5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ほむら「まどかに嫌われてみようかしら」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 15:37:47.07 ID:OUzIuuYL0
ほむら「いっそのこと自分の欲望に忠実になって、まどかに嫌われてみようかしら」

ほむら「どうせひと月経てば、砂時計をひっくり返せばいい」

ほむら「これは別に、ほむ得というわけじゃなく、まどかのためなのよ」

QB「君はあの魔女を見て何も感じないのかい?」

ほむら「お生憎さま、私の戦場はここじゃないのよ」

QB「逃げるのかい? あの魔女はこの星を確実に滅ぼすだろう、逃げ場なんて――」

ほむら「あなたってほんとバカ」

121 :再び離席します もうしわけない:2011/07/07(木) 20:38:32.43 ID:cjjRxu9q0
キリカ「マドカー! マドカー!」

ほむら「……」

 気配がする。
 
ほむら「来たわね、美国織莉子」

織莉子「はじめまして、暁美ほむらさん」

ほむら「……」

キリカ「えへへ、マドカァー!」

織莉子「私のこと、ご存じのようですね?」

ほむら「ええ、よく知っているわ」

織莉子「私も、よく識ることができました、自分自身の敵を」

ほむら「させないわ」

織莉子「あなたは、私に敵うはずがない、その事はよくご存じのはずでは?」

キリカ「マドカー! マドカー! まろかー! えへへへへ!」

 うるせぇ……

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 20:46:15.20 ID:JelBXWw10
これはグロ展開の予感

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 20:50:45.68 ID:o4OSBNZn0
俺にもかけて欲しい

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 20:58:14.76 ID:JelBXWw10
おりこマギカだっけ?
ループした前の世界って設定らしいけど色々無理がありそうだなww

125 :ただいマミさん:2011/07/07(木) 21:03:21.46 ID:cjjRxu9q0
ほむら「杏子、やっておしまいなさい」

織莉子「私の猿真似でしょうか、ふふ」

杏子「あいよ! くらいな、アタシの極限突破! 秘技! アルティマ・アート!」

 マミが考えました。

織莉子「……」

 オリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォ
 オリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォオリコォ

ほむら「……?」

マミ「変化が無い……?」

キリカ「マロカァ……」

杏子「なんだ、ロリまどかが通用しないっていうのか?」

126 :ただいマミさん:2011/07/07(木) 21:07:59.95 ID:cjjRxu9q0
杏子「百人のまどかが通用しないんだったら、アタシは!」

ほむら「なに、私にも……まどかが! 私が! マミが! さやかが!」

マミ「ああ! 周囲が! 佐倉さんの幻覚で!」

織莉子「……キリカァ!!」

キリカ「ま、まど……アハハハ! マドカァ!」

 私たちの周りをたくさんの幼女が飛び回っている。
 まどかの幼女
 さやかの幼女
 杏子の幼女
 マミの幼女
 私の幼女
 キリカの幼女
 織莉子の幼女
 ゆまの幼女
 私が生きてきた世界で見たすべての人間の幼女が!
 幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女
 幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女幼女
 として! 登場した!

ほむら「あ、あ、あ、ああ! まどか、まどかぁー!」

 まど幼女ほむ幼女さや幼女あん幼女マミ幼女キリ幼女おり幼女ゆま幼女!

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:08:46.75 ID:cEzmP92H0
なにこれこわい

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:09:20.77 ID:3fdEMuq00
わけがわからないよ

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:09:37.15 ID:GLOfpeOoP
ある意味天国

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:11:18.03 ID:cjjRxu9q0
 私は幼女の海にいた。
 身の回りのものがすべて幼女だった。
 食べ物も飲み物もすべて幼女だった。
 私は幼女に包まれていた。
 
 ある時私は幼女にこう言った。
 まど幼女!
 すると彼女はこう答えた。
 ほむ幼女!

 私は包まれた。
 やすらぎと
 あたたかさと
 いつくしみに。

 幼女万歳!
 幼女万歳!
 
 コングラッチュエーション!
 コングラッチュエーション!

 幼女!
 幼女!

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:12:02.70 ID:RFVm39jm0
なにこれこわい

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:12:45.06 ID:JelBXWw10
アグネス「わけがわからないヨ」

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:15:52.97 ID:cjjRxu9q0
 ふと気がついたら三日経っていた。
 私はずっとうわごとでまどか、まどかと呼んでいたらしい。
 なんて恥ずかしい。

さやか「杏子、やり過ぎ」

杏子「すみません、もうしません」

織莉子「いいんですよ、もう」

キリカ「……うん」

マミ「ああ、まだ頭痛いわ……」

まどか「大丈夫、ほむらちゃん?」

ほむら「大丈夫よ、至って絶好調だわ」

ゆま「頭痛いの? ゆまが治してあげるよ?」

キリカ「平気、ありがと」

 三日うなされて、気がついたらみんな仲良くなってた。
 幼女を通じてなのか、この世界の意志なのはわからない。
 ただ一つ言えることは。

 杏子が固有魔法を封印した理由がよくわかった。

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:16:54.45 ID:8rZg/aob0
あんこちゃんの能力やばすぎw

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:17:46.46 ID:GLOfpeOoP
>>130
これはヤバすぎw

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:19:01.23 ID:TtDr0IZ9i
>>130
クソワロタwwww

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:19:11.05 ID:jAtCrFpY0
幻覚が強いのは某オサレマンガでも実証されてるからな

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:19:47.90 ID:cEzmP92H0
いい夢見れたかよ

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:20:17.24 ID:TbSL2dSt0
そりゃああんぱぱも魔女って言いたくなるわ

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:21:16.49 ID:cjjRxu9q0
 新たに三人の魔法少女を加えて、私はついにネタばらしをすることにした。
 すみません、魔王云々は嘘です。
 電波系とか嘘です。
 魔王とかいません。
 織莉子さんもキリカさんも普通の人間ですと説明した。

マミ「もももももも、もちろん知っていたわ!」

 一番動揺したのは巴マミだった。
 最後の最後まで私の嘘を信じていたのは彼女だった。
 美樹さやかは志筑仁美に言われてなんとなく気が付いていたらしい。
 仁美ちゃんマジ天使。

織莉子「時間逆行?」

ほむら「その通りよ、まどかやさやかのこと、あなたたちのことを知っていたのはそれが理由よ」

キリカ「へぇー、便利だね」

ゆま「わたしもそんな力があったらどこに戻るかなー?」

キリカ「ゆま、私は、今がいいよ」

織莉子「そうね、キリカ」

まどか「(なんかみんな仲がいいけど、ちょっと前まで殺しあう仲だったんだよね? 忘れそうになるけど)」

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:23:48.07 ID:ypecRcU/0
ゆまはもともと幼女じゃろ?

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:24:29.07 ID:JelBXWw10
そういえばドラクエ風RPGドラマがそろそろ始まるな
どうでもいいけど

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:24:56.16 ID:cjjRxu9q0
織莉子「鹿目さん、でしたね」

まどか「はい?」

織莉子「許して欲しいなどとは申しません、ただ、謝らせてください」

キリカ「ごめんなさい」

まどか「い、いいよ、ほむらちゃんが見た世界ではどうだったか知らないし、ここではもう、わたしの命を狙ったりしないんですよね?」

織莉子「はい、魔法少女でないあなたが魔女として発現することもありませんから」

キリカ「うんうん」

マミ「? 魔女って?」

 シマッタァー! 豆腐メンタル忘れてたー!

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:26:53.54 ID:SpnXAW420
SG取り上げてから話すんだ

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:28:14.53 ID:cjjRxu9q0
織莉子「ああ、巴さんはご存じないんでしたね」

マミ「何か?」

キリカ「魔法少女は自身の願いで魔女にもなれるんだよ」

織莉子「詳しい原理は分からないですが、強い願いによって魔法少女は魔女にもなれるんです」

マミ「魔女は、もともと魔法少女だったということ?」

織莉子「そうです、理由まではわかりませんが」

キリカ「暁美さんは知ってそうだね?」

ほむら「しししししししし、知らないわ!」

マミ「佐倉さん」

杏子「アルティマ……」

ほむら「ごめんなさい、お話しますので、どうか幻覚だけは勘弁してください!」

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:30:02.35 ID:GLOfpeOoP
QBをボコったマミさんなら。。。

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:33:52.90 ID:cjjRxu9q0
織莉子「そんな……ソウルジェムが曇りきると魔女になる……?」

キリカ「強い力を使えば、じゃなかったんだ」

マミ「……」

さやか「マミさん……」

杏子「マジかよ、魔法少女の末路って、みんな、あんなんなのか?」

ほむら「その通りよ」

まどか「ど、ど、どうしよう……みんな暗いよ……」

さやか「でも、あたしたちが何を言ったって、魔法少女じゃないよ……」

ゆま「みんな、元気出して!」

マミ「ゆまちゃん?」

ゆま「死にたくないなら、殺したくないなら、魔女にならなければいいんだよ」

織莉子「ゆまさん、残念だけどグリーフシードには限りがあるのよ?」

ゆま「それだったら、グリーフシードが無くなるまで、生きればいいんだよ」

ゆま「なにも、今あきらめて魔女になることなんて、そんなことないでしょ?」

ゆま「みんなは、いま、死んじゃうの?」

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:34:56.24 ID:FCD/5asZ0
ゆま天使、まじゆま天使

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:35:26.02 ID:AzkWKgKa0
ゆまちゃんいい子や

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:35:54.35 ID:rlklYcan0
なにこれ
最高の状態じゃん

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:37:56.39 ID:cjjRxu9q0
杏子「ゆま……」

キリカ「そうだ、ゆまの言うとおり! それに、人間、いつ死ぬか分かんないし!」

織莉子「ふふ、こんな小さな子に教えられるなんて恥ずかしい限りね」

さやか「そうだよ! あたしだっていつ死んじゃうかわからないし!」

まどか「うんうん、人はいつか死んじゃうし!」

ほむら「……マミ?」

マミ「そうね、でも、とりあえず、私にいい考えがあるのだけれど」

 あのインキュベーターフルボッコにしない?

 何人か、躊躇いを見せたけれど。
 私が無限に増殖することを教えたところ。

 みんな喜んで賛成した。
 

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:39:29.48 ID:cjjRxu9q0
キ「わ」

ュ「け」

ゥ「が」

べ「わ」

え「か」

イ「ら」

ン「な」

キ「い」

ュ「よ」

ベ「わ」

1「け」

タ「が」

1「わ」

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:42:22.58 ID:cjjRxu9q0
 こうして、ワルプルギスの夜が来襲するまであと数時間。
 まどかとの生活もこれで終わりだ。
 あいつを倒せば、私はこの町から出ていく。
 誰もいないところで果てていく……
 つもりだったのだが。

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「何かしら」

まどか「難しいこと考えてるでしょ」

ほむら「……ええ」

まどか「ワルプルギスの夜をどうしようって考えてるの?」

ほむら「いいえ、その後のことよ」

まどか「その後? じゃあ、ワルプルギスは倒せるんだね?」

ほむら「正直負ける気がしないわ」

まどか「あはは、ワルプルギスの夜もかわいそうだね」

ほむら「本当ね」

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:47:29.35 ID:cjjRxu9q0
 私を迷わせているのはあのゆまの言葉。
 まどかのいない土地で、いつの日か朽ち果てていく。 
 それを望んでいたはずなのに。
 ソウルジェムを砕けば死ねる。
 分かっている。
 でも、それは諦めなのではないか。
 いつの日か曇るなんて、遠い未来なんじゃないか。
 死ぬ日まで生きる。
 そんなのは、普通の人間となんら変わらないんじゃないか。
 

 それまで、まどかと生きることができるんじゃないかと。

ほむら「まどか、私はワルプルギスを倒したら、遠くに行こうと思っていたわ」

まどか「どうして?」

ほむら「私はいつか魔女になり、害をなす存在となる、だからその前にソウルジェムを砕いて死ぬ」

まどか「うん」

ほむら「私は何度も、魔女になる魔法少女の末路を見たわ」

まどか「うん」

ほむら「自分もいつかこうなるのだ、そう思ったわ、でもね」

まどか「ゆまちゃんが止めてくれた?」

ほむら「ええ」

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:50:55.19 ID:cjjRxu9q0
まどか「わたしは……ほむらちゃんに近くにいてほしいけど」

ほむら「プロポーズ?」

まどか「杏子ちゃんや織莉子さん、キリカさんやゆまちゃんも、近くにいてほしい」

ほむら「……調子に乗りました、ごめんなさい」

まどか「でもね、やっぱり一番近くにいてほしいのはほむらちゃんだよ」

ほむら「!?」

まどか「私を一生懸命守ろうとして、この一カ月くらいいつも近くにいて、もう、ほむらちゃん無しの生活は考えられない」

ほむら「杏子の幻覚……?」

まどか「杏子ちゃんは近くにいないよ、現実だよ」

ほむら「あ、あ、あ、じゃ、じゃあ、やっぱり、プロポーズ?」

まどか「もう、どうしてそういうことを考えるの!? そんなほむらちゃんは……」

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:53:13.62 ID:P4G5HWfa0
wktk

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:55:34.24 ID:cjjRxu9q0
まどか「大好きだよ!」

ほむら「!!! ええ! 私もよ!」

まどか「じゃあ、わたしは避難所に戻るね、黙って抜け出してきたから怒られるかなあ?」

ほむら「大丈夫、心配ないわ」

まどか「そうなの?」

ほむら「ええ、いざとなれば杏子の幻覚で……」

まどか「わたしの家族を巻き込まないで!?」



 まどかをゆまが連れて行く。
 魔法少女としては一番能力の低い彼女だけど、嵐の中でまどかを守るくらいは問題ない。

 私はこの場に集合している魔法少女たちとアイコンタクトをとる。
 佐倉杏子
 巴マミ
 美国織莉子
 呉キリカ

 このメンバーなら、負けることはない。
 いつかソウルジェムが砕け散るその時まで、
 私は戦い続ける。
 
 完  

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:56:12.85 ID:o4OSBNZn0
乙っちまどまど!

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:57:13.72 ID:6VNrbXJD0
      ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
        ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .ふむ…
        ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'  
         `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l  
         /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'     
      ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /       
     /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /      
 _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_             
"    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |    ___,. -、
     ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |    ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
     \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |    `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
       ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./   ,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
          `ー-二'‐┴┴、__/‐'‐´二ー'".ノ   / _,. く  / ゝ_/ ̄|
               ̄`ー─--─‐''" ̄      / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
                              /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
                              /  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
                             /      /    ゝニ--‐、‐   |
                            /           /‐<_   ヽ  |ヽ

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:58:04.79 ID:GLOfpeOoP
乙!!!


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:58:18.91 ID:jrFiXx440
              .,−'''''~~~ ̄ ̄~~''' - 、
 \      ,へ.人ゝ __,,.--──--.、_/              _,,..-一" ̄
   \  £. CO/ ̄            \       _,,..-" ̄   __,,,...--
      ∫  /         ,、.,、       |,,-¬ ̄   _...-¬ ̄
 乙   イ /    /   ._//ノ \丿    ..|__,,..-¬ ̄     __,.-一
      .人 | / ../-" ̄   ||   | 丿 /  ).  _,,..-─" ̄   ._,,,
 マ    .ゝ∨ / ||        " 丿/ノ--冖 ̄ __,,,,....-─¬ ̄
        ( \∨| "  t−¬,,...-一" ̄ __--¬ ̄
 ミ  ⊂-)\_)` -一二 ̄,,..=¬厂~~ (_,,/")
     .⊂--一'''''""|=|( 干. |=| |_      (/
   /  ( /      ∪.冫 干∪ 人 ` 、    `
 /      )         ノ '`--一`ヽ  冫
                 く..          /
                .  ト─-----イ |
                  ∪       ∪




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:58:22.11 ID:7Qcf+U+P0
乙だな
いい最終回だった

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:59:57.82 ID:cjjRxu9q0
 ぶっちゃけ、織莉子とキリカを書くの初めてなので、手元にある
 おりこ☆マギカを見っ放しで作業していました。

 なんか自分で書きながら、あれ? タイトルと内容があってないんじゃね?
 と、思いましたが。
 まあ、いいや、幼女出せたし。
 と、思っております。

 正直な話、織莉子とキリカってコミックを見たばかりのころはあまり好きではなかったのですが。
 今回、出すに当たって(予定はなかった)もう一度見直したところ、
 一生懸命に努力している姿に心打たれました。
 彼女たちもまた、必死に生きようとしていたからこそ、コミックス版のゆまのセリフが光るのだと思います。

 それでは、またどこかで。
 レスや支援をありがとうございました。
 次は、タイトルと内容が合った作品にしたいですorz

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:01:39.55 ID:6VNrbXJD0
乙っちまどまど

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:02:38.13 ID:jAtCrFpY0
SSスレで長文後書きは止めてくれ……
しかし作品自体はgj 乙

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:03:00.81 ID:GLOfpeOoP
>>163
>>130
はほんとに壊れたかと思ったので、一度医者にかかることをオススメォィ

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:09:28.70 ID:K5FrNRpm0
乙かれー
面白かった

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:11:56.52 ID:JelBXWw10
語らずさればかっこよかったのに(´・ω・` )

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:12:47.38 ID:WaUS2CAM0
おつほむ

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:20:49.71 ID:USfyXQVM0

別に後書きあってもいいじゃん、SSの裏事情がわかって面白いと思うけどな

79 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★