5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

姫「侍、侍はどこじゃ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 16:38:49.52 ID:OxFosQ46O
侍「ここに、何か御用ですか」

姫「……用が無ければ呼んではならぬのか?」ムカッ

侍「できれば」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 16:39:45.31 ID:vthFREQAO
ふむ

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 16:41:52.89 ID:OxFosQ46O
姫「そう連れないことを言うでない……わらわはお前の顔が見たかったのじゃ」

侍「姫」

姫「冗談じゃ、そう真に受けるでない」クフ

侍「……御用が無ければ私はこれで」

姫「そう怒るでない、整った顔が台無しじゃぞ?」ニヤッ

侍「……失礼します」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 16:43:58.68 ID:G48XC2u10
ほう

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 16:45:37.30 ID:OxFosQ46O

姫「そう急くでない、用はあるのじゃ、聞いてくれぬか?」

侍「……なんなりと、私の出来る範囲であれば」

姫「うむ、では申し付ける」

侍「はい」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 16:46:12.37 ID:wsYHnVly0
もうこの手の姫様像はいい。
男が騎士とか武士とか執事って設定ももう、いい。
庭師とか絵描きとか仕立て屋とかとイチャイチャしてほしい。以上。

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 16:46:36.49 ID:hytgDVSa0
はかった喃はかってくれた喃伊良子

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 16:49:56.88 ID:OxFosQ46O

姫「わらわをここから連れ出してくれぬか」

侍「何をお戯れを」

姫「戯れでは無い、ここは暇じゃ飽いた」

侍「なりません」

姫「さっきは聞くと言うたではないか」

侍「私の出来る範囲であれば、と申しました」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 16:55:00.59 ID:OxFosQ46O

姫「お前なら出来るであろう、わらわをここから連れ出すのじゃ」

侍「姫をあまり連れ出すなとお館様から言われていますゆえ」

姫「父上様がなんじゃ、わらわの願いが聞けぬと言うのか」

侍「はい」

姫「うー、お前なんか嫌いじゃ」

侍「それはそれは」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 16:57:20.10 ID:9f4loBtlO
主従関係萌え

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 16:59:24.09 ID:OxFosQ46O

姫「わらわは不幸じゃ、この広い屋敷誰一人として味方はおらぬ……」

侍「そんなことは……」

姫「唯一味方だと思っていた侍すらも、わらわの味方では無かったのじゃ」グスッ

侍「姫」

姫「もうよい……下がれ」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 17:02:24.25 ID:OxFosQ46O

侍「はぁ、わかりました……」

姫「本当か?」

侍「……はい」

姫「それでこそ侍じゃ、わらわの唯一の味方じゃ」

侍「はぁ……今日もですか」

姫「なにか申したか?」

侍「いえ、なにも」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 17:06:47.65 ID:OxFosQ46O

姫「では、はよう用意してまいれ」

侍「今日はどちらに」

姫「今日は山じゃ」

侍「わかりました」

姫「あっ、侍よ」

侍「……なんでしょうか?」

姫「頼りにしておるぞ」クフ

侍「……ありがたき幸せ」ハァ


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 17:17:07.83 ID:OxFosQ46O

侍「姫、お待たせしました」

姫「早かったの」

侍「毎度毎度の事で館の者、皆慣れてますゆえ」

姫「……嫌味か?」

侍「いえ」

姫「ではなんじゃ」ジロッ

侍「館の者、皆姫の味方ですと」

姫「ものはいいようじゃの」

侍「はは」


15 :固定ハンドルネーム ◆OAlbYGERv2 :2011/07/22(金) 17:25:03.71 ID:I8XodgNg0
応援してるよ!頑張って!

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 17:26:37.10 ID:6HOkj5h20
おっさん侍に幼女姫なら支援した

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 17:28:18.18 ID:OxFosQ46O

バシッ

侍「ッ、何を」

姫「褒美じゃ」ニヤッ

侍「……」

姫「礼はどうしたのじゃ?」ニヤニヤ

侍「……参りました」

姫「ふふ。いい心掛けじゃ」

侍「はぁ」

姫「わらわに敵うと思うでないぞ」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 17:30:33.02 ID:OxFosQ46O

侍「滅相もありません」

姫「では、いざ行かん、未開の地へ」

侍「行くのは裏山ですが」

姫「雰囲気じゃ、雰囲気。相変わらず読めぬ奴め」

侍「それは失礼しました、では参りますが舌を噛みませぬように」

姫「誰に申しておる、大丈夫じゃ」

侍「毎回噛まれてますよね」

姫「……黙るのじゃ」ギュー

侍「……はい」

パカラッパカラッパカラッ



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 17:36:24.37 ID:OxFosQ46O


姫「もっと飛ばすのじゃ」バシバシ

侍「は、はい」パシッ

姫「あはははは、よいぞそのちょ……」

ガリッ

侍「姫……大丈夫ですか?」

姫「……ひゃいひょうふ」

侍「また噛んだのですね」

姫「うぅ……」コクッ

侍「馬に乗ってるのに口を空けて笑うからですよ」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 17:48:53.78 ID:OxFosQ46O

姫「ううひゃい」

侍「ほら、舌を出してください」

姫「……」ベッ

侍「今日は、またザックリいってますね」

姫「ひはい」

侍「はいはい、一応薬塗りますから、そのまま」

姫「……」コクッ

侍「……いつも、これくらい静かだといいんですが」ネチョ

姫「……」ガブッ

侍「冗談です、冗談ですから、姫指を離してください」


21 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/07/22(金) 17:54:05.47 ID:GTLmraYT0
支援

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 18:07:53.29 ID:OxFosQ46O

姫「……ふん、
不味い」ペッ

侍「イテテ、次からは砂糖でも塗っておきましょうか?」

姫「ただでさえ甘いお前が砂糖をぬるとは面白い冗談じゃの」

侍「はは、で姫、舌はいかがですか?」

姫「……」

侍「……姫?」

姫「……」チラッ

侍「怒っているんですか?」

姫「怒ってはおらぬ」ニコッ


23 :固定ハンドルネーム ◆OAlbYGERv2 :2011/07/22(金) 18:13:37.77 ID:I8XodgNg0



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 18:14:22.68 ID:OxFosQ46O

侍「これは相当機嫌が悪い……姫、謝りますから機嫌を直して下さい」

姫「怒ってはおらぬと言っておろう」ニコッ

侍「……本当に申し訳ございません、どうか機嫌をお直し下さいませ」

姫「お前は普段のわらわより、こちらの方がいいのじゃろ?」ニコニコ

侍「まぁ……い、いえ、そんなことはございません……あっ、舌は大丈夫なようですね」

姫「このたわけめ、話をそらすでない」グィ

侍「うっ」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 18:18:20.01 ID:oEF4iKcJ0
でも政略結婚に使われるんでしょ?

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 18:19:40.27 ID:OxFosQ46O

姫「まぁ、よい。いつまでもヘソを曲げていてもつまらぬ、特別に許してやろう」

侍「ありがとうございます」

姫「……お前だからじゃぞ」ボソッ

侍「ッ」

姫「あはは、黙りおったわ」

侍「姫」

姫「お前も普段そんだけ静かだと可愛いんじゃがの」ニコッ

侍「……申し訳ございませんでした」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 18:22:18.33 ID:J2DtZRdoO
神奈と柳也か

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 18:32:12.73 ID:OxFosQ46O

姫「うむ、あっ」

侍「どうしました」

姫「ほれ、柿じゃ」

侍「あぁ……あれは渋柿ですよ」

姫「食べてみぬとわからぬ」

侍「食べるのですか?」


29 :固定ハンドルネーム ◆OAlbYGERv2 :2011/07/22(金) 18:36:37.09 ID:I8XodgNg0



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 18:41:28.54 ID:OxFosQ46O

姫「うむ、ほれはよう取ってまいれ」

侍「渋いですよ?」

姫「はよう」

侍「はいはい、ご所望のままに」

姫「木から落ちぬように気を付けるのじゃぞ」

侍「心配してくれるのですか?」ヨッ


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 18:50:32.27 ID:OxFosQ46O

姫「うむ、お前が落ちて万が一でもあれば帰れぬからの」

侍「その時は馬に任せて走らせればお屋敷に着きますよ」ヒョイ

姫「……なら、落ちてよいぞ」

侍「それはご勘弁を」モギッ

姫「おぉ、でかした。はよ持ってまいれ」

侍「ただい……わっ」ズルッ


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 18:55:28.41 ID:OxFosQ46O

姫「侍ッ」

侍「と、まぁ冗談ですけど」ヒラリ

姫「……」

侍「姫、ご所望の渋柿でございます」スッ

姫「……」バクッ

侍「姫?」


33 :固定ハンドルネーム ◆OAlbYGERv2 :2011/07/22(金) 18:59:48.10 ID:I8XodgNg0



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:01:41.16 ID:OxFosQ46O

姫「心配したではないか」ジワッ

侍「えっ」

姫「お前が落ちたと思って心配したと言っておるのじゃ」

侍「姫……申し訳ございません」

姫「もうよい、しかし、この柿は渋いの」ペッ

侍「だから、渋柿と……?」

姫「罰じゃ食え」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:07:09.86 ID:OxFosQ46O

侍「これをですか?」

姫「全部じゃぞ」

侍「えっ」

姫「足りぬと申すのか?なら……」

侍「いえ、十分です、食べさせていただぎます」ガブッジワッ

姫「ふん」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:12:51.74 ID:OxFosQ46O

侍「口の中がイガイガする……水」ゴソゴソ

姫「ほれ」

侍「あっありがとうございます」ゴクゴク

姫「因みに、それで最後じゃからな」

侍「ふぅ……ん?最後といいますと?」

姫「お前が用意した水はそれで最後じゃ」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:12:57.76 ID:gzrAyD+S0
ほう

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:17:20.44 ID:OxFosQ46O

侍「確か三本用意した筈ですが……」

姫「うむ、二本は口や手やら濯いでおったら無くなってしまっての、それが三本目じゃ」

侍「もう少ししか残っていませんが……」

姫「だから、最後だと言っておる」

侍「……わかりました、水を探して来ますので待ってて下さい」

姫「わらわも行く」

侍「危険ですから」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:22:40.01 ID:OxFosQ46O

姫「こんな所に独りで置き去りにされる方が危険じゃ、違わぬか?」

侍「……はぁ、わかりました」

姫「うむ。で、あてはあるのか」

侍「えぇ、少し行けば小川があります」

姫「ほう、詳しいの」

侍「何度も来ておりますから……では、出発します」ヒョイ


40 : 忍法帖【Lv=36,xxxPT】 :2011/07/22(金) 19:24:27.43 ID:Qy2GcuNDO
あん

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:26:12.01 ID:OxFosQ46O

姫「うむ……」

侍「大丈夫です、今度は歩かせますので」

姫「それはつまらぬの」

侍「もう、薬はありませんので」

姫「……」ガブッ



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:34:24.15 ID:Qy2GcuNDO
悪くないんだけどねー
ちょっと最初のつかみが弱いかなぁ

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:34:26.40 ID:OxFosQ46O



チョロチョロ

姫「おぉ、小川の音じゃ」
侍「えぇ、もう少し行けば簡単に降りれる場所がありますので、そこで水を汲みます。ついでにお昼にしましょう」

姫「うむ……あっ蝶々じゃ」

侍「綺麗な蝶々ですね」

姫「馬を止めるのじゃ」

侍「危険ですよ」

姫「良いから早く、逃げてしまうではないか」バタバタ

侍「あぁ、暴れないで下さい、仕方ないですね……崖に気をつけて下さい」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:37:06.44 ID:OxFosQ46O

姫「わかっておる……蝶々〜待て〜」スタッ,タッタッ

侍「ああ言うところは、まだまだ幼いというのに……口だけは……」

姫「なにか〜言ったか〜」

侍「いえーなにもー」

姫「待て〜」

侍「姫、前を見てください」ダッ


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:40:09.93 ID:OxFosQ46O

姫「ほえ?キャッ」ズルッ

侍「危ない」ガシッ

姫「おぉ、すまぬ」

侍「いえ……って、うわぁ」ズルッ

ドーン

姫「……ッ痛」

侍「……」

姫「侍?」

侍「……」

姫「侍?大丈夫か?」

侍「……」

姫「侍、侍。返事をするのじゃ」グスッ


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:42:42.10 ID:Qy2GcuNDO
もう少し認められてもいいと思う

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:44:22.58 ID:Qy2GcuNDO
思うからこそ支援していく

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:45:09.23 ID:XBsI3G4nO
C

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:48:15.43 ID:OxFosQ46O



姫「……」グスッ

侍「う〜ん」

姫「侍!気づいたのか?」ガバッ

侍「あっ姫、どうしたんですか?泥だらけで」

姫「なにも覚えておらぬのか?」

侍「……そういえば、崖から滑り落ちて……姫お怪我は?」

姫「わらわは、足にかすり傷だけじゃ、お前が守ってくれたからの」

侍「そうですか良かった」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:55:14.48 ID:OxFosQ46O

姫「お前はどうなのじゃ」

侍「私ですか?……っ痛」

姫「どこか怪我をしておるのか?」

侍「はい……右腕が落ちた衝撃で怪我をしたみたいです」

姫「大丈夫か?」

侍「まぁ……なんとか、しかし」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 19:58:08.83 ID:Qy2GcuNDO
悪くないんだけどねー
ちょっとつかみが弱いかなぁ

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:00:15.41 ID:YQKoEvg50
なんだコイツ

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:01:32.13 ID:hmm9Yktq0
>>52
触れるなバカ

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:03:51.22 ID:OxFosQ46O

姫「なんじゃ」

侍「今の腕では崖を登れそうにないです」

姫「そうか……」

侍「すいません」

姫「謝るでない……それに、謝るのはわらわの方じゃ。すまぬかった」

侍「いえ」

姫「すまぬ、すまぬ」ウゥ


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:12:24.89 ID:XVp4F2Go0

 ヽ | | | |/
 三 す 三    /\___/\
 三 ま 三  / / ,、 \ :: \
 三 ぬ 三.  | (●), 、(●)、 |    ヽ | | | |/
 /| | | |ヽ . |  | |ノ(、_, )ヽ| | :: |    三 す 三
        |  | |〃-==‐ヽ| | .::::|    三 ま 三
        \ | | `ニニ´. | |::/    三 ぬ 三
        /`ー‐--‐‐―´´\    /| | | |ヽ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:13:36.83 ID:OxFosQ46O

侍「姫……お顔をおあげ下さい。綺麗な顔が台無しです」

姫「うぅ……」グスッ

侍「ほら、こちらへ拭いますから」

姫「……うむ」

侍「失礼します」フキフキ

姫「くふ、くすぐったい」

侍「動いてはいけません、拭えないじゃないですか」

姫「もうよい」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:13:46.91 ID:Obr2frnN0
>>55
おいやめろ

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:18:24.77 ID:OxFosQ46O

侍「わかりました」

姫「お礼にわらわが主の顔を拭ってやろう」

侍「結構です」

姫「そう照れるでない、ほれほれ」

侍「姫……っ痛」

姫「あっすまぬ、怪我をしてたのを忘れておった」

侍「忘れないで下さい……」

姫「大丈夫じゃったか?」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:31:48.04 ID:IAWez1A50


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:32:28.83 ID:OxFosQ46O

侍「大丈夫ですよ。まぁ、念のため固定しときます」

姫「酷いのか?」

侍「念のためですから」

姫「……」

侍「まぁ、馬が独りで戻ると屋敷の者も異変に気づくでしょう、それまでの辛抱です」

姫「うむ……」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:39:42.73 ID:OxFosQ46O

侍「さぁ、お昼にしましょう。幸い荷物はありますから」

姫「そうじゃの……腹が減っては気が滅入るしの」

侍「その通りです。あっ……水を汲んで来なくては」

姫「わらわが汲んで来る」

侍「いえ、そんな、足は大丈夫ですし、私が」

姫「わらわが汲んで来る」

侍「……では、一緒に」

姫「しょうがないの」

侍「はは」

姫「くふ」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:43:23.93 ID:OxFosQ46O

〜小川〜

侍「くぅ、冷たさが身に滲みる」ピチャ

姫「侍、魚がおる」

侍「本当ですね」

姫「旨そうじゃな」

侍「……道具が無いので捕れませんよ」

姫「わかっておる……しかし」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:46:54.44 ID:OxFosQ46O

侍「……火も無いですし」

姫「はぁ〜」

侍「戻りますよ、姫」

姫「もうか?もう少しここに居ぬのか?」

侍「下手に動くと探しに来たものに見つけられませんので」

姫「そうじゃな……魚……」チラッ

侍「屋敷に戻れましたら、捕ってきますから」

姫「本当じゃな?約束じゃぞ」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:47:47.77 ID:cTGitaiQi
支援

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:50:54.42 ID:OxFosQ46O

侍「えぇ、幾らでも」

姫「沢山はいらぬ、二匹で十分じゃ」

侍「二匹ですか」

姫「うむ、わらわとお前の分じゃ……一緒に食べようぞ」

侍「はい、喜んで」

姫「ではさっさと戻るぞ、ほれ、はよう」

侍「はい」



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 20:57:06.74 ID:OxFosQ46O


侍「はぁ〜着いた」

姫「はよう飯を出すのじゃ」

侍「はい……あっ」ゴソゴソ

姫「どうしたのじゃ?」

侍「落ちた時に荷物が潰れたみたいで……この様に」

姫「握り飯が煎餅のようじゃな」クスッ


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 21:00:11.81 ID:064dJhZi0
支援

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 21:09:05.78 ID:OxFosQ46O

侍「そうですね」

姫「量が増えたみたいにみえるの」

侍「確かに……姫どうぞ」

姫「すまぬ……うむ、旨い」

侍「美味しいですね」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 21:14:30.21 ID:OxFosQ46O

姫「しかし……助けはいつ来るのかのう」モグモグ

侍「そうですね、ここはいつも来ないとこですし」

姫「……」

侍「まぁ、明日の朝になれば腕の痛みも引いてくるでしょうから、崖をよじ登りますよ」

姫「無理するでないぞ」

侍「はい……では、そろそろ休みましょうか」


70 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/07/22(金) 21:19:22.76 ID:IK9ECd3X0
支援

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 21:20:09.51 ID:OxFosQ46O

姫「もうか」

侍「体力は温存しとかなければいけません」

姫「うむ、わかった」

侍「はい」

姫「……暇じゃ、なんか面白い話しはないのか」

侍「そうですね……では、昔話でも」

姫「うむ」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 21:22:43.33 ID:OxFosQ46O


侍「〜となりました、めでたしめでたし」

姫「ほうほう」キラキラ

侍「面白かったですか?」

姫「面白かった、特に鬼を倒した所はよかったぞ。スカッとした、ただ少々可哀想でもあるが」

侍「そうですか」

姫「うむ……クシュン」

侍「寒いのですか」

姫「大丈夫じゃ」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 21:27:21.72 ID:dyDk404A0
C

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 21:37:35.14 ID:OxFosQ46O

侍「無理しないで下さい、いつのまにか日も陰ってきてますし、これから夜にかけて気温も下がるでしょう」

姫「……少し寒い」

侍「では、こちらへ身を寄せあえば寒さも和らぐでしょう」

姫「うむ」ゴソゴソ

侍「こんなに手が冷えてるとは……気づかずにすいません」ハァーゴシゴシ

侍「少しは暖まりましたか?」

姫「うむ……」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 21:40:30.69 ID:OxFosQ46O

侍「どうかしましたか?」

姫「お前は暖かいの」

侍「手がですか」

姫「心がじゃ、こんな状況になってもわらわを攻めもせぬ所か気にかけてくれとる」

侍「それは……」

姫「わらわとは正反対じゃ……わらわはどうしてこうなんじゃろ」シュン



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 21:45:26.90 ID:gzrAyD+S0
よいものだ

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 21:46:03.01 ID:OxFosQ46O

侍「そんな、ことはありません」

姫「慰めずともよい」

侍「……姫、こちらを向いてください」

姫「なんじゃ」

侍「……」

ギュー

姫「何をするのじゃ」

侍「姫が冷たいお人だと思うのであれば、いつでも私がこうして暖めて差し上げます」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 21:47:07.70 ID:OxFosQ46O

姫「侍……」

侍「なのでそんなこと言わないで下さい」

姫「……くさいの」

侍「ははは、やっぱり臭かったですか」

姫「うむ、かなりの。それにいつまでわらわを抱いておるのじゃ、息がつまりそうなのじゃが」

侍「すいません」パッ


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 21:49:15.58 ID:OxFosQ46O

姫「それに……お前少し匂うぞ」

侍「それはすいません」

姫「うむ、匂う」クンクン

侍「姫、少し離れて下さい」

姫「嫌じゃ、寒い。それに引き寄せたのはお前じゃろ」ギュー

侍「それはそうですが」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 21:52:21.57 ID:OxFosQ46O

姫「それに臭いとはいっておらぬ、匂うといっておるのじゃ」

侍「しかし……」

姫「わらわは嫌いでないぞ、お前の匂い。父上様と同じ逞しく働き者の匂いじゃ。これ動くでない」クンクン

侍「……はい」

姫「それに甘い匂いもする。かなりな」クンクン

侍「ははは」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 21:55:08.43 ID:OxFosQ46O

姫「わらわはどんな匂いじゃ」

侍「それは……」

姫「ほれ」

侍「では失礼して……」

姫「……」ドキドキ

侍「小さいですね」

姫「……」バキッ

侍「冗談ですよ」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 22:02:29.81 ID:XBsI3G4nO
この侍女の扱いに慣れてるな
外じゃかなりモテて女遊びしてんだろな
城勤めで姫のお気に入りとかステータスもかなりいいし

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 22:03:01.12 ID:OxFosQ46O

姫「……」ジロッ

侍「とてもいい匂いがします。香の匂いですか?それに、少し泥と草の匂いが……」

姫「お前に期待したわらわがたわけじゃった」ハァー

侍「……それに、微かに涙の匂いがします。私なんかの為に泣いてくださったのですね、お優しい方です」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 22:04:18.14 ID:OxFosQ46O

姫「……ズルいの」

侍「そうですか?」

姫「うむ、ズルい。いや、卑怯というべきかの」

侍「まぁ、その辺は年の功と言うことで」

姫「まぁ、よい。わらわは優しいからな負けといてやろう」

侍「ありがとうございます」

姫「うむ」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 22:05:34.93 ID:OxFosQ46O


「姫ー」

「姫様ー」

侍「姫、どうやら助けが来たようです」

姫「うむ。ここじゃー」

「姫様が見つかったぞー、誰が縄を持ってこーい」

侍「助かった」

姫「うむ、そうじゃ侍」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 22:08:21.30 ID:OxFosQ46O

侍「はい?」

姫「魚、忘れるでないぞ」

侍「もちろんです。二匹……ですよね」

姫「うむ。二匹じゃ……まぁ、少し増えてもよいがの」

侍「わかりました」

姫「楽しみにしておるぞ」ニッ


おわり

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 22:09:01.68 ID:OxFosQ46O
とりあえず考えたのは以上です

あざーした

88 :固定ハンドルネーム ◆OAlbYGERv2 :2011/07/22(金) 22:09:59.99 ID:I8XodgNg0
おつかれさま

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 22:10:07.49 ID:cPPDwTny0
まだやれるだろ?

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 22:10:37.62 ID:kbEG3FKSP
侍なの?
侍女なの?

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 22:15:36.61 ID:XBsI3G4nO
続きお願いします

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 22:16:31.32 ID:gzrAyD+S0


この後咎めを受けるであろう侍をかばう姫マダー?

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 22:20:31.59 ID:Forsc6r+0
大層乙であった

続きはいつから?

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 22:22:37.58 ID:vdGtzKxw0
まだ読みたいけど乙した

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 22:24:10.18 ID:dyDk404A0
実に面白かった。
続き欲しいです。

96 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/07/22(金) 22:31:37.23 ID:IK9ECd3X0
続きあればほしいけど、乙でした。
楽しかったよー

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 22:32:57.58 ID:Cw6aPmBE0
シンケンジャーの赤二人しか見えない

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★