5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【TDN】真夏の夜の淫夢【名探偵オラァァン】189本目

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/10(木) 00:07:12.10 ID:5exfRmOM0
 生理中(1週目・低温期)
体温を上げる作用のある黄体ホルモンの分泌がなくなり、体温が下がって身体が冷え血行が悪くなります。
生理痛、頭痛や胃の痛み、生理の出血によって貧血気味になり身体のだるさをおぼえることも。
心身ともにブルーな時期。
生理が終わりに近づくと卵胞ホルモンの分泌が始まり、ブルーな気分から脱出できます。

 生理後(2週目・低温期)
排卵を前に女性らしさを引き出す卵胞ホルモンの分泌が高まり、肌のつややきれいな髪をつくり、心も体もいきいきと充実させます。
卵胞ホルモンは排卵の準備をするとともに、排卵に向けて、女性としての美しさが増す時期です。

 排卵後の調整期(3週目・高温期)
大きな不調はないものの、黄体ホルモンの分泌が高まって子宮内膜が充実しはじめ、下腹部になんとなく不快感や違和感を感じる時期。
心身ともテンションは高まりますが、黄体ホルモンは精神に不安定感ももたらすため、二面性のあるデリケートな時期でもあります。

 生理前の不調期(4週目・高温期)
黄体ホルモンの影響が強く現れる時期。
体温の上昇やむくみ、便秘、肩こり、頭痛など身体的な不調に悩まされます。また、精神的にもイライラや不安感がつのり一番、不安定になる時期でもあります。

わたしたちのおばあちゃん世代、10回くらいの妊娠を経験することもあった一昔前までは、生涯月経回数は約50回くらいだったと言われています。
平均1人の子どもを産むか産まないかの現代女性の生涯月経回数は約500回とも言われ、わずか1世紀にも満たない間に、10倍にも増えてしまったわけです。
人間の生理現象で短期間にこんな大きな変化をみることは他にはまずありません。
この多すぎる月経は、当然、卵巣や子宮にその分のダメージがかかり、様々な不調の原因にもつながってきます。

はじめて女性がむかえた『生涯月経500回時代』、現代の女性の様々な生の情報をおよせいただき蓄積することで、
女性の快適な生活のための新しい知恵を、皆さんと創り出していこうと考えています。

http://www.documentingreality.com/forum/attachments/f10/134555d1267683217-raped-dismembered-left-trash-explicit-images-crime-la-novia-muerta-006-.jpg
http://woman.image.coocan.jp/knj/nap/nap0001.jpg

224 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★