5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アゲハ「トラブルハンター参上!」まどか「!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:19:20.19 ID:Ebqk4nvh0
※書き溜めなし、誤字多発により注意

〜始まりの場所〜

ほむら「まただめだった…うんうん、諦めちゃだめ。まだチャンスはある。でも、このままじゃ…」

ほむら「やり方を変えましょ。せめて、誰かの助けを借りないと…あまり使ったことないけれど、ネットの力に頼ってみましょ。もしかしたら、何か有益な情報が手に入るはずよ…」

ほむら「…」カタカタ

ほむら「……」カタカタ

ほむら「だああ!全くわからん!結局武器とかの調達も、図書館とか使ってやったから、全然情報収集のやり方がわからないわよ!うぅ…」

ほむら「2chのほうにも聞いてみたら、『釣り乙wwww』とか『JCぺろぺろ』とかしかかかれないし…あいつらは無能の集まりか!」

ほむら「仕方ない…思い切って検索かけてみるわ。一般人に聞いてもしょうがないでしょうし…キーワードは…『超能力 トラブルハンター』にしましょう!」

ほむら「!!ヒットしたわ。名前は…」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:20:46.87 ID:SehoHSxc0
PSYRENか C

3 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 【東電 73.7 %】 【4.4m】 :2011/10/27(木) 10:21:57.54 ID:1uGq3hAR0
トラブルハンターで12doors1.5を思い出した

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:25:53.44 ID:YzCgwHgh0
そういえば最初はそんな事やってたなアゲハ

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:36:08.89 ID:Ebqk4nvh0
―CDショップ裏

魔女「キシャアアアア」シュウ…

??「お、どうやら怪我はなさそうだな」

??「二人とも、大丈夫かしら?」

さやか「は、はい。なんとか」

まどか「えっと…あなたたちは?」

アゲハ「ん、俺?俺はアゲハ、夜科アゲハ、トラブルハンターだ!んでこっちが」

雨宮「同級生の雨宮桜子よ。馬鹿なこいつが無茶しないように監視する役目を負っているわ。これからよろしくね。」ニコッ

まどか「は、はぁ…」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:36:19.74 ID:DMmFZSak0
これは支援

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:50:31.82 ID:Ebqk4nvh0
さやか「ところで、助けていただき、ありがとうございました!」

アゲハ「いや、助けたのは俺たちじゃねーぞ?助けたのは…あいつらだ。きちんとお礼言っとけ」

まどか「えっと…あなたたちは?」

マミ「魔法少女の巴マミよ。よろしく。」ニコッ

朝河「朝河飛龍だ。少しの間だが、よろしく頼む。」

まどか「は、はぁ…」

アゲハ「そんじゃ、俺たちは先に帰るぜ。また明日な。」

まどか「ちょ、ちょっと待ってください。また明日ってどういう」

雨宮「あら、聞いていないの?私たち、暁美ほむらさんの依頼であなたたちを護衛するのよ?」

アゲハ「そ。だから、これから短い間だけどよろしくな!」b

まど・さや「え、えええええええ!?」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:50:52.99 ID:YzCgwHgh0
桜子はドSかわいい

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 11:03:42.99 ID:JuD56Bc90
マミかわいいよマミ

10 :書き溜めと同時進行だから遅いですごめんね:2011/10/27(木) 11:08:45.91 ID:Ebqk4nvh0
アゲハ「ところで、ヒリューはどうして来たんだ?お前呼んだ覚えは無いんだけど。」

雨宮「はぁ…こんな長い間の護衛なんてやったことないから、私だけじゃあんたを止められないと思ったの。そこで朝河くんに相談したら、報酬半分で快く依頼を受けてくれたわ。ホントありがと、朝河くん。」

朝河「雨宮の頼みなら、どこへでもかけつけるさ。」

アゲハ「ちょ…ちょっと待てよ!報酬半分って、残りの半分を俺達二人で山分けするんだろ?ヒリューのほうが報酬多いってどういうことだよ!!」

雨宮「あら?安心して。山分けはしないわよ。」

アゲハ「ホントか!なら」

雨宮「残りの半分は経費として私が貰うわ。それなら私と朝河くんの報酬は同じだし、なんの不自由もないはずよ。」

アゲハ「うげえ、だと思った。ってかそんなのふこうへ」

雨宮「・・・」

雨宮「なにか?」ニコ

アゲハ「な、何でもないです…」ガクブル

雨宮「よろしい。こいつの処理はしておくから、あとは朝河くんお願いね。報告は明日聞くわ。」

朝河「了解だ。桜子さん。」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 11:15:27.71 ID:BvaLQg+n0
PSYRENってジャンプのか
読んだことはないけど支援だ

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 11:21:16.76 ID:YzCgwHgh0
しかしPSYREN勢はいつの時点なんだろ
魔女に対抗できるってことはもうアゲハもヒリューもPSIは使えてるのか

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 11:28:26.60 ID:Ebqk4nvh0
―マミの部屋

マミ「以上が魔法少女と魔女に関する説明よ。わかってくれたかしら?」

さやか「要するに、人間を襲う魔女を倒す力を得られて、その特典として願い事を一つかなえてくれるんでしょ!」

まどか「さやかちゃん、多分順序逆だよ…」

マミ「フフ、でもあながち間違ってないわ。朝河さんは何かありませんか?」

朝河「…今のところは何もない。ただ…」

マミ「ただ?」

朝河「出来すぎじゃねーか?そんなに簡単に力が手に入って願いを叶えられるなんて、どうも胡散臭い話だなって思えてな。」

マミ「…そうね。でも、その分、私たちの今後の運命はある程度決まってしまうのよ。魔法少女となってしまってはもう、魔女退治からは逃げられない…どんなことがあってもね。」

まどか「マミさん…」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 11:37:16.14 ID:qhF/tfLE0
追尾できるんだったらランスでワルプルさん真っ二つにできそうだな

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 11:44:07.65 ID:Ebqk4nvh0
さやか「聞いていいか分かんないんですけど、マミさんはどうして魔法少女になったんですか?」

マミ「……自分の命を助けるためよ。家族で交通事故にあってね。深く考えてる間もなかったわ。」

さやか「…すいません。やっぱ聞かなかったほうが」

マミ「いいのよ。気にしないでも。とにかく、願い事とかも含めて、契約はじっくり考えてから結んでほしいの。」

QB「ボクとしては、すぐにでも契約してマミを助けてほしいんだけどね。」

マミ「こら!女のことをせかす男はもてないわよ。…そこで相談なんだけど、二人とも、魔法少女体験コースをやってみない?って言っても、私の魔法少女としての活動を見てもらうだけなんだけど…」

さやか「是、是非お願いします!」

まどか「私も!」

マミ「決定ね。それじゃあ、明日の放課後、またうちに来てもらえる?明日から早速やっていくわよ!」

まど・さや「はい!!」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 12:01:49.60 ID:hbysTUAwO
マリーは出ますか

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 12:03:09.39 ID:Ebqk4nvh0
朝河「…巴さん。その体験コース、俺たちも行ってもいいか?」

マミ「え、ええ…でも、あなたたちじゃあ」

朝河「ああ、俺たちは魔法少女にはなれない。でも、しばらくの間アゲハたちがお世話になるからな。お前らの敵である魔女についてしっかりと知っておきたい…っていう桜子リーダーからの作戦だ。」

まどか「あれ?リーダーってアゲハさんだったんじゃ…」ヒソヒソ

さやか「聞いちゃいけないこともあるんだよ。」ヒソヒソ

マミ「ええ、歓迎するわ!男の人がいれば、鹿目さんたちへの万一の危険も避けられるはずよ。こちらからもお願いするわ。」

朝河「分かった。あとでアゲハたちに伝えとくよ。」

さやか「それじゃあ私たちはこれで…」

朝河「俺もアゲハたちのところに戻るぜ。また明日よろしくな。」

マミ「ええ、それじゃあまた明日。」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 12:19:40.33 ID:Ebqk4nvh0
ホテルの一室

朝河「…以上がマミから聞いた話だ。どう思う?」

アゲハ「出来すぎだな。…『サイレン事件』のことを気にしすぎかもしれないけど。そんなうまい話、そうあるもんじゃないよ。」

雨宮「同感ね。…あのキュウベエとかいう珍妙な生物も気になるわね。あれは何者なのかしら?」

朝河「さあな。マミもあんまり知らないみたいだ。ところで、明日の件だが…」

アゲハ「ああ、行くぜ!放課後なら、学校終わってからでも間に合うしな。」

雨宮「…学校行きなさいよしっかり。私も行くわ。相手が何者か分かんなきゃどうしようもないものね。」

朝河「決まりだな。…それじゃあ、俺は帰るけど、雨宮たちはどうするんだ?」

雨宮「私はここに残るわ。ここなら、何かあったらすぐに駆けつけることが出来るし。」

アゲハ「俺もここに泊らせてもらう。雨宮にはさっきビンタ一発で許可もらった。」

朝河「!…先に言っておくがアゲハ、雨宮さんに」

雨宮「私がアゲハに何かさせるとお も う ?」ニコッ

朝河「…なさそうだな。ん?でもアゲハの姉貴は」

アゲハ「…帰るの遅くなるって連絡したら一言『殺す。』って言ったあとに電話切れた…直前に電話が電話機ごと飛ぶ音も聞こえた…帰りたくねえええええ」ガクブルガクブル

朝河「…ご愁傷様。じゃ、また明日な。」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 12:23:55.86 ID:YzCgwHgh0
>>16
マミさんとマリーでおっぱいおっぱい
そして桜子さんとフーちゃんブチ切れですねわかります

20 :エルモア・ウッドは…まだ幼くね? あと飯食ってくる:2011/10/27(木) 12:39:27.96 ID:Ebqk4nvh0
―翌日 マミの家

アゲハ「お邪魔しま〜す。」

雨宮「失礼します」ペコリ

マミ「どうも。今日はよろしくお願いします。紅茶入れますんで少し待ってて下さい」

雨宮「いいえ、お気になさらずに。」

まどか「あ、アゲハさんと雨宮さん!」

アゲハ「う〜っす。いてっ、何すんだよ雨宮!」

雨宮「いくら年下だからって、まだほとんど初対面なのよ?敬語ぐらい使ったらどう?それともあなたは、そんなことすら覚えられないほど退化してしまったのかしら?」ゴゴゴ

アゲハ「今日はよろしくお願いします。まどかさん、さやかさん」ペコッ

まどか「あ、あははは…」

さやか(雨宮さんこえええ)

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 13:00:24.96 ID:8WDBP5Vh0
一応保守

22 :口調が安定しなくて申し訳ない:2011/10/27(木) 13:07:47.74 ID:Ebqk4nvh0
マミ「さ、お二人も適当な位置に座ってください。はい紅茶です。」

アゲハ「さんきゅ…オキヅカイドーモ」

雨宮「よくできました。」ニコッ

マミ「?…さて、二人には一応、昨日のことを話しておきます。終わったら早速行きますよ。」

アゲハ「敬語なんて堅っ苦しいからいいよ。まどかたちに合わせていいから。そっちのほうがやりやすいし。それに魔法少女のことはある程度朝河から聞いたから大丈夫だ。」

マミ「ええ…わかりました。」

さやか「魔女と戦うために、私、こんなもん持ってきました!」つバット

マミ「フフ、お気づかいありがと。感謝するわ。」

さやか「まどかは何持ってきた?」

まどか「えっと…心構えみたいなものとして…こんなの」つ黒歴史ノート

さやか「あはははは、いや〜まどかにはホント負けるわ〜」

まどか「そ、そんなにわらうことないでしょ!もう…」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 13:11:42.30 ID:EsVHyrraO
マジレスするとアゲハは依頼で一万以上貰わない

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 13:13:41.83 ID:Z2TBEeZ90
アゲハは「ヒリュー」じゃなかったっけ

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 13:23:25.32 ID:Ebqk4nvh0
マミ「フフ、心持ちは悪くないわね。…ところでアゲハさんたちは何か持ってきましたか?」

アゲハ「俺とヒリューは何もないよ。でも雨宮はなんか持ってきたんじゃないのか?」

雨宮「ええ、一応戦いになった時の為に、これを」つ日本刀

まどマミさや「」

まどか「そ、そんなものもって大丈夫なんですか!?」アセアセ

雨宮「ええ問題ないわ。これでもこういう戦いは慣れてるの」ニコッ

さやか「負けた…何かに負けた」ガックシ

マミ「…鹿目さんたちの心配はなさそうね。いやある意味危険かも…とにかく、そろそろ行くわよ!準備できてる?」

皆「はい!」

26 :>>23大丈夫 そういうのは後々:2011/10/27(木) 13:38:10.00 ID:Ebqk4nvh0
―廃ビル

マミ「ここね…ここから魔女の反応がするわ。早速入って…」

さやか「!マミさんあれ!」

OL「…」フワッ ヒューン

マミ「大変!急がないと!」

朝河「その心配は無いぜ。マミさん」

マミ「え?」

朝河「まあ見てな。これがおれたちの能力だ!」

朝河「≪ライズ≫!」ダッ

まどか「と、跳んだ!?」

さやか「跳ぶって…ビルの7階くらいまで跳んだよ!」

朝河「捕まえてっと…着地!」ドーン

朝河「ま、こんなもんよ!」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 13:46:19.42 ID:+wa6CznyO
PSYREN×まどかとか俺得すぎる支援

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 13:49:09.80 ID:mvH1957l0
いつもの人じゃないようだが支援するっきゃない

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 13:53:32.50 ID:qRfLWlDm0
ヒリューは雨宮のことを雨宮と呼ぶんだったと思うぜ

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 13:54:35.36 ID:Ebqk4nvh0
まどか「す、凄い!」

さやか「ア、アゲハさんたちも出来るんですか!?」

アゲハ「まあ…出来るけど、あそこまで身体能力上げることが出来るのはあいつくらいだ。」

マミ「あなたたちはいったい…」

雨宮「勿論、ただの高校生じゃないわよ。私たちは『サイレン事件』の関係者よ。その過程でこんな超能力を身につけたの。」

まどか「『サイレン事件』?」

雨宮「あ、そういえば記録がないんだったわね。まあそういうことがあったのよ。」

アゲハ「知らないならその方がいいさ!さ、とっとと中に入ろうぜ!」

マミ「ええ、この女性も魔女を倒せばすぐに目を覚ますでしょ。じゃ、改めて、行くわよ!」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 13:58:50.42 ID:SxN8445hO
今日はいい天気だな

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 14:00:38.50 ID:mvH1957l0
SSスレでのヒリョーさんとドルキさんの頼もしさは異常
窒素装甲を軽くあしらったり島原を一人で壊滅させたり

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 14:07:47.36 ID:OQKngzPh0
ヒリャーさんはセンスの才能はなかったはずだぜ!

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 14:10:45.56 ID:Ebqk4nvh0
―廃ビル奥、結界入口

マミ「見てて…ハッ」ズズズ

まどか「!空間に裂け目が!

マミ「これが魔女のいる結界の入り口よ。」

雨宮「ふむ…この入り口、私たちでも開けられるかしら?」

マミ「どうかしら?やってみないことには…」

雨宮(多分今の感じは≪バースト≫に似てる…だとしたら、この刀に≪バースト≫の力を込めてみれば)

雨宮「ハァ!」スパン ズズズ

さやか「おおお!」

雨宮「こんなもんね。多分いけるわ。」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 14:25:06.31 ID:Ebqk4nvh0
マミ「…皆さん凄いわね。それじゃ、結界に入るわよ。その前に…」

(変身シーンは自己妄想でお願いします。)

マミ「これでよし…じゃ、行くわよ!」

雨宮(…巴マミの胸、意外とあるのね…)

雨宮「…」ペタペタ

アゲハ「なにしてんだ雨宮〜?早く行くぞ〜!」

雨宮「!…見た?///」

アゲハ「何をだ?」

雨宮「もう!…バカ夜科、さっさと行くよ!///」

アゲハ「?…なんだったんだ?」

朝河「…なにやってんだあいつら?」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 14:25:53.88 ID:nC7n3wgQ0
肥料さんのライズにジャンプ力はないぞ

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 14:39:33.09 ID:Ebqk4nvh0
>>36 あれ?ストレングスって身体能力強化だよね? とにかく、そこは「成長した」っていうことでオナシャス

―結界最深部

マミ「あれが、魔女よ。」

魔女「キシャアアア」

まどか「…ゴクッ」

さやか「…使い魔より、何倍もでっかい…」

雨宮「≪禁人種≫(タブー)とはまた違った不気味さね。」

朝河「…とっとと倒しちまおうぜ!」

アゲハ「待ってました!俺の出番だ!」

アゲハ「ハァアア…」ジジジ…

まどか「黒い…球?」

アゲハ「見てな…これが俺の必殺バースト≪暴王の月(メルゼズ・ドア)≫だ!いっけえええ!」

シューン   スカッ

魔女「キシャ?」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 14:43:00.35 ID:+wa6CznyO
>>32
日本イクスプロジア工業の社長でもあるからなドルキさん

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 14:50:30.68 ID:LoEkJeak0
>>37
ヒリョーさんは単なる肉壁だった印象w

かたいだけ

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 14:55:22.87 ID:Ebqk4nvh0
アゲハ「あ、あれ?ホーミングしない…だと…?」

雨宮「ハァ…当たり前でしょ。向こうは魔女で、PSIなんて持ってるわけないんだから。」

アゲハ「あ…そ、そんな…」

朝河「ハハハハ、今日はいいとこなしだな。アゲハ!お前は帰ったほうがいいんじゃないのか〜そのほうが雨宮との雰囲気もいいし。」

アゲハ「な、何を〜」

マミ「…と、とりあえず、行ってくるわ。雨宮さんたちは鹿目さんたちの護衛をお願いします。」

雨宮「ええ、任せて!」

マミ「じゃ、行くわよ〜!」ダッ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 14:58:01.20 ID:oWqx08RHO
バースト波動の極致が見たいな

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 15:06:15.89 ID:LoEkJeak0
どるきさんよりフーちゃんとほむほむのつるぺた同盟が

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 15:12:17.81 ID:Ebqk4nvh0
使い魔「ゾロゾロウジャウジャ」

雨宮「全く…アゲハが使えない今は、とりあえず、まどかさんたちへの邪魔をするやつをかたっぱしから倒せばいいんでしょ?」

朝河「ああ、簡単でよろしい…じゃ、行くぞ雨宮!」

雨宮「ええ!」

朝河・雨宮「≪ライズ≫!」

ザンザンザン ドスドスドヅ


マミ「鹿目さんたちだけじゃない…アゲハさんたちもいるんだもの…かっこ悪いとこ、見せられないよね!」シュルル

マミ「ティロ・フィナーレ!」ズドーン

魔女「キシャアアア…アア」シュン コロンコロン

マミ「ふう…戦いの後の紅茶は美味しいね。」

アゲハ「ん?なんか出てきたぞ?」

マミ「これはグリーフシード…魔法少女が魔法を使うために欠かせないものなの…これをソウルジェムに近付けると…」シュー

まどか「あ、ソウルジェムが綺麗になった。」

マミ「ええ。こうしないと魔法が使えなくなってしまうのよ…あと一回分くらい使えるわ。あなたもどうかしら?」ヒョイ

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 15:19:28.73 ID:+wa6CznyO
シエンタ

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 15:25:51.74 ID:OQKngzPh0
土井さんまだかなまだかな

46 :雨宮→夜科は「夜科」でいいんだよな。どうも混乱しちまう:2011/10/27(木) 15:30:52.81 ID:Ebqk4nvh0
ほむら「いいえ、結構よ。あなたが使いなさい。」ヌッ

まどか「ほむらちゃん!」

アゲハ・雨宮・朝河「!?」

さやか「え…?なんで皆さんそんなに驚いてるの?」

アゲハ「君が…暁美ほむらか。」

ほむら「ええ。はじめまして、でいいのかしら?依頼を受けていただいてありがとうございます。」

まどか「ほむらちゃん…どうしてアゲハさんたちに護衛なんて頼んだの?」

ほむら「…あなたが知る必要はないわ。とにかく、あなたに及ぶ危険を回避する必要があったのよ。」

雨宮「…とにかく、依頼は受けた以上、報酬はしっかり払ってもらうわよ?」

ほむら「ええ、問題ないわ。それじゃ、私はこれで。」

まどか「待って!どうしてこんなことを…」

ほむら「…あなたが魔法少女にならなければいい。それだけのことよ。」スタスタ

さやか「ちょっと転校生!?ああ行っちゃった…」

マミ「さて、帰りましょ。これ以上ここにいてもしょうがないわ。」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 15:31:54.98 ID:NdtlRSl60
毒物使う人は10年代屈指の悪役だと思ってる

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 15:35:31.68 ID:OQKngzPh0
アゲハ達の時間軸はミスラ倒したあとか

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 15:43:10.26 ID:Ebqk4nvh0
アゲハ「悪い、俺は少しここに残る。」

雨宮「どうしたの?」

アゲハ「…少し、コツをつかみたい。」

朝河「…わかった。俺も残る!」

雨宮「朝河くんまで!…まあいいや。それじゃあまたホテルで落ちあいましょう。ほどほどにね。」

アゲハ「ああ、解ってる。」

マミ「じゃあ、私たちは帰りましょっか…帰ってケーキでも食べましょ。」

さやか「わーいやった〜!」

まどか「さやかちゃん…」

マミ「フフフ…可愛いところあるじゃない。」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 15:57:36.66 ID:LoEkJeak0
>>47
湯坂さんいいよな

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 15:58:08.71 ID:Ebqk4nvh0
アゲハ「ったく…何で残ったんだよ!一人で練習したかったのに〜」

朝河「お前の考えることなんて大体分かるさ。俺だって同じ理由さ。俺だって魔女に聞くようなバーストを作りたいんだ。そいつらを使ってな。」

使い魔たち「バレタ!?」

朝河「気丈に振舞ってるけど、彼女はまだまだ詰めが甘いな。あんなに気を張ってたんじゃ、いざという時に壊れそうだな。」

アゲハ「ああ、だから俺たとが早く力になってやんねーと…依頼を受けた意味がないぜ!」

朝河「同感だ。あ、半分ずつな。俺は右半分をやる。お前は左。」

アゲハ「ああ。行くぜヒリュー!邪魔すんなよ!」

朝河「おう!」

ドンドン スカッ ダグダグ スカッ…ドカッ

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 16:09:51.79 ID:OGZvLTWE0
まどかって名前だけで雨宮さんが即殺しにかかるだろ・・・

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 16:10:10.42 ID:Ebqk4nvh0
―あれから数日

雨宮「初めの魔女体験コース以来、三人で鹿目さんたちの護衛につくことが日課になったわ。まどかさんたちに被害も出てないし、マミちゃんの魔女狩りも順調よ。」

雨宮(まあいつも終わった後にアゲハたちに後処理を任せてるのは秘密だけど…私抜きで何してるのかしらね。『男の秘密』って言って教えてくれないけど)

雨宮「報告は以上よ。ほむらさん」

ほむら「ええ、ありがとう。」

雨宮「…そろそろ教えてくれてもいいんじゃないかしら?どうしてまどかちゃんたちの行動があんなに的確にわかるのかしら?」

ほむら「さあ、なんでかしらね?」

雨宮「もしもこれが電話じゃなくて、あなたが目の前にいるなら≪トランス≫と使って力ずくでも心を読むのに。残念だわ。」

ほむら「ええ、それは困るわ。色々とね。」

雨宮「…一つだけ約束して。まどかちゃんたちを不利にしないで。もしも殺そうとしたら…容赦なくあなたを斬るわ。」

ほむら「…それはないわ。むしろ…」

雨宮「それじゃあ、またどこかで会いましょ?」ガチャ

ほむら「…まどか」

ほむら(弱気になってどうする私!あの人たちなら、きっと大丈夫だから!)

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 16:20:41.69 ID:Ebqk4nvh0
―翌日、病院にて

さやか「恭介、入るよ?」

上条「うん、いいよ。」

さやか「じゃあ、お邪魔します…えっと、この前恭介がほしいって言ってたCD買ってきたよ。『英雄』だったっけ?」

上条「おお、良く見つけてくれたね。さやかはCDを探し出す天才だね。…いい曲だよ。一緒に聞くかい?」

さやか「えっと…うん!」

音楽(かっこつけてるつもりで得意になって〜 大事なことは全部置き去りにしちゃって〜)

さやか(そうだね、いい曲だね。でも、恭介の隣で聞けるのが、私は何よりうれしいんだよ…。)

上条(確かにいい曲だけど…ホントは『英雄』違いなんだけどね。ま、さやかが隣にいるからそれでいいかもね。)

さやか「じゃあ、そろそろいくね。」

上条「うん。また来てね。」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 16:23:00.30 ID:DMPLjSKeO
ヒリョーさん思い出してワロタ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 16:24:06.39 ID:wPu4fFp4O
初期のアゲハは痛い

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 16:26:50.67 ID:NwUd2fli0
>>48
ミスラ撃破後のスペックまんまだったらクリームヒルトすら倒せるじゃねーか

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 16:32:26.85 ID:awFK+8AA0
朧のキュアで上条の腕がノーリスクで治る

さやかちゃん契約しなくて済む

朧の生命融和でソウルジェムと肉体融合させて元の人間に


やったー!

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 16:33:23.28 ID:Ebqk4nvh0
まどか「あ、さやかちゃんお帰り。どうだった?」

さやか「いつも通り元気そうだったよ。CDも喜んでくれたし。」

まどか「そっか…良かったね。…!」

さやか「な!?これは、グリーフシード!」

QB「まずいね。もう孵化しかかってる。危険な状態だよ!」

さやか「んなこといったって、ここは病院だよ!ここで孵化なんかしたらどれだけの人が犠牲になるか…」

まどか「ど、どうしよう?」

まどか(まだアゲハさんたちは来てないし…どうしよう…)

さやか「よし、まどかはマミさんを連れてきて。私はここに残ってグリーフシードを見張る。」

まどか「そんな!危険だよ!」

さやか「危険でも、誰かが犠牲になるよりマシよ。」

QB「僕もここに残るよ。いざとなったら僕が契約することが出来るし。」

まどか「…わかった。すぐ呼んでくるから待ってて!」ダッ

QB「そろそろ結界が張られるころだね。そうなったら戻れないから気をつけてね。…来るよ。」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 16:34:27.54 ID:OHlMFojt0
我らがドルキさんはまだですか

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 16:35:42.41 ID:g+T5AOGO0
遊坂さんがGSやソウルジェム飲み込んでキャンディマン発動したら何出てくるんだろうか

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 16:40:31.60 ID:mvH1957l0
バールのようなものが出てくるんでね

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 16:41:39.89 ID:hbysTUAwO
英雄いい曲だよな
ウルトラマン主題歌なのに

64 :ドルギさんは次回作があったら出すかも だから我慢して:2011/10/27(木) 16:48:17.75 ID:Ebqk4nvh0
―病院前

マミ「ここね…時間的に見ても、今からいけば十分間に合うはずよ。鹿目さんも一緒に来るでしょ?」

まどか「はい、お願いします!」

マミ「じゃあ、私の後ろにしっかり隠れてなさいよ!」

マミ(アゲハさんたちがいなくたって…私だけでも、二人を守りきってみせる!)

マミ「二人は多分最深部ね…早く行って安心させないと。」

ほむら「待ちなさい!」

まどか「ほむらちゃん!」

マミ「悪いけど、QBたちが奥で待ってるの。先を急がせてくれるかしら。」

ほむら「この先にいる魔女は、今までとは違うわ。アゲハさんたちに連絡したから、それを待ちなさい。」

マミ「時間がないの!邪魔するなら、悪いけど、少し静かにしてもらえるかしら!」シュルル

ほむら(く、またリボンで…)

マミ「安心して。帰るときにちゃん魔法は解いてあげるから。さ、鹿目さん行くわよ。大丈夫、私だってベテランなんだから!」ダッ

まどか「ほむらちゃん…はい!」ダッ

ほむら(くっ…やっぱり抜け出せない。アゲハさんたち、急いで!)

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 16:52:54.75 ID:dc869pjr0
俺の幻視が雨宮さんにトランス食らってズタズタにされるシャルロッテを捉えた

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:00:47.57 ID:Ebqk4nvh0
―最深部

マミ「大丈夫?」

さやか「うん、平気!」

QB「気をつけて。出てくるよ。」

さやか「あれが、魔女?」

シャルロッテ「…」チョコン

まどか「前回のと比べて、ずいぶん小さいような…」

マミ「まあ、どんな相手だろうと、負けるわけにはいかないわ!二人は後ろに下がってて!」

マミ「悪いけど、今回は速攻できめさせてもらうわ!」

(戦闘音だけお楽しみください)ドーン クルン ドーン ズドン

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:06:30.01 ID:OGZvLTWE0
なんて平和な戦闘音なんだwwww

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:11:42.72 ID:mCNJqhs70
       _
    , 'l´| | |`ヽ
    | 二二二 |
    |=≡三○|
     .ヽ__∇_ノ     <キャハハハハハハハハハハwwwww
⊂llllllll二  //二llllllll⊃
  ||   |三三|  ||
  ||   ||||=||||  ||
  || /;;;;;;;;;;;;;;;;;\||
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ∩∪∩∪∩∪∩∪
  \:::::::::::::::::::::::::::::/
   \;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
     .WWWW


PSYRENに出てくる↑の禁人種ってもしかしてワルプルギスの姉妹品なんじゃね

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:15:36.71 ID:Ebqk4nvh0
マミ(体が軽い…こんな気持ち初めて)

マミ(もう、何も怖くない!)

マミ「使い魔は大体倒しきった。後は魔女だけ!一気に決めるわ!」ドーン バチーン シュルル バシ

マミ「ティロ・フィナーレ!」ドドーン

シャル「」→シャル本体ニュルン

マミ(!しまった…避けられない)

まど・さや「マミさん!」

マミ(そんな…ここで死ぬの?そんなのいやだ。嫌だ!誰か…だれか)

(助けて!)ギュ

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:23:29.24 ID:LoEkJeak0
マミった

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:24:26.43 ID:g+T5AOGO0
ここでマミさん助けたらマリーよろしくおっぱいでキュッしてもらえるぜハゲアさん

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:26:37.40 ID:wPu4fFp4O
マミさんのおっぱいに突き刺さるアゲハの鼻

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:30:09.10 ID:Ebqk4nvh0
「≪バースト≫ドラゴンテイル!」ドカン!

シャル「キシャ!?」ドサッ

まどか「え?」

さやか「あれは…龍のしっぽ?」

マミ「まさか…」


朝河「ふう…間一髪、ってところか?みんな、怪我は無いか?」

まどか「は、はい!」

さやか「それにしても、どうやってここを?」

雨宮「ほむらさんから連絡があったのよ。もう大丈夫よ!さて…」

朝河「マミさん…立てるかい?」

マミ「あ…あぁ…」ガクガク

朝河(聞いてない…無理もないか、ずっと無理してて心的に辛かった時にこの恐怖は、心を折るには十分だ…)

朝河「安心しろ。もうマミさんに危害は与えさせない。俺たちが守ってやる!」

マミ「!は、はい…」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:31:33.84 ID:Xxz1ZfAI0
ヒリョーさんかよwwww

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:32:35.37 ID:bY2wqhJ0I
幼女を守るロリコンでないかねぇ

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:33:27.72 ID:g+T5AOGO0
.                r、ノVV^ー八
.               ' |:::::::;:::: |::::::^vィ     / 場 .マ ま ヽ
.               ,}:::::::::::l:::::::::::::::::::.イ    |.  面 .ミ だ  |
               )|:r八‐-V─八::::::(    |.  じ る    |
.              |:.} __、.,__、}f'〉{     |.  ゃ よ     |
               ,ヘ}. `'` | `'` |ノ::.'    |.  な う     |
.               ゝ|、  、,   lト:r゛    ヽ い な    /
                 __ム、 -=-  /゙トr-、_.     \      /
        , __ ,ィイ´ |:| \二/ 〃   ``i,r-- 、_  ̄ ̄
     〃/ '" !:!  |:|  :、 . .: 〃   i // `   ヽヾ
     / /     |:|  ヾ,、 `  ´//  ヽ  !:!      '、`
      !      |:|  // ヾ==' '   i  i' |:|         ',
.      |   ...://.  l       / __   ,   |:|::..       |
  とニとヾ_-‐'  ∨ i l  '     l  |< 飛  ヾ,-、_:: :. :: .ヽ
 と二ヽ` ヽ、_ ::{:! l l         !  |' 龍__ -、_,ド ヽ、_}-、_:ヽ

77 :まーみん ◆gPWlwXt2NI :2011/10/27(木) 17:33:37.45 ID:UBx99N89O
サイレンSSとか嬉しすぎる支援

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:33:48.93 ID:wPu4fFp4O
アゲハ達って高1じゃねっけ

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:36:45.82 ID:/zb4h+eo0
さすが俺たちのヒリョーさんだぜ!

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:41:35.13 ID:C7Z+JW2w0
>>75
ジュナス「中学生なんてのはなババアなんだよ」

81 :まーみん ◆gPWlwXt2NI :2011/10/27(木) 17:41:39.31 ID:UBx99N89O
アゲハ→雨宮、ヒリュー
雨宮→夜科、朝河くん
ヒリュー→夜科、雨宮

82 :ヒリュー→夜科って「夜科」だったっけ?アゲハだと思ってたわ:2011/10/27(木) 17:45:45.78 ID:Ebqk4nvh0
雨宮「まどかちゃんたちは私が、マミちゃんは朝河くんが守るとして…夜科!わかってるわね?」

アゲハ「ああ、問題ねえ!特訓の成果を見せてやる!ハァ…」

ジジジ

雨宮「!また≪暴王の月(メルゼズ・ドア)≫を!でもあれは魔女には効かなかったんじゃ…」

アゲハ「甘いな雨宮、俺たちがどうして魔女退治以降も残ってたと思う?使い魔から魔女のもつ魔力のパ

ターンを分析、それを≪暴王の月(メルゼズ・ドア)≫の『プログラム』のなかへ入れるためだ!」

雨宮「そんなことを…」

朝河「おかげで俺たちの≪バースト≫は魔女に届くようになった。ようやくな。」

シャル「…グググ!キシャアアアア!」

アゲハ「魔女、ようやく起きたか…だが、少し遅かったな。…チャージ完了だ。」

アゲハ「いけ、≪暴王の流星(メルゼズ・ランス)≫」ヒュン

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:47:16.75 ID:wPu4fFp4O
ん?魔女の波動?

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:47:59.98 ID:wPu4fFp4O
じゃなかった魔力か
魔力に反応って嫌な予感ががが

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:49:23.99 ID:WdNhiII10
セセリは

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:51:31.61 ID:/pLBsNB70
ライズ本来の力だと幼少シャオですらマッハ440の空中放電を軌道を見切った上で素手で払うような化物どもだからなこいつら

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 17:55:26.25 ID:P+H9BE5t0
本編では不遇だった分ssでは輝いてるなドラゴンさん

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 18:00:55.24 ID:Ebqk4nvh0
ヒューッ バシュ

シャル「!?キシャアアア」

まどか「黒い球が…曲がった!?」

さやか「あれが…アゲハさんの能力…」

シャル「キシャ…アアア!!」ギュイーン

さやか「あの魔女!まだ!?」

まどか「アゲハさん危ない!」

マミ「…っ」ギュッ

雨宮「いや、夜科の勝ちよ。」

朝河「ああ。決まったな。」

アゲハ「…皆安心しな。≪暴王の流星(メルゼズ・ランス)≫のホーミングは、二回だ」

ヒュン ピタッ ザシュン

シャル「キシャ!?…シャア…」シュー コロン

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 18:09:24.62 ID:Se5WWTYZ0
C

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 18:10:45.62 ID:Ebqk4nvh0
まどか「あ…勝っ…たの?」

さやか「い、いやったあああ!」

マミ「…」ポカーン

朝河「へっ、やるじゃねーか。」

アゲハ「お前との特訓のおかげだぜ、サンキューな、ヒリュー!」

雨宮「ま、この程度は夜科には余裕でしょ?」

アゲハ「相変わらず手厳しいな〜雨宮は。」

マミ「えっと…その…」

アゲハ「…話は後だ。その前にやることがあるだろ?」

使い魔「ヤラレヤクヤラレヤク」ウジャウジャ

マミ「ええ、そうね。それじゃ、さっきの汚名挽回と行きましょうか!」ダッ

まどか「こういうときは…」ボソッ

さやか「聞かないほうがいいこともあるって」ボソッ

アゲハ「ん?マミがなんか変なこと言ったか?」

雨宮「………」ゴゴゴ

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 18:12:03.77 ID:Bfb89ADtP
汚名は返上するもので挽回しちゃダメなんだぜ

92 :まーみん ◆gPWlwXt2NI :2011/10/27(木) 18:12:07.10 ID:UBx99N89O
サイレン知らない人へ

暴王の月
応用性が高く、殺傷力の強いバースト
流星
遠距離攻撃プログラム
遠距離から一方的に攻撃できる。PSYに反応するので、高レベルのライズやバーストを使えない相手にはほぼ必中


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 18:19:15.80 ID:Ebqk4nvh0

ほむら「あ…」

マミ「ふう、遅くなったわ。これで頭冷やしてくれたかしら?」

ほむら「あ…あああ!」ブワッ

マミ「え?ど、どうしたの!?」

ほむら「ぅぅぅ…よかった…」

まどか「大丈夫?」

ほむら「…」ゴシゴシ

ほむら「ええ、問題ないわ。取り乱してごめんなさい。」

さやか「マミさんが生きてたことが泣くほど嬉しかったんだね。いや〜転校生にも可愛いところあるじゃないですか〜見直したよ。」ニヤニヤ

ほむら「美樹さやか…次はあなたね。」

さやか「え?」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 18:20:41.01 ID:0Tek2UJtO
本編終了後アゲハならホーミングとかなくてもメルゼズ操ってただろ

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 18:23:03.97 ID:Hq+ET3SEO
マミさん安定のウザさ

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 18:31:47.84 ID:Ebqk4nvh0
雨宮「それはどういう…」

ほむら「では、引き続きお願いします。アゲハさん、雨宮さん、朝河さん」

アゲハ「ああ!任せてくれ!」

ほむら「では。」スタスタ

雨宮(行ったわね…意地でも≪トランス≫して情報を聞き出すべきだったかしら?いや、むやみに心の中

を読むのは良くないわ。それより)

雨宮「さやかちゃん…なにか気になることでもある?」

さやか「え?い、いえ…何も?」

雨宮「…何でもないわ。さ、行きましょ?結界もそろそろ閉じるわよ。」

まどか「あ、はい!」

雨宮「それと、マミちゃんたちを送ったら、夜科と朝河くんはすぐにホテルに戻るわよ。疲れたし、少

し相談したいことがあるの。」

アゲハ「おお。分かった。」

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 18:38:38.45 ID:g+T5AOGO0
そろそろこまめに支援が必要な時間帯になるか

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 18:40:03.26 ID:Ebqk4nvh0
―マミの家

アゲハ「それじゃあ、俺たちはこれで」

朝河「あんまり無理すんなよ?また一人で突っ走るとロクなことにならないからな。」

マミ「ええ解ってる。もう大丈夫よ。」

朝河「ならいいんだ。それじゃ」

マミ「あ、少し待ってください!」

朝河「?」

マミ「えっと…あった。はいこれ」つ一万円札

朝河「なっ!?これはどういう…」

マミ「たしか、暁美さんがトラブルハンターを頼んだのはアゲハさんと雨宮さんだけですよね?だから、私が正式に朝河さんに依頼します。

朝河「え?いいのか?」

マミ「はい!どうか、鹿目さんたちを守ってあげてください。未熟な私の代わりに。これは前払いです。」

朝河「…わかった。朝河飛龍、たしかに依頼を受けたぜ。」

マミ「ええ、これからよろしくお願いします!」

朝河「おう!じゃあまた今度!」ダッ

99 :まーみん ◆gPWlwXt2NI :2011/10/27(木) 18:43:19.06 ID:UBx99N89O
ヒリューさんはいい男だよ
ヒリューさんにならマミさんを任せられる

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 18:48:31.09 ID:4/LEzqcc0
弥勒「あれ?俺の出番は…?」

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 18:51:26.87 ID:Ebqk4nvh0
―ホテルの一室
アゲハ「それで、話ってなんだ?」

雨宮「ええ、いくつか気になったことがあったの。少し意見がほしくてね。」

朝河「?俺たちで役に立つかどうか…まあいいけど。」

雨宮「ありがとう。…まず一つ。暁美ほむらについてよ。彼女は良く知りすぎてる。」

雨宮「イレギュラーだと思っていた病院でのグリーフシード騒動も、まどかちゃんたちが見つける前に救援の連絡を送ったって考えたほうがいいわ。そうじゃなきゃ、とてもじゃないけど間に合わないもの。」

アゲハ「う〜ん…たとえば、未来を知ることが出来るっていうことか?」

雨宮「少なくとも『予知能力』のようなものは持っていると考えるべきね。それがどこまで正確性のあ

るものかは別として。」

朝河「んにしても、いったい何が目的なんだ?まどかちゃんの護衛っていう依頼だけで他は何も教えてく

れなかったんだろ?」

雨宮「さあ…そこの部分も、今度聞いてみたいわね。もう一つ、そのことに関してだけど」

アゲハ「『美樹さやか…次はあなたよ』だっけ?」

雨宮「ええ、あれの意味がわからないの。もしも彼女が予知能力者であるなら、その意味はいいもので

はないわね。」

朝河「次に危険が及ぶのはさやかちゃん…かもしれないわけか。」

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 18:52:10.52 ID:g+T5AOGO0
ヒリュー「一万円なんかいらないからその胸をマミマミさせてくれないか」キリッ

103 :まーみん ◆gPWlwXt2NI :2011/10/27(木) 18:57:38.17 ID:UBx99N89O
ところで、ヒリューさんが雨宮さんのことまだ好きってことは少なくとも最終回の後ではないんだよね?

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 19:00:58.37 ID:vkkp9Ypt0
        ∧ /| __
     __..:::{>゙´: : : : : : : `ヽ-.、
    _//: : : : : : : : : : : : : : : : ∧∧
   `フ./.: : : : : : ;i : : : : : : : : : : {: :} ; ‐-.、     _/\/\/\/|_
   ,´: :i : : /!/|∨l: : :i!: : : : : : : : ;' : : : : : :`ゝ   \          /
.   i: :/: : :/yr=ミ:、.!: : j|:/i: ; :i: : : :! : : : : : : : !    <  アゲハサン!  >
.  ノ 1 /: :i {_ヒri}゙ w//行ミt.:!: : : | : : : : : : : |   /          \
   {∧: :| ' ' ' ,   ゙:ヒrリ.》|: j-、; : : : : : : |`    ̄|/\/\/\/ ̄
.      Y\  {ニニニィ  ; /.ノ|/!:∧:ト、 j
          > ∨    } ノ /:'`ヽ、__′ i! .)'
.         j _|_゙こ三/____/  `ヽ-、
          ヽ 〉:::::`x__x:´::::::::ヘ    ハ_
           }:::::::::::{::{:::::::::::::::::}    i / ` ‐ 、__     
          ∨;::イ|_|:|、::::::::::/ `ヽ__!、_     `Y
.           /`|:| |:|  ̄ ̄      `、‐、ノ   |
        /||'   !:! !:ト、             \}    ',

105 :メモ帳の自動改行ウゼエエエ!:2011/10/27(木) 19:01:37.44 ID:Ebqk4nvh0

雨宮「だとしたら、今後はさやかちゃんへの警戒を強くするべきね。もしかしたら、応援も必要かも。」

アゲハ「まあまだ大丈夫だろう。とりあえず、当面の危機は無いみたいだしな。」

雨宮「最後に、これはちょっとした疑問なんだけど、キュウベエはどこにいるの?」

アゲハ「え?そりゃあ…まどかたちと一緒にいるんだろ?」

雨宮「いや、その後よ。確かにさやかちゃんと一緒にマミちゃんを待ってたらしいわ。問題は、私たちがマミさんの前に現れてから、どこに消えたの?いやむしろ」

雨宮「私たちの前に最後に現れたのはいつ?」

アゲハ「確か…初めの時だけだ」

朝河「俺の前にはよく現れるけどな。」

雨宮「どういうこと…?」

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 19:04:29.81 ID:g+T5AOGO0
>>104
   |\  |;;;;;;;;\ |;;;;;;;;;;;\从人
   |;;;;;;\|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\|\
 |\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ソ
ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ソノ|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;从
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/ |;;||;;;;;;;;;;;;;;/|;;;;;;;| \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|;;;;/ || .|;;;;;;;;;;;/ |;;;;|.  \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;从
;;;;;;;;;;;ノ|;;;;;/;;;|;;/;;;;;;.| .|;;;;;;;;/  .|;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;从
;;;;;;;;;l l;;;/;;;;;;|/;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;/;;;;;;;;.||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨|ノヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;从
;;;;;;;;| l;/ ̄ ̄ ̄ ̄\;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ̄ ̄ ̄ ̄  |;;;;;;;;;;;;;;;;;从
;;;;;;;;|   =≡≡≡ミ;;;\丿;;;;弋/≡≡==.    |;;;; ヘ;;;;;;从
;;;;;;;;|   /  ( ●゚) ゝ;;;弋;;;;;;丿イ ( ●゚) ゝ  .|;;/ヘ/;;;/
.ヽ ;;|  `;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ソ  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   llヘ/;;/|
へヽ|i!        ;;;;;;;;;;              |lノ)/;;/
ヘ  .i||         ;;;;;;; │            .l /;;;|/
\ 《|i!         ;;;;;;;;; ↓          /;;;从
  ヽ i|          ;;;;;;` ´        /|从   ________
     \     ノ匕二二二二弋     / |    /
      \    ll|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l||    /;;;;|  <  マドカァーーーーーーー!!!!
       |\  l/ ̄ ̄ ̄ ̄\|   /;;;;;;;|    \
.       |;;;;\ |         /   /;;;;;;;│      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ┤;;;;;;\弋       /  ./;;;;;;;;;;├
.      / | ;;;;;;;;;;\  ̄二 ̄  /     |  \
    /   |  ;;;;;;;;;;;;  ̄ ̄ ̄       |   \

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 19:09:13.76 ID:Ebqk4nvh0



QB「…ふむ」ジー

QB「悪いけど君たちの能力≪トランス≫を使われると、ボクの計画に重大な欠陥が生じかねない。や

はり君たちは危険な存在だ。」

QB「さて、ボクも動かせてもらうよ。佐倉杏子を使わせてもらう。ここからが本番だ。フフフ」

108 :>>106 お茶噴いたじゃねーかwww掃除してくる:2011/10/27(木) 19:15:13.53 ID:Ebqk4nvh0
―隣町

QB「佐倉杏子。君に話がある。」

杏子「ハァ…ハァ…なんだ?」

QB「見滝原にイレギュラーな人たちいる。君たちの敵になるかもしれない存在だ。」

QB(まあ魔女になってからの話だけど)

杏子「えっと…見滝原にはマミがいたはずだぞ?よし、まだバレテないな。」

QB「マミはすでにイレギュラーの手に落ちている、被害が広がる前にそいつらを排除してほしい。」

杏子「めんどくせ〜。けどま、暇つぶしにはなるかな?オッケー引き受けた!」

「おいこっちだ!捕まえろ!」

QB「…ところでさっきから君はなんで逃げてるんだい?」

杏子「こっちがしりたいわ!!!じゃあまた今度な!」ダッ

QB「行ってしまった。でもこれで問題ない。さあ、どうする?」

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 19:22:01.45 ID:LoEkJeak0
ほしゅ

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 19:22:02.07 ID:Ebqk4nvh0
―数十分後

杏子「ハァ…ハァ…なんとか巻いたみたいだな。」

??「いや〜ごめんごめん。巻き込んじまって」

杏子「てめええ!どういうつもりだ!答えによっちゃあただじゃすまさねーぞ!」ギリッ

霧崎「向こうが悪いんだよ!あそこで暇そうにしている女がいたからお茶だけでもって思ったらさ〜話しかけたらどっかの組長の親戚の親戚だったんだよ。」

霧崎「そんで組長がキレて手下けしかけて俺を捕まえようとしたんだよ。」

杏子「で、偶然通りがかったアタシを身代わりに差し出そうとしたと。」

霧崎「そ。まあ捕まっても事情説明すれば帰してくれると思ったんだけどね。いや〜呑み込みが早くて助かる」

杏子「…」ヘンシン シュン

霧崎「え?今のどうやって」

杏子「…ぶっ殺す!」ザンッ

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 19:25:09.02 ID:LoEkJeak0
カブトwww

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 19:28:24.84 ID:KENN6XPT0
公式チートきた!

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 19:32:34.40 ID:Ebqk4nvh0
霧崎「うおっ!?い、いきなり何すんだよ!」

杏子「へえやるじゃん、私の槍を避けるなんて。じゃあまだまだ行くよ!」ザザザン

霧崎「ぎゃああ!」

霧崎(やべええ、こいつ殺気を出しまくってやがる!と、とにかく避けねーと!)

ヒョイ ヒョイ ヒョイ

杏子「なっ!?あ、当たらねえ!?てめえどういうつもりだ!」

霧崎「いやいや当たったら死ぬから!許して下さい飯おごるから!」

杏子「…ホントか?なら許してやる。お前、名前は?」

霧崎「名前?俺は霧崎兜。あ、ちなみに彼女募集中だぜ!」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 19:38:06.46 ID:Ebqk4nvh0
杏子「…」シャキン

霧崎「さっきは調子乗ってすいませんでした。」

杏子「全く…佐倉杏子だ。あ、飯は一回だけじゃないからな?当分の間隣の見滝原に行くから、そこにいる間はずっとおごれよ?」

霧崎「え、ちょ、それはいくらなんでも強引」

杏子「…」チャキン

霧崎「鬼!悪魔!ヒトでなし!菩薩!」

杏子「…何とでも言え。それに私は既に悪魔だよ。神の使いを殺した、な。」

霧崎「…?」

杏子「ほら、行くぞ霧崎!」

霧崎「ハァ…もうやだ。」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 19:44:09.40 ID:Ebqk4nvh0
―病院

上条「さやかは、ボクをいじめてるのかい?」

さやか「え?」

上条「もう僕の手は動かないのに、どうして音楽を聞かせようとするんだい!もうやめてよ!」

さやか「でも、諦めなければ」

上条「諦めろって言われたんだ!奇跡でも魔法でもない限り腕は治らないって!」

さやか「あるよ…奇跡も、魔法も、あるんだよ!」

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 19:48:54.26 ID:Ebqk4nvh0
まどか「仁美ちゃん…」

仁美「アハハハ…こっちにいらっしゃい…」

アゲハ「まどかは下がってて」

アゲハ(くそっ…操られている人間相手に戦闘は)

雨宮「夜科!油断しないで」

男「ウヘヘヘ…ドルギ様バンザイ…」ガシッ

アゲハ「しまっ…」

まどか「きゃああ!?」

アゲハ「!?魔女の結界が、」

朝河「くっ…間に合え!」

??「だあありゃああ!」ザン ザシュザシュ

まどか「え?」

さやか「これで、とどめだあああ!」シュン ザシュシュ!

魔女「キエエエエ…」シュー コロン

さやか「いや〜間一髪だったね〜大丈夫?」

117 :まーみん ◆gPWlwXt2NI :2011/10/27(木) 19:50:18.25 ID:UBx99N89O
×ドルギ
○ドルキ

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 19:50:36.87 ID:5ttiyEbW0
なんか変なのが混ざってたぞ

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 19:52:28.41 ID:wPu4fFp4O
ドル……ん?

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 19:54:37.16 ID:Ebqk4nvh0
まどか「さやかちゃん…どうして?」

さやか「心境の変化って言うやつ?まあそんなところだね」

雨宮「…どういうこと?」

さやか「契約したんです。恭介の腕を治すことを願って。」

マミ「そう…その願いで、あなたは一生の運命を決めてしまったのよ?本当に後悔は無いの?」

さやか「ありません。恭介の曲が聞けるなら、私はそれで構いません。」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「安心して!この町の平和は、この新人魔法少女、さやかちゃんがジャンジャン守っちゃいますからね〜」

ほむら「美樹さやか…」

さやか「転校生…何か言いたいことでもあんの?」

ほむら「あなたはどこまで愚かなの?契約してしまうなんて…」

さやか「私は私の願い事の為に契約したの。あんただってそうでしょ?あんたに責められる筋合いはないよ。」

ほむら「そう…残念ね。」

雨宮「何のことかしら?」

ほむら「いえ、何でもないわ。それじゃ。」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:00:15.97 ID:Ebqk4nvh0
―ホテル
雨宮「どういうことかしら?」

朝河「さあ…これがほむらちゃんの予知した通りなのか?だとしたら」

アゲハ「なんでそんなに契約に嫌悪感を示したのか。問題はそこだな。」

雨宮「…やはり、魔法少女には何か秘密があるって考えたほうがいいわね。決めたわ。もし今度ほむらちゃんに会ったら≪トランス≫で否が応にも聞き出す。彼女の真意が読み取らなくちゃ。」

アゲハ「ああ、頼む。

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:02:40.71 ID:LoEkJeak0
雨宮さんの脳みそくちゅくちゅが始まるのか…

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:02:56.34 ID:hbysTUAwO
時系列にもよるが、既にワルプル相手でも余裕な面子である

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:06:56.92 ID:5NYJgoC70
雨宮さんにしては割と自制した方だな

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:07:00.28 ID:6mpFUn6y0
ノヴァ習得アゲハ
心鬼紅骨所持雨宮
ヨヨ覚醒カブト
禁人種化朧
完全体ドラゴン飛龍

最終時だとワルプルがひっくり返っても無理だな

126 :まーみん ◆gPWlwXt2NI :2011/10/27(木) 20:11:33.61 ID:UBx99N89O
アゲハ一人でも余裕

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:11:44.70 ID:Ebqk4nvh0
―翌日
さやか「え?私一人でですか?」

マミ「ええ、少し一人で回ってみたらどうかなって思ったの。魔法少女って大体一人だからね。こういった経験も重要になると思うの。」

さやか「はい、わかりました!頑張ります!」

まどか「わ、私も一緒に行ってもいいかな?」

さやか「うん!おねがいね!」

アゲハ「やれやれ…俺たちも暇は無いな。」

雨宮「依頼受けたんだからぼやくな!ったく情けない。」

さやか「じゃ、ちゃっちゃといってみよう!さあいこう!魔法少女さやかちゃん、いっきま〜す!」

まどか「お〜!」

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:15:12.99 ID:6mpFUn6y0
ジュナス「カプリコが魔法少女になったんだが…」

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:15:22.46 ID:l+w4lQK+0
>>125
>完全体ドラゴン飛龍
そらをとぶしか使えないドラゴンだけどな

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:17:32.17 ID:g+T5AOGO0
>>128
魔法少女の真相知ったらキュゥべえのスペアがなくなるまで抹殺しそうだな

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:20:34.63 ID:Ebqk4nvh0
さやか「えっと〜確か反応はこの辺にっと…お、いたいた」

使い魔「イッピキダケ」キョロキョロ

さやか「さ〜て、この魔法少女さやかちゃんがあいてだ!覚悟しろ使い魔!」

シュン ガチン カチャン

使い魔「タスカッタ?」スタコラサッサ

さやか「な?何するんだ?」

杏子「何やってんのさ?開いては使い魔だぞ?倒してもグリーフシード落とさないじゃねーか。もう少しあいつが人間食うまで待てって。」

さやか「な、何言ってんのよあんた?」

杏子「はぁ…お前、魔法少女を正義の使者か何かと勘違いしてねーか?だとしたら、ハッ、お笑いもんだな。全く、そんなことも教えないから変な奴の仲間になったりするんだよ。」

さやか「なんだと…マミさんやアゲハさんたちを馬鹿にしたな!…許さない!私が、ぶっ飛ばしてやる!うおおおおおお!」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:25:33.82 ID:Ebqk4nvh0
杏子「ぶっ飛ばす?やれるもんなら、やってみろよ!」バシン ドン

さやか(く、なかなかやる。こいつ、強い!)

杏子「は、動きがのろいぜ!ええ、新人さんよお!」バシ

さやか(しまった。槍に捕まった!まずい)

杏子「チョイサー!」ブン

さやか「グハッ」ドサッ

杏子「どうした〜?もう終わりか〜。…本気出しすぎたか?ったく、面白くねえなあ。」

アゲハ「さやか!」

杏子「おっと…手出しすんなよ?これは魔法少女同士の問題だ。」

雨宮「…そうね。でも、決着がついたら止めるわよ?」

杏子「おいおい、決着ならもうついてんじゃねーのか?私の勝ちでさあ!」

さやか「…だ。」

杏子「…」ニヤリ

さやか「まだだ!」ムクッ

杏子「なかなかしぶといねえ。そうだ、そうこなくっちゃなあ!」

133 :もしもさやかがライズを覚えていたら:2011/10/27(木) 20:27:12.56 ID:2IQEJGhy0
杏子「正面から突っ込んでくるなんてトーシロのやr」
さやか「ライズ!」ダッ

ズバァ

杏子「」
さやか「負けるはずないでしょ!私にライズを教えてくれたのはあの雹堂影虎なんだから!」

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:28:19.84 ID:cE6kjC/70
>杏子「チョイサー!」ブン
>さやか「グハッ」ドサッ

ごめん普通に笑った

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:29:38.45 ID:l+w4lQK+0
>>133
おいwwwwww

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:30:18.50 ID:LoEkJeak0
まさかここで影寅さんだと!?

ヤクザが中学生に手を出したw

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:31:02.19 ID:LoEkJeak0
って偽物かよw
普通に気がつかなかった

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:35:38.81 ID:Ebqk4nvh0
霧崎「ちょ、スト〜ップ!」

まどか「え?」

さやか「な…に…?」

アゲハ・雨宮・朝河「!?」

霧崎「ほ、ほら、人間同士で戦うのは良くないって…いくら相手が…えっと。魔法少女だか何だかだとしても、無益な戦いはやめろよ!」

アゲハ「な、なんでカブトがこんなところに!」

霧崎「あ、アゲハじゃねーか!そっちこそなんで?」

雨宮「護衛の依頼よ。で、そっちは?」

霧崎「話せば多分長い…ていうか話したくない。」

杏子「なんだ?お前、こいつらの知り合いだったのか?」

霧崎「まあ…知り合いっつーか腐れ縁つーか」

杏子「そんじゃ、お前も敵じゃねーか!」

霧崎「敵!?おいおいそりゃないぜ。俺はともかく、こいつらは悪い奴じゃねーって!と、とにかく、ここはいったん引き上げて両方とも頭冷やせ!」

杏子「ちっ…興ざめだ。またどっかで会おうぜ。新人」スタスタ

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:40:55.68 ID:8WDBP5Vh0
保守

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:43:35.62 ID:Ebqk4nvh0
さやか「くっ…待てえ!」

朝河「もう無理だ。今さやかちゃんが追っても追い付けないし勝ち目もない。霧崎が出てきたことをありがたく思え。」

さやか「…くそっ、次に会ったら叩きのめす!」

まどか「さやかちゃん…帰ろう?少し冷静になろうよ。」

さやか「…ごめん、熱くなりすぎた。そうだね。マミさんたちのところに戻らないと…」

雨宮「そうね。結局使い魔も取り逃しちゃったし、対策を練らないと…」

アゲハ「それにしても、とんだことになったな。」

朝河「ああ、まさかこんなことになるとはな…」

霧崎「お、おれは杏子を追わなくちゃ。まだこの町にいるんだろ?なら、また会おうぜ!」ダッ

アゲハ「勝手なやつだなああいつも。」

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:46:29.33 ID:+wa6CznyO
しえ

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:51:26.10 ID:Ebqk4nvh0
マミ「そう、そんなことが…にしてもあの佐倉さんがねえ。」

まどか「知り合いなんですか?」

マミ「一応、彼女の師匠に当たるのかしら?彼女の新人時代に一緒に魔女退治をしたことがあったのよ。」

さやか「だからといって、ひどすぎます!使い魔に人間を食わせるなんて!」

マミ「…美樹さん。確かにあなたの考えと佐倉さんの考えとが違うことは分かるわ。でもね、だからと言ってあなたと佐倉さんが衝突していい理由は無いの。」

さやか「!?ど、どうして!間違ってるのは向こうのはずなのに!」

雨宮「…それは間違いよ。少なくとも、杏子さんの言い分は間違っていないもの。」

朝河「雨宮?」

さやか「ど、どういう意味ですか?」

雨宮「佐倉さんが使い魔を狩らなかった理由は、確か『グリーフシードを手に入れるため』だったわよね?マミちゃんも言ってたけど、グリーフシードがないと魔法少女は魔法を使用できなくなる。」

雨宮「それは魔女退治の使命がある魔法少女にとって致命的な問題なの。わかるでしょ?」

さやか「それは…そうだけど…」

マミ「雨宮さんの言う通りね。それに、私たちは正義の使者じゃないわ。あなたにとってはそうかもしれないけど、他の人にとってそうとは限らない。」

マミ「もしかしたら、魔法少女を殺すために契約した人もいるかもしれないわ。それもみんな、考えの一つでしかないの。完璧な正しさなんて無いわ。覚えておきなさい。」

さやか「…わかりました。」

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 20:56:47.66 ID:Ebqk4nvh0
マミ「よろしい。さ、疲れたでしょう。とんだ初仕事になったけど、とにかくお疲れ様。またケーキかってあるから、一緒に食べましょ?」

さやか「は、はい!」

アゲハ「んにしても、なんであんなところにカブトが?」

マミ「カブトって、確か美樹さんと佐倉さんの戦いを止めたっていうあの人?」

まどか「やっぱり、知り合いなんですか?」

アゲハ「ああ、あいつも俺たちと同じ超能力者だ。≪脅威(メナス)≫っていう能力があって、普通の攻撃はまず当たらない。いいやつだ。」

さやか「それが、なんであんなやつなんかと!」

雨宮「さあ、分かんないわ。何か深い事情がありそうだけど…」

朝河「どうせまた変な厄介事に巻き込んで迷惑掛けたんじゃないのか?」

雨宮「でしょうね…とにかく、今度会ったときに詳しく聞く必要がありそうね。さ、戻りましょ。もう活動はしないんでしょ?」

アゲハ「ああ、それじゃあまた明日。」



アゲハ(なんだろう…嫌なことがおこりそうな予感がする…)

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:01:35.28 ID:Ebqk4nvh0
―翌日
マミ「今日の見回りはこれで終わりよ。お疲れ様!」

さやか「はい。ありがとうございました。」

アゲハ「今日は何もいなかったな。」

雨宮「まあそういうこともあるわよ。いつも何か起こってたら魔法少女なんてすぐに擦り切れてしまう

わ。」

アゲハ「まあそんなんだけど…」

アゲハ(あの予感はやっぱり気のせいだったのか?)

さやか「それじゃあ私は先に帰ります。恭介のところに寄ってから帰るから途中まで一緒に帰ろうまど

か。」

まどか「うん。それじゃあ…」タッタッタ

マミ「さて…皆さんもこれで帰りかしら?」

朝河「まあそうだな。もう危険もないだろ。とりあえずホテルに戻るさ。」

雨宮「そうね、そうしましょう。じゃあまた明日。」

マミ「ええ、お気をつけて。」

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:03:27.84 ID:l6VHHgdL0
CUREでグリーフシードの穢れ取れそうな気はするな

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:05:46.28 ID:+Yv+TZmoO
支援

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:08:05.91 ID:Ebqk4nvh0
さやか「恭介…どうして連絡くれなかったのさ…」

杏子「よう新人。」

さやか「あんた…何しに来たの!?」

杏子「へえ、この家の男かい?あんたが願い事を使った人間って言うのは。」

さやか「だ、だったら何よ!」

杏子「お前、願い叶えてどうしたいんだ?腕を治してそれでおしまいか?」

さやか「な、なんだと!?それでわるいか!」

杏子「悪いわ!あんた、そこまでして何も見返りを欲しがらないなんて馬鹿じゃねーのか!?」

杏子「もしホントにそいつがほしいんだったら、今すぐそいつの手足ぶった斬って、お前なしじゃ生きられないようにしちまえばいいじゃないか!」

さやか「なん…だと…!」

杏子「なんなら、今から私がやってきてもいいんだぞ?気にするな、飯の一杯で我慢してやるよ」ニヤリ

さやか「許さない…あんただけは!」ギリッ

杏子「やるのかい?なら、場所を変えようか」ニヤリ


霧崎「ヤベーよヤベーよ!と、とりあえず、アゲハたちに知らせなくっちゃ!」ダッ

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:13:49.16 ID:0Tek2UJtO
SSで絶対に足引っ張ってくるさやかパねえ

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:18:49.21 ID:/zb4h+eo0
今日はいい天気だな

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:19:00.55 ID:Ebqk4nvh0
―橋の上

杏子「ここなら誰も止める奴はいねーな!」

さやか「あんたを、叩きのめす!」

まどか「さやかちゃん!」

さやか「まどか!?どうしてここに!」

まどか「キュウベエに教えてもらったの!それより、争ってなんになるの!なんで戦わなくちゃいけない

の!」

ほむら「話が違うわ。美樹さやかとは争わないでって言ったわよね?」

杏子「ん?こいつから吹っかけてきたんだよこの喧嘩は。私じゃなくてこのポケポケ新人に言ってやり

な!」

さやか「うるさい!こいつは…こいつだけは!」

杏子「ハッ、うざい奴にはうざい仲間がいるってことだねえ!」

さやか「あんた…なめるんじゃないわよ!」

まどか「さやかちゃんごめん!」ヒョイ ヒューン

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:24:49.88 ID:ODeVOVBL0
下手すると8分で落ちるから注意ほしゅ

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:25:11.91 ID:LoEkJeak0
ほしゅ

153 :>>151 マジかよ…11〜12時ごろが一番ヤバいな。:2011/10/27(木) 21:30:15.29 ID:Ebqk4nvh0
トラック「ラッキー」ゴーッ

ほむら「あっ!?」ヒュン

さやか「ちょっとまどか、どういうt」

さやか「」ドサッ

まどか「さやかちゃん!大丈夫、ねえさやかちゃん!」

アゲハ「ここらへんか!」

霧崎「ああそうだよ!ここらへんであの二人がまた戦いを始めたんだよ!」

マミ「急いで止めないと…あら!様子が変ね?」

雨宮「まさか…!」

杏子「おいおまえ!…!?どういうことだオイ、こいつ死んでんじゃねーか!?」

皆「!!!!」

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:36:12.80 ID:Ebqk4nvh0
アゲハ「…まさか、てめえ!」ガシッ

杏子「私じゃない!そいつが何かを投げて、そしたら急にさやかが倒れて…」

雨宮「まどかちゃん。いったい何を投げたの!?」

まどか「さ、さやかちゃんのソウルジェムを…道路の下に!」

マミ「ソウルジェムを?一体なんで…」

霧崎「と、とにかく救急車を呼ばなきゃだめだ!急がないと!」

ほむら「ハァ…ハァ…その必要はないわ…」

朝河「それは…さやかのソウルジェムか?」

ほむら「ええ、これを握らせれば、多分さやかは生き返るはずよ。」

さやか「」

さやか「…」スッ

さやか「え?私どうして…」

雨宮(今よ!)

雨宮「≪トランス≫W・M・J(ワイヤード・マインド・ジャック)!」

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:37:54.39 ID:RYUTE0Fg0
やっと核心に触れるか

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:43:39.14 ID:8WDBP5Vh0
支援

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:43:41.72 ID:g+T5AOGO0
QBにジャックしたらどうなるのだろう

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:44:05.94 ID:OQKngzPh0
まどマギ知らねーけどよんじまってる

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:44:39.09 ID:Ebqk4nvh0
ほむら「くっ…なにを…」

雨宮「あなたの記憶、知っていること、能力ずくでも見せてもらうわ!さあ…!?ば、バカな!こんなこ

と…そう、それがあなたの戦う理由なのね」シュン

ほむら「!?やめなさい!」スチャ

雨宮「ええ、もう十分必要な情報は手に入ったわ。勝手に記憶を見て悪かったわ。でも…」

アゲハ「ど、どうだった?」

雨宮「…あなたが黙っていた理由がわかったわ。でも、これだけは言わなくちゃいけないの。」

マミ「まさか…」

雨宮「みんな、覚悟して聞いて。…魔法少女の本体は…ソウルジェムよ。」

まどか「え?」

マミ「やっぱり…」

さやか「そ、そんな…」

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:48:02.88 ID:LoEkJeak0
こういう展開になるのか・・・・・・

展開的にサイレンキャラはQ主救出後何だろうけど、ネメシスQとの時間移動共演はあるんだろうか

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:51:32.25 ID:1Aoqm+I70
ほむらは自分だけを1ヶ月しか戻せないけど
07号なんか複数人を同時に十年単位でタイムスリップさせれるからな

QBとマミさんのファーストコンタクトすら阻止できる

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:52:29.54 ID:Ebqk4nvh0

雨宮「契約って言うのは、契約者の体から魂を抜きとってソウルジェムに移し替える作業なのよ。願いをかなえるのはその延長線でしかない。」

杏子「ふざけんな!それじゃあ私たち、ゾンビにされたようなもんじゃねーか!」

さやか「あ、ああああ…」

マミ「キュウベエ!キュウベエはどこ!知っていること洗いざらい吐いてもらうわよ!」

雨宮「無駄ね。多分あいつはもう私の前に現れはしない。いまなら、あいつが私を避けていた理由が分かる。私の能力で自分の計画がばれることを避けたかったんだ。」

アゲハ「計画?一体何が目的なんだ?」

雨宮「鹿目まどかの契約」

まどか「え!?」

雨宮「そして…いや、何でもないわ。」

朝河「こんなことして…あいつに罪の意識は無いのか!?」

ほむら「あるわけないわ。あいつらはいわば機能…ただ、契約の為にしか動かないわ。それ以外に余計なものはほとんど積んでいないわ。」

ほむら「それに、あいつの個体はほぼ無限にある。殺そうとしてもすぐに復活するわ。無意味なことはするべきじゃないわ」

朝河「…くそっ」

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 21:58:07.50 ID:Ebqk4nvh0
まどか「…と、とにかく、今は帰ろう?面倒なことは明日にして、今日はもう寝よ?」

さやか「うん…そうだね。」

アゲハ「…とりあえず、俺はまどかたちを送っていくよ。その後、ホテルで落ちあおうぜ。」

雨宮「ええ、分かったわ。」

朝河「マミさん…大丈夫ですか?」

マミ「も、問題ないわ…問題ないのよ…」ポロポロ

朝河「気丈に振舞いすぎだ。マミさんだって一人の女の子なんだ。我慢しなくてもいいんだ?」

マミ「うぅ…うわああああん!!」ブワッ

朝河「俺はマミさんが泣きやんだら、マミの家まで送ってそっからホテルに向かう。」

雨宮「了解よ…それと、霧崎くんも一緒に来なさい。お話しましょ?」

霧崎「おお!雨宮さんの頼みならどこへでも!…でも、少しだけ待ってて。」

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:02:01.35 ID:g+T5AOGO0
ドサクサ紛れにマミさんマミマミする気だろヒリョーさん

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:04:28.02 ID:Ebqk4nvh0
霧崎「サンキュー!…えっと、杏子ちゃんも大丈夫かい?」

杏子「…大丈夫だ。」

霧崎「ならいいんだけど…困ったら俺にも相談しろよ?少しくらいは力になるから」

杏子「…ウッセ〜」

霧崎「ハイハイ、わかったよ。その…、明日も飯、食いに来いよ?あんまり気乗りしねーけど。」

杏子「解ったよ…とっとと消えな」

霧崎「はいよ。それじゃ、また明日。」スタスタ

杏子「…ありがとな、カブト」ボソッ

霧崎「…」ニッ

166 :少しだけ休ませてくれ 落ちてたら明日の昼にでも:2011/10/27(木) 22:09:34.98 ID:Ebqk4nvh0
―ホテル
アゲハ「これが…魔法少女の秘密か」

朝河「くそっ!こんなの理不尽だ!相手はまだ中学生だぞ!それなのにあんなこと…」

雨宮「…」

アゲハ「雨宮…もしかしてまだ何か隠してるんじゃないのか?」

雨宮「…今言うべきことは無いわ。それに、それを言ったら多分…あなたを止められなくなる。」

アゲハ「?」

雨宮「それともう一つ、分かったことがあるわ。ほむらちゃんが私たちに護衛を依頼したわけよ。」

朝河「…契約の阻止だろ」

雨宮「ええ。彼女は、とある理由から彼女が魔法少女になるのを防がなくてはいけない。そのために、彼女が魔法少女になりうる危険…それを排除する必要があるの。だから私たちに依頼した。」

霧崎「えっと…要するに、まどかちゃんを守ればいいんだろ?なら、自分でやればいいじゃないか。なんで依頼なんて…」

雨宮「…これは秘密よ。彼女のプライベートにかかわるものだわ。」

アゲハ「プ、プライベート!?お前の口からそんな言葉が出るとは思わな…」

雨宮「……いい度胸ね?」ニコッ

霧崎「し、死の脅威が、アゲハの周りを包み込んでる…ドンマイアゲハ」

アゲハ「アアアアアーッ」

167 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/10/27(木) 22:09:51.18 ID:UVfuYWa60
支援

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:11:48.61 ID:Yp6dU6E90
あんあん!

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:16:10.91 ID:l+w4lQK+0
まどかちゃんって雨宮さんの財布隠してた女子だっけ

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:16:32.82 ID:+Yv+TZmoO
支援

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:19:41.04 ID:LoEkJeak0
サイレンのまどかちゃんもゲストで出てこないかな

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:19:50.13 ID:Is1BEOfx0
ほむっ

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:21:32.31 ID:5NYJgoC70
ほむほむは雨宮さんに丸裸にされてしまったか

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:23:24.95 ID:NIO0EupZ0
サイレンはみんなキャラが立っててよかったな

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:26:35.22 ID:LoEkJeak0
でも兜がいるとワルプル(笑)になるんじゃ

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:27:35.08 ID:iDqS9sEa0
ワルプルギス「キャハハハハハハハ」

ほむら(私では何も救えない…)

ほむら(私では何も変えられない…)

ほむら「ごめんねまどか…ごめんねみんな…」



カイル「なーに謝ってんだ?」

ほむら「え…?」

カイル「ほむら!」

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:29:34.45 ID:l+w4lQK+0
>>176
何という神展開

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:30:20.51 ID:g+T5AOGO0
>>176
なんだろうワンフレーズだけなのに無性に読みたい

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:32:39.09 ID:8WDBP5Vh0
まどか「チーム見滝原、これより、反撃を開始します」

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:32:52.92 ID:mvH1957l0
>>176
それじゃワル夜がドルキさんポジじゃないかwww
いくらなんでもカイルに瞬殺されるほど雑魚じゃないだろw

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:38:28.98 ID:mKV3tusw0
さやさや

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:40:17.18 ID:pJdvqvDb0
魔法少女ヒリューなら読んでもいい

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:42:16.03 ID:l+w4lQK+0
魔法少女エルモアなら読んでもいい

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:44:02.21 ID:+Yv+TZmoO
魔法少女ウヒョーが読みたい

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:44:35.09 ID:wS9hX2yJ0
魔法少女りこ☆マギカだろ

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:44:39.04 ID:hbysTUAwO
魔法少女ドルキさんなら読んでもいい

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:45:29.62 ID:g+T5AOGO0
あねドルキっ!

知ってる人は知ってる懐かしのネタ

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:46:35.79 ID:LoEkJeak0
>>187
あれ上手すぎるよな

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:49:34.78 ID:l+w4lQK+0
ネメシスQ「僕と契約してサイレンドリフトになってよ!」

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:52:14.98 ID:g+T5AOGO0
ミスラ「僕と契約して禁人種になってよ!」

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:53:04.22 ID:wS9hX2yJ0
弥勒「俺と契約して俺の糧になってよ」

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:54:53.55 ID:dbhmgJRv0
>>189-191
どれもこれも嫌すぎわろた

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:56:55.19 ID:/zb4h+eo0
やっぱりなんだかんだでサイレンは愛されてるなー

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 22:58:33.85 ID:LoEkJeak0
なんかの拍子にアニメ化しないかな〜

武装連金みたいに

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:01:00.72 ID:l+w4lQK+0
犬居「俺と契約して金庫強盗になってよ!」

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:01:20.06 ID:dbhmgJRv0
アニメ化されてておかしくないんだがな
部内の内ゲバにさえ巻き込まれてなけりゃ今でも連載してただろうに

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:01:26.38 ID:HN12rc+s0
>>191
           _
           \ヽ, ,、
          _  `''|/ノ
          \`ヽ、|
           \, V
             `L,,_
 _            |ヽ、)
 \ヽ, ,、        /
_  `''|/ノ        /
\`ヽ、|          ll
  \, V.     ____  .||   ,、
   `L,,_.  /川0 ^|_|    ヽYノ
    |ヽ、) | 川二= / r''ヽ、|
    |.   \川ミミ. |   ー-ヽ|ヮ
   /       |===|     `|
  /       / │ `ヽ    | 
  |    _  ノ/\  |i   |
  |    | | |  / |===|ii  |
  \   | | | /  |  |ii  丿                                 ┼ヽ  -|r‐、. レ |
    \ | | |   |  | ii/                                 d⌒) ./| _ノ  __ノ

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:02:53.21 ID:NIO0EupZ0
そういやヒリューさんがゲブラァされてた画像ってあったよな

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:06:13.24 ID:pJdvqvDb0
現代でカブト対ドルキが見たかったなー

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:09:17.36 ID:JkRmh6OM0
ドルキさんの圧勝だなw

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:09:38.07 ID:8WDBP5Vh0
朧さんならなんとか…なるのか?

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:12:39.14 ID:l+w4lQK+0
出番待ちで退屈してそうな朧

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:18:00.43 ID:LoEkJeak0
落ちちゃうかなぁ

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:21:10.98 ID:+Yv+TZmoO
保守

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:23:37.87 ID:Ebqk4nvh0
お風呂と飯食ってきました。これで寝る準備バッチリです!

やめて爆塵者(イクスプロジア)撃とうとしないで頼むから

寝落ちしてたりdat落ちしてたら明日の昼から再開します。

あと、落ちやすいので雑談は続けても構いません

引き続き読みにくいですがよろしくお願いします。

あ、あと荒しには弥勒さんの糧になってもらいますので。

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:24:19.55 ID:LoEkJeak0
落ちちゃったら>>1がまたスレ立てて再スタートするってことでおk?

207 :まーみん ◆gPWlwXt2NI :2011/10/27(木) 23:25:01.73 ID:UBx99N89O
PSYREN-サイレン-
全16巻、小説2巻
大絶賛発売中
気になる人は是非買ってくださいお願いします

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:27:08.63 ID:MQWCTGGN0
ついでに定番のまとめwikiもぺたり

■PSYRENwiki
http://www23.atwiki.jp/psy_ren

209 :>>206 オッケー 携帯で建てられたら立てる もしだめなら代行頼む:2011/10/27(木) 23:30:40.83 ID:Ebqk4nvh0
朝河「それと、この前言っていた助っ人の件だけど、あいつを呼んでおいたぞ?」

アゲハ「え、ええええ!?」

雨宮「それで、いつ頃来そうなの?」

朝河「撮影があるから明日の夜だってさ。」

アゲハ「マジか…やくにたつのかあいつ?」

霧崎「まあ、アゲハが土下座して頼んだっていえば色々やってくれるんじゃないか?」

アゲハ「そうだろうけど…ハァ…」


??「クシュン!フフどうやら僕の愛しのアゲハ君がボクの噂をしてくれたんだろうな。」

??「ああ僕は幸せだなあ」キラーン

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:32:20.42 ID:LoEkJeak0
おぼろん!

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:33:22.84 ID:6vSmNBsK0
ほにゃらぱぱー

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:33:35.77 ID:dCIGbRi80
やっとドリフター揃い踏みか

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:34:25.74 ID:wPu4fFp4O
ほとんど覚えてないけど朧ってここまで露骨に薔薇色だっけwww

214 :ちなみに結構限界:2011/10/27(木) 23:39:15.19 ID:Ebqk4nvh0
―翌日

まどか「さやかちゃん…無理してない?」

さやか「うん…ちょっとね。でも大丈夫、私は平気よ。」ニコッ

まどか「…」

さやか「ほ〜ら!心配そうな顔するなって!そう簡単に私は負けないよ!願いの分はしっかりと働かなくっちゃ!」ニコッ

まどか(どうすればいいんだろう…さやかちゃん、大丈夫かな?)

ほむら「無理するのは良くないわ。少しは周りに頼りなさい?」

さやか「転校生…私は大丈夫よ。気にしないで」

ほむら「…そう。でも気をつけなさい。絶望に、体を乗っ取られないようにね。」ファサ スタスタ

さやか「負けるもんですか…絶対に…」

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:44:14.51 ID:Ebqk4nvh0
―昼休み、食堂

マミ(最近色々あって大変でお弁当忘れちゃった…今日のご飯は食堂ですませちゃいましょ…あれ、さやかさんと仁美さんだ。何話してるんだろう?)

さやか「それで、話って何よ仁美。」

仁美「単刀直入に言います。私、志筑仁美は、上条恭介さんの事をお慕いしています!」

さやか「え!?そ、そうなの…いや〜恭介もすみにおけないなあ〜」

仁美「さやかさんは上条さんのことどう思っていらしてるの?」

さやか「え、ど、どうって…」

仁美「明日の放課後、私は上条さんに思いを伝えます。」

さやか「!!!」

仁美「だから、伝えたいのでしたら明日の放課後までに想いを伝えてください。この一日はあなたへのハンデです。」

さやか「・・・」

仁美「それでは、失礼します。」

さやか「そんな・・・」

マミ(これは…)

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:47:04.04 ID:/zb4h+eo0
おぼろーん

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:49:46.34 ID:Ebqk4nvh0
―放課後 見滝原市内

さやか「・・・」

さやか(そんなこと言われても…私…)

さやか「?」

杏子「よう。」

さやか「あ、杏子…。まさか、あんたまた」ギリッ

杏子「そう警戒すんなよ。あんなことがあったんだ。いまさら争ってもしょうがねえだろ。それより、少し付き合えよ。」

さやか「うん…」

杏子「なら、まずは腹ごしらえだな。お〜いカブト、ちょっと林檎買ってきてくれ。」

霧崎「へいへい解りましたよ杏子の姐さん。」スタコラスタコラ

さやか「…いいの、あれ?」

杏子「まあ自業自得だよ。あいつも。私たちも。」

さやか「え?」

杏子「少し、昔話に付き合ってくれ。」

さやか「う、うん…」

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:50:08.35 ID:yaylj65B0
まあがんばってくれ
支援

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:55:15.89 ID:4VYAVG0A0
JCにパシらされるカブトェ…
一応18だか19歳だかだろカブト

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 23:55:50.44 ID:Ebqk4nvh0

―廃教会
さやか「ここは…?」

杏子「元アタシの家だ。昔はさ、結構いい教会だったんだぜ?」

杏子「カブトの買ってきたリンゴだ。くうかい?」ヒョイ

さやか「こんなもの!」ヒョイ ドサッ

杏子「!」イラッ グググ

さやか「!あ、がっ…」

杏子「…!すまねえ。つい取り乱しちまった。」

さやか「ゲホ…ゲホ…」

杏子「…親父がさ、ここの教会の神父だったんだ。皆の幸せを祈って、教義とは違うことまで教えちまうほどのバカだったんだ。」

杏子「おかげで人は集まらないし貧乏でさ…だから、食べ物を粗末にするやつは許せねーんだ。わかってくれ。」

さやか「…うん。」

杏子「そんで私はキュウベエに願ったんだ。皆が親父の話を聞いてくれるようにって。願いはかなって確かに皆親父の話を聞いてくれるようになった。

杏子「家庭も少し裕福になったよ。でも、長くは続かなかった。」

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:01:03.67 ID:BzmoYyev0
保守

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:01:30.74 ID:ZPjfUBlg0
あんあん…

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:01:50.46 ID:l7QbiKA60
杏子「私のやってることが、親父にばれたんだよ…私はオヤジに魔女だと言われたよ…笑っちまうよな。魔女を狩るやつが魔女って呼ばれるんだぜ?

さやか「…ひどい」

杏子「…そして親父は酒におぼれて、結局一家心中しちまったよ。どういうわけか、私だけ置いて、ね?」

さやか「杏子…」

杏子「だから、願いなんて徹頭徹尾自分の為にあるもんなんだ。誰かの為とか思ってやっても、結局はそれが人を傷つけちまうんだ。」

霧崎「へえ〜、そんなことがあったのか…知らなかったよ。」

杏子「うげっ!い、いつから聞いてた!?」

霧崎「そりゃあ初めからだろ。姐さんが林檎買ってこいって言うから買ってきたんじゃないか。」

杏子「それもそうか…って、姐さんだあ!?」

霧崎「はにゃ?もしかして気に入らなかったか?ん〜それなら…」

杏子「そういうことじゃない!」

さやか「…フフッ」

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:02:49.11 ID:ioC5CByq0
杏カブ、ヒリュマミ

何この組み合わせw



225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:04:35.09 ID:wV6VPdDZ0
そしておぼろんはアゲハ一筋である

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:06:29.57 ID:qO6J0uuS0
朧「同性愛ってステキだと思わないかい?」

ほむら「同感ね」

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:10:14.73 ID:l7QbiKA60
杏子「な、何が可笑しいんだよ。」

さやか「いや〜あんたにも可愛いとこあんだな〜って思ってさ」

杏子「…あんまり無理すんなよ。」

さやか「…平気よ」

杏子「嘘だな。ここはもとは神の前で罪を告白し、許しをこう場所だ。こんなところで嘘つくんじゃねえ。」

さやか「平気だって言ってんでしょ!なんで皆私を見るたびおんなじこと言うの!いい加減にしてよ!平気だって言ってるでしょ!」

霧崎「お、おい!…あ〜あ、行っちゃった。いいのか、あのまま行かせて?」

杏子「さあな…」

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:15:19.34 ID:l7QbiKA60
霧崎「…心配なんだろ?」

杏子「…ちげーよ」

霧崎「まあそうやって意地はってると、俺みたいに取り返しがつかない人生になるぞ?」

杏子「…ああ。…むかつくからジュース買ってこい。」

霧崎「そ、そんな理由で」

杏子「買ってきてくれ…」

霧崎「…無理してもろくなことならないからな。泣くときは、別に誰かの胸で泣いてもいいんだぞ。」

杏子「…早く行け」

霧崎「…へいへい」スタスタ

杏子「…あのバカ…親父…うぅ…どうしてこんな目に…」ポロポロ

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:15:51.03 ID:ioC5CByq0
俺のネッカ炭はいつ魔法少女として出るんだ?

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:16:59.72 ID:zFOUSRxa0
>>229
あと10歳くらい若かったら魔法少女できたんじゃね?

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:21:02.43 ID:JTZ/2Y+w0
>>230
舞台が現代ということはつまり…

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:21:18.92 ID:ITqKiXHBO
支援

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:22:05.01 ID:l7QbiKA60
―放課後

マミ「美樹さん…どこ行ったのかしら?」

アゲハ「…まどかはどこか心当たりはあるか?」

まどか「う〜ん。私じゃなかったら、仁美ちゃんなら何か知ってるかもしれないけど…」

雨宮「…まずいわね。無茶してなきゃいいんだけど。」

朝河「もしかして、一人で魔女狩りに?」

雨宮「…ありえない話ではないわね。マミちゃん、魔女の気配はある?」

マミ「ええ、あるわ!少し遠いけど…もしかしたら美樹さんがそこにいるかも!」

アゲハ「なら、急ぎましょう!手遅れになる前に!」

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:23:40.30 ID:zFOUSRxa0
>>231


口汚く罵りながらチェーンを振り回す魔法少女ネッカか胸熱

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:27:45.91 ID:ITqKiXHBO
ネッカ炭少女時代から口悪かったんかな

236 :アゲハが壊れた?いいえ俺の体力が限界です。:2011/10/28(金) 00:28:27.81 ID:l7QbiKA60
さやか「はぁはぁはぁ…うあああああああ」ザシュザシュ

魔女「キャハハハハハ」ヒュンヒュンヒュン

さやか「グゥ…まだああああああ」ズバンブシュザシュ

魔女「キャハ!」ギューン ザクッ

さやか「ガアアアア…アアアアア!」グググ

ギュイーン ザシュ ドンドン! バン!

さやか「!?誰!」

アゲハ「≪暴王・円盤Ver.(メルゼズ・ディスクバージョン)≫!」ヒュンヒュン

杏子「ったく、見てらんねーぜ!下がってな、手本を見せてやる!」

マミ「美樹さん大丈夫?後は私たちが!」

朝河「無事か?もう下がれ!体は回復できても、心はすでに限界のはずだ!」

さやか「皆、下がっててよ。これは、私の獲物なの・・・」

杏子「さやか…」

さやか「そうだよ、その気になれば、痛みなんて消せるんだよ!もう人間じゃないんだからさ!アハハハハハハ」

まどか「もう…やめて…」

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:35:33.67 ID:kGbunUp90
C

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:35:53.82 ID:l7QbiKA60
グリーフシード「」カランカラン

さやか「…」パシッ ヒョイッ

杏子「わ、私に渡してどうすんだ。」

さやか「使いな…私にはいらないもんだ。いらないならマミさんにでもあげれば?」

マミ「どういうつもりかしら?穢れを取らないと、魔力がどんどん減っていくのは知ってるはずよね?」

さやか「別にいりませんよ。…もし穢れがたまりすぎて魔力がなくなったら、もう魔女は倒せない。ならもう私の生きる意味なんて無いんですよ。」

霧崎「おいおい、そんなこと」

さやか「あなたに分かりますか!私はもう人間じゃないの!魔女を倒すことでしか生きる価値を見いだせないゾンビなのよ!」

まどか「そんなこと…そんな悲しいこと言わないでよ。」

さやか「じゃあんたが戦いなさいよ!…あんた凄い才能持ってるんでしょ?あんたが契約すれば、私がこんなに苦労することないのよ。私と対等に話すなら、せめて同じ立場に

アゲハ「いい加減にしろ!」

さやか「…ごめんまどか。先に帰るわ…」

マミ「待ちなさ」

まどか「行かせてあげてください。お願いします。」

まどか(さやかちゃん、去り際に…泣いてた。雨の中、寂しそうに泣いてた。でも、私にはどうすることも出来ない…)

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:43:39.13 ID:ITqKiXHBO
保守

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:43:48.75 ID:l7QbiKA60
雨宮(どうするの…このままじゃ…)


―ホテル
アゲハ「え?撮影が遅れて今日中は無理!?」

朝河「まあしょうがないさ。向こうはトップスターだからな。」

雨宮「とにかく、これからどうするかを考えないと…」

霧崎「長年の勘だけど、ああいうやつは気を張りすぎなんだよ。まるで自分一人だけしか正しいって思ってるんだ。そんで、自分でも気付かないうちに擦り減っていって、最後は自分で」

雨宮「不謹慎よ。やめなさい。」

霧崎「でもあり得る状況だぜ?さらに厄介なのは、こんな状態だと、最も親しい人間すらも敵に思えちまうんだ。ま、極端な話、自己中なのよ。今の彼女は。」

アゲハ「どうすりゃいいと思う?」

霧崎「ま、見守るっていうのが一番の手だと思うよ?思いっきり詰め寄ってもいいけど、もしかしたらそれで心を折っちまうかもしれない。」

霧崎「それに、それが出来んのもあいつに認められてるやつらだけだ。少なくとも、俺たちの出番は無いな。」

アゲハ「くそっ…どうしろってんだ!」

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:51:30.72 ID:l7QbiKA60
雨宮「…皆に言わなきゃならないことがあるの。今まで隠してたけど。」

朝河「…いいのか、話しちまっても。」

雨宮「ええ、ここまで来たのよ。リスクを避けてる場合じゃないわ。」

アゲハ「…なら、話してくれ。」

雨宮「ええ…落ち着いて聞いて。魔法少女は、限界まで穢れをため込むと、ソウルジェムをグリーフシードに変質させて…しぬわ。」

アゲハ「なんだと!」

朝河「…馬鹿な!!!」

霧崎「おいおい…マジかよ…じゃあ、魔女を狩るものが、魔女になるっていうことかよ!嫌な性格してやがる!」

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 00:58:52.84 ID:sJXZVrAo0
ふむ

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:00:25.15 ID:l7QbiKA60
雨宮「私が話さなかった理由、分かるかしら?」

アゲハ「ああ…もしかしたら、将来の危険を避けるために、俺がさやかたちを殺してしまうかもしれないっていうことだろ?」

雨宮「ええ…流石に考えすぎかしら?」

アゲハ「いや…十分にあり得るだろうな。だがますます厄介なことになったな。」

朝河「ああ…ホントにどうする?このままじゃ…ホントに魔女になっちまうぞ。」

霧崎「そうはいってもな〜。うう〜ん。あ、あいつなら、何とかするんじゃないのか?」

雨宮「…確かに彼なら、絶望を消すことも出来るかもしれないけど…やってくれるかしら?」

アゲハ「時間の問題もある。あいつが来る前に、魔女化したら意味がないぞ?」

雨宮「とにかく…打つ手がないことは確かね。とりあえず、明日を待って、まどかちゃんから少し話を聞いてみましょ?もしかしたら、なんか打つ手があるかも。」

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:01:11.08 ID:LHIIBFhO0
アゲハさん考え方がマジキチだぜw

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:01:42.51 ID:sJXZVrAo0
アゲハさんブレねーな

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:02:42.23 ID:BVZqFPwc0
おぼろんなら
仕事<アゲハじゃないかな

ところで10月28日の人類滅亡ってまさか弥勒さんの仕業じゃ……、おや俺の鼻から光の枝がr

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:03:35.89 ID:l7QbiKA60
ごめん限界。会話が思いつかん。保守してくれるとありがたいけど、ダメなら昼に

すまん。

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:05:52.07 ID:RzXUF9j00
アゲハさんまじはんぱねえな

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:10:26.64 ID:MIuj52OA0
研究所編あたりから殺人に躊躇しなくなったからなアゲハさん
しかもヤバい力と危険思想持ってるしほんとにダーク主人公だぜい

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:11:18.91 ID:ITqKiXHBO
アゲハさん・・・

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:14:55.22 ID:4GWYbds20
思想や行動原理はおりこ側の人間だよなアゲハ
鬼畜外道ではないが甘さがない

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:23:25.66 ID:MTymW6q30
VIPのスレ保持数は500だから
最後の書き込みが非sageならばスレ番が450以上になった地点で書き込めば落ちない
sageで書き込んでしまうとスレ番が1に上がらないため感覚で見極めるしかない
他の板と違ってdat落ちが早いから慣れないと保持が難しい

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:23:26.35 ID:F/S/CwOB0
そういうとこがアゲハの魅力
一切同情無しで自分の意思を貫くとこがいい

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:23:31.26 ID:4r40zVhy0
とりあえず乙

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:28:59.01 ID:LHIIBFhO0
>>247
乙乙 

書きためてからやると楽なんじゃね

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:30:30.47 ID:TYEBDYM+0
俺も寝る前に保守

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:30:45.40 ID:R/JXdm240
サイレンってゲームじゃなくて漫画の方か
いつの間にか連載終わってたけど現代兵器駆使してもけろっとしてるラスボスは倒せないだろ


258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:37:36.35 ID:SpY1e6HRO
メルゼズさんサボり過ぎだろ……

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 01:39:47.84 ID:ITqKiXHBO
>>247


95 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)