5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

安価で1レス敬老の日特別企画!

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 12:28:28.73 ID:oQZ/kvei0
マミ「昨日の1レスSS選手権!参加者の皆さま、お疲れ様でした」

まどか「今日は安価で1レス、敬老の日企画が始まります」

杏子「と言っても、ぶっちゃけお盆リレーの続編だけどな」

ほむら「投げっぱなしだったから、今度こそうまくいくといいわね」

仁美「基本的な進行方法は1レスSS選手権と同じだから、テンプレとwikiを参考にしてくれると良いわ」

http://www45.atwiki.jp/ma1ss/


これまでのあらすじ

第1回
http://www45.atwiki.jp/ma1ss/pages/294.html
第2回
http://www45.atwiki.jp/ma1ss/pages/297.html

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 12:30:59.77 ID:oQZ/kvei0
QB「いつもと違う所はテーマを安価で募集しないところだ。」

杏子「海の日と同じリレー形式だな。」

QB「その代わり投票で1位になった作品の続きを次に書いてもらう。」

まどか「なるほど。そうやってスレを通して1位をとった作品でストーリーができあがっていくわけだね。」

QB「そうだよ。」

杏子「確かに、どんな作品ができあがるか楽しみだな!」

ほむら「さしあたって同票の場合はレス番号の早い方を優先させていきましょう。」

QB「『敬老の日』をテーマに書くもよし。『『お盆』をテーマに書くもよし。イントロは大事だから13時45分まで募集するよ!」

マミ「“投票”は一回までだけど“投稿”は何回でも構わないわ。」

ほむら「なお、投稿者が自分の作品に投票することはできないわ。」

杏子「それじゃあ特別企画スタート!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 12:32:53.66 ID:oQZ/kvei0
〜ルール説明〜
QB「このスレは安価でテーマを決めて、テーマに則したSSを1レスで書いてもらうスレだよ」
QB「締め切り後皆で自分の気に入ったネタに投票し、得票数で順位を決定するんだ。投票はSSを書いていない人も誰でも可能だよ」
QB「一位の人が次の進行役を引き継ぐのさ」
QB「得票数が同じ場合は、先に書かれたSSの作者が優先だね」
QB「進行はSS形式で進めるのが慣例だけど、強制はしないよ」
QB「進行をやれない・やりたくない場合は拒否も可能だから、携帯から等で進行役が難しい人でも気軽に参加してよ!」
QB「ちなみにその場合は繰り下がりで次の順位の人に進行役をやって貰うよ」
QB「もし進行役をやってくれる人が行方不明になった場合は……誰かが代わりに書いてくれると助かるよ」
QB「あと、SSは書きたいけど進行はちょっと…って人は名前欄に@を入れておいてくれると分かりやすくて良いよ」

避難所
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1311933803/

集計に便利なツール
ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1311933803/620


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 12:35:49.57 ID:oQZ/kvei0
〜これまでのあらすじ〜

マミ「事の発端は、仁美の別荘へお泊り会をしようってところね。 レギュラー陣と、詢子さんで。

 でも、その中に美樹さんはいなかった。 暁美さんの策略によって」

仁美「そして、私たちを追う形でさやかさんは高速を自転車で駆け抜けた」

マミ「その道中、今この仁美別荘地下に居る"お盆の魔女"が封印してあった祠を壊してしまった。

 お盆の魔女は幽霊を使役する魔女。 そして魔法少女だった」

仁美「そのお盆の魔女に導かれるまま、さやかさんがたどり着いたうちの地下洞窟の奥にあったのが」

マミ「"魔法少女の魔女"、渇望の魔女のGSね。 そしてこの渇望の魔女と、お盆の魔女は魔法少女時代の友人。

 そしてライバルだった。 渇望の魔女はお盆の魔女を手に入れたい。 お盆の魔女は渇望の魔女に安らぎを与えたい。

 この2つの思いが錯綜した結果、渇望の魔女が孵化、そして美樹さんが憑依合体されて、

 お盆の魔女と美樹さやかIN渇望の魔女が始まりそうなところで」

仁美「別荘では、異変に気づいた暁美さんと、佐倉さんが百合百合しながらも、地下へ移動しようとしていた。

 と、その時、ボッチ・空気化していたまどかさんに、お盆の魔女の友人と名乗る幽霊が憑依して……?」

マミ「……とまぁ、ぶっちゃけコピペなんですけれどね。」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 12:44:46.34 ID:oQZ/kvei0
マミ「途中、美樹さんが謎の家にたどり着いたり、たぬぽんを轢きかけたり」

仁美「私がすべての黒幕だったり、SM専用部屋があったり……」

マミ「肝だめしの計画があったり」

仁美「海の日でのオリ魔女、ルカリアとテレジアがSkypeで登場したり」

マミ「私が謎の白い液体をのんで仁美さんを性的な意味で襲ったりしたけれど」

仁美「その辺りは主軸とは、今のところ関係ないので、もし見たいならまとめ参照ですわ」

マミ「そして、酔って意識の落ちた私と、一緒に寝ている」

仁美「マミ様に純血を奪われた私が、夢の世界でフォーエバーですわ!」

マミ「ちなみに、各魔女の詳細だけれど」

仁美「お盆の魔女。 とある祠に封印されていた幽霊を従える魔女。 生前も幽霊を使役して戦っていた。

 現在の目的は、魔法少女の魔女を倒す、浄化すること」

マミ「魔法少女の魔女。 その性質は渇望。 美樹さんにオーバーソウルしている。

 魔法少女時代から奇跡に奇跡を願い、永遠に欲求を満たし続けていた魔法少女。

 魔女になってもその性質は変わらず、ただ欲しい物を手に入れるために行動している。

 今欲しいのはお盆の魔女。 魔法少女時代から手に入れたかったらしい。 ヤンデレ系」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 13:01:22.88 ID:aO5htN5d0

一応保守

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 13:01:41.19 ID:oQZ/kvei0
マミ「…なかなか投稿がこないわね…」

仁美「まぁ、時間帯が時間帯ですもの。昼食でも食べているのでしょう。」

マミ「ちなみに保守です。」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 13:08:16.27 ID:MwyJnJxB0
投稿も何も、>>1があらすじで止まってて
進行SS部分がなく、何時までって指定も無しじゃ書き様がないだろ!

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 13:09:02.61 ID:aa+JkCZk0
201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage 2011/08/17(水) 00:45:21.83 ID:H1Z0snRa0 [2/6]
仁美「そうですか。 こんな山の奥で迷子に……。 さぞ辛かったでしょう……」

おぼまじょ「いえ。 お気遣いなく」

仁美「あら、服の裾に泥が。 あら、こちらにも。 あらあら」

おぼま「あの、気になさらなくて結構ですので……」

仁美「そうは行きませんわ! だって、こんな美しい方なんですもの!

 さぁ、お風呂に参りましょう! みなさんもですよ!」

ほむら「仁美の変なスイッチが入ったわね」

杏子「昨日の夜出番なかったから張り切ってるんだろ」

おぼま「お、お風呂は……、ちぇ、ちぇんじ!」

仁美「!?」

おぼまじょ「あ、いえ、ちょっと取り乱しただけです。 お風呂行きましょ……う……」

まどか「ほむらちゃんもいくよねー?」

マミ「私は遠慮しておくわ……痛そうだし……」

仁美「巴さん! なんでそんな傷だらけに……医療班!医療班!」

マミ「え、ちょっと、大丈夫、大丈夫だから、連れて行かないで、いーやー」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 13:09:29.13 ID:aa+JkCZk0
210 @ もう寝るっス 2011/08/17(水) 01:14:22.31 ID:Z5YPoaxl0 [6/6]
ほむら「つまり、その魔女はまた来るのね?」

お盆「ええ、恐らく今夜に」

マミ「居場所の心当たりがあるなら、こっちから打って出る事も可能ね」

仁美「いえ、来るというのなら待ちましょう、おもてなしの準備をして」

まどか「仁美ちゃんのおもてなし、過激なものになりそうだね」ウェヒヒ

杏子「方針は固まったか、ところで・・・アレ、どうする・・・?」


QB「僕も中に入れてくれよ!いくら避暑地だからって真夏の外は暑いんだよ!」ドンドン!


マミ「・・・・・・」

ほむら「夜までにはまだ時間があるわ」

まどか「そうだね、まだ午前中だしね」

仁美「なら、元々の予定通りよるまでは遊びません?」

杏子「そうだな、ずっと気を張ってたら疲れるしな!」


QB「直射日光は辛いんだ!アスファルトが熱いんだ!僕もクーラーの利いた室内がいいんだぁー!」ドンドン

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 13:09:47.76 ID:+486oJWr0
スレタイにまどかもSSも入ってないのか…

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 13:09:53.28 ID:aa+JkCZk0
212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/17(水) 01:17:53.69 ID:uejnO2ib0 [7/17]
さやか(……っ!これは……、あんたの記憶?)

『何を見たのかは知らなけど、別に見せたくて見せてるわけじゃないわよ』

さやか(あたしだって見たくて見てるわけじゃ無いわよ)

さやか(でも、見ちゃった以上言わせてもらうけど、あんたあの子のこと大事に思ってたんでしょ?いいの、このままで?)

『……魔女になったからかなぁ、別にもうどーでもよくなっちゃってねぇ』

『生前は本当に苦しかったけど、何だか今じゃ我慢してたのが馬鹿らしく感じてくるわ』

さやか(あんた……、それ本気で言ってんの?)

『当然よ、お互いにもう死なない体なんだもの、永遠の時を彼女と過ごせるのよ?うふふ……』

『想像しただけで、恍惚の余り達してしまいそうだわ』

さやか(あんた……!)

『―――あっ、何だか興奮してきた。本当に気をやってしまうかも』

さやか(ちょっ!?冗談でしょ!?やめてよ!!あたしの体でイッたりしないでぇぇぇ!!!!)

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 13:14:39.20 ID:aa+JkCZk0
QB1「以上3レスがwikiに載ってない正史1レスSSだよ!」

QB2「あらすじとこの3レスを参考に続きを書いてね!」

QB3「難しく考えることなく、気軽に参加して欲しいな」

QB4「それじゃあがんばってきゅっぷい!」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 13:25:45.41 ID:aO5htN5d0
スレタイにまどかって入ってないんだから人が集まるわけねーだろ


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 13:30:17.12 ID:oQZ/kvei0
ほむら「>>9-12乙だわ。」

マミ「そして投稿時間は13:45まで…だったんだけど14:00までに変更するわ」


避難所でもいいましたが、タイトルは入れ忘れです。反省はしている。


10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)