5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ごるステ】まんごるもあ【皇居のお堀に入浴剤】1包目

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 14:16:08.50 ID:JMrM7fUr0
7.パレスチナの民主化には指導者ではなく、インテリジェンスの有志連合が必要である
 インテリジェンスの有志は先進諸国から学ぶことが望ましいが、現状のイスラエルと米国が民主化に非協力的であり、事変すら頻繁に起きていることも
考慮すべきである。 パレスチナの権力者が高齢であれば、それだけイスラエルに対する政治体制も脆いのであり、あるいはイスラエル建国の原点に戻り、
パレスチナ国民はその政治体制を平和的に競合すべき必然する課題として、特に司法の完璧な理解に努めるべきなのである。ユダヤ教国家イスラエルに
対して、抵抗することは死なのである。恐るべきユダヤ教の威信はそれ故に世界最大の軍事力を築き、協力者の米国に自由を与えたのであり、その凶悪な
結果から世界各地で迫害され、そして中東の地域に集められたことを最も理解すべきである。 そもそも、世界最大の軍事力を持った宗教は、なぜ高度な統
治のために殺戮兵器を用意したのであろうか。この世は「逆」でできているからである。沖縄は地方社会という弱者であり、所謂民主化としての主張は現在で
も頻繁に弾圧され続けている。それは言論や民主化以前に、明らかな軍事的支配による弾圧がなされた上で、我々はこの言論や民主化という人間本来の
常套手段の一部を放置されているに過ぎないのだ。我々は今もなお、軍事力で支配され弾圧を受け続けているという状況に何ら変わりはないのである。この
状況下で、米軍が人間本来の常套手段、すなわち言論と主張を受け入れると考えるのは錯覚であり、大きな誤解である。つい最近では、ユダヤ人虐殺は捏
造だったという趣旨の本が発売中止になったのもこの錯覚によるものである。米軍は以前からも日本政府に黙過圧力を掛けており、米国主導の民主主義は
、軍事力による強要がはじめからあって、沖縄の軍事経済として最後まで残ったのだ。これが戦争というものでり、我々のこの重大な考察は宗教上、言論上、
民主化に通じるすべての主張において疎かにすべきではない。









A.沖縄・イラク・パレスチナ・アフガニスタン等の米軍占領地域は、言論拡大を要する。そこで、これを目的としたインテリジェンス・コミュニティー集団に対する
弾圧を先ず排斥すべきである。









B.言論拡大とは、資本経済を理解するための論理武装であり、多言語教育、主義主張の自由討論、民主主義に関する司法整理、を民族的に目的化することである。
これらの問題を自浄能力で達成できなかった場合は、欧米の黒人奴隷の歴史を踏襲せざる得ない。すなわち、欧米文明に捕獲された奴隷民族として調教され、
その民族的未来を奪われるのである。これは、上記A-Bの自浄能力を内外問わず習得されるまでの期間であり、或は資本主義世界を、虚偽と虚像と仮初の物質
的世界に慣れ親しむことを国民的希望として満たさなければならない。 逆説的に考えれば、このような複雑な原理を疎かした無能な支配者こそが、その国民の財産
と命を犠牲にすることになる。 支配者は国民の財産と命を保障する義務があり、民主主義はその課題を負わなければならないが、中東地域について言えば、
その文明自体の価値は決して有益なものではないし、爆弾テロというい破綻した思想を含んでおり、イスラム教そのものを無能であると判断しなければならない。

437 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)