5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今から一人プリキュアごっこで5第八話を希望の力と共に再現する

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:02:28.96 ID:O27Gsn4B0
俺「Yes!プリキュア5 この後すぐ!」

俺「はっ、はっ、はっ、はっ、はっ、はっ、はっ、はっ、はっ」 俺「タッタッタッタ」
俺「回想:お店に飾るなら、チューリップがピッタリ、ふっ」
俺「はっ、はっ、はっ、はっ、ふっ」 俺「タッタッタッタ」
俺「あら、夏木さん」
俺「ふっ、あ」
俺「貴女も持って来たのね、お花」
俺「あ、水無月先輩も?それって、桔梗の花ですよね?」
俺「そうよ、よくわかったわね」
俺「あ、ええ……まあ……」

俺「OP:プリキュア5、スマイルgo go!」

俺「この番組は、楽しい時を作る企業バンダイと、ごらんのスポンサーの提供でお送りします」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:02:35.09 ID:O27Gsn4B0
俺「ジャーン!私はお茶を持ってきました〜!」
俺「あたしは紅茶です」
俺「ちょうど良かったわ、お茶菓子を持って来たの」
俺・俺・俺「あはは」
俺「良かったな〜ナッツ、皆お店の為に持ち寄ってくれたんだぞ?」
俺「別に頼んだわけじゃない、好きにしてくれ」
俺「素直じゃないなぁ、見ろよ、綺麗な花じゃないか」
俺「ふっ、でしょ?このお店には赤い花が一番似合うんだよね」
俺「そう?青い花も似合うわよ?」
俺「青って……ちょっと暗いイメージありますけど」
俺「青は心を落ち着かせる色よ?お店の雰囲気にピッタリじゃない」
俺「えええ?赤い花の方がパーっと明るくなっていいですよ!」
俺「うちは花屋ですから、そういう事は任せて下さい!」
俺「むっ……」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:02:40.20 ID:O27Gsn4B0
俺「まあまあ、どちらのお花も、綺麗だからいいじゃない」
俺「そうそう、青い花も、赤い花も、素敵素敵〜!」
俺「な、はは……」
俺「りんさんのお家って、お花屋さんだったんですね」
俺「そう、このチューリップは、私が自分で、特別愛情込めて育てた物なの」
俺「うららも欲しい花があったら、いつでも言って」
俺「はい!」
俺「かれんさんの桔梗も、キレイだよね〜」
俺「ふっ、この花は、私の家の温室で育てたの、一足早く夏の花を楽しみたくてね」
俺「へ〜!すっごーい!」
俺「……夏の花は夏に見ればいいんですよ」
俺「なぁに?」
俺「さ、皆お茶にしましょうよ!ね?」
俺・俺「賛成ー!」
俺「……」
俺「うっ……」

俺「タイトルコール:相性最悪?りんとかれん」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:02:47.97 ID:O27Gsn4B0
俺「ゴトッゴトッ」
俺「お湯湧きました」
俺「うふふ、わーい!お菓子!お菓子!お茶と紅茶どっちにする?どっちにする?」
俺「じゃあ紅茶にしようかな」
俺「え?和菓子なら、お茶じゃないの?」
俺「紅茶だって合いますよ」
俺「和菓子と緑茶は、長い歴史をかけて、お互いの味を引き立てる為に作られてきたのよ?」
俺「緑茶の方が合うと思うわ」
俺「そんなの関係無いですよ、あたしは今、紅茶が飲みたいんです」
俺「緑茶の方が合うんだから、その方がいいでしょ?」
俺「あたしは、牛乳が合うと思いますよ」
俺・俺・俺・俺「え……」
俺「あ……いいのよ、お菓子は気にしないで、好きな物を飲んで?」
俺「そ、そうだ!お茶と紅茶と牛乳、全部混ぜちゃおう!けってーい!」
俺・俺・俺・俺「ええ……」
俺「ピョン」
俺「お茶の前にお願いがあるココ」
俺「お願い?」
俺「プオワ〜〜ン」
俺「のぞみ以外の4人は、キャッチにピンキーが入ったままナツ、早くドリームコレットに移すナツ」
俺「ピンキーを移すのね?」
俺「了解」
俺・俺「ふっ」
俺「あ、ああ……ふう、お先にどうぞ、水無月先輩」
俺「あら、ありがとう、いつもそうやって先輩を立ててくれたらうれしいんだけど」
俺「それくらい当然ですよ、プリキュアでは、あたしが先輩ですけど」
俺「……何か!?」
俺「いえ?何も?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:02:54.00 ID:O27Gsn4B0
俺「ビジューーーン」
俺「こうですか?」
俺「ピユイオオオオン」
俺・俺「あっ……」
俺「ジュオワアン」
俺「ピロリピロリピロリピロリピロリ」
俺「タララ〜ン」
俺「カパカッパー!」
俺「やったココ〜〜!」 俺「ふう……」
俺「りんちゃんもかれんさんも、早く移して、お茶にしようよ!ね?」
俺「う、そうね」
俺「のぞみの言うとおりだね」
俺・俺「ふっ、あっ……」
俺「ど、どうぞ」
俺「いえ、どうぞ?」
俺「いえいえ、そちらからどうぞ!」
俺「はぁ……」
俺「遠慮せずにどうぞ!」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:03:01.61 ID:O27Gsn4B0
俺「BGM:ナイトメア」
俺「アラクネア君、あれいないの?アラクネア君?」
俺「ピュウウン」
俺「はい……」
俺「お帰りなさい、アラクネア君、休暇は満喫出来たかね?」
俺「奈落の底に落としておいて休暇だというならもうお休みは結構です早く仕事を!!」
俺「おおやる気だね、やはり任務を任せられるのは君しかいないのかな」
俺「もちろんです!この私にお任せくだされば、すぐにでも結果を出して見せます!!」
俺「出せなかった癖に、速やかにドリームコレットを手に入れてくれよ」
俺「さもないと私も君も、上から責任を問われかねないからね」
俺「言われなくてもわかってます」
俺「わかってるならやってよ」
俺「はぁい!」 俺「ヒュッチュウン」
俺「ピジュウウン」
俺「プリキュアという邪魔が入り、予定が大幅に遅れているというのに」
俺「緊張感が足りないようで真に申し訳ございません、デスパライア様……」
俺「現場とはそういうものだ、上が徹底して管理せねば、下は動かぬ」
俺「承知しました……邪魔者を退けるべく、現場を一層厳しく管理致します」
俺「全てはデスパライア様の、偉大なる願いを叶える為に……!」
俺「私の願いはただ一つ……」
俺「はっ……!」
俺「ドリームコレットの力で、永遠の命を得て不老不死となり」
俺「世界を絶望で支配する事だ、わかっておるな?」
俺「はっ……!必ずや……!」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:03:08.96 ID:O27Gsn4B0
俺「ええええええ!?昨日から、一言もかれんさんと喋ってないの!?」
俺「いいでしょ?今までだってそんなに喋って無かったし」
俺「向こうが話しかけてこないからこっちも黙ってるだけ」
俺「も〜りんちゃんの意地っ張り!ちょーっとお花の趣味が違って、ちょーっとお茶の好みが違って」
俺「ちょーっとコレットを取るタイミングが、良くなかったってだけじゃない」
俺「そんだけ合わなきゃ十分だろ」
俺「確かに気まずいかも」
俺「でも喋らないと困るよ?ほら、プリキュアになった時とか」
俺「だから、こんな所でプリキュアって言わない」
俺「りんちゃんも今言った〜!」
俺「あんたが言うからでしょ」
俺「不思議です」
俺・俺「え?」
俺「お二人が言い合いをしても、どうって事無いのに……」
俺「りんさんとかれんさんだと、どうして昨日みたいになっちゃうんでしょうか」
俺「言われてみれば……何でだろう」
俺「何でも何も、前から思ってたけど、水無月先輩とはどうも気が合わないんだよね」

俺「気が合わないとかそういうことじゃ無くて、夏木さんみたいなタイプには、きちんとやっておかないとダメなのよ」
俺「だからって、意地にならなくても……」
俺「意地になってるのはあの子よ!こまちもわかるでしょ?私の言ってる事の方が正しいって」
俺「うう……正しい正しくないじゃなくて、人それぞれ感性って違うものだし……」
俺「じゃあきっと、私とあの子は感性が合わないのよ」
俺「それって、気が合わないって事じゃないかしら……」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:03:15.98 ID:O27Gsn4B0
俺「……」
俺「……」
俺「はむ、む、む」
俺「うう……」
俺「ああ……」
俺「ね、ねえりんちゃん、今日はいい天気だね」
俺「ん?んん、ま、部活日和かな」
俺「天気予報は夕方から雨になるっていってたわ」
俺「うっ……」
俺「……」
俺・俺「ふん」
俺「ああ……ど、どうしよう……」
俺「が、頑張りましょう、のぞみさん」
俺「うん……ああ!あ、かれんさんのお弁当、小さくて可愛いですね」
俺「そう?」
俺「そんな小食でよく持ちますね」
俺「……はむっ」
俺・俺「ん?」
俺「む……はうっ、ふう、ふう、ふう」

俺「はむっ」
俺「わー……」
俺「凄い……」
俺「ああ……」
俺「ふっ、はむっ、はむっ、はむっ、はむっ、はむっ」 俺「カラッ」
俺「余計な事言っちゃったかな……」
俺「そういえばかれん、速くは無いけど量は食べる方なのよ」
俺「はむっ、はむっ」
俺「……凄いです、私より沢山食べる人がいたなんて……」
俺「ふう、はむっ」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:03:23.26 ID:O27Gsn4B0
俺「全く面倒な事になったココ」
俺「りんちゃんもかれんさんも、ずうっと意地を張り続けてるんだよ」
俺「どうしたらいいのかしら」
俺「仕方がないココ、プリキュアはのぞみを中心に集まったけど、まだ出会って日の浅い者同士も多いココ」
俺「確かにそうよね、5人皆がお互いの事をよく知ってるとは限らないものね」
俺「知性と情熱って、確かに相性良くなさそうかも……」
俺「でも、性格が全然違うもの同士だから、面白いと思うんだけどなぁ……」
俺「一つだけでも共通点があれば何とかなるココ!」
俺「共通点ねぇ……」
俺「そういえばおふたりは?」
俺「かれんは生徒会で、りんさんは部活だと思うわ」
俺「終わったら、お店に来るって言ってたよ、案外、校門でばったり会って、一緒に来たりして」
俺「ココーーー!!」 俺「サーーーー」
俺「何か出たココ……」
俺「はははははははは!」
俺・俺・俺「あっ……」
俺「ははははははははははははは!」 俺「カパーン」
俺・俺・俺「あっ!」 俺「ココッ!」
俺「カパーン」
俺・俺・俺「ああっ……!」 俺「ココ……!」
俺「見つけたわよプリキュア」
俺・俺・俺「ナイトメア!」
俺「うふふふふふ」

俺「アイキャッチ」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:03:31.17 ID:O27Gsn4B0
俺「シュタッ」
俺「3人しかいないの?確か5人って聞いたけど、まあ返って好都合ね」 俺「チュビュウウン」
俺「ドリームコレットをお出しなさい!」
俺「絶対いや!」
俺「お前なんかに!」
俺・俺・俺「渡さないわ!」
俺「チュリーーン」

俺「BGM:メタモルフォーゼ」
俺「プリキュア・メタモルフォーゼ!」
俺「大いなる希望の力、キュアドリーム!」
俺「プリキュア・メタモルフォーゼ!」
俺「はじけるレモンの香り、キュアレモネード!」
俺「プリキュア・メタモルフォーゼ!」
俺「安らぎの緑の大地、キュアミント!」

俺「覚悟しなさい」
俺・俺・俺「うっ!」
俺「はっ!」 俺「ピジュッ」
俺・俺・俺「ああっ!」 俺「ダッシュタッ」
俺・俺・俺「はああああ!」 俺「タッタッタッタ」
俺「かかったわね!」
俺「ビュウウウ」
俺・俺・俺「ああっ!」
俺「ああっ!」
俺「他愛もない」
俺・俺・俺「きゃあああああっ!」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:03:31.43 ID:dVv1FRe70
せめて音声を上げるくらいはして欲しかった

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:03:40.91 ID:O27Gsn4B0
俺「ココーー!ドリーム!ミント!レモネードー!」
俺「後の二人に伝えなさい、こいつらを助けてほしかったら」
俺「ドリームコレットを持ってきなさいって!フフフフフ!」
俺「くうう……」

俺「カツッカツッカツッカツッ」
俺「あ……」
俺「あっ……」
俺・俺「……」
俺「あれ?車のお迎えは?」
俺「今日は遅くなるからって断ったわ、部活、終わったの?」
俺「おかげさまで、天気予報外れましたからたーっぷり練習出来ました」
俺「行くの?ナッツのお店」
俺「言われなくても、行きますよ」
俺「大変ココーーー!!」
俺・俺「ん?」
俺「ピョン」
俺「ココーーー!」
俺「な、何よ突然」
俺「一体どうしたの?」
俺「ドリーム達が、ナイトメアにさらわれたココ!」
俺・俺「ええええ!?」
俺「3人を助ける為にドリームコレットを持って来いって言われたココー!」
俺・俺「渡しちゃダメ!!」
俺「ココ……」
俺「助けに行くわよ!」
俺「言われなくても、行きます!」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:03:48.07 ID:O27Gsn4B0
俺「タッタッタッタ」
俺「ピチャッ」
俺「ひっ!!」
俺「どうしたの?怖いの?」
俺「こ、怖く何かないです!」
俺「……ふっ」
俺「ふっ」

俺「タッタッタッタ」
俺・俺「こっちよ!あっ……」
俺「感じるココ……あっちココ!」
俺「え?」
俺「タッタッタ」
俺「ふっ!」 俺「ダッ」
俺「ふっ、ふっ!」
俺「うっ……」
俺「タッタッタ」
俺「ふっ!」 俺「ダッ」
俺「ふっ、ふふん」
俺「むぅぅ!」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:03:49.57 ID:Fh/IE0rw0
狂気を感じる

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:03:54.53 ID:O27Gsn4B0
俺「タッタッタッタ」
俺「ココー?近いココ!もうすぐココ!」
俺・俺「なっ……ああ……」
俺「何これ……」
俺「ココ!気をつけるココ!」
俺「ジュギュブウウウンウウウン」
俺・俺「あっ!」
俺「待ってたわよ」
俺「皆はどこ!?」
俺「見えないの?ほら!」
俺・俺「ああ!」 俺「ココッ!」
俺・俺「あ、ああ……」
俺「さあ、大人しくドリームコレットを出しなさい!」
俺「あんたなんかに渡すわけないでしょ!?」
俺「のぞみとこまちとうららは」
俺・俺「私が助ける!!」
俺「出来るかしらねぇ」
俺「チュリーーン」

俺「BGM:メタモルフォーゼ」
俺「プリキュア・メタモルフォーゼ!」
俺「情熱の赤い炎、キュアルージュ!」
俺「プリキュア・メタモルフォーゼ!」
俺「知性の青き泉、キュアアクア!」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:03:56.16 ID:AVCCiMGH0
毎回乙です

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:04:00.64 ID:u8Uxn3kpO
久しぶりだな

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:04:02.54 ID:O27Gsn4B0
俺「BGM:悪夢の襲来」
俺「情熱?知性?愚かねぇ、たったふたりで太刀打ちできると思ってんのぉ!?」 俺「ヒュッ」
俺「カラッ」
俺・俺「うっ……!」
俺「ジュピュウウン」
俺「コワイナ〜」
俺「ジュギュウウン」
俺・俺「ふっ!」 俺「ダッ」
俺「何!?」 俺「ピジュッ」
俺・俺「ふっ!」 俺「ダッ」
俺「たあああ!!」 俺「ブンッ」
俺「なあっ!」
俺「はああああ!!」 俺「キーーーーン」
俺「ぐう!」
俺「ズジイイン」
俺「おのれぇ!」
俺「シュダッ」
俺「コワイナ〜」
俺・俺「あっ!」
俺「ギュイイインバシィン」
俺・俺「あああああああ!!」 俺「ズゴーーーン」
俺「ふっ、最初の勢いだけね」
俺・俺「う、うう……」
俺「まだまだ!」
俺「あたしだって!」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:04:07.04 ID:klMImvm30
これは・・・

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:04:09.72 ID:O27Gsn4B0
俺「ドリーム!大丈夫ココ!?」
俺「う、うう……ココ……」
俺「ドリーム!」
俺・俺「ふっ!」 俺「ズドーーン」
俺「あっ!」 俺「ココッ!」
俺「BGM:危機」
俺「コワイナ〜」 俺「ズシーンズシーンズシーン」
俺「ルージュ!アクア!」
俺・俺「ふっ!」 俺「ズドーーン」
俺・俺「あっ!」
俺「ザッ」
俺「な、あ……」
俺「コワイナ〜」
俺「ふっ!」
俺「ズシーーン」
俺「しっかりしなさい!」
俺「バッ」
俺「してますよ!」 俺「ダッダッ」
俺「はっ!」 俺「バシィン」
俺「はっ!」 俺「バシィン」
俺「ふっ」 俺「シュタッ」
俺「ふっ」 俺「シュタッ」
俺・俺「……ふん!」
俺「コワイナ〜」 俺「チュイインズゴーーン」
俺・俺「はあああ!!」 俺「バシィーーン」
俺「コワイナ〜……」 俺「ズシーーン」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:04:15.98 ID:O27Gsn4B0
俺「まだ張り合ってるみたい……」
俺「そうね、息はぴったりだけど」
俺「いつもより強いかも」
俺「ズシン」
俺「あんた達!たったふたりでどうしてそこまでしぶといのぉ!?」
俺「そんなの、当たり前じゃ無い!」
俺「ええ、当たり前ですよね!」
俺「何が当たり前なのよぉ!」
俺「コワイナ〜」 俺「ズシンズシンズシン」
俺「アクアには!」
俺「ルージュには!」
俺・俺「負けられないからよ!!」
俺「BGM:5つの心!プリキュア5!!」
俺「ピキーン」
俺「純情乙女の炎の力、受けてみなさい!プリキュア・ルージュファイヤー!!」 俺「ズパーーン」
俺「チュドーーーーン」
俺「ピキーン」
俺「岩をも砕く乙女の激流、受けてみなさい!プリキュア・アクアストリーム!!」 俺「ジュボオオン」
俺「ブジャーーーン」
俺「ドガーーーン」
俺・俺・俺「ふっ!」 俺「ビシッ」
俺「コ、コ、ココーッ!」
俺「シュタッシュタッ」
俺「カラッカラツ」
俺・俺「皆!」
俺「ルージュ!アクア!」
俺「助かりました〜!」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:04:22.02 ID:O27Gsn4B0
俺「いい気になるな!!」
俺・俺・俺・俺・俺「あ……!」
俺「所詮寄せ集めの癖に……!」
俺「寄せ集め何かじゃ無い!」
俺「黙れぇ!でやあああ!!」 俺「ビシュウッ」
俺「うう……!」
俺「BGM:信じる仲間とともに 」
俺「うっ!でやっ!」 俺「ビシュウッ」
俺「バシッ」
俺「皆個性は違うし、ぶつかる事もあるけど……」 俺「グググッ」
俺「うううっ……」 俺「ピシッ」
俺「5人がいる事に、意味があるの!」 俺「バシッィイイン」
俺「うぁぁ……ぁ……あああ……!」 俺「ズサアアアア」
俺「私達5人で、一つのチームなの!」
俺「ぐう……!」
俺「チュリーーン」
俺「夢見る乙女の底力、受けてみなさい!プリキュア・ドリームアターック!!」 俺「ボヒュン」
俺「うあああっ……!ぐうう、覚えてなさいぃ!」
俺・俺・俺・俺・俺「Yes!」
俺「フオワーーーン」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:04:25.48 ID:BqzvJeyP0
スレ開いた瞬間ワロタ

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:04:28.97 ID:O27Gsn4B0
俺「いやー凄かったよ?ふたりとも」
俺「息がぴったりでしたね」
俺「本当は、気が合うんじゃないかしら」
俺「珍しく気が合っただけよ」
俺「本当、珍しいですよね、でも……」
俺・俺「皆を助けたかったから……」
俺・俺・俺「あははっ」
俺「ふっ」
俺「うふっ、なかなかやるわね、りん」
俺「かれんさんこそ、やりますね」
俺「うふっ」
俺「パチン」
俺・俺「うふふふっ」

俺「かれんさんの家の温室、今度見に行ってもいいですか?」
俺「もちろんよ、りんの家のお花屋さんにも、お邪魔していい?」
俺「んん、フラワーショップ夏木は、年中無休です、いつでもどうぞ」
俺「ふたりとも、すっかり仲良しさんですね」
俺「意外といいコンビかも」
俺「ココとナッツみたいだココ」
俺「そうナツ?そんな事無いナツ」
俺「素直じゃないココ……」
俺「あ!そうそう、私気付いたんだよ、あのふたりの共通点」
俺「共通点ココ?」
俺「あの時、ふたりして叫んでたでしょ?」
俺「回想:負けられないからよ!!」
俺「りんちゃんもかれんさんも、すっごい負けず嫌いなんだよ」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:04:34.05 ID:nJxlrZOg0
さるさんくらうぞ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:04:35.39 ID:O27Gsn4B0
俺「ああああああちょっとかれんさん!!」
俺・俺・俺「んん?」 俺「ココ?」 俺「ナツ?」
俺「何するんですか!!こっちの方が日当たりがいいんですって!せっかく動かしたのに!」 
俺「違うでしょ!?向こうが南だから、こっちのほうがいいの!」
俺「だからそうじゃなくてこっちのほうがいいの!」 
俺「私の花よ?私にやらせて!」
俺「なるほど……」
俺「ね?」
俺「やっぱりあのふたり、まだまだこれからみたいね」
俺・俺「うう!ぐう!ふうう!」

俺「ED:きらきらしちゃって MY True Love!」

俺「新しい、サンクルミエール通信が出てるわ」
俺「これって詳しいですよね〜、かれんさんの生徒回も、りんちゃんの試合結果も」
俺「うららのテレビ出演も、こまちさんの事まで!」
俺「凄い取材力よねぇ」
俺「私の記事は!無いぃ……私の事も書いて〜!私、プリキュアなの!」
俺「止めなさい!」
俺「Yes!プリキュア5 プリキュアがばれちゃった!?」
俺「見てみてみてね!」

俺「この番組は楽しい時を作る企業バンダイとごらんのスポンサーの提供でお送りしました」
俺「またみてね」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:04:37.35 ID:Ol2t7Zqj0
俺・俺・俺に吹いた

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:04:45.73 ID:A+tOXIh40
セリフおこして俺ってつけただけじゃんってのは言っちゃダメなんだっけ

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:07:55.55 ID:O27Gsn4B0
2011/09/04放送 今から一人プリキュアごっこで5第一話を希望の力と共に再現する
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1315094605/
2011/09/11放送 今から一人プリキュアごっこで5第二話を希望の力と共に再現する
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1315704073/
2011/09/18放送 今から一人プリキュアごっこで5第三話を希望の力と共に再現する
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1316310818/
2011/09/25放送 今から一人プリキュアごっこで5第四話を希望の力と共に再現する
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1316915356/
2011/10/02放送 今から一人プリキュアごっこで5第五話を希望の力と共に再現する
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317519958/
2011/10/09放送 今から一人プリキュアごっこで5第六話を希望の力と共に再現する
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318130158/

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:09:11.24 ID:jpocs+Wf0
俺・俺・俺・俺・俺にワロタ


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:09:35.15 ID:UdzYOi/m0
俺が誰なのかわからなくなる

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:11:06.28 ID:iZcAC2aNO
う・・・

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:12:59.26 ID:O27Gsn4B0
いつぞやかのりんとかれんのケンカ回やってほしいって要望はこれでいいか
来週は休むかも

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 21:18:36.83 ID:l7ak6gbl0
俺がゲシュタルト崩壊

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)