を 持ちあげて みれば

そこに わたしは いる。

HO!

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 22:59:38.16 ID:BKp8mC7e0
(^p^)「健常者」という括りに居る者に、この世の真理は図れない。
   常軌を逸する事こそ真理への入門を果たす近道である

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:00:51.21 ID:uKVhIzVG0
(^p^)<人間以外は、”逃走”こそが”闘争”よりも尊重される。
    今人間は”党争”を行っている。
    愚かとしか言いようがない。

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:01:27.57 ID:pRUDOLX70
(^p^)<いつの日か、人の勇気が失われ、友を捨て、あらゆる絆を断つ日が来るかもしれぬ。

     だが、今日ではない!

     狼の日が来たり、盾は砕け、人の時代は終わりを迎えるかもしれぬ。

     だが、今日ではない!

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:01:56.87 ID:jP2GGM7/0
>>205
それ「哲学好きなやつえおキレさせる一言」に書き込んだら
いいと思う

212 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 23:02:21.15 ID:Oq8BDz2E0
(^p^)<思想史的なことを言いますと「哲学」というのは訳語です。ドイツのフィロゾフィーの訳語であって、
    西周がこれを訳したときは「希哲学」と訳しました。希は「求める」という意味、哲は「知」という意味で「知を求める学問」
    として「希哲学」があったわけです。それがどういうわけか、希がとれて「哲学」と呼ばれるに至るのです。
    これは問題です。これでは「知の学問」になってしまいます。というのもドイツのフィロゾフィーは古代ギリシアの
    フィロソフィアを原語としているのです。フィロは愛する、ソフィアは知という意味です。古代ギリシアにおいては「知を愛すること」
    としてフィロソフィアがあったのです。これはソフィストという知者とは違う立場であるということを言っております。ソフィストとは
    自分が知者であり何かを知った風に語ります。それと区別されたフィロソフィアは無知であることを自明の前提とし、知に向かう姿勢を見せます。
    これはこれで近現代では問題のあることなのですが、まぁとにかくここで言いたいのは、フィロソフィアが言われたころは、「知の学問」ではなく 
    「知を愛し求めること」であったのです。
    現代の思想の展開をみてみると「知を愛し求めること」とは言い切れないことがほとんどです。現代の思想の展開ではあえて「哲学」「フィロゾフィー」
    という冠を持たずに行う場合があります。

213 :わふー ◆wahuu.1qww :2011/06/10(金) 23:02:31.89 ID:qTjF5n6A0
(^p^)<あうあうあー

214 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/06/10(金) 23:02:42.26 ID:kG6pVMAD0
(^p^)もしあなたがこのスレを低俗に感じたならば、(^p^)を隠して
見て欲しい。このスレがまだ低俗な物に見えるだろうか?

あなたの好きな昔のアーティストが、現在にデビューしていたら、そのバンドの
事が好きなんだろうか?

あなたの家族が、もし他人だったら好きになれるだろうか?




215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:04:47.87 ID:jP2GGM7/0
>>214
家族でもきらいな場合がある

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:09:00.99 ID:1gaT+8dT0
(^p^)<オルテガに嘲け笑われニーチェに罵倒されハイデガーに苦笑された
    大衆どもよ、とくと聞け
    お前らは慢心した坊ちゃんにすぎない。何故なら文明という先祖からの
    受け継ぎものをさも自らの功績のように誇り、奢り、ただその体系に
    ただ乗りしているだけではないか
    大衆ども、貴様らの欲望はこの微温的環境によって助長され、甘やかされ
    ただただ動物化してゆくだけではないか
    「力への意志」を思い出せ。自己超克を何故目指さない
    貴様らにもあるではないか、立派な「器官なき身体」が    

217 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 23:11:02.20 ID:Oq8BDz2E0
ドゥルーズって素敵ね

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:12:13.01 ID:1gaT+8dT0
>>217
自殺したけどねっ

219 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 23:15:32.81 ID:Oq8BDz2E0
>>218
飛び降りだっけか
遊牧民はやっぱり長生きしないのかな
おじいちゃんになってからの自殺だったけど

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:17:54.01 ID:pRUDOLX70
(^p^)<この最低の世界を創ったのは、形而上学的な超越力じゃない。
     子供達を虐殺するのは神ではないし、
     その死体を犬に喰わせたのも運命なんかじゃない。
     俺たち人間だ。人間の仕業だ。

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:19:35.53 ID:5SFtsNqQ0
(^p^)<>>218kwsk

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:22:27.74 ID:jP2GGM7/0
(^p^)<一体なぜ人間は食物連鎖の輪から外れてしまったのだろう

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:23:17.86 ID:1gaT+8dT0
>>219
よっぽど闘病生活辛かったんだろうな
遊牧民というより、やっぱり現代的な人間に近いと思う
あんまりノマド的じゃない

>>221
肺病を患い、人工肺で生存していたが、1995年に自宅アパルトマンから投身自殺
うぃきぺでぃあから引用

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:23:41.51 ID:pRUDOLX70
(^p^)<俺たちは実は凄い力を持っているんだが、ソファに座ってビール片手にテレビを見ているだけだ。
     スーパーパワーがあったって、やっぱりソファに座ってビール片手にテレビを見てるだけだろう。
     馬鹿がコスチュームを着たところで、変な格好のおかしな奴が1人増えるだけだ。
     ヒーローってのはスーパーパワーがあるとか、コスチュームを着てるって事じゃない。
     自らの意思でもって世界を良くしようと戦う人々の事を言うんだ

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:25:26.19 ID:pRUDOLX70
(^p^)<俺がお前らと一緒にブチ込まれたんじゃない。
     お前らが俺と一緒に繋がれているんだ

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:25:27.40 ID:jP2GGM7/0
つまりボランティアか

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:25:41.04 ID:EB6THtZ5O
(^p^)調べることの喜びを知らない人は、永遠に知らないままだろう。調べることの喜びとは、新しく自らの手で自らを作り上げる喜びである。他者の手により作り上げられた自らを受け取り満足する者には、きっとこの喜びは分からないだろう。

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:26:08.26 ID:GnPs/fTHO
(^p^)<つまりうんこと言う名がうんこにとって最もうんこらしいんだ

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:26:14.09 ID:pRUDOLX70
(^p^)<俺自身には、悔いはない。妥協を許さず、いい人生を送った・・・喜んで暗黒に足を踏み入れるとしよう

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:28:49.37 ID:pRUDOLX70
(^p^)<岩は偶然ここにあるのではない。
     木は偶然ここに立っているのではない。
     そのすべてを造った者がいる。
     私たちにあらゆることを教えてくれる者が。

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:29:52.82 ID:R4GE19c90
(^p^)<笑いとは地球上で一番苦しんでいる動物が発明したものであるwwwwwwww 

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:30:39.71 ID:1gaT+8dT0
>>231
何故か深い

233 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/10(金) 23:30:49.48 ID:xYiN+oPN0


234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:30:54.19 ID:rnmQY6iLO
なんて高尚なスレなんだ・・・

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:33:06.49 ID:dmKzH6e30
(^p^) < 童貞という字は、おっぱいに似ている。


236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:33:34.74 ID:pRUDOLX70
(^p^)<インディアンであるとは
     血の問題ではなく
     生き方の問題

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:35:05.07 ID:mfk29RjyO
(^p^)<結局のところ、私たちはこの匿名掲示板においても自分を偽り続けなければならない
(^p^)<自分の意思は、尽く先に放たれた他人の意思に「自ら」淘汰させてしまい、己をまた閉ざし、道化となる
(^p^)<恐れることはないはずなのに、私は恐れてしまう
(^p^)<憶測だが、ここにいる大多数の者もそうであろう
(^p^)<ならば、己を晒しだしてしまえばいい
(^p^)<例え一時の本当の自分であろうとも、その私がいたのは、確かなことになるのだ

(^p^)<あうあうあーwww

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:37:03.90 ID:/W3ST+bMO
(^p^)<コレラ患者を苦しみから救いたいなら祈祷もまた良いだろうが、十二時間毎にテトラサイクリンを五百グラム与えるのもまた良い。
統合失調症の患者に精神分析的診断をするのも良いだろうが、1日毎にクロザピンを300グラムから五百グラム与えるほうがずっと効果的だ。

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:37:18.89 ID:f8A4QAj80
(^p^) <分かることの数は分かるが、分からないことの数は分からない

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:38:03.43 ID:hBNJQeV40
ええい!!ルッキーニちゃんはまだか!

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:41:10.98 ID:y6YDVZAb0
(^p^)「ここは さびしい ほこらの ろうごく」

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:45:17.55 ID:uKVhIzVG0
(^p^)<真実は、いつも少数派である。
   だから多数決で決まるのは真実ではない。
   結論である。

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:45:28.03 ID:jP2GGM7/0
このスレになにが起きた

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:47:57.69 ID:dmKzH6e30
(^p^) <私が宰相です。

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:50:06.30 ID:ErxJcjSe0
(^p^)「タイムトラベルは可能か否か、実現にはまず実験によってその可能性の可否の検証が必要である。
   特殊に屈折する光素材を用いれば宇宙誕生をシミュレーションできるのではないか。
   だが私は設備はもちろん研究費、その他人員や時間を持ちあわせてはいないため理論で証明せざるを得ない。
   緑色レーザーを使い、メタマテリアル内でビッグバンに似た現象を想定してみよう。
   レーザーが金原子に当たると自由電子の振動によって擬似的な粒子プラズモンが生成されるはずだ。
   そのプラズモンはレーザーがぶつかった点から放射線状に広がるだろう。
   これはビッグバン後、ある一点からの物質粒子が放射状に広がったという宇宙科学の想定に適合する。
   放射状に広がるプラズモンは外側に移動するにつれて、経路が”ブレて”いくことが考えられる。
   介入がなければシステムは時間の経過とともに無秩序になるという熱力学第二法則、
   いわゆるエントロピー増大に則ることになる。」

母「あなた、たかしちゃんが・・・」

(^p^)「ところがエントロピーの影響によると、プラズモンは経路を一度外れると完成させうるはずの輪を描くことは不可能なのだ。」
   結果として前進する時間の矢を後ろ向きに曲げ、既成事実を元に戻すという概念は成り立たず、」
   つまり宇宙に存在する粒子でさえも時間を逆行することは・・・」

父「黙れ!」

ドゴゥ

(^p^)「…あうあwwwwwwぱしへろんだすwwwwwww」

父「危ないところだった」

母「全くね」

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 23:52:05.53 ID:/rokbzU30
(^p^)(今、私がやっていることは何になるんだろうか
   もし仮に私でない私がここにいて同じ行動をする時、結果は同じになるのだろうか
   多分、この疑問は永遠に謎のまま終わるのだろう)
   「あうあう あうあーwwwもっぺへろしだん」

247 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/06/11(土) 00:08:30.78 ID:LysIfO380
(^p^)「私の爪は私。だが切った爪は私か?」

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 00:12:00.11 ID:bovlBg+50
(^p^)「キノコの山のほうがウマイ」

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 00:13:45.12 ID:QicCnxBj0
(^p^)「たけのこの里こそ至高」

250 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/06/11(土) 00:14:15.08 ID:t7kW+Og90
(^p^)<青雲 それは君が見た光
   僕が見た希望
   青雲 それはふれあいの心
   幸せの青い雲

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 00:16:00.06 ID:5pidn5TA0
(^p^)「ある時はm&m’s、ある時はマーブルチョコ、またある時はわなげチョコ。しかしてその実態は」

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 00:41:25.36 ID:4I4A6uQa0
(^p^) <人間という生き物は別段ageたくもないのにスレッドをageてしまう生き物だ。
     私もまた、人であるという事だろう。


253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:02:39.35 ID:S4MdUV9BP
(^p^)ただの自分の哲学発表会スレだったでござる

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:03:18.40 ID:8corRE7Z0
(^q^)ダイモンの声は止んだ

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:23:12.63 ID:z1FjYknv0
(^q^)<あずにゃんは素晴らしく可愛い、しかしたくあんは不細工すぎる

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 01:28:40.63 ID:8Y64abH+0
(^p^) <

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 02:21:36.58 ID:rhghH5+i0
(^p^) <今、君が見たものは君の脳裏に焼きついた。。。
    ただそれだけの事さ。。

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 02:23:33.25 ID:23ZwBB1RO
(^p^) この目で見えこの手で掴むことのできるものこそ真実

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 02:29:25.01 ID:Ny0NTu9mO
(^p^)<金は命よりも大切だが、金が命よりも優れているというわけではない

(^p^)<……

(^p^)<やっぱ金が一番れす!うひひ!

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 02:30:42.33 ID:zrwzvHUGO
(^p^)「俺が哲学だ」

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 02:30:54.74 ID:bp6GnoXn0
(^p^) <死に至る病とは「絶望」の事であうあうあーwwwwwwww

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 02:47:37.53 ID:cUVf/CGcO
(^p^)<我思わぬ、故に我無し

(^p^)<汝思う、故に我有り

(^p^)<我こそが他意我意である

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 03:28:24.65 ID:rhghH5+i0
(^p^)<昔は若かった・・・。

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 03:45:25.26 ID:82LrRmW00
(^p^)<慈愛という名の奉仕こそ、最も尊い忠誠なのだ

(^p^)<君たちの中に、たとえ一人でも我々ほどに慈愛を勝ち取れる者がいるだろうか?

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:06:56.48 ID:5miso5KgO
(^p^)<あうあうあー

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:19:45.86 ID:vcN490/Z0
(^p^)<そんなだからお前らは童貞なんだよ

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:23:40.23 ID:FDUjQ6kFO
(`Σ´)<赤方転移という現象がある

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/11(土) 05:51:23.36 ID:IOrtcVMoO
(^q^)< 否定したいことを否定せず
肯定したいことも安易には肯定せず
なんと業が深い生き物か、人間とは…
それでもなお我の否定を行うか…やはりリセットが必要だな…

74 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)