5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ほむら「ついカッとなって一巡目の世界にループしちまった・・・」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 15:58:50.57 ID:m+9bo6nX0
ほむら「鹿目まどかとは契約をさせない」

QB「鹿目まどか?あぁ、彼女もそれなりに素質を持った少女だね」

ほむら「・・・え?」

QB「ん、どうしたんだい?それよりも、僕は君と契約した覚えがないのに
何故君は魔法少女に・・・?」

ほむら「どういうことよ」

QB「それはこっちの台詞だよ」

ほむら「・・・」ヒュン

QB「あれ、消えてしまった・・・まぁいっか。僕は契約を必要としている子を探しに行かないと」

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:03:35.59 ID:m+9bo6nX0
まどか「楽しかったね」

ほむら「そうね」

まどか「明日がワルプルギスの夜との戦いだなんて嘘みたい」

ほむら「そうね。でも、嘘じゃないわ・・・」

まどか「・・・ねぇ、ほむらちゃん」

ほむら「・・・何、まどか」

まどか「手、握ってもいい?」

ほむら「・・・」

ギュッ

まどか「ありがとう」

ほむら「・・・怖いの?」

まどか「怖いよ。すっごく怖い。・・・どうして、ワルプルギスの夜なんてあるんだろう。魔女なんて居るんだろう。
わたしたち魔法少女なんて、あるんだろうね」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:04:02.97 ID:m+9bo6nX0
ほむら「・・・そうね」

まどか「神様は、なんとも思っていないのかな?魔女になる魔法少女を見ても、何も感じないのかな?」

ほむら「・・・家畜に神は、居ないのよ」

まどか「・・・ほむらちゃん、冷たい・・・」

ほむら「そう・・・きっともう、人間じゃなくなって、長いからでしょうね・・・」

まどか「でも、わたしはその方が良いかも」

ほむら「え?」

まどか「だって、ほむらちゃんの心が冷たいと、こうして手が温かいから」

まどか「手を繋いでいたら、安心して、眠れそうなんだ」

ほむら「・・・まどか」

まどか「ウェヒヒwwwそれじゃぁおやすみ、ほむらちゃん。明日は、絶対に勝とうね」

ほむら「えぇ、絶対に」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:04:54.79 ID:gqj3oJxs0
家畜に神はいないッ!!

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:06:21.37 ID:m+9bo6nX0
ほむら「・・・来る」

杏子「いよいよか」

マミ「えぇ・・・」

まどか「勝とうね、絶対に」

ほ・マ・杏「「「えぇ(おう)!!」」











ワルプルギスの夜「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:08:14.88 ID:x3zYuxhw0
ほむほむ

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:12:22.85 ID:/SVwPqzF0
そういえばまどかのFFTなSSは結局どうなったんだ

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:13:10.60 ID:W53OmjDD0
>>116
まどか
アルテマ
大団円

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:15:18.34 ID:lD/NK1c50
カウントダウンに3が付いてるとは

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:22:56.22 ID:im0+y2zM0
おもしろい

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:23:42.25 ID:m+9bo6nX0
ほむら「先ずは手順どおり、此処からの総攻撃で奴の外殻を疲弊させる。杏子、結界を」

杏子「おうよ!」

ほむら「マミ、まどか、遠慮はいらないわ、好きに撃ちなさい」

マミ「オーケー!」

まどか「うん!」

ほむら「私も・・・」

 マミの機関銃、まどかの三矢、ほむらの迫撃砲、各々がワルプルギスの夜へと総攻撃をする。ワルプルギスの夜は、杏子の作った檻の中でそれを一身に受け続ける。
やがて、ワルプルギスは哄笑を上げながら、杏子の檻を破った。

杏子「くっ、すまえねぇ!」

ほむら「構わないわ・・・攻撃、止め。しばらく休んでいて・・・奴がデッドゾーンに入り次第、私が総攻撃繰り出すから」

 ほむらは事前に備えていたタンクローリーに跳び乗ると、それを操作し、欄干へと向かう。
タンクローリーをワルプルギスの夜に突撃させ、川に飛び込むと、沈ませていたクラスター機体を浮かばせ、ワルプルギスの夜へと
一斉発射させた。

 しかし尚もワルプルギスの夜は健在だ。鉄塔を起爆させ、ワルプルギスの夜に倒しても、傷一つ付いていないように、哄笑を上げ続ける。

ほむら「くっ・・・!三人とも、お願い!!」

まどか「うん!」
マミ「えぇ!」
杏子「おうっ!」

121 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/09/13(火) 20:25:32.48 ID:kjCjR8AH0
支援!!支援!!!

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:27:55.07 ID:m+9bo6nX0
マミ「ティロ・フィナーレ!!」
まどか「えいっ!!」

マミの大砲、まどかの弦を限界まで搾った一矢がワルプルギスの夜へと発射される。
しかしそれらが到達しても、ワルプルギスの夜にはまるで利いていない。

杏子「そうやって笑ってられるのも――今の内だぜ!!」

 巨大化した杏子の槍が身を解き、空中を縦横無尽駆け巡り、ワルプルギスの夜を捕らえる。

杏子「マミ、まどか、もう一度だ!!」

 今度はほむらも迫撃砲を構え、ワルプルギスの夜へと発射した。

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:28:46.67 ID:euJK3G2n0
何度でも支援してみせる

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:34:54.45 ID:W53OmjDD0
オクタヴィア「貴様らには支援が似合いだ」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:36:25.81 ID:m+9bo6nX0
 だが、それらはワルプルギスの夜の一撃に呑まれてしまう。

ワルプルギスの夜「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハ」

 哂うワルプルギスの夜を囲むように、八筋の黒炎が放たれた。

まどか「え?」
マミ「え?」

 二人の射撃を辿り、黒炎は、宙を這って、食らい付く。

 だが、黒炎が二人に届く事はなかった。

杏子「ロッソ・ファンタズマ!!」

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:41:19.18 ID:m+9bo6nX0
 杏子の作り出したマミとまどかの幻影によって、黒炎は行き場を迷い、やがて無能に川へと落ちる。

杏子「駄目元だったが利くんだな・・・ほら、あんたらもちんたらしてんなよ、死ぬぞ!!」

 杏子が分身する、かのように見える。ビルをの頂上を伝って、ワルプルギスの夜へと、持ち前の戦闘スキルを
使って、突撃する。

ほむら「杏子、槍を!」

 杏子は躊躇い無くほむらへと槍を渡し、ほむらの分身を幾つか作った。

杏子「ぐっ・・・これはちょっと・・・きっついかな・・・」

ほむら「無理はしないで!!」

マミ「――貴方達、離れなさい!!」

まどか「いっくよー!!」

マ・ま「「ティロ・フィナーレ!!」」

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:41:19.36 ID:W53OmjDD0
ほむ

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:44:31.16 ID:gpI5NfQK0
フルパワーあんこちゃんは優秀だなあ

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:45:18.67 ID:ddDIEoMp0
ま、まどかのティロフィナーレだと・・・・

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:45:31.58 ID:m+9bo6nX0
 マミとまどかの一撃が混ざり合い、ワルプルギスの夜へと到達する。間近でそれを見ていた二人は、その一撃が、ワルプルギスの外殻に皹を生じさせたのを見止めた。

杏子「ほむら、槍を投げろ!!」

ほむら「言われなくても!!」

 互いの槍が、皹へと投じられる――


 パリンッ


ワルプルギスの夜「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ」

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:49:53.08 ID:MvFgKYaOO
なんかもう一人いたような気もするけど
原作名はマギカカルテットなんだから四人で何の問題も無いな

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:53:26.76 ID:W53OmjDD0
ほむ

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:54:04.79 ID:/i96NpTbO
あの子は魔法少女に成らないなら成らない方が幸せだから良いのです

134 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/09/13(火) 20:54:10.16 ID:dKVEBpxgI
マドカァーって言う人は?

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:55:10.23 ID:xbMaWsWn0
クラスで魔女化したやつがさやかだろ

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:56:49.97 ID:m+9bo6nX0
 まどかが次に目を開いたとき、真っ先に見たのは黒髪の少女だった。そして右には紅の少女、そして左には金色の少女。
何が起きたのか、一体自分に何が起こっているのか解からない・・・しかし、すぐに景色があからかとなる。金色の少女が膝を着き、
紅の少女が膝を着くと、最後に黒髪の少女が倒れた・・・その奥で、正位置のワルプルギスの夜が回っていた。

まどか「マミさん!」

まどか「杏子ちゃん!」

まどか「ほむらちゃん!!」

マミ「はぁ・・・はぁ・・・大丈夫よ、鹿目さん・・・」

杏子「心配すんな・・・ちょっと、疲れただけだ・・・大丈夫だよ、にしても、こりゃやばいな・・・」

マミ「そうね・・・地表が、ワルプルギスの夜に向かって剥がれていく・・・とてもじゃないけれど、あまり長くは掛けられそうにないわね」

マミ「いっその事・・・わたしが魔女になって結界にでも閉じ込めてやろうかしら?」

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:57:22.04 ID:m+9bo6nX0
まどか「!?マミさん!?」

杏子「マミ・・・お前・・・!」

マミ「不意に思い出したのよ、そんなこと。でも、今はどうだって良い・・・それよりも、あいつをどうにかしてやらないと気が済まないわ・・・
よくもわたしの大事な後輩達を・・・こんなにも・・・!」

まどか「・・・マミさんが、魔女になる必要なんて、ありません」

マミ「・・・え?」

杏子「・・・まどか?お前、一体何を言って・・・!」

まどか「わたしが、魔女になりますから」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:58:20.45 ID:ddDIEoMp0
>>135
そんな…あんまりだよ。こんなのってないよ

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:59:19.01 ID:/i96NpTbO
まどかが魔女ったら…

140 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/09/13(火) 20:59:47.56 ID:kjCjR8AH0
>>137
らめぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:02:09.22 ID:CzcN6n4G0
おいおい、さやかは最後に来るもんだろ?
      ヒーロー   

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:03:58.93 ID:m+9bo6nX0
マミ「鹿目さん、貴方!」

まどか「ずっと考えていたんです。どうしたら良いのかって。本当に、マミさんが言ったように皆死んだ方が良いのかなって。
でも、それはちょっと怖いから・・・それでもわたしは、正義の味方で居たいなって、思ってたんです。
確かに魔女は悪い奴で、いちゃいけないと思います・・・だけど、大好きな人たちを救うために、自分よりも強い魔女に立ち向かう魔女っていうのも
カッコ良いんじゃないかって、ウェヒヒ」

マミ「馬鹿言わないで――ほら、さっさとグリーフシードを使いなさい!!」

まどか「ごめんなさい、マミさん・・・わたしのグリーフシードを使うのは、この人に・・・」

ほむら「」シュゥゥゥン

まどか「ごめんね、ほむらちゃん・・・盾、壊れちゃったね。わたしの所為だよね、わたしが弱かったからだよね・・・ごめんね・・・ごめんね・・・」

杏子「ふざけんな・・・てめぇ、そんな祈りで誰かを救えると思ってるのか!?あたしも、マミも!何よりこいつが!!
一番救われねーじゃねーか!!」

まどか「ごめんね・・・杏子ちゃん・・・でも、これ以上皆が傷付く方が、わたしは嫌なんだ、だから、ごめん。
わたし、魔女になる」

まどか「不束な後輩でごめんなさい。こんなこというのなんですけど、魔女になったわたしの後始末、お願いします――」パリンッ

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:06:01.38 ID:O4YjH1NE0
後始末てあんた
どう対処するんだよ

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:06:49.58 ID:aG1ottY70
こんなのあんまりだよ

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:07:45.15 ID:CzcN6n4G0
最初のループだから因果律がまどかに集まってないんじゃないの

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:08:35.83 ID:m+9bo6nX0
シュゥゥンン

ほむら「勝手なこと・・・しようとしてんじゃないわよ・・・」

まどか「ほむら・・・ちゃん・・・?」

ほむら「貴方達も、いつまでお座りしているつもり?これ使って、さっさと準備しなさい」

まどか「ほむらちゃん――でも――!!」パシンッ

ほむら「・・・良いから、貴方は弓を構えて・・・杏子、マミ――1度きりで良い。
あいつを止めて。その間に、特大の一発をお見舞いしてやるわ・・・」

マミ「――えぇ!!」

杏子「しゃぁねぇな!!」

まどか「ほむらちゃん・・・」

ほむら「貴方の所為で、もう二度と時間停止も時間遡行も出来ないの・・・だから、その責任を取りなさい」

ほむら「私を貴方と一緒に、戦わせて」

まどか「・・・」

まどか「・・・うん・・・ごめんね・・・ごめんね・・・」

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:10:13.29 ID:ddDIEoMp0
ほむほむきたー!!!!

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:10:35.47 ID:kjCjR8AH0
まどまど魔女化したらワルプルより強いから結界出来ないんじゃね?

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:11:08.78 ID:XayYfqYR0
>>131
それ、製作陣のチーム名じゃね?

150 :ほむほむ:2011/09/13(火) 21:13:13.18 ID:lXRkBPVq0
ほむーーーーーーーーー!! ほむほむほむほむほむ!!!

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:15:47.17 ID:m+9bo6nX0
 まどかが手に持った弓を、手を重ねて、ほむらが後ろから握る。右手を合わせ、矢を引く。強く、限界よりも強く。
やがて桃色の矢は、暗紫を纏っていく。まどかはこんなときに、ほむらの手が、温かいと思った。かじかんだ自分ひとりだったら、
こんなに強く引けない。

 ほむらはただ、まどかの手を強く握った。この手を決して離さない。二度と、必ず。
あのとき差し伸べられた手は、こんなにも小さくて、震えている。だからこそ、強く握り締めた。


 紅と、金色の光がワルプルギスの夜へと伸びていく。暴風の中に紛れたそれの中で裂かれながらも、
幾度と無く帯となって、ワルプルギスの夜を捕らえた。

杏・マ「「今だ!!」」

 二人の呼びかけに、ほむらとまどかは叫ぶ。強く、二人なら出来ると信じて。


ほ・ま「「ティロ・フィナーレ!!」」

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:17:02.65 ID:x3zYuxhw0
ほむっほむっ

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:17:03.25 ID:gqj3oJxs0
MagiaのCDのアレか

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:20:03.94 ID:m+9bo6nX0
これで終わります
後十分でバイト行かなきゃならなくてちょっと駆け脚になってしまった、申し訳無い
なんとなく、Agedum!Puella Magical!という同人CDの茶太さんが歌うほむソングを聞きながら書いてました
それと、最後にはネタバレという憶測が飛び込んだMAGIAのカバーデザインを使ってみました。
後日談はやりたい人やって良いよ

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:21:26.48 ID:2wocYpTF0


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:22:02.43 ID:W53OmjDD0
乙乙

面白かった

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:22:14.38 ID:CzcN6n4G0
お前らの目の前のハコはただの箱か
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2018112.png

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:25:09.05 ID:x3zYuxhw0
乙乙乙

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:28:25.63 ID:AFEyP+4q0
乙ホムラチャン!

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:35:14.32 ID:kjCjR8AH0
乙ほむ!!

62 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)