5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ごるステ】まんごるもあ【皇居のお堀に入浴剤】1包目

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 08:42:35.29 ID:aVrqL4v/0
まんごるもあコミュニティ
http://com.nicovideo.jp/community/co35641
知念やすお大百科(まんごるもあ)
http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%9F%A5%E5%BF%B5%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%8A
動画検索(まんごるもあ)
http://www.nicovideo.jp/search/%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%94%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%82
ごるごるもあ研究所
http://www.geocities.jp/golgolmois/

            、
           ) |
         ( ノノ
       , --" - 、
スチャ    / 〃.,、   ヽ
  ∧、   l ノ ノハヽ、  i
/⌒ヽ\ i | l'┃ ┃〈リ   我々の要求は、沖縄県に対する皇民政策の廃止だ
|( ● )| i\从|l、 _ヮ/从   明日米軍基地を爆破する。
\_ノ ^i |ハ  ∀ \    http://www.nicovideo.jp/watch/sm6562262
 |_|,-''iつl/  †/ ̄ ̄ ̄ ̄/
  [__|_|/〉 .__/ 魔 法 /__
   [ニニ〉\/____/



26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 17:25:57.76 ID:aVrqL4v/0
          /  //   \       /
         / / /     ヽ\__/│
 す   ホ      /      │      │_
            /       ノ  ま  う  / 
 い   ン    /       ヽ_  し  ぬ  /
          │    Λ   │ た  ぼ │
 ま   ト   │《 ┌─┘√::>ノ  !  れ │
         │ γイ::::::::::::::::<ヽ     て │
 せ       > |::::::::::::::::::::::λ│       ヽ
         >∠:::::::::::<()/リ │       /
 ん      <   |リリγ ′  //ヘ  /\/
         │イ ̄ ̄ ̄ \      ∨   ____
  !!       │        >       __,/::::::::::ヽヽ−.,
         ││PLAYイ  │      イ│::::::::::::│_.,  \
         ヽ│|24/ │ │      ││:::::::::::│  ヽ  /iiヽ
    /⌒\ \ | /7  │  ヽ      L !i/ヽi!ノ┤ │|ノ||||||│
    /     \ヽ|    λ_イ      / │ /||│ │ノ||||||||│  /⌒ヽ
\  /      \|     イ │      弋_亅<||||│ │ヘ|||||||||│/ / │
 \/       | <    /││       LL卜:└─  \|||||||冫ヽ/ヽノ
          |/______││      LLL ソ││  弋_ノ
         <│||||||||||||||卜 ヽ      ││  ̄ L│
          │|||||┃|||||||<//リ      ノ ヽ,   ノ │
          │|||||┃|||||||||||│      冫ソノヘ」 イ  ヽ
          <|||||||┃||||||||||||│    ゙´´    /υiヘヽ

          /  //   \       /
         / / /     ヽ\__/│
 す   ホ      /      │      │_
            /       ノ  ま  う  / 
 い   ン    /       ヽ_  し  ぬ  /
          │    Λ   │ た  ぼ │
 ま   ト   │《 ┌─┘√::>ノ  !  れ │
         │ γイ::::::::::::::::<ヽ     て │
 せ       > |::::::::::::::::::::::λ│       ヽ
         >∠:::::::::::<()/リ │       /
 ん      <   |リリγ ′  //ヘ  /\/
         │イ ̄ ̄ ̄ \      ∨   ____
  !!       │        >       __,/::::::::::ヽヽ−.,
         ││PLAYイ  │      イ│::::::::::::│_.,  \
         ヽ│|24/ │ │      ││:::::::::::│  ヽ  /iiヽ
    /⌒\ \ | /7  │  ヽ      L !i/ヽi!ノ┤ │|ノ||||||│
    /     \ヽ|    λ_イ      / │ /||│ │ノ||||||||│  /⌒ヽ
\  /      \|     イ │      弋_亅<||||│ │ヘ|||||||||│/ / │
 \/       | <    /││       LL卜:└─  \|||||||冫ヽ/ヽノ
          |/______││      LLL ソ││  弋_ノ
         <│||||||||||||||卜 ヽ      ││  ̄ L│
          │|||||┃|||||||<//リ      ノ ヽ,   ノ │
          │|||||┃|||||||||||│      冫ソノヘ」 イ  ヽ
          <|||||||┃||||||||||||│    ゙´´    /υiヘヽ



27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 17:29:55.01 ID:aVrqL4v/0
                          __ 一 ‐- _丿, 、、、
                        ,  '             ` 、
                      /          `ヽ     \
                     /'  ,-‐'7フ ヽ、       、      ヽ
                   /´゙    ̄┴- _) 丶   :.  :.  :   ム
                    /       :.:.:.:.    :.:\ :.:.:.:. :.  :. :.:    l
                 // /:.:./ リ   .`メ、ヽ :.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:!.:. :.: .:.    |
                ,'/´! l:.:.:l:.:.l:. ! :.:.|ハ_\\:.:.:\:.::.:.`:.:.:.!:.:.:.:.:.l:.:.  l
                 !  !|:.:.:i:.:.i:.:.!:.:,!'´  __,|:.:.:l\:.:.:\:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.l:.:.  /
                   Y:!:.:!::.:!.:ハ ィ´fv|:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.!ヽ:.:.:.::.ハ:.:.l:.:. /
                         XYハリ\ ` '´|/リ:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.l:.:.://':.:l:.:.:./
                      !ハハヽ/     !/!/:.:.:.:.:.:.l:./:.:/人:.:l:.:/'
                              ヽ、   /l:./:.:./:.:.リ:.:./'´ _!/!/
                         __.ヽィ   !/l:.:/ハw'' ̄ ̄| |ヽ、
                       , ' ̄   `ヽ_\ __!,一,-`    |_|  |、
                   ,ィ´   __        ̄/ノ_ノ    _   ハ __
                    , <´   (//) ,へ_ノ ̄  /__/´   ̄`ヽ、ヽヽ `ヽ、
                   / \|     ヽソ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.( ゙̄" ̄|゙ヽ____\ !、.  ヽ.
            _ /   ノ    __/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.! lll|   l   ̄ ̄ ̄ ̄iヽ >   l
           ,...:.´:.:.:.:.:.\_,チ‐─  ̄/-‐ェ∨///∧:.:.:.:! lll|   |   .//ニ// l | l   l
.        , ィl.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.///ム-‐' /.l:.∨//////∧ lll|   |   // // / .//∧   |
.     /  !:.:.:.:. :////////,  '     / l:.:.:∨//////,     | // // / .///∨   l
.    f    ∨//////. '          /   l:.:.:.:∨//// ソ  | //ニ// / ////|   ,'
.    ∨   ∨/////            {   |:.:.:.:.:.ヽ  丶/`、  ヽ_, '´  〈////|   /
.    ∨  ∨////∧           ヽ、 l:.:./    '/    \    ∧  ∨//|  ;′
       ',  ∨////∧            `,ヘ´    '/    ∧/`ヽ_/ ∧  |///|_/
.       ' ,  ヽ .///∧         ,ヒ| |, '/     ∧/////   l |  |////|
          \   ヽ///∧、       ヽ!((         ∧/////   /.ノ_ノ/////
           \      '、__ _        |,      //////   ./´/:l//////
             \       ヽヽ`l      , 、l´      `//´   , ' /:.l//////
            \ _/ , ' /、'ー‐、_ノ l       //ー─'´ト、 /:.:.l//////
             |_`、レ' /,〉ー ‐- _ノ -‐  ̄    ̄ ̄ ̄   /' l:.:.:.l//////
                 ヽニニ '〉 '__ ,‐、ィヽ<,´'ー               |  l:.:.:.l/////
                  `〈 _'、.\ ヽ,イ                  ィ'、 l/´ ゙̄i/./
                      ` い\_ヽ/ |                 /. |,/l    l/
                  \_, '   l        /    /   l/|    l|
                  /   /.l     , '       /    l/l  ,' l|
                      , '    // l  ハ. /     , '二ヽ、 |/ `´ ;/l|
                     ,     / /   l    Y    , '    \ヽ、l    ',/.l
                 ,    //  / ',.   |   , '        ヽ、',    ',/l


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 17:31:07.22 ID:aVrqL4v/0




             ,. -‐‐‐‐- 、                                      ___
          , . :´: : : : : : : : .`ヽ、        ,. -)・ヽ─-..、                ,. :´: : : : : : : :`ヽ、
           /. : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ     ,. :´: : : (_ノ : : : : .`ヽ、           /: : : : : : : : : : : : : : \
        /: : : : :/ :/ l: ト、.: : : : : : : ',   /: : :./: : : : : : : : : : : : : : ヽ    rミミミヽ  /: : : : : : : 〃:/: ト、.: : : : : ヽ
         /: : : : :/.:/  l: L⊥_: : : : : : l  /: : : :{: : : : /: i: : : : : : : : : : '.    ミ: : : : : V: : : : 〃: : :/:/_l: l \l: : : : :',‐、
        /: : : :lィ´ ̄` l/ ヽ| \.:.: : :.| /: :/: /l: : : :/l: :ト、:,.: : : : : : : : }    ミ: : : : : :}シ : : : : /ィ´/``l:ノ  Tメ、: : :}: }
      ′: : /リrテ〒    行テ l: : : :| {: : l:./ i`メ、 ヽ:/\: : : : : : :,′   `゙゙゙゙´ i: :,r‐i:/ ,んハ    んV V: : :ハ:ノ
      l/: : ハ   じノ     じソノ }:.:.: :.| l∧:.::::{ ハテ      \: :ハ:{         Vいl:{  ヒソ   ヒソノ ∧: ハ:ノ
       l/: : L __ ノ⌒ヽ __ノ: : :i:.:|   V:ハ 、ヒリ    ,r=≡ リ ノル′ァ       >=リ ゙゙゙′     '゙゙ハ
        ヽ: {         イ: : :}: |    い'゙       '゙゙゙゙,rくニニ <     ,r=r<  ト、  (⌒ _‐ァ  ,ハ:l
         }: :>  _-_  イ.:/: : /: :l     人   r  ⌒) イ     ヽ   // 二二ヽ\\  _  < リ  やすおちゃんかわいい
         ノ: : : ノイハ   ノ/: : /.:.: :l    ノ  `> =<//{      |   /ん'´   ヽヽ\ _|  } } `ヽ
        〈: : : /{ 「 ̄` y'´ 〈: ::/ `ヽl   ′   い ー‐ ///V´-─-、 ト、   /      |\\ レ'ノノ  L
        j   V>‐'r‐rく //    il  /   r‐‐、リ  ノ// //^L   ヽ| '.  ′     |  >r >くく_ イ  `ヽ _ __ __
      __ ノ V /: : : L:.」:.V/   /  リ   l   }: : : :Y´: :`V 」  } `ヽ  |  '. ′       V : : : : V: : :Y´     /´   ハ r‐‐‐っ _
     |`ヽヽ/  , 彡'"´Tニニコ  V   }  |  く{: : :ノ}: :,. イノ   }^ヽ } l   {  ヽ      V: : : : ノ: : イ      l    l      ニ 彡'
      (l  ヽV´/    l   |  ,′  / l.  |   \ ノ: : : ::}   ノ   V   ヽ  ヽ  / ̄\フ⌒Y⌒     __L__L --- ニノ
     ( )  「 |     r┴┬ '   /  l  ヽ    L:_: :_:ノ r‐イ ノ ノノ     ヽ   V /´ ̄`ヽ  ノ
     ( )  |_ |     彡‐ ヽ ∠   _ノ}   \ _ _人 し'  し'し'し'        ヽ  ⊂´    ) イ
     r〈 L  |_ |     ⊂ニ   | `T´   |       \ _)   ヽ\         〉   L  ‐' ノノ )
    L L > |_ |  _ _」 」   |  /   |        )_ノ      } }        /:}    `YY´ \
     /  `┴ ' ´l |    L _ノ_ノ__ノ        >    ノ }        /ハ    /∧ヽ_ ノノ\
      ∧      l |       / |       ,. . : :´: : : :)\__/: \ 二二 イ: i : : :lニニニニノ: : : ヽ\: : :\
   /ヽ\   / \     / イ:.}      く .: : : : : :/. : : : :/: /: : : : : :/: : l: : : }: /: :l: : : : : : : \\: : : >
  /: : : /\ヽ// \ ー_  ィ´: : il:l        \ : :/: : : : /: : :/: : : : : :/: : ::l: : ://: :.:.l: \: : : : : : \ /
. 〈: : : : //: : :/:/: : : : :i l: : : : i l: : : :il:.ヽ         \: : : /: : : :/: : : : : :./: : : :l::/:/: : : : l : : :\ : : : :./
  ヽ: :// :: :/:/: : : : : :.i l: : : : i l: : : ::L: :.>         \: : : : : :レ'´ 7 ̄ヽ:_,: イ: : /: : : : _」: : : : : ヽ イ
   \: : /:/: : : : : : : i l: : : : ヽヽ: : :/           /  ̄ ̄/  /     / ̄l  ̄ ̄ i |  ̄ ̄  |











29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 17:34:24.85 ID:aVrqL4v/0
* 死者の復活と来世の生命。上述のようにキリストの再臨において、すべての死者は審判を受けるべく復活させられる。
信じるものには来世の生命が与えられる。伝統的にキリスト教では、この来世を、永遠、つまり時間的な持続をもたない永遠的現在と解する。

またこれに加えキリストの死(ないし犠牲)を記憶することも信者の重要な義務である。これは礼拝においてパンとぶどう酒を用いてなされる。
プロテスタント以前に成立した教会では、パンとぶどう酒が祈りによりキリストの体(聖体)と血に変化すると信じる。カトリックでいうミサ、正教会で
いう聖体礼儀はこの記憶を行うための礼拝である。教義を異にし聖体の概念を否定するプロテスタントでも、類似の儀式を行う。これを聖餐という。
キリスト教最大の祭である復活祭は、この聖餐をキリストが復活したと信じられる日に行うもので、毎年春に行われる。

教義には教派ごとに若干の変異がみられる。ローマ・カトリック、聖公会、プロテスタントなどの西方教会は、聖霊を「父と子両者から発し」とし、
東方の「父から」のみ発するとする立場に対立する。またプロテスタントとローマ・カトリック他の伝統的教会では教会についての教義に差があり、
使徒の精神を共有することをもって使徒性と解するプロテスタントに対し、カトリック他では聖職者が先任者から任命されることに神聖な意義を認め、
その系譜が使徒にまでさかのぼること(使徒継承性)を教会の正統性の上で重視する。また聖餐論においても、カトリックや正教会など伝統的教会と
プロテスタント諸派の間には大きな意見の差がある。詳しくはそれぞれの教派の項を参照されたい。
異端 [編集]

上記の多数派と異なる教義を有し、かつキリスト教を自認する教派(セクト)は、多数派から「異端」と呼ばれることもある(自称することはない)。

「神概念を多神論的に解釈する」、「キリストの人性のみか逆に神性のみしか認めない」、「キリストの十字架(贖罪死)と復活を認めない」、
「聖霊を人格的存在ではなく神の活動力とする」、「キリストを被造物とする」などの特徴がある。

聖霊を神の活動力とし、キリストを被造物とする理由からエホバの証人が、三位一体を否定し聖書以外に聖典を持つ理由から「モルモン教」
がこれに該当し、多くの正統キリスト教から異端とされている。「統一教会」に至っては、異端でさえなく全く異質な団体とされている。

歴史的には、異端と正統の違いは、視点の違いが含まれていた点にも留意されたい。

モルモン教については「末日聖徒イエス・キリスト教会」を参照

統一教会については「世界基督教統一神霊協会」を参照

エホバの証人については「ものみの塔聖書冊子協会」を参照


* 死者の復活と来世の生命。上述のようにキリストの再臨において、すべての死者は審判を受けるべく復活させられる。
信じるものには来世の生命が与えられる。伝統的にキリスト教では、この来世を、永遠、つまり時間的な持続をもたない永遠的現在と解する。

またこれに加えキリストの死(ないし犠牲)を記憶することも信者の重要な義務である。これは礼拝においてパンとぶどう酒を用いてなされる。
プロテスタント以前に成立した教会では、パンとぶどう酒が祈りによりキリストの体(聖体)と血に変化すると信じる。カトリックでいうミサ、
正教会でいう聖体礼儀はこの記憶を行うための礼拝である。教義を異にし聖体の概念を否定するプロテスタントでも、類似の儀式を行う。
これを聖餐という。キリスト教最大の祭である復活祭は、この聖餐をキリストが復活したと信じられる日に行うもので、毎年春に行われる。

教義には教派ごとに若干の変異がみられる。ローマ・カトリック、聖公会、プロテスタントなどの西方教会は、聖霊を「父と子両者から発し」とし、
東方の「父から」のみ発するとする立場に対立する。またプロテスタントとローマ・カトリック他の伝統的教会では教会についての教義に差があり、
使徒の精神を共有することをもって使徒性と解するプロテスタントに対し、カトリック他では聖職者が先任者から任命されることに神聖な意義を認め、
その系譜が使徒にまでさかのぼること(使徒継承性)を教会の正統性の上で重視する。また聖餐論においても、カトリックや正教会など伝統的教会と
プロテスタント諸派の間には大きな意見の差がある。詳しくはそれぞれの教派の項を参照されたい。
異端 [編集]

上記の多数派と異なる教義を有し、かつキリスト教を自認する教派(セクト)は、多数派から「異端」と呼ばれることもある(自称することはない)。



30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 17:37:27.73 ID:aVrqL4v/0
信者は、古代教会に直接連なる教会では、平信徒と聖職者に分かれる。聖職者は、輔祭(助祭)・司祭・主教(司教)の三階級に大別される。
大司教、枢機卿、教皇等の区別は、教会の組織的発展の結果、教会行政的必要性から、主教職が細分されたものである。一方、宗教改革以
降成立したプロテスタント諸教会には、万人祭司の教理から聖職者を設けず、教職として按手礼を受けた牧師をおくものが多い。教職の他に教会政治
(管理)に長老、監督といった役職を置く事もある。

伝統的な教会においては、女性は聖職者になることができない[16]が、プロテスタントでは女性教職は珍しくない[17]。現代では教派によらず、
聖職・教職に就くには神学校等で数年の専門的訓練を受けるのが一般的である。


正教会・東方諸教会・カトリック教会・聖公会・一部のルーテル教会には神に生涯を捧げる信者がいる。これを修道者(修道士)という。修道者は必ずしも
聖職者ではなく、多くは平信徒である。修道者は独身でなければならない。修道生活は3世紀ごろ、他宗教の先行例を模倣しつつエジプトで始まったと
考えられている。元来は砂漠で一人行われることが多かったが、すでに古代に集団生活をする例が知られており、中世以降、修道院で行われることが
普通である。カトリックにおいては、修道会という独自の組織があり、ローマ教皇に直属する。現代のカトリックでは、修道士・修道女はなんらかの修道会
に所属している。どの教派においても、正式に修道者となるためには、数年の準備期間があり、十分な準備が出来たもののみが修道生活に入る。
準備段階、またまれに修道者となった後で、世俗の生活に戻るものもある。
教会 [編集]


一般的な教派では、信者はみなどこか特定の教会に所属している。これを教会員制という。欧米では洗礼記録により、必要に応じて信者であることの
証明(洗礼証明書)を受けることが出来る。日本の教会では教会籍という制度で、洗礼による教会員の新規入会、転会、死去などを記録、管理する例が多い

教会員の多くは、居住地近隣の教会に所属するが、自宅からもっとも近くの教会に属す義務があるわけではない。教会の規模はまちまちであり、日本では、
都市部の巨大教会では、1万人を超える信者が所属するところもあり、地方の小教会では信者が10人前後の場合もある。




複数の教会を持つ教派では、管轄範囲を地理的区分によって分けることが多い。これを教区という。カトリック・正教会・聖公会など監督制教会の場合、
教区の中心となるのは、主教(司教)座聖堂である。教区にはいくつかの教会が所属する。一部教派では、教区はさらに教会を単位とする小教区に細分される。
また、いくつかの教区をさらに統括する区分を設置する場合もある。複数の教会からなる教会(教派)に対し、ひとつの教会だけで一教派をなすものを単立教会
という。単立教会は原理的にプロテスタントである。教義の近い単立教会が連合した協力組織も存在する。


信徒が自分の籍を置いていない教会の礼拝に参加することは、同じ教派の教会でなくても、まったく問題はない。また転居などに伴い、同一教派の教会から他の
教会に移籍すること(転会)も必要に応じて行われる。これに対して、所属教派自体を変えることは、場合によっては宗教を変える(改宗)に等しいインパクトを持っ
て受け取られる。カトリックでは自教派に改宗することを「帰一」、正教では「帰正」という。プロテスタント教会では多くは単に転会という。洗礼は大抵の教会間で
他の教会のものも有効と認めるが、他の秘跡については認めないことが多い。聖餐の共有は聖餐理解が教派ごとに異なることを反映して複雑であり、本項では詳述しない。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 17:38:12.86 ID:aVrqL4v/0
信者は、古代教会に直接連なる教会では、平信徒と聖職者に分かれる。聖職者は、輔祭(助祭)・司祭・主教(司教)の三階級に大別される。
大司教、枢機卿、教皇等の区別は、教会の組織的発展の結果、教会行政的必要性から、主教職が細分されたものである。一方、宗教改革以
降成立したプロテスタント諸教会には、万人祭司の教理から聖職者を設けず、教職として按手礼を受けた牧師をおくものが多い。教職の他に教会政治
(管理)に長老、監督といった役職を置く事もある。

伝統的な教会においては、女性は聖職者になることができない[16]が、プロテスタントでは女性教職は珍しくない[17]。現代では教派によらず、
聖職・教職に就くには神学校等で数年の専門的訓練を受けるのが一般的である。


正教会・東方諸教会・カトリック教会・聖公会・一部のルーテル教会には神に生涯を捧げる信者がいる。これを修道者(修道士)という。修道者は必ずしも
聖職者ではなく、多くは平信徒である。修道者は独身でなければならない。修道生活は3世紀ごろ、他宗教の先行例を模倣しつつエジプトで始まったと
考えられている。元来は砂漠で一人行われることが多かったが、すでに古代に集団生活をする例が知られており、中世以降、修道院で行われることが
普通である。カトリックにおいては、修道会という独自の組織があり、ローマ教皇に直属する。現代のカトリックでは、修道士・修道女はなんらかの修道会
に所属している。どの教派においても、正式に修道者となるためには、数年の準備期間があり、十分な準備が出来たもののみが修道生活に入る。
準備段階、またまれに修道者となった後で、世俗の生活に戻るものもある。
教会 [編集]


一般的な教派では、信者はみなどこか特定の教会に所属している。これを教会員制という。欧米では洗礼記録により、必要に応じて信者であることの
証明(洗礼証明書)を受けることが出来る。日本の教会では教会籍という制度で、洗礼による教会員の新規入会、転会、死去などを記録、管理する例が多い

教会員の多くは、居住地近隣の教会に所属するが、自宅からもっとも近くの教会に属す義務があるわけではない。教会の規模はまちまちであり、日本では、
都市部の巨大教会では、1万人を超える信者が所属するところもあり、地方の小教会では信者が10人前後の場合もある。




複数の教会を持つ教派では、管轄範囲を地理的区分によって分けることが多い。これを教区という。カトリック・正教会・聖公会など監督制教会の場合、
教区の中心となるのは、主教(司教)座聖堂である。教区にはいくつかの教会が所属する。一部教派では、教区はさらに教会を単位とする小教区に細分される。
また、いくつかの教区をさらに統括する区分を設置する場合もある。複数の教会からなる教会(教派)に対し、ひとつの教会だけで一教派をなすものを単立教会
という。単立教会は原理的にプロテスタントである。教義の近い単立教会が連合した協力組織も存在する。



信徒が自分の籍を置いていない教会の礼拝に参加することは、同じ教派の教会でなくても、まったく問題はない。また転居などに伴い、同一教派の教会から他の
教会に移籍すること(転会)も必要に応じて行われる。これに対して、所属教派自体を変えることは、場合によっては宗教を変える(改宗)に等しいインパクトを持っ
て受け取られる。カトリックでは自教派に改宗することを「帰一」、正教では「帰正」という。プロテスタント教会では多くは単に転会という。洗礼は大抵の教会間で
他の教会のものも有効と認めるが、他の秘跡については認めないことが多い。聖餐の共有は聖餐理解が教派ごとに異なることを反映して複雑であり、本項では詳述しない。


437 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)