5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今から一人プリキュアごっこで5第五話を希望の力と共に再現する

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:45:58.17 ID:R6Ns9vd/0
俺「Yes!プリキュア5 この後すぐ!」

俺「わー!生徒会長の、水無月先輩よ!」
俺「カツッカツッカツッカツッ」

俺「ガチャッ」
俺「おはよう」
俺「おはようございます!」
俺「生徒会の年間活動の予定表を作ってみたんですけど……」
俺「生徒会報の原稿チェックお願いします」
俺「あの、各委員の割り振りを……」
俺「慌てないで、後でチェックしますから」
俺「ありがとうございます!」
俺「ガチャッ」
俺「ふう……結局、私がやらなきゃダメみたい……」

俺「OP:プリキュア5、スマイルgo go!」

俺「この番組は、楽しい時を作る企業バンダイと、ごらんのスポンサーの提供でお送りします」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:46:04.84 ID:R6Ns9vd/0
俺「はむぅ、うにゅうぅんぅんうん、おいしい〜!こっちは?はむぅん」
俺「ああ……のぞみ本当よく食べるね……あっ」
俺「はむはむ」
俺「ゲっ!!」
俺「ん?何か、問題でも?」
俺「ああ……よーし!負けてたまるか!んんはむ!」 俺「ジュルウウウウウウ」
俺「私も一緒にいいかしら」
俺・俺・俺「ほはひはんほうほほうほ」

俺・俺・俺「うわ〜すごーい!豪華〜!」
俺「毎日母が作ってくれるんですけど、いつも食べきれなくて……良かったら皆さんも」
俺・俺・俺「ごちそうさま〜」
俺「あっ……」
俺「こまちさん、今度から毎日一緒に食べましょう!」
俺・俺「こらこら」
俺「うふふふ」
俺「ココー!」 俺「ピョン」
俺・俺・俺・俺「ああっ」
俺「のんびり食べてないで、5人目のプリキュアを早く見つけるココ!」
俺「ふう、っていうか!ココが見つかっちゃうでしょ!?」
俺「……ココー!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:46:11.90 ID:R6Ns9vd/0
俺「何でその姿になってんのよ」
俺「コ……昼休みぐらいはくつろぎたいココ」
俺「ほぉ、人の事は急かしておいて自分はくつろぐつもり」
俺「ココッ」
俺「でも、ココさんの言うとおり、早く5人目を見つけないとね」
俺・俺・俺「えっ?」
俺「ナイトメアからドリームコレットを守る為には、プリキュアの仲間を5人集めないといけないのよね?」
俺「はぁ、こまちさん詳しすぎ」
俺「こまちに質問攻めにされたココ」
俺「つい好奇心を抑えきれなくて」
俺「プリキュアか〜、えっと、希望は、私で、情熱はりんちゃん」
俺「はじけるは、うららで、安らぎはこまちさん、後は知性かぁ……」
俺「知性ならあたしだわねぇ」
俺・俺・俺・俺「え?」
俺「おタカさん」
俺「あたしゃこう見えてもそろばん5級の腕前なのよぉうふっ」
俺「売店のパンの値段だって全部暗算でやっちまうんだから」
俺「はぁ〜なるほど」
俺「なるほどじゃないですよ」
俺「何か手伝う事あるかい?」
俺「す、すいません、間に合ってますんで」
俺「あらそう?残念」
俺・俺・俺・俺「ふっ」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:46:17.35 ID:R6Ns9vd/0
俺「あ、そうそう!」
俺・俺・俺・俺「あっ?」
俺「のぞみちゃんお釣り忘れてたわよ、はい200万円、ふふふふふ毎度〜」
俺・俺・俺・俺「ふっ」
俺「いいと思ったんですけどね〜」
俺・俺・俺「えっ」
俺「本気だったんですか?」
俺「あっ、そういえば、今日は水無月先輩と一緒じゃ無いんですか?」
俺「かれん、お昼休みもよく生徒会の打ち合わせをしているのよ」
俺「へ〜、大変なんですね」
俺「かれんは、責任感が強い子だから」
俺「水無月先輩がプリキュアになってくれたら、すっごく頼もしいと思うんですけど」
俺「でも、一度断られてるんだよ?」
俺「確かに、かれんは頑固な所があるから、一度断ったら、なかなかうんと言わないと思うわ」
俺「そうですか……」
俺「ガタン」
俺「よーし、とりあえず、皆で水無月先輩の家に行くぞ〜!けってーい!」
俺・俺「ええええええ!?」

俺「タイトルコール:プリキュアの資格」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:46:23.47 ID:R6Ns9vd/0
俺「BGM:ナイトメア」
俺「カツッカツッカツッカツッ」
俺「アラクネア君、この失態をどう説明してくれるんだね、ああー?」
俺「……ほ、ほんの少し油断しただけですわ……」
俺「プリキュアが4人もいるなんて……思ってもいませんでしたし……」
俺「4人もいるのぉ?もうプリキュアは一体何人いるの」
俺「君がヘマをするとこの私が怒られるんだよねぇ」
俺「お願いです!もう一度チャンスを下さい!この仕事は私が必ず……!」
俺「ポン」
俺「はっ……!」
俺「君、少し休んだら?」
俺「バタン」
俺「うぎゃああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」 俺「ヒューーーーーン」
俺「バタン」
俺「どうやら私が出て行くしかないようだ、全く出来の悪い部下を持つと苦労しますよ、ふっ」

俺「お嬢様、今日は奥様からお電話がある日です、お急ぎを」
俺「ええ!」
俺「生徒会長ーー!」
俺「ん?」
俺「はぁ、はぁ、はぁ」
俺「どうしたの?」
俺「あ、あの……良かったら、今から一緒に、学年主任の所へ行って欲しいんですけど……」
俺「え……?」
俺「今日決めた年間予定、うまく説明できるか、自信が無くて……」
俺「……ごめんなさい、遅くなりそうだから、先に戻っていてください」
俺「はい……」
俺「バタンブオオオオオオオ」
俺「……やっぱり、私がやらなきゃ、ダメなのね……」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:46:28.67 ID:R6Ns9vd/0
俺・俺・俺「ふええええ!」
俺「こ、これってお城!?」
俺「学校より、でかっ……」
俺「リンゴーーンリンゴーーン」
俺「誰もいないみたい」
俺「え?いないんだ……」
俺「ズッガッシャーン」
俺・俺・俺「あっ」
俺「ほええ……」
俺「ブオオオオオオオオオ」
俺・俺・俺・俺「あっ」
俺「ギーーーー」
俺「こんにちわ」
俺・俺・俺「こんにちわ!」
俺「おお、秋元様、お友達も大勢で」
俺「かれんはいますか?」
俺「あいにくお嬢様は、生徒会の打ち合わせで、遅くなるそうです、どうぞ中でお待ち下さい」
俺「はい」
俺「お嬢様だって!」
俺「うふっ、一度でいいから呼ばれてみたい」

俺「すっごーーい!学校のグラウンド、100個分はあるよ!」
俺「そんなには無いですよ、どう見てもグラウンド98個分!」
俺「のぞみとうららって何か似てるよねー」
俺「はーい似てる似てる」
俺「ふふ、わーい」
俺「うふふふふ」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:46:33.92 ID:R6Ns9vd/0
俺「バタン」
俺「失礼します」
俺「ありがとうございました!」
俺「また何かあったら相談してね」
俺「はい!それじゃあ、失礼します!」
俺「……はぁ」

俺「フフンフフンフ〜ン」
俺「さようなら」
俺「あら、水無月さん今の今まで生徒会の打ち合わせかい?」
俺「ええ」
俺「生徒会ってのは大変なんだねぇ〜でも一人で何でも頑張りすぎちゃうと」
俺「本当に自分が好きな事を出来なくなっちゃうよ?」
俺「あ……ありがとうございます、それじゃあ、さようなら……」
俺「……あの子にも本音で話せる仲間が必要なのかもしれないねぇ……」

俺「坂本さん、突然大勢でお邪魔してごめんなさいね」
俺「いえ、きっとお嬢様も、喜ぶと思いますよ」
俺「ガチャッ」
俺「ただいま、あらっ?こまち」
俺「お邪魔してます」
俺・俺・俺「こんにちわー!」
俺「夢原さん、夏木さん、それに春日野さんまで……」
俺「すっごいお家ですね、何百人住んでるんですか?」
俺「コラコラ」
俺「バタン」
俺「今はお嬢様と、私の二人だけで住んでるんです」
俺・俺・俺「ええ?二人だけ?」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:46:38.72 ID:R6Ns9vd/0
俺「お嬢様のお父様とお母様は、1年中ほとんど、演奏旅行で世界を飛び回っておりますので」
俺「演奏旅行?」
俺「はい、旦那様はピアノ、奥さまはバイオリンの、世界的に有名な奏者なのです」
俺「へ〜」
俺「でも……こんな所にふたりだけなんて、寂しいよねぇ」
俺「……別に、寂しく何かないわ」
俺「あっ……あ、いや……」
俺「ふぅん……ああーー!もしかしたら、これご両親の写真ですか!?」
俺「格好いい〜!まるで音楽家みたい!」
俺「だからそう言ってるじゃ無い」
俺「こちらお母さんですよね、水無月先輩にそっくり!」
俺「いや、先輩がお母さんに似てるんでしょうが」
俺「え、そうなんですか?」
俺「そうなの!親子なんだから!」
俺「あ、なるほど」
俺「あっ、そうそう、これ持って来たの、家の羊羹」
俺「ふっ、いつもありがとう、じゃあ私、頂いた羊羹を切ってきますから」
俺「皆さん、お庭のガゼボで待ってて」
俺「ガゼボ?」
俺「東屋です、こちらへ」

俺「カツッカツッ」
俺「洋館だ、ふふふふふ」

俺「アイキャッチ」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:46:44.21 ID:R6Ns9vd/0
俺「おいしい〜!こんな素敵な庭で食べる羊羹ってのも、また格別だねぇ〜」
俺「はむ、ふん、ふん、ふん、本当、おいしいですね〜」
俺「でしょう?こまちの家は、創業100年の和菓子屋さんですもの」
俺「はむはむはむ」
俺「はむ、ん、ん、ん」
俺「はぁ、あんたら恥ずかしいから、人んちでバクバク食べないの」
俺「ん?貰ったーー!」
俺「だーーーー!ちょっとそれあたしの!あたしの!」
俺「へへ〜だってりんちゃん、いらないみたいだから〜」
俺「いらないなんて誰がそんな事言ったのよ!そんなおいしいものあむぅ」
俺「あああああ!あぁぁぁ、食べちゃったぁ……」
俺・俺「うふふふふふふ」
俺「お嬢様」
俺「はい?」
俺「ウィーンの奥様から、お電話です」
俺「あっ、お母様から!?ありがとう」
俺「ああ……」

俺「お母様?さっきは、電話に出られなくてごめんなさい」
俺「ええ、元気でやってます!あいえ、寂しく何かありません!」
俺「どうか、気になさらずに、お仕事頑張ってください、それじゃあ、失礼します」 俺「ピッ」
俺「ありがとうじいや」
俺「あっ……」
俺「いえいえ」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:46:49.85 ID:R6Ns9vd/0
俺「お待たせしてごめんなさい」
俺「お母さんから?」
俺「ええ、それより、今日はどうしたの?何か訳があって来たんでしょ?」
俺「え?ああ……はい……」
俺・俺「ふっ」
俺・俺「ふっ」
俺「あ、あのう、実は、水無月先輩に、プリキュアになってほしいんです!」
俺「はあ、またその話?それなら私、興味が無いって言ったでしょ?」
俺「あ……そりゃ、こんな事信じろって言われても、中々信じられないと思いますけど……」
俺「全部本当の事なんです!この間の図書館の騒ぎも、私達がやった事なんです!」
俺「この前、地下で凄い地響きがしたでしょ?」
俺「回想:http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1316915356/17
俺「あれは、私なの!」
俺「貴女まで、何言い出すの!?」
俺「じゃ、これを見たら信じてもらえますか?さ、出番よ」
俺「え?」
俺「ココー、苦しかったココ」
俺「ごめんごめん、さあお仕事お仕事」
俺「ったく、ココ使いが荒いココ、1、2、3、ココッ!2、2、3、ココッ!はい、深ココ吸」
俺「……最近のぬいぐるみは、よくできてるわね……」
俺「ぬいぐるみじゃ無いココ、ココだココ〜!」
俺「まあまあ、信じらんないほうが普通だけどね」
俺「プリキュアになるのは、ピンキーを集めて、ココの故郷を蘇らせる為なんです」
俺「そうココ!」
俺「プリキュアとか……ココとか……ピンキーとか……さっぱりわからない……!」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:46:55.56 ID:R6Ns9vd/0
俺「ココ?ピンキーが近くにいるココ!」
俺・俺・俺・俺・俺「えっ?あっ……」
俺「うさうさ〜!うさ〜!」
俺「あっ!いた!」
俺・俺・俺「あっ!」
俺「あ……」
俺「こまち!キャッチするココ!」
俺「ええ」
俺「パカーン」
俺「プオワーンヒュウイイインヒュウイイインヒュウイイイン」
俺「ピュリュッリップッププピュリュッリップッププピュリュッリップッププ」
俺「ほら、こうするとピンキーが近づいて来るの」
俺「えっ?ピンキー?」
俺「うさうさ〜!」 俺「プオワーン」
俺・俺「あはっ」
俺「ジュオオオオオオン」
俺「あっ……?」
俺「えぁっ……?」
俺「うさ〜〜!」
俺「BGM:コワイナー出現」
俺「何だ、今までの連中はこんな簡単な事も出来なかったのかね」
俺・俺・俺・俺・俺「あぁぁ……」
俺「何この人……!?」
俺「ジュギュウウウン」
俺「ピンキーを返して!」
俺「これは君達の物なのかね?早い者勝ちでしょうが」
俺「ドリームコレットもこちらに渡しなさい」
俺「嫌だ!」
俺「誰が渡すか!」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:47:00.83 ID:R6Ns9vd/0
俺「ほう?私に歯向かうとは勇気あるぅ〜、だがその勇気もいつまで持つのかな?」 俺「カラン」
俺・俺・俺・俺・俺「あっ!」
俺「ふうるうああああ!!」 俺「バッ」
俺「カパッ」
俺「コワイナ〜」
俺「何、これ……!?」
俺「あっ……!」
俺「やばっ……!」
俺・俺・俺・俺・俺「ふっ、ふっ、ふっ、ふっ」 俺「タッタッタッタ」
俺「かれん、早く!」
俺「ズオオオオオオオオオ」
俺・俺・俺・俺・俺「ふっ、ふっ」
俺「コワイナ〜」
俺「皆!変身ココ!」
俺・俺・俺・俺「ふっ!」
俺「変身……?」
俺「チュラーーン」
俺「BGM:メタモルフォーゼ」
俺「プリキュア・メタモルフォーゼ!」
俺「大いなる希望の力、キュアドリーム!」
俺「えっ……?」
俺「プリキュア・メタモルフォーゼ!」
俺「情熱の赤い炎、キュアルージュ!」
俺「プリキュア・メタモルフォーゼ!」
俺「はじけるレモンの香り、キュアレモネード!」
俺「プリキュア・メタモルフォーゼ!」
俺「安らぎの緑の大地、キュアミント!」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:47:06.20 ID:R6Ns9vd/0
俺「こ……これがプリキュア……?」
俺「コワイナ〜」 俺「ドドドドドドドド」
俺・俺・俺・俺「ふっ!」 俺「ヒュッ」
俺「はあああ!!」 俺「バシィンバシィンバシィン」
俺「コワイナ〜」 俺「シュッ」
俺「ふっ、やああああ!!」 俺「バシィィィン」
俺「ズシーーン」
俺「シュタッ」
俺「ふっ!」
俺・俺・俺「ふっ……」
俺「ふっ……」
俺「あっ……本当だったんだ……」
俺・俺・俺・俺「あっ……」
俺「シュウウウイン」
俺「あっ!」
俺・俺「あっ」
俺・俺「うっ」
俺「時間が無いもんでねぇ、とっととドリームコレットを渡してくれないかね?」
俺「嫌だ!絶対渡さないもん!」
俺「渡してもらうよ、全く……余計なパワーを使わせないでくれよぉ?」
俺「ドゥーンジューンギュウウウウン」
俺・俺・俺・俺「あっ……!」
俺「君達がいつまでもドリームコレットを渡してくれないから」
俺「少しは本気を出さなきゃならんじゃないか、ふああああああ!!」 俺「ダダダダダダダダ」
俺「ココーー!」
俺・俺・俺「ああ!」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:47:13.13 ID:R6Ns9vd/0
俺「チュキーーン」
俺「大地を揺るがす乙女の怒り、受けてみなさい!プリキュア・ミントプロテクション!!」 俺「チュヒュウン」
俺「ふっ……?」 俺「ダダダダダダダダダ」
俺「ふぃっ……!」 俺「ヒュイイインブオオオオオオン」
俺「ジャキーーーン」
俺「ああ……!」
俺「プリキュア!危ないココ!」
俺「ひひひ」
俺「ああ……あ?」
俺「ティラ〜〜ン」
俺「ココ!?」
俺「何!?」
俺・俺・俺・俺「ああ……!」
俺「早く手を差し出すココ!」
俺「BGM:危機」
俺「え……?」
俺「プリキュアに変身して皆を助けるココ!」
俺「あ……」
俺「ふっ!」
俺「あっ……あ、あんな怪物に立ち向かうなんて……!私には無理!!」
俺「早く助けるココ!」
俺「はっ……」
俺「回想:結局、私がやらなきゃダメみたい……」
俺「回想:あいえ、寂しく何かありません!」
俺「……いつもそう、結局は、私がやらなきゃ……ダメみたい……」
俺・俺・俺・俺「あっ……」
俺「プワーーンジュギンプワーンパーン」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:47:18.52 ID:R6Ns9vd/0
俺「ああっ……!」
俺「蝶が消えたココ……!」
俺「かれん……」
俺「プリキュアに……」
俺「なれなかった……?」
俺「な、何で……?」
俺「……どうして……?私、何も出来ないの……?あ……」
俺「コワイナ〜」
俺「来るわ」
俺「BGM:5つの心!プリキュア5!!」
俺「輝く乙女のはじける力、受けてみなさい!プリキュア・レモネードフラーーッシュ!!」 俺「シュウワ〜ン」
俺「ジュバババババババン」
俺「純情乙女の炎の力、受けてみなさい!プリキュア・ルージュファイヤー!!」 俺「ズパーーン」
俺「チュドーーーーン」
俺「くっ……」
俺「ズシーン」
俺「ドリーム、今ココ!」
俺「夢見る乙女の底力、受けてみなさい!プリキュア・ドリームアターック!!」 俺「ボヒュン」
俺「ズゴーーン」
俺「コワイナ……」 俺「カラン」
俺「ふっ、まあいいや、今日の所はこのピンキーだけでよしとしよう」 俺「ビュウン」
俺「……どうしよう……大事なピンキーを連れて行かれちゃったよ……」
俺「ああ……」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:47:23.96 ID:R6Ns9vd/0
俺「貴女方が言っている事が、本当だって事はわかったわ……」
俺「でも、私が皆さんに協力出来ないって事も、見ていてわかったでしょ!?」
俺「もう、二度と私を誘わないで!」
俺・俺・俺・俺「う……」
俺「う……いいえ、また来ます!」
俺「え……?」
俺「だって私、水無月先輩に、プリキュアになってもらいたいんだもん!」
俺「なーんどでもアタックするぞ〜けってーい!」
俺・俺・俺「あ……」
俺「それじゃあまた!」 俺「タッタッタッタ」
俺「え?」
俺「ちょ、ちょ……のぞみ!」
俺・俺「あ、ああ……」
俺「……私、なぜ……なれなかったの……?」

俺「ED:きらきらしちゃって MY True Love!」

俺「5人目のプリキュアは、水無月先輩じゃなきゃダメなんです!」
俺「貴女も見たでしょ?私は、プリキュアにはなれないの……」
俺「なれます!ぜえったいなれます!皆と一緒に……!」
俺「夢原さん……ありがとう……私も……私も皆の力になりたい!」
俺「Yes!プリキュア5 プリキュア5全員集合!」
俺「見てみてみてね!」

俺「この番組は楽しい時を作る企業バンダイとごらんのスポンサーの提供でお送りしました」
俺「またみてね」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:47:39.47 ID:R6Ns9vd/0
前回までのあらすじ
2011/09/04放送 今から一人プリキュアごっこで5第一話を希望の力と共に再現する
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1315094605/
2011/09/11放送 今から一人プリキュアごっこで5第二話を希望の力と共に再現する
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1315704073/
2011/09/18放送 今から一人プリキュアごっこで5第三話を希望の力と共に再現する
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1316310818/
2011/09/25放送 今から一人プリキュアごっこで5第四話を希望の力と共に再現する
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1316915356/

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:47:41.17 ID:paw+r2C40
なんだこれは

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:47:45.63 ID:X0ZZDzbA0
えっ

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:48:04.82 ID:mKMFSSB30
マジキチ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:48:41.93 ID:KvtpRoJTO
な、なんだかすげぇスレを開いちまった気がする

22 : :2011/10/02(日) 10:49:20.87 ID:ZWay5CO10


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:49:42.68 ID:WrjWwuNX0
無印シリーズからのまとめ無しかよ

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:50:23.51 ID:R6Ns9vd/0
>>23
わざわざ張るのも面倒なんで要所要所だけやるわ

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:51:01.63 ID:WrjWwuNX0
何年くらい前からやってんだ?2008、2009年くらいか?

26 :舞厨 ◆IrPrecure4Wr :2011/10/02(日) 10:51:25.20 ID:UuCHe3i5O
一人5役はカオスだな

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:51:39.30 ID:/TtzHWIH0
ナッツ好きだったなぁ…

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:51:57.50 ID:R6Ns9vd/0
>>25
前シリーズまでのあらすじ(1/7)
2009/07/12放送 今から一人プリキュアごっこで無印第一話を本気で忠実に再現する
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1247349220/


フレッシュの中盤頃ぐらいから

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:52:30.02 ID:D7IRM0Bv0
あ、え、あ、うん

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:53:03.25 ID:WrjWwuNX0
>>28
無印、MAX、SS はやったのか?
どれかシリーズひとつ抜けてないか?気のせい?

31 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/10/02(日) 10:53:07.02 ID:UmUkPsS20
俺さんすげえわ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:53:55.60 ID:mKPWbgUM0
ババァの回?

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 10:54:15.12 ID:R6Ns9vd/0
>>30
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2092293.txt

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 11:08:29.24 ID:LGTkNtGu0
いつもありがとう!

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)