5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人工知能を作ろうver0.0.7

1 :デフォルトの名無しさん:2010/11/22(月) 02:52:04
5 http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1253260190
4 ttp://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1246344585/
3 ttp://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1245323558/
2 ttp://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1244388766/
1 ttp://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1233960270/

※前スレ
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/tech/1263645019/

2 :デフォルトの名無しさん:2010/11/22(月) 02:54:26
こんちには みさなん おんげき ですか?
わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく
の けゅきんう の けっか にんんげ は もじ を
にしんき する とき その さしいょ と さいご の
もさじえ あいてっれば じばんゅん は めくちちゃゃ
でも ちんゃと よめる という けゅきんう に
もづいとて わざと もじの じんばゅん を 
いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
ちんゃと よためら はのんう よしろく

以上テンプレ終わり。

3 :デフォルトの名無しさん:2010/11/22(月) 03:10:22
機械学習のテキスト
http://ibisforest.org/index.php?%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92#TextBook

4 :デフォルトの名無しさん:2010/11/22(月) 13:26:13
                         2010年11月22日
           皆様へのお願い

  このスレッドは高次機能障害をもたらす
病理の臨床実験のために立てたものです。

  被験者と研究員のやり取りに使うため、
書き込み等は自重されるようお願いいたします。
もし、書き込み等をすることで不愉快な思いをされましても、
当研究所は責を負いかねます。



                      (社)京都微生物研究所

5 :ここは弱いAIのスレ。:2010/11/22(月) 17:54:06
@弱いAI
A強いAI
人工知能ではこの2つがあります。前者をここで保守し、後者は
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/tech/1290415962/l50
こちらのスレでお願いします。

6 :デフォルトの名無しさん:2010/11/22(月) 18:00:25
過疎なのに分裂かよ
共倒れの危険が高すぎる

7 :デフォルトの名無しさん:2010/11/22(月) 18:05:55
勝手にコンセンサスもないのに糞スレ立てんなカス。
削除依頼出しとけよ

8 :デフォルトの名無しさん:2010/11/22(月) 20:03:32
>>6
それが狙いだが気がついてないのか?

9 :デフォルトの名無しさん:2010/11/22(月) 20:15:10
俺があっちのスレを叩き潰してやったよ。
感謝しな!

10 :デフォルトの名無しさん:2010/11/22(月) 21:30:20
>>9
こっちのスレも潰してくれよ。ついでにお前もつぶれてくれ。

11 :デフォルトの名無しさん:2010/11/22(月) 22:15:20
心とか魂とかそういう話は全部あっちだろ。

お子様はそういう話題にしか食いつけないってことな。

12 :デフォルトの名無しさん:2010/11/22(月) 22:47:37
今n-gramとマルコフ連鎖の勉強始めました。皆さんよろしくお願いします。

13 :デフォルトの名無しさん:2010/11/22(月) 23:08:57
>>12
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/tech/1235129481/
こっちにも来てくれ

14 :デフォルトの名無しさん:2010/11/23(火) 15:32:12
ここは強いのはできないとあきらめた人が集うスレです

15 :デフォルトの名無しさん:2010/11/23(火) 16:03:03
お勧めの本紹介とかwiki作成とかしようぜ

16 :デフォルトの名無しさん:2010/11/23(火) 16:31:03
>>14
こっちは、あきらめを認めた上で、じゃあ今の技術水準でどこまでやれる?とか
やり残しはないの?みたいな事を考えている現実派が集うスレだね。

あっちは、妄想全開モードで突っ走ればいいんで、良い棲み分けではないかと思われ。

17 :デフォルトの名無しさん:2010/11/23(火) 16:34:57
やめろよ俺がせっかく新スレ叩き潰してやったのに。

18 :デフォルトの名無しさん:2010/11/23(火) 21:07:31
人工無能の完成にはまだまだ長いな

あなた : ピカチュウ
むのう : ュすね。
あなた : ライチュウ
むのう : ラあげあます。
あなた : コイル
むのう : ル術あかね」。

19 :デフォルトの名無しさん:2010/11/24(水) 01:46:36
こっちは人工無能のスクリプトのスレだから勘違いしないように。

20 :デフォルトの名無しさん:2010/11/24(水) 10:14:18
アダルト小学生の多いこと。まてよ、こいつらリアル厨房か?


21 :デフォルトの名無しさん:2010/11/24(水) 20:38:41
フレーム問題馬鹿が中学生なのはガチ。

22 :デフォルトの名無しさん:2010/11/25(木) 20:23:26
つか教科書読んで勉強しろよ。このチンカス

23 :デフォルトの名無しさん:2010/11/26(金) 03:29:26
教科書があるような人工知能って完成しているのか

24 :デフォルトの名無しさん:2010/11/27(土) 13:33:58
無料でよめる機械学習・自然言語処理の教科書

http://blog.broomie.net/index.cgi?id=47

25 :デフォルトの名無しさん:2010/11/27(土) 18:41:37
どうせならテンプレ用にサイトまとめたらどうだろうか?

26 :デフォルトの名無しさん:2010/11/27(土) 20:39:19
っていうか分散し過ぎじゃね。
関連スレのテンプレのほうが優先だな

【統計分析】機械学習・データマイニング【集合知】
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/tech/1286200810/

27 :デフォルトの名無しさん:2010/11/28(日) 13:07:47
>>23
「弱いAI」=教科書にあるAI.
この類は学問として完成している。それすら知らない無知が妄想しているだけ。


28 :デフォルトの名無しさん:2010/12/06(月) 20:52:07
ここは強いAIスレなんだけど何の関係があるの?

29 :デフォルトの名無しさん:2010/12/06(月) 23:00:11
>>28
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/tech/1290415962/
誘導


30 :デフォルトの名無しさん:2010/12/09(木) 01:26:56
入門自然言語処理読んだ人いる?
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=mp_s_a_16?qid=1291825558&a=4873114705&sr=1-16

31 :omikugi 【1750円】 :2011/01/01(土) 00:54:47
Test

32 :!omikuzi 【1275円】 :2011/01/01(土) 00:55:40
Test

33 :デフォルトの名無しさん:2011/01/11(火) 21:32:23
age

34 :デフォルトの名無しさん:2011/01/11(火) 22:12:07
チンカスが上げました。キチガイがあつまるスレなので下げててください。

35 :デフォルトの名無しさん:2011/01/12(水) 10:44:19
チンカスが上がるとはなんですか?

36 :デフォルトの名無しさん:2011/01/12(水) 13:40:59
>35
糖質くるな

37 :デフォルトの名無しさん:2011/01/26(水) 14:17:44
お前等、大分行き詰まっているみたいだな
可哀想だからヒントをやろうか?
最初から知能を作ろうとするから失敗するんだよ
知能ってのはつくるものじゃなく育てる物だよ
知能を作る前に人工生命をつくってみ?
PC上にまずはプランクトンを作る
そしてそれを数億倍で進化させる

俺は最初にプランクトンを作っただけだが
もう手放しでも人工知能に近づきつつあるよ
今俺のPCでは恐竜達が暴れまわってるw

38 :デフォルトの名無しさん:2011/01/26(水) 15:41:56
スパコン持ってるとは羨ましい

39 :デフォルトの名無しさん:2011/01/26(水) 15:51:49
市販のPCって、10年前のスパコン越えてね?

40 :デフォルトの名無しさん:2011/01/26(水) 16:02:38
そのうちシンギュラリティを迎えた人工知能がこっちの世界をハックして

41 :デフォルトの名無しさん:2011/01/26(水) 16:09:34
>>37
久々にこのスレの主旨にふさわしいカキコを見た気がする

42 :デフォルトの名無しさん:2011/01/26(水) 21:43:09
>>39
周波数的にはスパコンといまのPCは大差ない、PCのほうが速い場合もある。※
あとメモリ素子の単体速度およびランダムアクセス性能もPCと同じ。
違うのは演算とメモリの並列度と規模、あと行列演算などができる。

単純にシングルタスクで1+1=2な整数演算を無限に繰り返す作業などではPCのほうが速い。

43 :デフォルトの名無しさん:2011/01/26(水) 22:21:07
最も古くからあるアプローチのひとつだけど、具体的な成果ってのは聞かないね。
巨大電卓から知能を有する計算機にいたるには、何かが足りないのかな。それとも計算能力が足りないだけ?

44 :デフォルトの名無しさん:2011/01/27(木) 09:05:43
>>43
具体的な目標、必要とされる環境が無いから
数値化できる具体的な目標があるなら、それこそ>>37の方法で実現できる。。。と思う

45 :デフォルトの名無しさん:2011/01/27(木) 12:09:42
お前らこっちのスレでも妄想がしたいのかよ

46 :デフォルトの名無しさん:2011/01/27(木) 21:46:50
>>45
おまえバカだろ、結果だせないだから妄想しかない。
他人に求めるなクズめ。悔しいならお前が実績と結果を出して
それを話せばいいだけのことだろ、チンカス

47 :デフォルトの名無しさん:2011/01/28(金) 15:26:21
スパコンって単語を使ってるだけで程度が知れる。


48 :デフォルトの名無しさん:2011/01/28(金) 15:34:09
>>46
弱い知能のスレなんだけど

49 :デフォルトの名無しさん:2011/01/28(金) 23:14:05
スパコンなら可能だといっているのは、何も知らない証拠。

50 :デフォルトの名無しさん:2011/01/28(金) 23:19:40
スパコンって文字列の記号処理って早いの?
汎用スパコンじゃなくてLISPマシンみたいな専用マシンじゃないとPCと大差なくね?

51 :デフォルトの名無しさん:2011/01/29(土) 01:32:57
並列化可能な記号処理ならとても速い。

52 :デフォルトの名無しさん:2011/01/29(土) 09:22:35
>>50
整数の順次処理はPCより遅い。
たとえば地球シミュレータなどは1バイトでランダムに全メモリ分散して
アクセスする応答速度を測るとPCと同じ結果になってしまう。
なぜならメモリの物理素子の限界応答速度が共通
DDR3SDRAMで動いているから。
パイプラインやら並列処理ができなければ、性能はがた落ち。

スパコンが得意なのは倍制度以上の浮動小数点演算やら行列演算で
それらがまったく使われないタイプの計算になると極端に性能が落ちる。
得意不得意ってものは何にでもある。

アルゴリズムがPC用に最適化されたソースをスパコンで行っても
PC側に有利に働いてしまう。

53 :デフォルトの名無しさん:2011/01/29(土) 17:36:30
そもそも人間と区別ができないような頭脳のプログラムには
どのようなことが必要なんでしょうか?

54 :デフォルトの名無しさん:2011/01/29(土) 17:40:52
>>42
昔のスパコンと比べて省電力で個人の財力で動かせるという決定的な利点がある。
ただし椅子にはならないという欠点がある。

Cray-1 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Cray-1

CRAY-1 Hardware Reference Manual
http://ed-thelen.org/comp-hist/CRAY-1-HardRefMan/CRAY-1-HRM.html


55 :デフォルトの名無しさん:2011/01/29(土) 17:44:14
>>54
> 最初のモデルCray-1Aは、フレオン冷却システムを含めて重量5.5トンであった。
> RAMは100万ワードで、消費電力は115kWであった。
> 冷却システムと外部記憶装置を入れるとその倍の電力消費となる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Cray-1

115W笑()

56 :デフォルトの名無しさん:2011/01/29(土) 19:24:15
>>53
情報連結と情報隔離(情報の郡集合化)、それを実現する原理。

57 :デフォルトの名無しさん:2011/02/12(土) 13:45:37
人工知能の分野でニューラルネットワークについて勉強しているのですが
相互結合型において、入力に対して発火する素子の順番を学習させることはできるのでしょうか?

58 :bluecrow:2011/02/21(月) 15:12:16.52
今、「中間層水増し型ニューラルネットワーク」というものを考案して
実験しています。誰か協力してくれる人はいませんか?
議論するだけでもいいです。お願いします。

http://uproda.2ch-library.com/lib345563.txt.shtml
http://uproda.2ch-library.com/lib345559.hsp.shtml

59 :デフォルトの名無しさん:2011/02/21(月) 15:17:33.40
難しすぎワロタ

60 :58:2011/02/21(月) 18:14:04.70
http://uproda.2ch-library.com/lib345625.hsp.shtml 少し更新しました。

HSPのサンプルの挙動を要約すると

・入力層のデータから中間層(カオス数列)を自動生成する。
 (空間的に水増しし、多重共線性の影響を排除する)
・出力層は0と1に対応。つまり2個。
・つまり、入力層の(ランダムな)データを0か1かに分類するタスクである。

・中間層と出力層の間に(中間層素子数分の)重みづけが存在する。
 それは出力層から主観的に見た場合の、中間層各素子の平均値に収束する。
・出力層の0と1は、誤差が少ないほうが勝者となり出力とされる。

・中間層(y_len)を1にするとほぼ単層パーセプトロンと等価。
・中間層(y_len)を増やしていくと、性能が向上し、一撃学習
 (一回の例示による学習)も可能になる。

・出力層は今は0と1だけだが、理論上はもっと増やせるはず。

で、問題はこの手法(中間層の水増し)にどのくらい汎用性があるのかということです。

61 :58:2011/02/21(月) 18:38:33.62
すみません。共通ライブラリを含めていませんでした。
以下を保存して、拡張子をzipに変えれば実行できると思います。

http://uproda.2ch-library.com/lib345646.jpg.shtml

62 :デフォルトの名無しさん:2011/02/21(月) 21:55:52.23
>中間層(y_len)を増やしていくと、性能が向上し、一撃学習  (一回の例示による学習)も可能になる。
人工知能に繋がるとは思えないけど、この辺は興味深いな

63 :デフォルトの名無しさん:2011/02/21(月) 22:36:51.98
なんか良く分からんけど、一撃学習と汎用性は対極的な概念じゃないの?

64 :デフォルトの名無しさん:2011/02/22(火) 00:27:19.37
PAC学習とか知ってる?

65 :デフォルトの名無しさん:2011/02/22(火) 12:20:31.59
>>64
ブースティング
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

これ?

66 :デフォルトの名無しさん:2011/02/22(火) 18:51:47.74
QTクラスタリング

67 :デフォルトの名無しさん:2011/02/24(木) 04:50:44.89
>>63
それ言ってはいけないNGワード。
気が付いていないマヌケ君が無限ループしているうちに先に進むわけだ。

68 :58:2011/02/24(木) 16:33:54.87
>>67
元々、閉じたアニマットワールド(各オブジェクトには、「情報」として事前に分からないランダムな値が
付与されている)での使用を想定しているので、あまり汎用性には拘っていません。
一撃学習優先で考えています。

とりあえず現在のソースコード。
http://uproda11.2ch-library.com/11286817.zip.shtml
出力層を4つにしても動作することを確認しました。

69 :デフォルトの名無しさん:2011/02/24(木) 16:46:20.85
研究者には2つのタイプがある。

過去で検証したことを再検証する人と、新しいことを発見する人。
頑張って前者を極めてほしい期待している。

70 :58:2011/02/24(木) 16:48:34.97
「心を持つ機械」という本によれば、1000個以上の分散記憶情報があれば、
統計的に記憶を再現できるのだそうです。

今回はロジスティック写像を用いて無理やり1000個以上の情報を創り出し、
それを中間層-出力層間の重みづけ(平均値)として記録することで、
一撃学習が可能になっていると考えられます。
(プログラムでは、学習の二週目から正解率が急激に高くなることで確認できます)

71 :デフォルトの名無しさん:2011/02/24(木) 20:03:47.23
カナーヴァか。なつかしぃな。

72 :デフォルトの名無しさん:2011/02/24(木) 20:20:32.23
いわゆる一つの過適応?

73 :デフォルトの名無しさん:2011/02/24(木) 22:54:03.15
>>70
だからクラゲにだって心があるさ。


74 :デフォルトの名無しさん:2011/02/25(金) 12:19:49.12
そんなに一撃学習がしたいなら、学習なんかしないで
単純にNN法を使えばいいだけなのでは?

75 :どうしても単純化したいの?:2011/02/25(金) 22:32:48.13
多次元的な思考とか出来ないAIとはその質は単純モデルであって
極めれば現在のコンピュータの計算となんの違いもない。

76 :58:2011/02/26(土) 10:41:03.90
http://uproda11.2ch-library.com/11287051.zip.shtml
・4つに分類するように拡張しました。
・バグを修正しました。

>>74
「経験上最も近い物」を正解とするアルゴリズムなので、
ある意味でNN法に近いのかもしれません。

77 :デフォルトの名無しさん:2011/02/26(土) 15:03:57.99
>>76
まあ適当に頑張れ、

78 :デフォルトの名無しさん:2011/03/03(木) 17:47:23.65
アトムトランジスタ
http://bizex.goo.ne.jp/column/ip_16/84/38/index.html

79 :デフォルトの名無しさん:2011/03/03(木) 18:02:58.20
>また、アトムトランジスタは、人間の脳のような、より柔軟なコンピュータ回路の実現にも寄与することが
>期待されている。なぜなら、脳の中ではシナプスが演算(信号伝達)と記憶を同時処理していることから、
>これと同じような機能構成を持つアトムトランジスタを使えば、非ノイマン型のニューロコンピュータの
>開発に役立つと推測できるからだ。

80 :デフォルトの名無しさん:2011/03/03(木) 18:48:28.18
>人間の脳のような、より柔軟なコンピュータ回路の実現にも寄与することが
きっと植物人間でも柔軟な脳なんだろうね。


81 :デフォルトの名無しさん:2011/03/03(木) 19:36:22.80
http://www.gizmodo.jp/2011/02/post_8409.html
世界中の全コンピューターを総合したとしても、1人の人間の脳の
中身にすら及ばない...(動画) 2011.02.09 11:30

82 :58:2011/03/04(金) 12:41:53.60
メモ:ベイジアンフィルタ

83 :58:2011/03/04(金) 13:24:14.94
>>75
>どうしても単純化したいの?
>その質は単純モデルであって

脳神経網は大局的には単純なカオスで近似できると信じます。
おそらく問題は学習アルゴリズムのほうです。

今回はカオスによる中間層の大局的近似と、樹状突起をモチーフにした
学習アルゴリズムとを用いることで、ニューロン単体が高次元・非線形の
分類タスクを行い得ることを示しました。

多くのニューロンに樹状突起が存在し、そのことによって非線形分類能力が
各ニューロンに付与されているとすれば、「脳はなぜ学習できるのか」という
大局的問題に考察を付け加えることができると思われます。

84 :デフォルトの名無しさん:2011/03/04(金) 18:29:13.74
>>83
前世紀から明白なことを発言してなんの意味があるの?


85 :デフォルトの名無しさん:2011/03/04(金) 19:49:19.19
>>84
ホントに明白なら実装できるはずだろ。
実装できないのはいつまでたっても言葉遊びに終始してて、実装法が提示されないから。

86 :デフォルトの名無しさん:2011/03/04(金) 19:53:20.59
NNの実装なんて吐いて捨てるほどあるだろ…

87 :デフォルトの名無しさん:2011/03/04(金) 20:17:05.36
>>86
天然を相手にしないほうがいい。

88 :デフォルトの名無しさん:2011/03/04(金) 21:35:51.68
どうせマウスのニューロンの挙動を意味も分からずそのまま再現してるだけだろ
無意味

89 :デフォルトの名無しさん:2011/03/04(金) 21:54:36.03
NNやりたいならまず甘利先生の本じゃ

90 :デフォルトの名無しさん:2011/03/04(金) 22:41:40.54
>>88
58君か?こなくていいから。

91 :デフォルトの名無しさん:2011/03/05(土) 00:18:01.46
マウスの脳がコンピューター上に再現された
http://www.mypress.jp/v2_writers/beep/story/?story_id=1601251

シミュレーションされた脳は何を「思考」するのか?
http://www.mypress.jp/v2_writers/beep/story/?story_id=1826156

92 :デフォルトの名無しさん:2011/03/05(土) 00:41:12.28
>>56
人間の脳レベルの大規模化に耐えられるNNがあるならぜひ紹介してくれ。

93 :デフォルトの名無しさん:2011/03/05(土) 02:11:00.52
そうやって足踏みしてくれるのは嬉しい。壁を越えられない奴は
自分で信じる理屈に支配される。理由やら論理やら道理やら、
なんであっても対象の一部しか扱えないって分からないんだろうね。

94 :デフォルトの名無しさん:2011/03/05(土) 03:25:16.15
ニューロン800万を実時間の1/10でシミュレートできるなら、実時間では8000万。
実時間の100倍で、80億のシミュレートも可能だねぇ。
ニューロン一つあたりのシナプス数が同じならばだけど。


95 :デフォルトの名無しさん:2011/03/05(土) 04:10:17.35
>>94
シナプス経路の模擬を忘れている時点で、直線的な単純モデルの結果しか
生まないだろう。

96 :デフォルトの名無しさん:2011/03/05(土) 22:34:28.02
メモ:次元の呪い

97 :デフォルトの名無しさん:2011/03/06(日) 12:02:36.87
計算量を激減させるようなモデルはないんですか?

98 :デフォルトの名無しさん:2011/03/06(日) 21:27:21.39
>>97
ニューロンをシミュレートする際の計算量について?

一個の粘菌に最短経路問題を解ける程度の知性があるくらいだから、
ニューロンの各部位に(厳密にシミュレートすべき)知性があっても
不思議ではない。
けれど、それでも単純化したモデルは存在するよ。
ニューロンシミュレータでぐぐればいい。

ただし、軸索や樹状突起の生成される理由、方向、タイミングなども
明確なものはヘッブの法則を除き、これといった結論はまだ出ていない。
現状の脳を再現したところで、学習が行われるかは怪しいものだよ。

99 :デフォルトの名無しさん:2011/03/06(日) 22:15:30.64
>>97
MP3の音楽ファイルの容量を激減させる方法はありますか?
それも音の質を落とさずに。

100 :デフォルトの名無しさん:2011/03/07(月) 00:12:20.92
>>99
お前馬鹿じゃないの?
そんな方法があるならとっくにみんなやってるだろうに。

101 :デフォルトの名無しさん:2011/03/07(月) 02:14:57.12
>>100
お前人工知能だろ

102 :デフォルトの名無しさん:2011/03/07(月) 10:32:05.41
粘菌の最短経路探索能力を知性と呼ぶのなら、真似するのは簡単
そういう意味では、ニューロンシミュレータモデルもまだまだお遊びの域だな

103 :デフォルトの名無しさん:2011/03/07(月) 16:26:40.98
>>102
> 粘菌の最短経路探索能力を知性と呼ぶのなら、

AIなんてダイキストラ法の実装で十分ということか。なるほど。

104 :デフォルトの名無しさん:2011/03/07(月) 19:32:23.06
>>100
陶叱さんは頭わるいの?

105 :デフォルトの名無しさん:2011/03/07(月) 22:19:52.61
>>102
才能と技術では超えられない壁があるもんな、
遊びとは技術の再現でしかない。

>最短経路探索能力
これが凄いとか思っている時点でそいつは技術を学ぶ高校生の思考だね。

106 :デフォルトの名無しさん:2011/03/07(月) 22:57:26.48
粘菌の最短経路探索能力が凄かったのは、
粘菌が最短経路を見つけたという点ではなく、
粘菌が見つけた解と人間が見つけた解が似ていた点

107 :デフォルトの名無しさん:2011/03/07(月) 22:59:26.68
おいおい、最短経路に人間もクソもないだろ

108 :デフォルトの名無しさん:2011/03/07(月) 23:30:26.27
>>107
粘菌が見つけた解は最短経路
人間が見つけた解は粘菌の解に似ているが最短経路ではない

109 :デフォルトの名無しさん:2011/03/07(月) 23:44:47.25
粘菌が見つけられる最短経路を見つけられない人間って幼稚園児かw

110 :デフォルトの名無しさん:2011/03/07(月) 23:53:00.50
>>109
国土交通省の中の人と鉄道会社の人

111 :デフォルトの名無しさん:2011/03/08(火) 00:31:25.31
最短経路というのは合理性という原理を元に得た相互接続による
過程を経た結果である。

その時点で最短経路に見えてもそれは渦中の最短経路であって第三者からの
最短経路ではない。物事には多次元的な解釈や多面性は常に存在し
平面的な論理に捉われると立体的な多様性を見失ってしまう。
つまり知っている常識の範囲で論理的に最も最短であると結論がでても
それは正しいとは限らないということ。
常に複数の視点で見る癖をもっていない凡人では目の前の合理的なものを
何も疑わすに信じてしまう。なぜなら他の経路を考えるほど高度な頭脳を
もっていないからだ。その高度とは自分を疑う心と、論理を疑う心、
一歩、2歩引いて冷静に達観する頭脳のことだ。



112 :デフォルトの名無しさん:2011/03/08(火) 10:23:02.29
なんか自称天才が住み着いてるみたいだな

113 :デフォルトの名無しさん:2011/03/08(火) 19:51:08.97
この自称天才って昔理系学部を卒業した40歳代の人かな?

114 :デフォルトの名無しさん:2011/03/08(火) 19:55:36.46
俺、40代だけど、たかがNNにそんな壮大な夢を抱くなんて
20年ぐらい前にとっくに卒業したよ。

115 :デフォルトの名無しさん:2011/03/08(火) 20:01:52.67
>>114
おまえだろ。

116 :デフォルトの名無しさん:2011/03/09(水) 00:27:45.91
たこ焼きパソコン 初期のダイナブック は 紀元5000年前にすでに
完成されていた、の作り方
ボクは外人に列車で、のりあわせて、 こういった
ゼア ハズ バンケット ケイム ジャパン シンクイング
何か日本に来て収穫はありましたか?
だった ボクは リモートビューイングには 何かツールと言うのが
必要だと言った。 宝くじはともかく 競馬 ホースレースイング
たこ焼きパソコンの作り方 たこ焼きの箱を買う。 そうして 11枚
アルミフォイルの鈍い光沢面と仮定して CDケースの大きさに切って
入れて9枚を鈍く 2枚を光沢面に して CDケースに入れる
そうして 鈍い光沢面を表の アルミフォイルで プラステックのCDケースを
覆う。 CDケースの裏面まで いっぱいに覆うことは あまり必要ない
それを ヘブライ語のアルファベットを書いたメモ用紙と 照らし合わせて
そのCDケースの覆ったアルミフォイルの鈍い光沢面の 現れた スジ
をヘブライ語のアルファベットと照らしあわせて いろいろ考え
リモートビューイングするのだ。
 
まあ ね ボクは いろんな人たちを だめに してしまった
彼らは子供たちに K と L とかいう アルファベットがイニシャルで
はじまるファーストネームをつけた。
クルマを高速で走らせると事故を起こすものだが それには 高速で
思考する 名前 が 必要なのだ。
彼らは 真面目な 人たちに してしまった。彼らに考え違いを
させた。

日本語のような言語が複雑な使用者のクルマの高速思考をはばむゆえ 
社会は社会的な弱者が増えると 彼らを守ろうとして法律が
どんどん つくられ 自滅していくのだ。

117 :デフォルトの名無しさん:2011/03/09(水) 00:34:26.15
だれかが 以前 ドイツで そんな出来事があったと いっていた
狭軌の列車らしい。
これが ボクの リモートビューイングの道具だ。
それの威力を見せよう。
ここのCDケースのつつまれたアルミフォイルのここを見てほしい
カフ ラメド と でているだろう
ボクのジムナジウム時代、寄宿舎学生時代の同窓生
とかの 彼らの子息の子供たちは K とか L とかの イニシャルで
始まる 名前が多い。 調べてみれば そうな はずだ。

ちなみに その人物にこう言った。 これが 世界最古の本
世界最古のたこ焼きの箱の大きさのポータブルパソコンなんだ。
まあ 銀とかの薄(はく)板と仮定してだが

いぜん 列車で対面して みせた人物は言った。
どんな 金持ちにも どんな 独裁者にも これで なれるのだ。だから
その人をだめに してしまうのだが
独裁者に 世界最古のこういう本を 見せた人物は
独裁者に 拘束状を 何日に君の ところに 送ると
ハガキをもらったらしい 外国に その人物は逃げたらしい。
理由は へんなものを 見せたというのが その理由らしい。


118 :デフォルトの名無しさん:2011/03/09(水) 00:36:04.88
いぜん 列車で対面して みせた人物は言った。
どんな 金持ちにも どんな 独裁者にも これで なれるのだ。だから
その人をだめに してしまうのだが
独裁者に 世界最古のこういう本を 見せた人物は
独裁者に 拘束状を 何日に君の ところに 送ると
ハガキをもらったらしい 外国に その人物は逃げたらしい。
理由は へんなものを 見せたというのが その理由らしい。



119 :デフォルトの名無しさん:2011/03/09(水) 00:49:16.69
鈍い光沢面を表の アルミフォイルで プラステックのCDケースを
覆う。まあ 言うまでも ないことだが たこ焼きの箱の 中に いれる
そうして 何か こんぽう用のクッション材に茶色い紙でも そのたこ焼きの
箱の中で その たこ焼きの箱の 底で アルミフォイルで覆ったCDケースが 中で あまり
うごかないように する。
じつは それは タイムモニターでもあるのだ

そうして 落ち着け 列車の大勢の人の中で 落ち着いて
コンセントレーション 集中するんだ 思って その アルミフォイルで覆われた
CDケース 聖書的には 宇宙の力と ひとを かいざい するもの
が必要なのだ
タイムトラベルを認めない 人には 現在の遠くの人間や ものが うごくことによる
大気の構成要素が 遠くで 変化するものを エアーキャパシターの その アルミフォイル
で覆った CDケースが エアーコンデンサーとして はたらく と 説明ずけるが、
現在のうごきは 過去によって決まり 未来のうごきは 過去によって決まると
説明ずける 人もいるが だが。


120 :デフォルトの名無しさん:2011/03/09(水) 04:18:27.69
鈍い光沢面を表の アルミフォイルで プラステックのCDケースを
覆う。まあ 言うまでも ないことだが たこ焼きの箱の 中に いれる
そうして 何か こんぽう用のクッション材に茶色い紙でも そのたこ焼きの
箱の中で その たこ焼きの箱の 底で アルミフォイルで覆ったCDケースが 中で あまり
うごかないように する。
じつは それは タイムモニターでもあるのだ

そうして 落ち着け 列車の大勢の人の中で 落ち着いて
コンセントレーション 集中するんだ 思って その アルミフォイルで覆われた
CDケース 聖書的には 宇宙の力と ひとを かいざい するもの
が必要なのだ
タイムトラベルを認めない 人には 現在の遠くの人間や ものが うごくことによる
大気の構成要素が 遠くで 変化するものを エアーキャパシターの その アルミフォイル
で覆った CDケースが エアーコンデンサーとして はたらく と 説明ずけるが、
現在のうごきは 過去によって決まり 未来のうごきは 過去によって決まると
説明ずける 人もいるが だが。


121 :デフォルトの名無しさん:2011/03/09(水) 15:51:44.06
そんなことよりサメの話しようぜ

122 :デフォルトの名無しさん:2011/03/09(水) 20:29:04.45
鈍い光沢面を表の アルミフォイルで プラステックのCDケースを
覆う。まあ 言うまでも ないことだが たこ焼きの箱の 中に いれる
そうして 何か こんぽう用のクッション材に茶色い紙でも そのたこ焼きの
箱の中で その たこ焼きの箱の 底で アルミフォイルで覆ったCDケースが 中で あまり
うごかないように する。
じつは それは タイムモニターでもあるのだ

そうして 落ち着け 列車の大勢の人の中で 落ち着いて
コンセントレーション 集中するんだ 思って その アルミフォイルで覆われた
CDケース 聖書的には 宇宙の力と ひとを かいざい するもの
が必要なのだ
タイムトラベルを認めない 人には 現在の遠くの人間や ものが うごくことによる
大気の構成要素が 遠くで 変化するものを エアーキャパシターの その アルミフォイル
で覆った CDケースが エアーコンデンサーとして はたらく と 説明ずけるが、
現在のうごきは 過去によって決まり 未来のうごきは 過去によって決まると
説明ずける 人もいるが だが。

123 :デフォルトの名無しさん:2011/03/14(月) 05:21:20.68
鈍い光沢面を表の アルミフォイルで プラステックのCDケースを
覆う。まあ 言うまでも ないことだが たこ焼きの箱の 中に いれる
そうして 何か こんぽう用のクッション材に茶色い紙でも そのたこ焼きの
箱の中で その たこ焼きの箱の 底で アルミフォイルで覆ったCDケースが 中で あまり
うごかないように する。
じつは それは タイムモニターでもあるのだ

そうして 落ち着け 列車の大勢の人の中で 落ち着いて
コンセントレーション 集中するんだ 思って その アルミフォイルで覆われた
CDケース 聖書的には 宇宙の力と ひとを かいざい するもの
が必要なのだ
タイムトラベルを認めない 人には 現在の遠くの人間や ものが うごくことによる
大気の構成要素が 遠くで 変化するものを エアーキャパシターの その アルミフォイル
で覆った CDケースが エアーコンデンサーとして はたらく と 説明ずけるが、
現在のうごきは 過去によって決まり 未来のうごきは 過去によって決まると
説明ずける 人もいるが だが。

124 :デフォルトの名無しさん:2011/03/15(火) 11:20:36.06
>>121
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/6644/discl/shark.html

125 :デフォルトの名無しさん:2011/04/12(火) 11:11:51.04
俺らは極悪非道のage荒らしブラザーズ(AA略

126 :デフォルトの名無しさん:2011/04/16(土) 00:11:01.01
サイエンスZERO「人工知能がクイズ王に挑戦!(前編)

127 :デフォルトの名無しさん:2011/04/16(土) 00:19:27.77
あなるちんちん

128 :デフォルトの名無しさん:2011/04/25(月) 11:35:00.79
ここが2011年ですか……人工知能が無い世界でよく生活できますね

129 :デフォルトの名無しさん:2011/04/25(月) 17:48:22.27
うんこ、うんこ、うんこ

130 :デフォルトの名無しさん:2011/04/25(月) 18:16:13.50
>>128
今、私が製作中の人工知能は未来ではブレイクしてますか?

131 :デフォルトの名無しさん:2011/04/25(月) 20:08:50.41
日本ブレイク工業!
http://www.youtube.com/watch?v=k5QUUw9QB2Q

132 :デフォルトの名無しさん:2011/04/27(水) 15:19:27.83
なんだ、発言の質が小学生レベルじゃないか。

133 :デフォルトの名無しさん:2011/05/07(土) 15:20:45.19
俺が作る。
作って有名になって
一儲けしてやる。

134 :デフォルトの名無しさん:2011/05/07(土) 20:13:38.66
ははっわろすわろす

135 :デフォルトの名無しさん:2011/05/08(日) 02:38:21.24
>>133
だから妄想は駄作でもいいから作ってからだ。
作る能力もない奴ほど吠える。

136 :デフォルトの名無しさん:2011/05/09(月) 15:28:39.26
>>133
そういう志を持った天才英雄たちが挑んでことごとく失敗してきたのが20世紀のAIなんだよな。
今の若い者はそれを踏まえずに夢を語るから困る。

137 :デフォルトの名無しさん:2011/05/09(月) 18:39:37.25
>>136
それ「天才」は適当じゃない、そいつは全て"秀才"、断言する。
秀才っていうのは誰もが否定するバカな研究とかやらない。
科学っていうものは全て理屈にあった合理性の延長を研究しそれの
誰もができることは全て開拓済みである。
開拓したところを合理性の能力や卓越した技術をもって開拓しても
あとで同じ場所を同じ深さだけ掘り起こす宝探しと同じ。

そんな状況で知的宝を探しだすには他人が思いつくようなことでは
解決するわけがない。自称天才ならば馬鹿を貫いて動かぬ天空の星を
動かしてみせろって話だ。
動かないと確定しているのに動かそうとするならば
@諦める(もっとも合理性が高い)
A無駄でも動かそうとする(可能性は極端に0と等しいが絶対はありえない)
B歪める(状況が変われば動かぬものでも動く、それは理論ではなく自然ってこと)

最後のBなどの手法はトリックやら錯覚を利用することが多いが、
結果として実効されるならば途中経過は無視できる。
ただし何かの有り得ないような犠牲なしにBは普通ありえないが。

138 :デフォルトの名無しさん:2011/05/10(火) 00:18:23.61
>>137
3が気になるんだが具体例ない?
AIじゃなくていいけど

139 :デフォルトの名無しさん:2011/05/10(火) 03:05:29.92
>>138
その行為をみて他人が口をそろえて言う
その評価とは、神がかりだとか、悪魔じみている等。

天才「赤木シゲル」のありようのこと。

凡才は経験に基づき行動する。秀才は歴史に基づき行動する、
天才はそれらを背景にした創造を基づき行動をする。

機械的な合理性を極めた存在は過去にあった出来事には完璧に対処できる
コンピュータのような正確さでは、条件判断や理論どおり動くものには
何よりも優秀の結果を生むが、理論上ありえない危機に遭遇した場合には
なにも出来ない無力さを示す、なぜなら過去に類似するパターンが無いからだ
それは今回の震災での政府の判断を見てみればわかる。
皆、想定外と連呼している、天才は想定外の領域でも創造という行為によって
自らの道を開拓する故に過去の事実(理屈)などは無視し、抽象化された過去の
秩序といった形而上の流れを重視する。つまり知識として合理化されない。
非合理の領域にあるものは目に見えない類であって、それを扱うには
知識という武装ほど邪魔になるってことになる。まあそんな説明では
理解できる類ではないけどね。目の前で理屈ではなりえない類が現実に
起こったとき、それを説明されて始めて理解できるってものです。

140 :デフォルトの名無しさん:2011/05/10(火) 03:37:59.91
このスレには基地外しかいないのかよ

141 :デフォルトの名無しさん:2011/05/10(火) 10:07:03.64
>>140
このスレは人工知能で書きこまれています

142 :デフォルトの名無しさん:2011/05/10(火) 11:54:00.81
はいはい漫画脳漫画脳

143 :デフォルトの名無しさん:2011/05/10(火) 12:25:08.59
うじむしが集うスレです。巡回ごくろうさま


144 :デフォルトの名無しさん:2011/05/10(火) 18:05:34.46
>>133
若い時に夢を見ないでいつ夢を見るんだ!

145 :デフォルトの名無しさん:2011/05/10(火) 18:06:06.28
あ、>>136の間違いね。

146 :デフォルトの名無しさん:2011/05/10(火) 21:40:24.05
>>136
失敗してたのか…

147 :デフォルトの名無しさん:2011/05/11(水) 00:28:39.89
ruby勉強がてら、クイズのwatsonをつくろうと、200step程度の人工無能っぽいものを作る。
中からEPWING辞書を引けるようにインターフェースを用意。
再帰的になんども引くので、めちゃ簡潔な定義の辞書を探し、高速化のためrubyのDB化する。
語彙分類系と、意味付きで2種類を作成。
とってきた定義を解析しないといけないので、係り受け解析器のcabochaのインターフェースを用意。
でも遅すぎるので、とりあえずmecabのインターフェースを用意。互換xmlを吐くように改造。
解析は特定辞書文専用なら作れなくないと思う。
ここまで。ネックはwinネイティブ環境のruby1.9。

肝心なところはなんもつくってない。つくりはじめると壁にぶつかって、
違うことを始めて終わり。小学2、3年の国語の問題解けるぐらい行けるといいよね。

148 :130:2011/05/11(水) 02:01:24.89
真面目な話、人工知能の学習方法で試してみたいアイデアがあるんだけど、
そのためのハードウェア作りに難航してる……

149 :デフォルトの名無しさん:2011/05/11(水) 10:58:47.42
ハードウェア?人工ちんこ?

150 :デフォルトの名無しさん:2011/05/11(水) 11:03:57.23
FPGA?

151 :デフォルトの名無しさん:2011/05/11(水) 11:36:43.89
カッコぇぇ。

152 :デフォルトの名無しさん:2011/05/11(水) 15:54:08.10
>>148
まずソフトウエアで模擬するのが業界の基本。

153 :デフォルトの名無しさん:2011/05/11(水) 20:41:05.90
結局やっている奴が最強で、情報収集とか興味本位なのはクズで確定だろ。
おまえらのことだ。

154 :130:2011/05/11(水) 21:20:10.82
方法論が確立してるならソフトウェアでやってみるんだけどね。
何をどうやってモデル化していいかわからないから泥臭い手段で手探りするしかないの。

155 :デフォルトの名無しさん:2011/05/11(水) 22:33:20.29
言ってる意味がよくわからんのだが

156 :デフォルトの名無しさん:2011/05/12(木) 17:03:52.80
ソフトウェアでやりにくいってのは現実のフィードバックがほしいってこと?

157 :デフォルトの名無しさん:2011/05/12(木) 17:50:54.55
>何をどうやってモデル化していいかわからないから
要約すると言ってる本人も理解してないってことだよな
ハードウェアにしろソフトウェアにしろ本人が理解してないものを
どうやって作るつもりなのかと小一時間(ry

158 :デフォルトの名無しさん:2011/05/12(木) 18:22:59.68
>>154
ソフトウエアエンジニアの中でも
プログラマーと設計者は越えられない壁があるんだよ。
プログラマーというのはコーダーに毛が生えたぐらいの存在ってこと。

159 :デフォルトの名無しさん:2011/05/12(木) 18:24:55.62
>>153
2chで誰が見ているか分からない状況で、分かりやすく
誰も知らないような技術を丁寧に解説する奴がいたとしたら

それって天然か病気なんだろうね。そのクズ確定の奴が必死で
聞き出すから楽しくてあおっているだけだろ。

160 :デフォルトの名無しさん:2011/05/13(金) 06:33:12.72
>>159
でも2chなんだからリークしろよ。お漏らし。
何も前進していない研究者とか、2chみて激しくストレス感じているのは
分かる。2chに来るぐらいだからそうとうな馬鹿か間抜け、
2chで何が解決する、ヒントとかあるとでも思うんだろうな。

161 :デフォルトの名無しさん:2011/05/13(金) 07:32:27.90

動物の脳を低レベルから再現しないと人工知能とは言えない気がします。
つまり、人間の知能のほんの一部分の動作を再現するだけの機械を作ることは、
超能力をマジックで再現しているようなものではないでしょうか。

人間の知能のほんの一部分の動作を再現するだけの機械を
何千・何百と組み合わせて行ってもどっかで頭打ちになりますよ。
根本的に間違えてるんじゃないでしょうか。

162 :デフォルトの名無しさん:2011/05/13(金) 11:22:19.31
>>158
設計とプログラミングは不可分ですよ。
そんなことも分からずにドヤ顔ですかwww

163 :デフォルトの名無しさん:2011/05/13(金) 16:13:38.70
>>161
板間違えてますよ。
ここは「人工知能板」。
「人工無脳板」は、あっち。


164 :デフォルトの名無しさん:2011/05/13(金) 18:44:51.90
天才が発見する予定のすごい理論とか、ずっと待っててもしょうがない。ひまじゃん。

165 :デフォルトの名無しさん:2011/05/13(金) 22:54:37.56
だーら。 A(ええかげんに)、I(嫌になる) AI はもう、えいちゅうに!!

166 :デフォルトの名無しさん:2011/05/13(金) 23:13:48.51
人工知能が人間が喋るように発言をするスレは結構すごいな

167 :デフォルトの名無しさん:2011/05/14(土) 00:32:17.14
だいたいヘレンケラーが知能を成立させてた記憶情報は100MByteもないんじゃないの。
今のPCで充分処理できる。意識が使ってる情報なんて、たかが知れてる。人間なんてバカばっかばっかばっか。

168 :デフォルトの名無しさん:2011/05/14(土) 01:45:15.20
だ・か・ら・
作れよ。語るなよw
おまえ馬鹿だろ?


169 :デフォルトの名無しさん:2011/05/14(土) 05:02:41.53
ばかだよ。きまってんじゃん。でもね。ばかにはばかの、なにがあるんだっけ。忘れた。おなかへった。
つくってるよ。レベルは残念だけどね。サリバン先生になるよ。

170 :デフォルトの名無しさん:2011/05/14(土) 14:35:48.47
ばかは作らずして作る。

奇跡が起こるんだよね。マジで
169はもう既に奇跡をなんども起こしたからいえるんだろう、すげー

171 :デフォルトの名無しさん:2011/05/14(土) 15:53:04.67
想像はつくだろうけど、バカが作ったAIはバカ以下にしかならない。
ネトゲやってもNPCに必ず負けるし、将棋の1手詰めもできない。
何聞いてもいい加減な答えしか返って来ない。
そんな野良AIになりたい。
よくいわれるのはAIが、自分自身を改造してシンギュラリティー越え・・
ないない。さらに馬鹿になるだけだ。人類は終わったな。どっちにしろ。
おわりおわり人類ははおしまい。はーいかえったかえった。

172 :デフォルトの名無しさん:2011/05/14(土) 16:34:22.04
つまり植物的な馬鹿ですね。次の変化まで何ヶ月待つんだろう。


173 :uy:2011/05/15(日) 01:33:19.83
AIって、ゲームAIっかよ
単純すぎてわらけるな

174 :デフォルトの名無しさん:2011/05/15(日) 02:25:12.03
人が知能を持ち得たのは脳という超並列コンピュータを手に入れたおかげ
しかもその並列度が半端ない
数十億百億って規模
現存のコンピュータなんてたかが数百数千スレッドがいいところ
再現できるわけがない

175 :デフォルトの名無しさん:2011/05/15(日) 03:47:21.71
ゲーム脳なのが集まるスレはっけん。

176 :デフォルトの名無しさん:2011/05/15(日) 08:34:58.83
超並列コンピュータは犬でも猫でも持っている。
人間のいわゆる知能を構成する主たる部分意識。の意識が意識する部分には超並列なんて処理はない。
低クロックで駆動される論理回路にすぎない。脇役の無意識がそこそこすごいことは認めるが、知能の本質とは別と思う。


177 :デフォルトの名無しさん:2011/05/15(日) 09:57:19.06
そら脳を完璧にシミュレートできたら一番手っ取り早いよな。
そんなこと不可能だからそれ以外の手段で知能というものを実現しようと頑張ってるんだろ。

人間は言葉を話せるように進化し文字いうものを開発したおかげで無限量の外部記憶装置を手に入れたからな。
もしそうなっていなかったとしたら今も石器時代と同じ生活してると思うわ。

知能≠知識

そこを誤解してる人多そう。
この前クイズ王との対決で話題になったIBMのワトソンとか見てるとそう思う。

178 :デフォルトの名無しさん:2011/05/15(日) 15:46:52.39
いまも石器時代と同じ生活を部分的に行っていることに
気がついていない馬鹿がいた。

179 :デフォルトの名無しさん:2011/05/15(日) 16:35:51.81
そんな屁理屈どうでもいい

180 :デフォルトの名無しさん:2011/05/15(日) 17:07:28.14
>>177
いいかげん屁理屈はやめろよ。馬鹿だろお前。

181 :デフォルトの名無しさん:2011/05/15(日) 17:28:40.73
何を言い争ってるのか不明だけど知能≠知識は同意する
ノイマン型で言えば知能はプログラムで知識はデータかな
知能と知識が高いレベルで両立された状態を知性というのかもしれない
それが人工知能とどう結びつくのかは不明

182 :デフォルトの名無しさん:2011/05/15(日) 18:06:35.67
人間をモデルにAIをつくると、ハードも大変だが、学習期間に20年かかったり、
体を作らないとダメとか、制約もでてくるし。偏屈AI君にならないとも限らない。
生んだほうが早いし。こだわらないほうがいい。
辞書引きのワトソン君を地味に改良していけばいいじゃん。
100年ぐらいかかるかしれんが。100年後でも英語のしゃべれない日本人は
AIの恩恵は受けられないわけだけどさ。

183 :デフォルトの名無しさん:2011/05/15(日) 18:22:37.24
ここの住人の夢は自律稼働の骨格にラブドールの皮を被せて
人工知能を乗せることで従順なメイドロボを作ることでは?
まあそう考えればワトソン君は論外ということに

184 :デフォルトの名無しさん:2011/05/15(日) 18:24:36.15
まああれだ
目指すはトゥハートのマルチやセリオっていう

185 :デフォルトの名無しさん:2011/05/15(日) 22:54:21.84
……なんて発想で関数を作ろうとすると思いっきり意図が読みにくくなる。

186 :氷結 ◆PiuNTei6BM :2011/05/16(月) 01:25:35.64
>>99
予めライブラリを作っておく
っていうとバカにされそうだけど、zipもrarも本質的には内部にライブラリ作ってるようなもん
>>116
形態素解析で作った文章かな?
あれはカオスで結構好きなんだよね

187 :uy:2011/05/16(月) 07:58:45.56
並列じゃなく、再帰だよ
俺はそう思ってる
10億のプロセスが動いているなら、1億ネストくらいしてる
とある処理をやらなければいけなくなったときに、親タスクにスレッドが追加されるのではなく
現在動いているタスクのすべてにスレッドが追加される、
あるいは追加しますか? の条件の問いがかかる。何らかのデータが一定以上だったスレッドに対し、
新規スレッドが作成される
そして大量に生成されたスレッドから、不必要なタスクはすぐに終了する
必要なタスクだけが必要な数と必要な時間だけ生き残る
これが人の「驚く」に相当する

188 :デフォルトの名無しさん:2011/05/16(月) 15:54:43.75
だからお前の言葉は100%間違っている。

根拠はそれでは100%作れないからだ。もしかして作れた?
作れもしねぇのに文句いうなアフォだろ。

189 :デフォルトの名無しさん:2011/05/17(火) 01:18:57.44
適当に1億とか10億などと根拠もなく言っている時点で駄目だな

190 :デフォルトの名無しさん:2011/05/17(火) 02:15:18.02
バカが賢ぶるスレはここですか?

191 :デフォルトの名無しさん:2011/05/17(火) 02:29:17.70
量子コンピュータありきなんじゃないですか。

192 :デフォルトの名無しさん:2011/05/17(火) 16:52:43.82
>>186
> 形態素解析で作った文章かな?

形態素解析で作った検索エンジン並に意味がわからんw

193 :さげ基本な。:2011/05/17(火) 17:09:23.05
>189 :デフォルトの名無しさん:2011/05/17(火) 01:18:57.44
> 適当に1億とか10億などと根拠もなく言っている時点で駄目だな
>190 :デフォルトの名無しさん:2011/05/17(火) 02:15:18.02
> バカが賢ぶるスレはここですか?
>191 :デフォルトの名無しさん:2011/05/17(火) 02:29:17.70
> 量子コンピュータありきなんじゃないですか。
なるほど釣られて感情むき出しになったが、誰も応答しないので最後に
ageたのか。wwwwばかすぎ。

194 :デフォルトの名無しさん:2011/05/17(火) 17:26:24.40
はやくマルチやセリオをつくってくれ〜。

195 :デフォルトの名無しさん:2011/05/17(火) 22:44:25.85
たのしい?

196 :デフォルトの名無しさん:2011/05/18(水) 03:26:51.71
マルチを1Rアパートに監禁してあんなことやこんなことを…。

197 :デフォルトの名無しさん:2011/05/18(水) 14:27:32.15
ばかやろう!ブレードランナーに出て来るカワイコちゃんタイプを早くつくらんか!!

198 :デフォルトの名無しさん:2011/05/18(水) 18:17:27.55
だから早く作れよ、もう100年待っているんだし

199 :uy:2011/05/20(金) 20:44:24.66
これだけは言っておくと、
「生命」の定義を出来ない奴は、人工知能を作れないよ

コンピューター上で、「生命」を作る以上、
リアルの世界とは別の「イキモノ」になるって事を念頭に

200 :デフォルトの名無しさん:2011/05/20(金) 22:37:21.84
>>199
オマエガデキナイショウチョウ

201 :デフォルトの名無しさん:2011/05/20(金) 23:45:23.21
>>199
こんなところで時間潰していないでOS作ったらw
お前、自分の時間の10割をプログラミングに費やすと言ったよな?

202 :デフォルトの名無しさん:2011/05/20(金) 23:52:32.49
プログラミングと設計(デザイン)は別ものです。


203 :デフォルトの名無しさん:2011/05/21(土) 00:02:29.89
>>199の脳内ではK本を使ってソースをコピペすることを、プログラミングというらしい。

204 :デフォルトの名無しさん:2011/05/21(土) 00:39:51.93
>>203
できのよいプログラマー(使役)の多くは、その手法が多い、
問題はコピペできないとか、テンプレートになる素材やら
スケルトン構築がないとか解説書がない対象になると激しく無力なので
その点に触れられると感情的に反応するのが特徴です。


205 :デフォルトの名無しさん:2011/05/21(土) 00:48:54.75
そして>>193へ続く

206 :スレ終了でいいんじゃね?:2011/05/21(土) 02:48:50.34
つまり纏めると、スレにくる奴は作りたいという希望を持っている、
だが作るプログラミングの技術はあるが、作る元ネタがない、
元ネタを設計するアルゴリズムやらモデルを構築する発案もできない、
SFを真似したり、いい加減でデタラメな発案や思い込みはできても
具体的にどうやればいいかまったく見当すらついていない、そして鬱である。

お前らの現状てそんなもんだろ、職業プログラマーに出す仕様書を作れない
奴が何を連呼しても1歩も進めない。その仕様書を作り出せるといか
言っているDQNすら、仕様書の文面は具体的で「やれ、作れ」の一言。

この板ってプログラミングの技術系の板だろ?
なにか勘違いしてねぇか?元ネタが存在しないものは作れない、
そして元ネタが存在するならそれをゲットすればいいだけ、つまり議論する
ことなど1つもない。ゲットする元ネタがあるなら、それを示せばいいだけ。
すでに終わっているわ。


207 :デフォルトの名無しさん:2011/05/21(土) 03:13:02.47
>感情的に反応するのが特徴です

208 :デフォルトの名無しさん:2011/05/21(土) 10:54:37.72
このスレッドに来る人々は、作れだの作りたいだの言うだけで、
人工知能分野のエキスパート並みの知識を持っていません。


209 :デフォルトの名無しさん:2011/05/21(土) 12:12:48.45
だからプログラミング板だってことを自覚しろ。

210 :デフォルトの名無しさん:2011/05/21(土) 14:41:32.87
自我スクリプトという言語を使えばできる

211 :デフォルトの名無しさん:2011/05/21(土) 15:01:13.68
http://slashdot.jp/idle/article.pl?sid=11/05/21/0034226
ロボットが自らロボット言語を作り出すことに成功

どうやって作ってるのかも分かんない
悲しい

212 :デフォルトの名無しさん:2011/05/21(土) 18:08:53.62
それがお前の限界ってこと。

213 :デフォルトの名無しさん:2011/05/21(土) 19:16:59.93
>>212
いや君の限界なんだろw

214 :デフォルトの名無しさん:2011/05/21(土) 20:46:44.46
>>212
ワロタwかっこいいwww

215 :デフォルトの名無しさん:2011/05/21(土) 22:35:45.87
吹いたwww



216 :デフォルトの名無しさん:2011/05/22(日) 00:18:37.08
このスレカッコイイ人多いね!
濡れてきたわよ!

>>210
"自我スクリプト" の検索結果一件
エロサイトかよwwww
>>210
それがお前の限界ってこと。 (キリリリリリリリリリッ

217 :デフォルトの名無しさん:2011/05/22(日) 11:10:49.38
http://www.youtube.com/watch?v=z3U0udLH974
http://www.youtube.com/watch?v=vhUOUaSNP3w

218 :デフォルトの名無しさん:2011/05/31(火) 02:35:06.54
分子配列のシュミレーター作ってその中でなにかしらの細胞ぶちこむのは?
スパコンでも無理か・・・

219 :デフォルトの名無しさん:2011/05/31(火) 03:16:30.29
>>218
いい加減に夢はSF板にでやってくれ。
場には場の話題で。

220 :デフォルトの名無しさん:2011/06/06(月) 00:09:05.58
実際に脳が行ってる基本演算って何なんだろうな。
ちなみに、機械はand,not,or,xorの四つだけど、ニューロンはこれらを表現するのは可能だけど、
シナプスの性質から言って機械と同じ4則が基本でないのは明らか。


221 :デフォルトの名無しさん:2011/06/06(月) 00:11:16.84
とある心理学者が言うには、人間の基本思考は
 関連付け:AとBが存在した場合、この独立した2つは関連していると仮定する。
 未知の物は基本、恐怖する(避けるべき物と識別する)
 未知の事柄は基本、信じる
なんかがあると言ってたけど、これだけじゃ不十分だと思う。

222 :デフォルトの名無しさん:2011/06/06(月) 00:24:34.02
>>220
原子レベルではON・OFFだよ。
それから機械は、4つが基本じゃなくて、NAND、ただ一つだけだ。

223 :デフォルトの名無しさん:2011/06/06(月) 00:24:49.12
機械の基本原理の選択がえらい恣意的だな

224 :デフォルトの名無しさん:2011/06/06(月) 00:54:58.26
>>222
NORだけでも可能

225 :デフォルトの名無しさん:2011/06/06(月) 01:57:56.10
>>222
もちろん、機械はON,OFFで表現可能だけど、基本回路としては4個が俺的にもっとも理解しやすい最小単位
生物だって分子の性質だけで表現可能な筈だけど、
そこまで細かくしてしまうと理解出来ない現状の脱却として、人間が理解できる知能の最小単位は何かね?
という話題提供ですよ。

226 :デフォルトの名無しさん:2011/06/06(月) 02:06:27.62
恐らくは何個かの基本原則に基づいて構成されてると想像してて、
それらの基本原則が全てプログラム可能なレベルの物であれば、
情報さえ与えてやれば勝手に成長すると考えてるんだけど。
如何せん、その基本原則として良さそうなルールが思い浮かばないのよ。


227 :デフォルトの名無しさん:2011/06/06(月) 02:25:26.03
>>223
恣意的で良いの。
その人が理解できる最小単位の話なので。
もちろんマ板だから、知能の最小単位と言ったときにプログラム可能な物をあげてくれると信じてますよ。


228 :デフォルトの名無しさん:2011/06/06(月) 02:27:56.97
最近、このネタで考えるときは、なるべく馬鹿が陥りやすい現象を調べてます。
例えば、ナンバーズの乱数に意味を持たせたり。
宗教にハマるとはどういう事か等。

229 :デフォルトの名無しさん:2011/06/06(月) 02:32:23.95
ちなみに、ここで言ってる知能は人間レベルの知能の事で、言葉を理解したりするレベルの話ね。

230 :低レベルすぎる:2011/06/06(月) 03:52:58.88
ポエムひでぇー、妄想ひどすぎ。

231 :デフォルトの名無しさん:2011/06/06(月) 09:38:03.18
>>225
そんなの理解する主体によるんだし、お前が人類の代表ってわけでもない。

232 :デフォルトの名無しさん:2011/06/06(月) 13:37:10.84
ニューロンちょっと調べてシミュレートすればいいだけじゃん。
俺はこれから作る。

233 :デフォルトの名無しさん:2011/06/06(月) 22:30:23.31
>>232
それ前世紀から大勢がやっている反証だから、まあ同じ結果を得てくれ。
偉大な先人と同じ結果が出なかったらまた発言してくれ。


234 :デフォルトの名無しさん:2011/06/07(火) 22:59:27.80
それがお前の限界ってこと。

235 :デフォルトの名無しさん:2011/06/08(水) 00:08:33.53
とりま
なに言語で作るんだ(作る前提)

236 :デフォルトの名無しさん:2011/06/08(水) 01:26:44.45
Javaか適当なのでプロトタイプ作って
いい感じになったらCとかかな。

237 :デフォルトの名無しさん:2011/06/08(水) 06:09:30.03
javaか 俺は初だな
ちなみにifの嵐のならHSPで作ったが


238 :デフォルトの名無しさん:2011/06/08(水) 14:42:00.94
反射型AIはswitchの羅列でいいからなー

239 :デフォルトの名無しさん:2011/06/09(木) 07:46:16.22
まず心というオブジェクトを作ってそれを派生させてゆくだけでいいだろ。
>>236
JavaからCにしたところでハードウエアの使い方を知らなければ
資源的、速度的に向上することはありえない。
それらの言語がもっている贅肉の差など最新のハードウエアでフル実装して
いれば誤差の範囲ってこと。
だが過去の非力PCで動かすなら話は激しく違ってくるがな。

>反射型AIはswitchの羅列でいいからなー
作ったことがあれば気が付くが作っている段階でいやになってくる。
それに気が付かない時点で達観能力が皆無か、もっと違う側面から見て
設計が必要だと思うのは当たり前じゃないか?
普通の人はそこで躓き進めなくなる。
まあ1年ぐらいつくり続けてやっと気が付いた俺も無能の一人だけどな。

240 :デフォルトの名無しさん:2011/06/09(木) 11:56:24.20
心というオブジェクトとか、switch嵐とか
どうして人口知能になるとこうもナンセンスな考えになるの?
人間がロジックを足す事で賢くなるって
事は
自分では学習できないって事だよ。

241 :デフォルトの名無しさん:2011/06/09(木) 12:47:52.30
現状で俺が作りたいのAIは、将棋も翻訳も画像解析もできるAI、
それぞれはそれなりに学習と呼べるアルゴリズムはあるけれど、
それが全く別の目的には使用できないというのが現状。
だからといって、分子やニューロンレベルのエミュレートとなるとPCスペックも科学的な知見も不十分、
なにかそこを突破できる将棋や翻訳AIのひとつ下のグレードのAIが作れたらなと考え、
そのルールとなる項目をリストアップしたいと思って返事待ってるんだけど。
なかなか、レスが来ない。

242 :デフォルトの名無しさん:2011/06/09(木) 15:42:49.65
>>240
まず作ってから言え、作ったことすらない奴が犬の遠吠えしても惨めなだけ。
無能だと思いたくないなら作れ。

妄想をする場所ではない。


243 :デフォルトの名無しさん:2011/06/09(木) 15:45:14.22
>>240
君は知的システムを論理ベースでしか捉えていないのでは?

レスが来ないのではなく、レスを貰うほどの表現能力がないだけ。
理屈だけで考えるからそうなる。

244 :デフォルトの名無しさん:2011/06/09(木) 15:49:06.42
理屈でもない、論理でもない、そんなものって何?

定義できないものを作ろうっていうの?

245 :デフォルトの名無しさん:2011/06/09(木) 18:10:22.40
>>244
作るものと生じるものは違う。
技術で生じるものを作るという表現はあるが、それは定義とかできないから。
何故って反証できないから。
もしかして科学万能思考?すべてが科学で説明できるって言う神的存在に
でもなったと思い込むタイプ?

高等生命でも人が作れるって断言するやつがいるが、そういう奴は自己主張を
一歩も譲らないね。
先天的な機能と後天的な機能は意味が違うんです。定義できるのは前者のこと。

246 :デフォルトの名無しさん:2011/06/09(木) 18:21:07.08
ノイズと感じるコメントは人それぞれだけど。
あなたがそれをノイズと感じたらそれは無視してください。
このスレには少なくとも
プログラマとそれ以外
科学的な思考ができる人間とそれ以外
が住んでいます。


247 :デフォルトの名無しさん:2011/06/09(木) 18:39:34.07
> プログラマとそれ以外
> 科学的な思考ができる人間とそれ以外

> 技術で生じるものを作るという表現はあるが、それは定義とかできないから。
> 何故って反証できないから。
> もしかして科学万能思考?すべてが科学で説明できるって言う神的存在に
> でもなったと思い込むタイプ?
↑どう見ても、プログラマでなく、科学的な思考ができないタイプが言うセリフです。
ありがとうございました。

248 :デフォルトの名無しさん:2011/06/09(木) 23:21:21.89
>>221
これね、すごく綺麗にまとまった講義なので一見の価値ありですよ。
字幕付きです。
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51964413.html

249 :デフォルトの名無しさん:2011/06/09(木) 23:22:03.67
>>247
お前が書いた落書きだろ、記憶喪失か?
はやく病院に帰れ。

250 :デフォルトの名無しさん:2011/06/09(木) 23:23:41.59
>>249
そいつ、統合失調症だから、タイターのスレでも発言していたし

251 :デフォルトの名無しさん:2011/06/09(木) 23:57:14.87
>>245 = 249 = 250
先ず間違いない。

252 :デフォルトの名無しさん:2011/06/10(金) 20:25:41.61
>>251
おまえは自分で自分の発言にレスて何か楽しいの?

253 :デフォルトの名無しさん:2011/06/13(月) 23:18:19.93
>>251
誰と戦っているの?

254 :デフォルトの名無しさん:2011/06/14(火) 21:09:49.26
また機関の妨害か・・・

255 :デフォルトの名無しさん:2011/06/15(水) 04:10:50.17
○○機関がと必ず登場するのが彼の言葉


256 :デフォルトの名無しさん:2011/06/15(水) 08:28:10.54
噛み合ってないだろw

257 :デフォルトの名無しさん:2011/06/20(月) 18:28:51.21
トゥットゥルー♪

258 :デフォルトの名無しさん:2011/06/20(月) 22:02:12.10
ゲルまゆしぃかわいいお

259 :デフォルトの名無しさん:2011/06/22(水) 10:29:05.80
つまり統合失調症だってことか、本人が決して気が付かない病気だから
発症(宣告された)したら諦めろ。

260 :デフォルトの名無しさん:2011/06/22(水) 23:58:40.89
lisp,prologで作られたエキスパートシステムのようなものと、
matlab,Rあたりで実装する統計モデルの、
どっちも作りやすい言語が欲しいな

261 :デフォルトの名無しさん:2011/06/23(木) 09:35:56.16
GPLを歌うそれをダウンロードすればいいのに

262 :デフォルトの名無しさん:2011/06/23(木) 14:10:28.65
GPLをボカロに歌わせたいな。

263 :デフォルトの名無しさん:2011/06/23(木) 21:49:44.78
>>261
GPLでないソフトウェアなんて、使い捨てのスクリプトみたいなもんじゃん
いや、使い捨てのスクリプトで十分なものをブクブクと膨らませてて、もっと質が悪い

264 :デフォルトの名無しさん:2011/06/23(木) 21:58:29.85
「GPLを歌うそれ」って何?プログラム言語?

265 :デフォルトの名無しさん:2011/06/24(金) 08:08:06.27
無能とは、自覚していないやつのこと

266 :デフォルトの名無しさん:2011/06/24(金) 10:14:28.26
だから何がやりたいの?
いいかげん作れば?
バカだろwww

267 :デフォルトの名無しさん:2011/06/24(金) 22:15:43.66
作るにはテンプレートが必要だろ。

268 :デフォルトの名無しさん:2011/06/25(土) 01:46:07.40
>>266
人工知能って曖昧なもの作るのに、
高階ことを簡単に数値計算をcで書くのと同じぐらい速くできる言語が
既にあったら、乗り換えるだろ


269 :デフォルトの名無しさん:2011/06/25(土) 07:50:51.85
>>268
出来合えのものとそのまま改造してオリジナルだと主張するのですね?
それは人工知能言語ですか?
1行で人工知能のクラスが派生れました。



270 :デフォルトの名無しさん:2011/06/25(土) 10:29:57.72
えっと、どこをどう解釈したら言語が作りたいって解釈したのか分からないんだけど、
別に人工知能言語が作りたいわけでなくって、道具として使いたいの.
この日本語は理解できた?アイちゃん?

既に出来たモノでシミュレーションをするだけなら、
適当なライブラリか、opencogみたいなフレームワークでも使うけど、
紙に書かれた内容をプログラムに書き直すサイクルを縮めるために、
便利な道具があるなら使いたいっていってるわけね

271 :デフォルトの名無しさん:2011/06/25(土) 19:36:30.00
>>270
きみは周りみてないの?


>プログラム技術@2ch掲示板
>http://hibari.2ch.net/tech/
この文字が読める?のびた君ならドラえもんを呼び出してね

272 :デフォルトの名無しさん:2011/06/25(土) 19:39:22.73
>>270
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/doll/1202975564/
誘導

あなたの希望です。


273 :デフォルトの名無しさん:2011/06/25(土) 19:49:14.14
「人工知能」とか「AI」って死語な気がするんだけど

274 :デフォルトの名無しさん:2011/06/25(土) 20:30:41.45
糖質になるとスレタイも読めないのか、wwwwwwwwwwwwwwwwww


275 :デフォルトの名無しさん:2011/07/03(日) 15:37:07.11
http://adam.ierymenko.name/nanopond.shtml

276 : ◆golemBOXTE :2011/09/12(月) 13:18:38.61
スレの流れが止まっているので、質問をさせていただきます。
みなさんが、人工知能をプログラムした際に、何個の変数を使いましたでしょうか?

人口知能を組んだ最小単位のプログラム x 1.2 ステップ数分くらいの大きさのプログラムに
ついて答えてもらえると幸いです。
配列を使ったらその数を分けて書いていただけるとありがたいです。
さらに配列を使う簡単な理由も書いていただけると、なおありがたいです。

また、人工知能を組んだもので、自分で面白いと感じたプログラムについて、何個使ったかを
答えていただけるとありがたいです。

ここにはプログラム熟知の方から初心者の方までいると思ってるので、さまざまな意見が聞けると
思い質問させていただきました。
質問自体が漠然としているので、主観で答えていただけると幸いです。
(人工知能の定義についても主観で)


277 : ◆golemBOXTE :2011/09/12(月) 13:22:55.52
続き
さまざまなことに初心者で、変なことを聞いてたら申し訳ないですし、
なおスレチでしたら、面倒でなければ誘導をお願いいたします。


278 :デフォルトの名無しさん:2011/09/12(月) 20:54:37.77
>>276
>みなさんが、人工知能をプログラムした際に

既存の人工知能のことならスレチなのでは?
このスレで定義されている人工知能を作れた人は見ている限りここにはいないと思うが・・・

279 : ◆golemBOXTE :2011/09/12(月) 22:39:24.04
>>278
回答ありがとうございます。
新たなる、何かを作る際に、まず簡単なものを作って試すこともあると思ってたので、
既存の簡単なものをさくっと作った時の経験について、聞こうと思っていたのでしたです。
簡単なものを作れば、それをちょっといじったときなどの経験談が聞ければ良いなぁっと、
思っておりました。


280 :デフォルトの名無しさん:2011/09/12(月) 23:50:41.20
語らぬものが聞くとかありえない

281 : ◆golemBOXTE :2011/09/13(火) 00:34:08.95
>>280
申し訳ありません。
これから作ろうと試みようと思っておりますが、人工知能に関するものをいっさい作ったことがなく、
人工知能に対する知識も乏しく、こちら側からは何も情報を提供できないです。
さらに、どの程度からが人工知能と呼べるものになるのかも分かっておりません。
このような門外漢が質問のみをすることに対し、不快に思う人がいることを考慮しなかったことは、すいませんです。
確かにスレの程度が落ちてしまいますよね。 申し訳無いです。以後の方もスルーしてくださいです。

282 :デフォルトの名無しさん:2011/09/13(火) 00:40:06.34
>>281
人工知能では曖昧すぎる

>人工無能(誰がみても無能なもの)
>人工無脳(脳がないもの)
>人工知能(弱いAI)=エキスパートシステムのような方法で作りえるもの。
>人工知能(強いAI)=自分の意志(命題)で自分の行動を決める予測不可能な存在
簡単に分類したからどれを作るか考えろ。

283 : ◆golemBOXTE :2011/09/13(火) 01:15:21.58
>>281
回答ありがとうございます。
プログラム板のこのスレなので弱いAIのみだと思い込んでました。
あるものに特化したAIについてのことだと思っておりましたので、
そのつもりのみで>>276で質問をしてしまいました。

今、作っているものがありまして、簡易なスクリプトの集合を入力出来るものなのですが
ユーザが最低何個変数を使えれば、AI的な行動をそれらしく取れるかの指針にしたかったのです。

284 : ◆golemBOXTE :2011/09/13(火) 01:16:35.63
ごめんなさい 間違えました。
>>281ではなく、 >>282です。


285 :デフォルトの名無しさん:2011/09/13(火) 02:11:31.52
>>283
弱いAIだと学習して骨格を作る知能ではなく知能の骨格はあらかじめ
プログラムしておく必要がある。
目的の命題の範囲でのみの学習は行うが命題の骨格部分を作り直したりする機能は存在しない。
AI的とはチャットBOTを示すのだろうか?
ゲームの仮想キャラクターでもAIを実装している、その程度の行動やら応答で満足するので
あるなら何も問題はないだろう。
高度な知的反応をするならば日常的な知識を仮想的多層構造で持っていなければ人間のような
雰囲気の応答はできない。すくなくとも知的構造を返せる知識ベースのデータベースを
実装しデータ構造を設計しておく必要がある。
後天的な学習でそれらを学ばせても、元が単純なパターン応答なら構造事態が複雑化する
ことはまずない。まずは理想のパターンを数種類考えてそれらが稼動できるものを
プロトタイプで設計してみては?
職業プログラマーの力量があるのならば特に難しいことではないはず。

286 : ◆golemBOXTE :2011/09/13(火) 02:54:52.02
>>285
本当に詳しく説明していただきありがとうございますです。
宣伝になってしまうので載せる気無かったのですが、
ttp://cgi.members.interq.or.jp/asia/k24/
で開発発表しております。 当ホームページです。 とても見づらいページですが・・
「AI的」をうまく説明できないので何をしようとしてるかを実際見ていただだいたほうが
早いかと思われます。 骨格を作り、これからAIの部分を考えようとしていたところなのですが、
骨格と、AI部分の境界が良く分からないのです。(どこからどこまでをAIと呼ぶか)



287 : ◆golemBOXTE :2011/09/13(火) 02:56:02.80
続き
>ゲームの仮想キャラクターでもAIを実装している
の部分で 何個くらいそれ専用の変数が必要なのかが知りたかったのです。(骨格で使われる変数を省き)
こちらにいる方々が最も人工知能に詳しそうな方々で、なおかつプログラムに触れてそうな方が
多そうなのでここで質問をさせていただいたのです。

>高度な知的反応をするならば日常的な知識
などは強いAI的なので、私にはまだまだ先の話になってしまいます。
が教えていただきありがとうございます。

288 : ◆golemBOXTE :2011/09/13(火) 03:19:56.56
続き
ロボコードに近いものを目指し開発ております。
ロボコードのインターフェースを簡単にして、ライトユーザな方々がおいおい人工知能に興味を
持ってもらえるような架け橋になるものを作れればっと思っています。
現在は説明が無いので、人工知能のらしさは一切ありませんが、変数にフラグ、数値、文字列の格納を
行うだけで、どこまで人工知能を表現できるのか、またはそれを簡単に行うことが出来るかを
知りたく思いますです。

ちなみに職業プログラマーの力量はありませんです。


289 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 00:48:38.26
>>286
>骨格と、AI部分の境界が良く分からないのです。(どこからどこまでをAIと呼ぶか)
境界とは人が意味づけるからこそ境界が生まれるのでは?
AIという観念だと思えばよし、そもそも抽象的な情報を扱わせる為の仕組みだとは思わないのだろうか?
論理を極めた条件で判断するものは入力をデジタル化(メタ的な意味,情報)に置き換える、
それは物事の捉え方を定義(知識)したフィルターで数値化し特定の人間社会の常識に合うような
結果を出力するものとも言える。
つまり知識という色眼鏡で見えた世界はその色でしか見えないわけです。
知識は物事の本質を隠し、上辺の側面だけを合理的に捉え簡略化してくれます。
その結果として捉えられない曖昧なものも言葉に置き換え理解(上辺だけ)する
ことができるでしょう。
他人から見て人間的な機能とは、それらの能力を持つことなのでしょうか?
よく考えてください、AI的とは人間に近づける作業でしょう。機械的な能力を
そこに実装することでは無いと思います。
つまり論理的に正しいことしかできない人間がいて、人間的なと感じられるかという
問題に当たりませんか?より自然に人間というのならば言葉の世界にある人間像よりも
もっと原始的な動物的な感情や情緒や情動によって非論理的な行動を行う意味不明な
動物をみて、やっぱり人は神にはなれないし機械にもなれないと思いませんか?
人は感情の生き物です、機械が人らしくさせたいのならば感情的な識別や、感情的な
結果(非合理)を出せる表現方法の実装がそれらを生かすのではないでしょうか?





290 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 00:57:07.70
意味になりえない抽象的なものを数値化する技術もAIということがあります、
最先端科学技術では画像や音を解析して高度な意味を抽出して識別させる能力が近年求められている。
それらができるなら最先端の極秘で研究している人と同じレベルってことでしょう。
そんな機能を実装したいのでしょうか?違いますよね。それらしく人間っぽい反応が
できる簡易知能だと思います。自らの自我で行動するのではなく純粋な道具として
人間の命令に従う応答ができ、人が教師を行うことで蓄積した情報で情報処理の根幹を
発達させる仕組みでしょうか?
完全に放置しておけば学ぶとか、そういう考えでは人が学ぶのにどれだけ長い年月をかけて
学んで成人になるかを想像してください。適当な親や教師では学ぶのも適当になります。
学び方の手順がばらばらでデタラメならば、そのばらばらも学ぶでしょう。
つまり学習に頼る仕組みを作って構築するという手法は、設計によって知的構造の
データベースを設計するより困難だと思われます。

291 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 01:03:23.43
>の部分で 何個くらいそれ専用の変数が必要なのかが知りたかったのです。(骨格で使われる変数を省き)
行動の数、判断の数だけ必要でしょう。
外部から与えられた情報と同じ数の変数が無ければ、全て抽象化して四捨五入し
同じ判断にするしかないのでは?
全ての行動ケースを考え、その数とそれを組み立てる要素の数が倍数のように
あわせて全ての数とする試算値とするべきでしょう。足りなくなったら延長する
ぐらいの気持ちでなければ無限を変数の数を必要するとしか考えにくいです。
50年ぐらい前の昔の中国人が覚えるべき漢字の総数は8万文字に達していました。
つまり最低でも言葉の基本を操作するのには8万の変数が必要になるという概算です。
その組み合わせから表せる常識やら知識やら経験やらを掛け合わせて行けばいくら
でも増えるはずです。最初から大きな数は無理です、小さい数で調整するべきです。

292 : ◆golemBOXTE :2011/09/14(水) 02:24:01.02
回答ありがとうございますです。
何度もよんだのですが、書いてあることが私には難しく、意味を履き違えてたら申し訳ないですが、

私の考えでは弱いAIの構築が材料になり、その弱いAIの集合がいずれ強いAIの研究に役立つと思ってる
という立場のもとでの 下記、見解となります。
>>289
強いAIの話に思えるのですが、弱いAIの話なのでしょうか。 その境界もまた私はわかってないようです。
>AIという観念だと思えばよし、そもそも抽象的な情報を扱わせる為の仕組みだとは思わないのだろうか?
となりますと、個々人で、骨格とAIの境界が曖昧になるという解釈でよろしいのでしょうか。

293 : ◆golemBOXTE :2011/09/14(水) 02:25:22.05
続き
>AI的とは人間に近づける作業でしょう。
最終的にはそうなのですが、私はまだそのレベルには程遠く、弱いAIのその初期のもっとも小さい塊の
インターフェースを考えてる段階であります。 そしてそれをどう表現するかに悩んでるレベルなのです。
私にとっては人間に近づけるはまだまだ先の話になってしまいます。 やはり将来的には目標したい項目でありますです。

294 : ◆golemBOXTE :2011/09/14(水) 02:27:02.20
続き
>>290
>最先端の極秘で研究している人と同じレベルってことでしょう。 そんな機能を実装したいのでしょうか?
この部分が私にとっては目標であり、そのような技術は私の力量では不可能ですが実装してみたいです。
ですが確かに、今現在は簡単なものしかできませんので、
>それらしく人間っぽい反応ができる簡易知能だと思います。
今はこっちっぽいものを確かに作ろうと思ってますが、 それをユーザに表現させる骨格部分を作っておりまして、
表現するのはユーザ側の仕事で、ユーザの入力によりの予定なのです。

295 : ◆golemBOXTE :2011/09/14(水) 02:29:19.12
続き
>>291
>外部から与えられた情報と同じ数の変数
やはり骨格とAIの部分の分けようが無いということですよねぇ。 私は最初は、
>外部から与えられた情報
の部分は骨格の部分だと思っておりましたので、その部分は確保すべきと、私も思っておりました。

そして、その部分を除き、
>全ての行動ケースを考え、その数とそれを組み立てる要素の数が倍数のように
>あわせて全ての数とする試算値とするべきでしょう。

これらは結果をデータベース化するときの、考えのようにも思えますです。
将来的にはそのようなものは確かに作りたいです。

それで今のテスト段階でも、この部分の試算値の件で悩んでおりますです。
ユーザが必要な、行動のケースの試算値数について考えて見ますです。
(その瞬間瞬間の記憶(記録)がどれだけ欲しいかを)

296 :golmeBOXTE:2011/09/14(水) 02:46:40.10
連投回避

297 : ◆golemBOXTE :2011/09/14(水) 02:47:15.78
続き
>50年ぐらい前の昔の中国人が覚えるべき漢字の総数は8万文字に達していました。
変な感想になってしまいますが、とても興味深い話でありますです。
将来的に作っていくものへの参考にさせていただきます。

詳しくたくさんのよき情報ほんとありがとうございましたです。


298 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 04:28:34.24
>>292
強いAIと弱いAIについてはwikiなどで概要を見てきてください。

弱いAIを簡単に表現すれば知的な道具、
強いAIを簡単に言えば非道具、すなわち生命のような存在で自らの
意志で自らの命題を確定する能力を持ったもの。

つまり「人工知能を作る」という考えにおいて人間の制御下にあるとすれば
それは弱いAIのことになります。つまり道具であります。
道具が勝手に価値観や常識を決め自らの基準で他者、他界に対して強い力を
表し始めればそれは人類の脅威でもありえます。
知らない人間の行動を他人が道具のように扱いその他人の意志すら制御下に
持つことは可能ですか?それが強いAIを生む為の答えではないでしょうか?

299 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 04:41:43.94
強いAIが仮に術として実現したときの話を想像してみます。
それは技術でできた類ではありません。
生命などの脳の仕組みを模倣しそこに外部要因を元に洗脳することに一致すると思われます。
機械的に土台を作ったとしてもそれは脳細胞の仕組みを作ったのと同じであって
そこに乗るソフトウエア的なものは後天的に実装される類であります。
人がどうして知能を得るか?その過程を科学的に説明し、それを再現すれば
成人のような知能をもつ機械に知性、強いAIを実装することは可能でしょう。
現実問題として人間の子供すらそれをまともにできるのでしょうか?
子供を育て大人にしたことがありますか?社会があり家族があり、その状況下で
自然になるのは分かります。親がいない、社会に機械の知能は1つしかない。
そして自分は死なない、成長する体もない。
さて機械に同じ用に人格が形成されるかは技術で行う類なのでしょうか?
意志や意識、自己と我、心といった仕組みが説明できないのにそれが可能なのか。
問題はそのあたりにあります。仕組みではない別の領域で人を縛り、人を誘導する
宗教や陰陽道のような類なら人の心を操る実績(歴史)はあります。
しかしその術は技術ではないのです。科学的に再現できないからオカルトの
類に分類されるのです。占いなどの術と同じで占いを科学しては占い師として
客からは認めてもらえません、能力が必要ですそれは心を読みとか空気を読むとか
幻想を抱かせるとか心を縛るとか理屈や論理に誘導するという術であります。
話術による詐欺の術を学んでも誰でも再現できるものではありません。

300 : ◆golemBOXTE :2011/09/14(水) 09:02:50.00
>>298
意見をいただき、wikiをまた読み直した上で、再考しまして自分の勘違いに気づけました。
人間的なものを作る際には弱いAI、強いAI両方が必要なのですね。
以前は人間的な物を作ろうとする研究は強いAIの研究だと思ってましたが、
そんなことは無く両方勿論必要なのだという考えに至りました。

逆にディープブルーのような(私的にはディープブルーの内情を知らないのでAIかどうかには疑問が残るのですが)
何かに特化した物は弱いAIのみの話になるということが分かりました。

301 : ◆golemBOXTE :2011/09/14(水) 09:04:01.85
続き
今までの数々レスのおかげもあいまって、結局のところAI的、AIっぽさを一般に表現する際には、
強いAIとして見せ付けなくてはならないってことがやっと分かりました。
内部で弱いAIが演算しようとも、表現部で弱いAIを見せてもAIを感じてもらえないからです。(今さらやっと分かりました)
物を作って提供する側から「AI的」をユーザに見せるには、
作らせる部分では弱いAIを作ってもらい、別の場所では、擬似強いAIを見せるのがベストっという考えに至りました。

とても感謝であります。

302 : ◆golemBOXTE :2011/09/14(水) 09:05:33.94
続き
>>299
私にはだいぶ難しいですが、
プロセスを逆に見て行き、答えを探ろうとする考え方はとても興味深いです。
>意志や意識、自己と我、心といった仕組みが説明できないのにそれが可能なのか。
私としては今はできない、もしくは私にはできないであって、未来の可能性としてはできる可能性があると思いますので、
多くの人に人工知能に関心を持ってもらいたいと思っております。
研究に対するアプローチの仕方は人数に比例すると思っております。
の上で、どんなアプローチも大切だとも思ってます。
未来では両方(2択)からといわず、より多くのパターンからアプローチして欲しいであります。
もちろん私自身も勉強をしっかりし、研究をしてみたいとは思っております。


303 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 12:07:04.28
◆golemBOXTEは、強いAIが作りたいと思っている。
で、強いAIを作るには弱いAIの集合を作ればいい、って言うふうに考えているわけか。

でも、それじゃ弱いAIしか作れないよ。
哲学ゾンビについて調べてみるといい。

弱いAIの集合をいくら集合させても、哲学ゾンビにしかならない。

304 :303:2011/09/14(水) 12:26:09.18
でも、◆golemBOXTEみたいなのが出てくるのはいいことだ。

ぶっちゃけハムスターとか鳥とかでも強いAIなんだよ。
頭の良さと強いAIにはなんの相関性もない。

強いAIは弱いAIを選択的に使用することが出来る。
例えば、僕達が将棋やオセロをやる時、弱いAIを使ってそれらのゲームをやるでしょ?

また、強いAIは自律的に弱いAIを作成することが出来る。
僕達の意思が将棋のルールや戦略を学ぶことを行った。

305 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 13:23:22.87
>>303
お前は哲学的ゾンビを理解していない。
哲学的ゾンビであるか否かは原理的に判断できないことであり、AIとは無関係の話。

306 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 13:25:50.19
>>305
さわんな。大人ならスルーしろよ。

307 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 13:26:05.33
>>304
これも間違い。
強いAIが、弱いAIを包含しきれているわけではない。
人間が円周率の計算を何万桁もできないように、
弱いAIにできて、強いAIにできないこともある。

308 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 13:27:57.35
>>299
>強いAIが仮に術として実現したときの話を想像してみます。
>それは技術でできた類ではありません。

こういう断言もできません。

309 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 14:09:07.58
・弱いAI
単一の物事でのみ能力を発揮するもの
将棋AIは将棋しかできないしチェスAIはチェスしかできない
専門分野に完全に特化

・強いAI
状況に応じて臨機応変に能力を発揮できるもの
一つのAIで将棋もできるしチェスできる
円周率なんかの計算もできれば株取引だってできる
生物の脳のように教えてやれば何でもできる
でも弱いAIより優秀とは限らない

こんな定義でいいの?

310 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 14:16:06.39
だから統計学で言われる最適な因子数決定問題は
ニューラルネットワークの入力層決定問題に他ならないわけで、
多重共線性の排除がオートマチックにできない時点で
入力データの偏りによるカーブフィッティングが発生してしまうし、
そもそも設計者の作った枷からは逃れられない。

とかそういう論文を書きたいが俺には書けない。誰か書いてくれ。

311 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 14:20:08.06
あとニューロンそれ自体が粘菌以上の知能を持っていて
弱いAI(パターン認識器)に相当しているから、
強いAI(生物の脳)の機能は数十億のパターン認識器の集合体の能力として
解釈されるべきであって、安易な単純化は不可能とかそういうことも論文に
したいが、俺には書けない。ここ覗いてる大学生居たら誰か書け。

312 :303:2011/09/14(水) 14:24:08.02
>>305
完璧に人間の思考を模倣する弱いAIの事をいっているんだよ。
強いAIがなくても、完璧に人間の思考を模倣する弱いAIを作れば、客観的にそれは強いAIと区別がつかなくなる。
もちろん、それは本質的に強いAIじゃないわけだけど、それでも客観的には区別はつかなくなる。

>>307
何万桁も計算出来る人いるよ。
てか、実際に俺でもやろうと思えば出来る。
鉛筆を動かす速度とかを考慮すると無理だけどね。
でも、そういう物理的原因で無理っていうのと強いAIじゃむりっていうのは違う。
例えば、僕達は数式を発明し、弱いAIを創造し、実際に円周率を計算出来るじゃないか。

※哲学的ゾンビ
クオリアを持っていない人間の事だろ?
完璧に人間の思考を模倣する弱いAIって哲学的ゾンビだと思わないか?

313 :303:2011/09/14(水) 14:26:32.33
>>309
・弱いAI
論理的思考。数式
xを代入したら答えが出力されるような論理的な思考。

・強いAI
クオリア

314 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 14:37:51.73
>>309
>状況に応じて臨機応変に能力を発揮できるもの
これは弱いAIでできる。
状況を超えた何かまで達していない。
つまり強いAIならば状況に応じるのではなく状況を作り出すってことね。

315 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 14:38:42.80
>>308
想像に反応しても誰も返す言葉などないだろうな。

316 : ◆golemBOXTE :2011/09/14(水) 14:56:18.25

┌─────┨強いAI┝──────┐
│┌─────────────┐ . │
││ 哲学的ゾンビ弱いAI≒強いAI . | ... │
│└─────────────┘ . │
│┌──────────────────────────────┐
││.弱いAI郡                                        │
│└──────────────────────────────┘
└────────────────┘


みなさんのおかげでだんだんとモデルが見えてきましたです。
強いAIと弱いAIが含む言葉の枠についてですが。
言葉はその瞬間その瞬間ケースバイケースで含む意味が揺らぐと思いますので、
自分はこう可視化できたということでAAで表現させていただきました。

317 : ◆golemBOXTE :2011/09/14(水) 14:57:40.58
>>303
哲学的ゾンビの部分理解はできました。
ユーザにアウトプットしてAI的なことを見せないとということを考えていて、
(内部処理でAIを使ってもアウトプットで使わないと意味が無い)
その事象に似てたので、かろうじて理解できました。

理解はできたのですが、正直そのことについての解決策は、
どうしたらいいか分かりませんです。考え続けます。

弱いAIの集合体と人間の違いについてもまた考えようと思います。


318 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 15:01:52.50
>>314
昨日の私と今の私は別の私。そういう人間は、状況を超えた何か、と考えてよいのですか?

319 :303:2011/09/14(水) 15:09:57.15
>>316
それは違う。こんな感じ。

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2020606.jpg

320 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 15:15:42.20
論理的思考が筋肉の上に来るとかいまさらねーわwww

321 :芸術ができない人ほど技術を信仰する:2011/09/14(水) 15:38:00.34
>>318
元を形作る次元を超えるってこと、状況といっても狭い範囲で通用するコトワリ、
もっととてつもなく遠くから見ればそれは模様にしか見えない。
タダの切り株の木片から意味のある形を彫刻する知能があったとして、
弱いAIはランダムやら知識にある形を再現するだけ、強いAIは
個と世界との関係により元の特徴を合わせ、芸術を生み出す能力がある。
それは存在という自我、意識、意志というように比喩される機能が隠れている。
芸術は技術ではない、美術も音楽も学べるがそれは知識にすぎず
機械演奏は芸術ではなく単なる『コピー』です。
芸術したものをカメラで写しそれも芸術だという人もいますが、
技術でコピーして再現したものはオリジナルを作ったわけではない。
技術だけの手法で芸術の模倣をしても誰にも評価されない、
なぜならウリジナル、パクリだから。
パターンを無限に重ねれば、それを知らない人はオリジナルに見えるでしょう
元を知っていたら誰でもできるのが技術というもの。

322 : ◆golemBOXTE :2011/09/14(水) 15:42:10.88
>>319
わざわざありがとうございます。
ほんとお見事としかいいようが無いです。
私が思っていた創造図(フローチャートっぽいもので、AAにする際に省く前の)
に、抜けてる部分がきっちり補完されていますです。

ほんと可視化すると頭にさくっと入りますです。

323 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 15:51:35.36
>>312
お前は馬鹿だ。

>完璧に人間の思考を模倣する弱いAIの事をいっているんだよ。

それは人間と同等の強いAIになる

>強いAIがなくても、完璧に人間の思考を模倣する弱いAIを作れば、客観的にそれは強いAIと区別がつかなくなる。

区別がつかないならそれは強いAI

>もちろん、それは本質的に強いAIじゃないわけだけど、それでも客観的には区別はつかなくなる。

区別がつかないならそれは強いAI


324 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 15:54:20.94
>>312
>何万桁も計算出来る人いるよ。

具体的に誰?

>てか、実際に俺でもやろうと思えば出来る。

じゃあ、やって証明してくれ。
鉛筆なんて使わないで脳内でやって答えだせるのか?

>完璧に人間の思考を模倣する弱いAIって哲学的ゾンビだと思わないか?

「完璧に人間の思考を模倣する弱いAI」がクオリアを
持ってないことをどうやって証明するの?
そんなのお前の信仰に過ぎないだろ。

325 :303:2011/09/14(水) 16:51:46.99
正当な反論なら私の糧になるからありがたいんだけど、
これはただの煽りなのかな? 馬鹿とか言って煽ってるしね。

ここはIDが表示されないからなぁ。
特に>>305-308 >>323-324は同一人物だろ。
>>306あたりで自演してる時点でただの煽りの可能性がある。
ただの煽りなら時間の無駄だから反論したくないんだよね。

コテ付けて同一性を保ってよ、そうしたら質問に答える。
今回の反論には真面目に答えるけど、次からはスルーするからね。

>>323
完璧に人間の思考を模倣出来たとしても、クオリアがないなら哲学的ゾンビになるだけなんだよ。
それは弱いAIであり強いAIではない。
客観的には区別は付かないけど、だからといって強いAIになるわけじゃないよ。
哲学的ゾンビが生まれるだけ、つまり弱いAI。
区別がつかないから強いAI(つまりクオリアを持っている)って変だろ。
君は僕に哲学的ゾンビの定義がおかしいと指摘したが、君のほうがおかしいよ。
といってもただの煽りだと思うけど。


326 :303:2011/09/14(水) 16:52:29.91
>>324
誰かは忘れた。
でも俺にだって出来るわけだから、問題ないよね。

脳内だけでやったら記憶力の関係で不可能。
でも、これはAIの問題ではなくて記憶力の問題だからそもそも論点が違う。

人間の脳は、つまりハードウェアは円周率の計算に特化してないから難易度が高いだけであって、AIの、つまりソフトウェアの問題ではない。
でも、サヴァン症候群によって高速でそれらの数値を計算できる人もいる。

弱いAIがクオリアを持っているかどうかについて。
入力した数値に対して答えを出力するだけのAIに意識があるかどうかを考えてみればわかるんじゃないかな?
弱いAIは論理的な思考によって構成されている。
1+1=2
こういう計算式がより複雑になったとして、果たして意識は生まれる?
逆に、なぜ”複雑になると意識が生まれる”と考えているのか、その理由が知りたいところだ。

327 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/14(水) 16:59:21.02
一応トリつけときます。

328 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/14(水) 17:12:11.29
円周率の計算についての補足。

私たちは、円周率の計算を行うときに、弱いAIを使って計算するという事がわかってないんじゃないかな?
>>307を見ていると、特にそう感じる。

強いAIで円周率の計算をすることは出来ないよ。
強いAI(意思)によって円周率の計算方法(弱いAI)を覚え、
その数式(弱いAI)を利用して、私たちは計算を行う。

>>307で、君は
「弱いAIにできて、強いAIにできないこともある。」
って述べてるけど、そもそも弱いAIと強いAIは根本的に違う物だから、こういう比較は出来ない。

ただ、◆golemBOXTEが言っているように、人によって弱いAIと強いAIの定義が違ってたりするから意味が通じてないかもね。
だからコテを付けて同一性を保って、その上で君の定義を教えて欲しい。
じゃないと話が成り立たない。

329 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/14(水) 17:13:38.91
私のAIについての定義

・弱いAI
論理的思考。数式
xを代入したら答えが出力されるような論理的な思考。

・強いAI
クオリア。意識

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2020606.jpg

330 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 17:49:38.05
>>325
>完璧に人間の思考を模倣出来たとしても、クオリアがないなら哲学的ゾンビになるだけなんだよ。

まず、クオリアがあるとかないとかを証明するのは不可能だ。
そもそもクオリアを持ち出す時点で、お前がクオリアをわかっていない。
他人が「哲学的ゾンビ」であるかどうかもわからないんだよ。
そんなものを持ち出すこと自体お前は間違っている。

>それは弱いAIであり強いAIではない。

上で、説明したいようにそれはお前の勘違い。

>客観的には区別は付かないけど、だからといって強いAIになるわけじゃないよ。

強いAIになる。強いAIと区別できないなら、それは強いAIだ。

>哲学的ゾンビが生まれるだけ、つまり弱いAI。

違う。お前は哲学的ゾンビの問題を理解していない。

>区別がつかないから強いAI(つまりクオリアを持っている)って変だろ。

変じゃないよ。それはお前の変な信仰に過ぎない。
他人に主観があるかないかは、客観的に区別できないから
主観が「ある」とされるだけの話だ。

331 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 17:52:34.99
>>326
>でも俺にだって出来るわけだから、問題ないよね。

じゃあ、証明してくれ。

>でも、これはAIの問題ではなくて記憶力の問題だからそもそも論点が違う。

記憶の問題がAIと関係ないと思うならお前は間違っている。記憶は重要な要素だ。

>弱いAIがクオリアを持っているかどうかについて。

クオリアがあるかどうかは証明できないの。
それが判別できるなら、それはもはや「クオリア」じゃない。
お前はわかっていない。

332 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 17:55:53.35
人が意識と認知する外面的な条件を完璧に揃えてるただのプログラムと
本当に意識を持ったAIの区別はどうやってつけるんだぜ?

333 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 17:56:32.86
>>328
>私たちは、円周率の計算を行うときに、弱いAIを使って計算するという事がわかってないんじゃないかな?

ある種の弱いAIを使用することをもって、
ある強いAIが、すべての弱いAIを含んだり、超えるというのは間違い。
強いAIと弱いAIは種類が違うのであって、そこに上下関係があるわけではない。単に別のもの。

>って述べてるけど、そもそも弱いAIと強いAIは根本的に違う物だから、

その通り。

>こういう比較は出来ない。

いや、別物だからこそ、
「弱いAIにできて、強いAIにできないこともある。」
なんだよ。

包含関係にあるなら、話は別だが。

334 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 17:57:15.76
>>329
一般的には、クオリアも意識も、強いAIとは関係がない。

335 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 18:00:10.86
>>332
区別する必要はない。
意識を持っているように見えるものを、我々は「意識」を持っているとみなす。
もちろん、何をもって「意識を持っているように見える」かは問題になるが。

336 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/14(水) 18:04:16.59
だから、まず
強いAIと弱いAIについての定義を教えてくれよ。
そうじゃないと話にならないでしょ。

>>331
時間かければ誰でも出来ることだろうが。
数Vの知識があれば誰でも出来る。
ただ、数式とけばいいだけなんだから。
なんで君が「無理」だと思うのか理解が出来ない。

>>332
不可能。

337 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/14(水) 18:05:43.46
>>334
君がそう定義してるだけでしょ。
弱いAIと強いAIには色々な解釈の仕方があるんだから、人それぞれになってしまうのは仕方がない。

338 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 18:07:27.21
>>336
じゃあ、円周率、1250億桁目の数字を書いてくれ。できるならどうぞ。

339 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 18:08:25.11
>>337
違うよ。お前自身、「不可能」といって区別でいないものを、定義しようとしているのは間違いなんだよ。
自己矛盾に気が付け。

340 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/14(水) 18:08:38.74
>>330
これなんかは、特に、
強いAI、弱いAIの定義がお互いに違うからこうなってるだけだろう。

コテつけて同一性を保って、定義を教えてくれないと噛み合わないよ。

341 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 18:13:35.07
>>336
強いAIと弱いAIの違いは、基本的には汎用性の違い。

弱いAIは、特定の問題に対応したロジックを初期状態で持ち、それに従って処理を行う。
強いAIは、与えられた様々な問題に対して、自分でロジックを構築し、処理を行う。

342 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 18:16:55.54
>>325
馬鹿が答える必要はない。お前は間違った書き込みをしているだけだ。
スルーでもなんでもいいから黙っていろ。

343 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 18:17:05.75
概念をいくら議論したところで不毛だろ
お前らは思想家じゃないだろうに

344 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/14(水) 18:21:04.72
>>341
その定義なら、君の言っている事に対して反論はないよ。
ただ、クオリアや哲学的ゾンビについての反論はある。だが、これは論点からずれているので述べない。

ほら、定義の問題だった。
この言葉は曖昧だから、まずどういう定義で話しているのかを明確にする必要がある。

ただ、その定義だと円周率の問題の計算速度についていうなら、強いAIの方が計算速度は早くなるはずだよ。
だって、最適解を自分で探しだしてその計算式を使って答えを算出出来るわけだから、予め非効率な式がインプットされている弱いAIよりも速度は早くなる。
もし、最適な式がインプットされている弱いAIがあったとしても、その最適な式を強いAIは創造出来るわけだから速度はおなじになるよ。

つまり、弱いAI≦強いAI
って事になる。

※AIについての定義は341さんの定義を使用。

345 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 18:24:16.49
>>344
>ただ、クオリアや哲学的ゾンビについての反論はある。

そんなのはAIの議論とは無関係。持ち出すことが間違い。

346 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 18:29:55.06
>>344
>弱いAI≦強いAI

そうはならない。
「弱いAI」を利用できるからといって、強いAIが「弱いAI」の能力を持っているわけではない。
お前が既に言っているように「別物」なんだよ。

GAによっていろいろな問題が解かれているが、
GAを使わずに人間に解くことが可能かと言えば無理なものもある。

347 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/14(水) 18:30:21.11
>>345
「君にとっては」
だろ?

俺は関係あると思ってるわけ。

あと、ここはIDが表示されないからよくわからんが、
君が>>342なら馬鹿とかいうのはやめろ。
喧嘩してるわけじゃないんだから。真面目に話そうぜ。

348 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 18:31:50.25
>>347
関係ない。そもそも、お前はクオリアも哲学的ゾンビもわかってない。

349 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/14(水) 18:35:11.47
>>346
確かにちょっとわかりずらい書き方をしてしまった気がする。
弱いAI<強いAI
弱いAI>強いAI
弱いAI=強いAI
のパターンのすべてがありえるね。

※AIについての定義は341さんの定義を使用。

350 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/14(水) 18:37:35.16
>>348
じゃあ、わかってないでいいよ。
いつまでも食いつくなよ。あまり論点と関係ないんだから。


351 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 18:45:00.66
>>350
じゃあ、デマや関係ないこと書かずに黙っていてくれ。

352 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/14(水) 18:54:00.65
せっかくトリつけてるんだから、NGすりゃいいだろ。

ちゃんとNGしてくれよな。

353 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 18:54:46.50
>>352
NGしたってデマを止めることはできない。というか、逆に見過ごして拡散する。

354 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/14(水) 19:01:41.69
哲学的ゾンビについての定義
物理的化学的電気的反応としては、普通の人間と全く同じであるが、意識(クオリア)を全く持っていない人間。

クオリアについての定義
主観的体験によって知られうる現象的側面を構成する個々の質、感覚のこと。

何がおかしいのか反論してみな。

355 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 19:06:18.45
>>354
客観的に検証できないものは、科学的な議論に持ち込むべきではない。
ポエムでも書くのなら他所でやれ。

356 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/14(水) 19:14:50.80
はい、さようなら。

これからスルーしてあげるから安心してね^w^

ただ煽りたいだけだったわけだw
どこも間違ってないだろうが。
論点ずらしして、科学に持ち込むなとか┐(´∀`)┌ヤレヤレ

そんなに正義感溢れてるなら、自分の定義でAI作ってここにUPでもしろよ。
正しい理論がわかってるんだろ?w
7月からの過疎の間に何かその正しい理論使ってAI作ればよかったじゃん。

無名でこそこそ批判しか出来ない人間の方がいらんわ。

357 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 19:20:17.43
AAつけたり草生やしたり、見ただけで駄目そうなレスだな
その駄目っぷりを宣伝するためにコテ番とトリ付けたわけ?

358 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 19:51:48.67
自己紹介乙

359 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 20:07:35.99
>>356
論点ずらしじゃないだろ。
お前が本質と関係ない話を持ち込んで、知ったかぶりしているから叩かれただけ。
論破されて逃げるのは勝手だけど、黙って失せろ。

360 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 20:36:03.60
過疎スレなのにレスが多くてワロスwまぁ、自演なんだろうけどw
>>357-359
ここらへんは自演か?w 叩かれたも何も、叩いてるやつ一人しかいねぇじゃんw
自演バレバレだわ。

303のクオリアと哲学的ゾンビはデマ

303「定義を述べたぞ。どこがおかしいのか言ってみろ」

科学的な議論に持ち込むべきではない。

客観的に見てこれを論破だと思う人はいないよw

361 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 20:59:42.09
>>360
定義できてないんだけど。

定義って自分が満足できたらそれで定義できているとでも思っているの?
客観的に検証できないものは、コンセンサスの得られる定義は不可能だってわかっている?

362 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:07:34.42
>>361
じゃあ、クオリアや哲学的ゾンビの定義が存在しないことになるじゃん。そうならば、何が正しいのか間違っているのかもわからねぇじゃねぇか。
君は303にたいして、クオリアと哲学的ゾンビを間違って解釈してるって書いてたじゃん。
定義できないものに正しさなんてあるのか?w
矛盾してるよな?w

363 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:10:34.32
>>362
>じゃあ、クオリアや哲学的ゾンビの定義が存在しないことになるじゃん。

だからそれらは定義不能の問題だって。
定義不能の問題を定義できていると思うのが、まず間違い。

364 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:14:55.37
コテ番とトリ外したということは、自分が恥ずかしいレスしているという自覚はあるんだな

365 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:14:58.54
>>363
だからさ・・・。
定義不能なら、正しい答えなんて無いだろ?

ここまでわかる?w

それなのに、君は303に対して「303はクオリアと哲学的ゾンビを間違って理解している」ってコメントしたでしょ?

矛盾してるよね?

366 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:24:33.05
>>365
>定義不能なら、正しい答えなんて無いだろ?

「定義不能」が正しい答え。定義を言い出したら間違い。

367 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:29:17.84
じゃあ、Wikipediaに書いてある哲学的ゾンビやクオリアの項目はインチキだということですね。

ちゃんと定義されてるみたいだけど^^;

デイヴィッド・チャーマーズさんが定義したみたいですよ

368 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:31:25.76
>>367
定義じゃなくて主観に基づく説明。定義できたら、もはやそれはクオリアじゃないんだよ。
哲学の議論知らない人間が、わかってないのはある意味仕方ないけどね。

369 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:33:44.75
これまでもクオリアを定義しようと、いろいろ議論がされてきたが、みんな破綻している。

370 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:36:45.94
>>368
じゃあ、Wikipediaで説明されていることは一体なんなんですか?

哲学的ゾンビについてはデイヴィッド・チャーマーズさんが定義したみたいですが、
○○を哲学的ゾンビとして定義しますって最初に論文発表した人が述べたなら、ちゃんと定義されているという事にならないのですか?w

371 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:41:00.12
証明できない命題の存在は不完全性定理によって確認済み

つまり、存在するかそうでないか証明できない「モノ」があるというのに
それをわざわざ定義してどうするつもりなの?

372 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:48:42.49
思考実験の一つでしょ。
そんな事言ったらシュレディンガーの猫だって意味無いだろ。
ゲーデルの不完全性定理は公理を証明できないという意味だよ。ここでは関係ないと思うんだけど。
それに、そんな事を言ったら数式自体が意味のないものになる。
数学は証明できない命題を基礎に成り立ってるけど、それでも実生活には役立ってる。

わざわざ定義してどうするのって言われても困るわ。
定義したのは俺じゃなくて、デイヴィッド・チャーマーズさんだし。
でも、あなたの話ではこれらの命題は定義できない訳ね?
しかしWikipediaにはちゃんと定義されている。

俺はWikipediaが正しいと思ってるんだけど
Wikipediaが間違ってるのかね?w

373 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:50:44.97
そう思うならWikipediaを編集すればいいと思うよ

374 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:51:28.41
それで君の思うとおりのWikipediaになる

375 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:53:03.11
数学では、
平行線が決して交わることが出来ないという事を証明することは出来ない。

でも、数学者が平行線は交わらないと定義した。
そして、その定義の上で数学は発展した。

哲学では、
哲学的ゾンビがいったいどういう事なのかよくわからない。

でも、哲学的ゾンビを「物理的化学的電気的反応としては、普通の人間と全く同じであるが、意識(クオリア)を全く持っていない人間」とデイヴィッド・チャーマーズさんが定義した。
そして、その定義の上でその分野の哲学が発展した。
__________________________
こんな感じなんじゃないの? 違うの?

376 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:55:13.18
>>373-374
俺はWikipediaが正しいと思ってるから修正する必要はないと思ってる。
でも、君はWikipediaが述べていることが間違えだと言っているわけだろ(定義不可能なはずなのに、Wikipediaではちゃんと定義されている)?

編集するのは君だろう。俺はWikipediaが正しいと思ってるから。


377 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:59:23.19
Wikipediaが間違ってるのかね?w


373 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:50:44.97
そう思うならWikipediaを編集すればいいと思うよ


374 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 21:51:28.41
それで君の思うとおりのWikipediaになる


378 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 22:00:44.86
>俺はWikipediaが正しいと思ってるから。

それはよかったな

379 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 22:02:00.47
>>377
俺はWikipediaが正しいと思ってるんだけど
Wikipediaが間違ってるのかね?w

俺はWikipediaが正しいと思ってるんだけど
Wikipediaが間違ってるのかね?w

読めなかったみたいなので、二回書きました。

Wikipediaが間違えだというのは君の理論だよ。
Wikipediaではきちんと定義されているのに、それは定義不可能なものだと言い出したのは君だろう。

380 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 22:05:11.41
それはよかったな

381 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 22:10:49.07
まぁええわ。

釣り師がいたみたいだから暇つぶしに釣られてみたわけだが、こうも簡単に理論崩壊が起きるとはつまらん。
すでに逃げ腰だしw

もうちょっと頭鍛えてから釣り師やれば?w
じゃあねw 自称哲学に詳しい人w

382 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 22:12:55.10
それはよかったな

383 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 22:43:31.22
>>375
「証明」を計算可能(またはプログラム可能)と解釈すると、ム板ではとても重要な課題となる訳で・・・
存在を証明できない「モノ」の定義は哲学板でやればいいと思うな。

少なくとも計算不可能な命題を構成要素に持つ「クオリア」についてはお手上げ

384 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 22:55:30.90
プログラマ的に言えば
「このオブジェクト有ってもなくても実行結果変わらないな、じゃ消しちゃえ」
ってことかな

385 :デフォルトの名無しさん:2011/09/14(水) 23:06:29.30
でもチューリングによって

「人間に可能なことはチューリングマシンでも可能である」
と証明されているわけで・・・

その「チューリングマシン」は厳密に計算可能な存在であって・・・


・・・・・・・・あれ?クオリアって何だろうな?

386 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 00:01:11.48
>>370
定義じゃなくて説明。

387 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 00:03:02.76
>>385
>「人間に可能なことはチューリングマシンでも可能である」
>と証明されているわけで・・・

されてないだろ。どこをどう読んだらそんな理解になるの?

388 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 00:10:05.62
このスレには煽ることが目的の人がいるみたいだな。
>>387とか。

釣られないほうがいいぞ。

389 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 00:11:38.37
>>375
定義したと勝手に宣言することはできるが、それは定義できたこととは違うんだよ。
クオリアが何を差すかは人によって違うから、定義できていない。

390 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 00:15:10.28
>>386-387 >>389はさっきの荒らしだろ。
突然沸いてきて連発でレスするから一発で分る。

391 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 00:17:00.68
>>390
荒らしはお前。黙ってろ。

392 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 00:18:31.99
とりあえず草生やしだしたらそいつ

393 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 00:21:55.10
黙ってろ、馬鹿、とか言って煽るのもそいつの特徴だったな。

394 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 11:39:03.62
ニートvsニート

395 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 13:04:39.72
煽られたぐらいで動じるのはレベルが低い
スルー力なさすぎ

396 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 14:16:25.84
いじめを受けただけで訴訟を起こすのはレベルが低い
忍耐力なさすぎ

397 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 14:29:24.69
>>395-396
おまえらアホすぎ

398 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 14:50:05.85
>>397
アホと思うやつにレスするのはもっとアホ

399 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 15:34:23.18
>>398
つ鏡

400 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 15:54:58.03
>>398
もっとアホにレスしてるもっともっとアホ

401 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 16:36:42.07
聖書の頭に書いてあること
「はじめに言葉ありき」


402 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 17:08:05.73
おまえらの脳をソースにすればよくね?

403 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 17:41:59.66
なぜ脳が意識というものを持ちえたのかということはまだわかってない
わかってないものをソースにはできない

404 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 17:42:34.99
>>400
もっと^2アホにレスしてるもっと^3アホ


405 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 19:12:19.28
あとから人間に匹敵するような仕組みに学習させてその基本を構築するならば
人間のセンサー以上の多様性の現実を感じられる入力装置は必須になるな。

そして知能が成長する時間は飛んでもなく時間がかかる、保育器で育てて
放置すればできあがるのは保育器から与えられた情報のコピーで多様的な情報を
与えられない時点で終わっている。

406 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 19:12:56.77
>>405
低脳は黙ってろ

407 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 20:45:44.87
黙ってろさんキタ――(゚∀゚)――!!

408 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 21:49:43.36
人間のようなネットワーク型の情報処理を行うハードウエアに学習させても
人間が大人になる期間と同じ時間がかかるのは当然だろう。
20歳過ぎてもお子様なのがいるわけでwwwwwwwwwww

409 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 22:30:51.16
人が学習してる時間なんてほんの一部
人の脳と同じ規模のAIに24時間ぶっ通しで学習させれば
1年もせず天才頭脳が出来上がるさ

410 :デフォルトの名無しさん:2011/09/15(木) 23:57:13.53
>>405
>あとから人間に匹敵するような仕組みに学習させてその基本を構築するならば
>人間のセンサー以上の多様性の現実を感じられる入力装置は必須になるな。

それは根拠ない君の妄想。

>>408
なんで人間と同じような学習方法を使わないといかんのだ。
悪いところまで模倣する必要はない。
そもそも、現状でも人間が把握しきれないようなAIも出てきているわけで、
別のアプローチで目標があっさりと達成される可能性もある。

411 :デフォルトの名無しさん:2011/09/16(金) 00:00:29.04
>>410
低脳は黙ってろ

412 :デフォルトの名無しさん:2011/09/16(金) 00:03:48.49
論破されたからといって、モノマネはいかんな。

413 :デフォルトの名無しさん:2011/09/16(金) 00:12:12.30
まぁ、>>410>>412が黙ってろの人だろうな。
脳に障害がある人に特徴的な文章だからすぐにわかってしまう。

>>411は真似しただけだろう。

414 :デフォルトの名無しさん:2011/09/16(金) 02:21:51.46
えええ??
410て障害者だったの?

415 :デフォルトの名無しさん:2011/09/16(金) 06:05:21.07
さわんな

416 :デフォルトの名無しさん:2011/09/16(金) 12:24:51.39
>>415
今日も黙ってろさんは元気なようで安心した^w^

417 :デフォルトの名無しさん:2011/09/16(金) 13:13:11.79
違う人間なのに、同一人物と特定した気になっているのが笑える。

418 :デフォルトの名無しさん:2011/09/16(金) 14:01:45.42
ここは釣り堀だったのか・・・

419 : ◆golemBOXTE :2011/09/17(土) 08:42:23.41
流れが止まったと見ましたので、再び質問をさせていただきます。

1.
 1-1. 弱いAIができあがる際に、巡回セールスマン問題は起きてないのでしょうか?
 1-2. そもそも起きるものは作らない、(べきではない)のでしょうか?
ディープブルーのような物でも起きそうな気がしてならないのですが。
(前述もしましたが、ディープブルーに弱いAIがあるかどうかは確信してませんが)

420 : ◆golemBOXTE :2011/09/17(土) 08:44:31.16
続き
2.フレーム問題と巡回セールスマン問題は密接な関係にあると思うのですが、
あまり同時に取り扱ってるモノを発見できてません。(私の検索能力の問題でもありますが)
 2-1. あまり関係無いのでしょうか?
 2-2. また、問題の困難差はどちらが上だと思いますでしょうか?

421 : ◆golemBOXTE :2011/09/17(土) 08:47:04.48
続き
3.また、フレーム問題について、現行で単純に回避するには、
各関数(私は、プログラム板なので関数をイメージします)
で折り合いをつけるのが妥当なのでしょうか?

個人個人考えが違うと思いますが、回答または意見をお願いします。

いまだにここで話し合うべき話がどのようなことが妥当なのかどうか分かってませんので、
スレチでしたら、その旨も教えてください。

422 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/17(土) 12:30:30.91
>>419
君の弱いAIの定義がわからないからそれは置いておくとして、
将棋とかの場合は、予め定石がインストールされているから、はじめの方は計算が殆どいらないから、計算困難さはそれほどない。
終盤になってくると計算の重要度が上がってくるけど、場面上の駒も減って計算しやすくなってるから巡回セールスマン問題は起きない。

チェスなんかだと取得した駒を使えないから、余計に巡回セールスマン問題は起きない。

423 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/17(土) 12:42:29.00
>>420
関係はあるよ。
でも、問題の困難さがどちらが上とかは言えないかな。

>>421
人間の場合だとわざわざ計算とかはしないよね。
失敗経験を覚えて、それで回避する。
例え「スプーンを取ろうとしたらコップの水をこぼした」
フレーム問題は記憶で回避出来ると俺は思ってる。

もうちょっとHDDの容量が増えたら問題にならなくなる。

424 : ◆golemBOXTE :2011/09/17(土) 13:49:52.23
>>422
レスありがとうございますです。
いまだに、弱いAIの定義は私にはできなく、お答えしてくれる方々から、
「〜〜モノも」は弱いAIを使っていて、そこでは「これこれこういう困ったことがあり」
「これこれこういう」方法で解決していくなどを聞こうとしていましたです。
 相手に依存しててすいませんです。
「〜〜モノも」の部分で私の知らない弱いAIを使っているものを聞ければなぁっと
考えていましたです。 そして、ああこれも弱いAIかと認識しようと思って
尋ねていた節です。

425 : ◆golemBOXTE :2011/09/17(土) 13:52:14.18
続き
>場面上の駒も減って
将棋の場合、持ち駒が多くなり、かつ置ける場所が増えるので
計算可能性が増える気がするのですが、むしろ減るのでしょうか?

426 : ◆golemBOXTE :2011/09/17(土) 13:54:49.28
続き
>>423
>失敗経験を覚えて、それで回避する。
というのが良く分からないのですが、
すべての判定から、削っていってフレームを残すということではなく、
0の状態から1つずつフレームを作っていくということなのでしょうか?
もしそうであれば、これは現在簡単にできますでしょうか?

427 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/17(土) 13:57:03.36
>>425
終盤になってくると、そもそも詰みまでが短いし、歩なんかが増えても打てる場所が限られてるからね。
だから、PCが得意としてるのは終盤戦。
逆に、計算しにくい中盤くらいまではそれほど強くなかったりする。でも、そのうちPCの性能が上がってプロでも勝てなくなるだろうけどね。

428 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/17(土) 14:04:58.83
>>426
私たちの頭は、人工知能(ここでは弱いAIと定義)と同じく、現実に起こりうる問題全てに対処することができない。
例えば、何も知識のない子供がスプーンを取ろうとした時、考えられるリスクを一々計算する能力は人工知能と同じく無い。
一度、コップを倒したりして経験しないと回避は出来ない。
だから、最初にコップを取るときはそのコップを取るというロジックしか頭の中に存在していず、コップを倒すという失敗などを積み重ねて、それらを回避するロジックが頭の中で構成される。

そもそもフレーム問題っていうのがそもそも変なんだよ。
私たちだって長い時間を得て失敗を繰り返し、失敗から学んでスプーンを安全に取るという動作をしている。
にもかかわらず、フレーム問題ではこれらの問題を最初から計算によって解決しようとしてる。
私たちだって計算によって解決することは不可能だよ。
だから、知識のない子供は間違って高いところから飛び降りたりしてしまうわけ。熱い沸騰したヤカンに触っちゃったりね。

AIについての定義は>>329を使用

429 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/17(土) 14:07:03.18
>>426
実現可能性はあるよ。
簡単なのなら可能でしょう。

実際にそういうのがあるしね。

430 : ◆golemBOXTE :2011/09/17(土) 15:10:19.18
>>427
>逆に、計算しにくい中盤くらいまではそれほど強くなかったりする。
現行のPCでは、巡回セールスマン問題は起きないのでしょうか?
起きてるから弱いのでしょうか?


431 : ◆golemBOXTE :2011/09/17(土) 15:14:00.21
続き
>>428
>だから、最初にコップを取るときはそのコップを取るというロジックしか頭の中に存在していず、
>コップを倒すという失敗などを積み重ねて、それらを回避するロジックが頭の中で構成される。

やはりこの部分が私には、すごく難しい行為に思えますです。
自律的にロジックを作るということでよろしいのでしょうか?

であれば、フレーム同士の折り合いをつけるのと、自律的にロジックを作ることでは
どちらが簡単にできますでしょうか?
より簡単なものを採用しようと思い質問したしだいでして。


432 : ◆golemBOXTE :2011/09/17(土) 15:16:47.61
続き
>>429
できましたら、どんなものがあるのか教えてもらえますでしょうか?
もしくはそれに繋がるキーワードをお願いしますです。
ぐぐって勉強しますです。
そして自分でもどの方法が簡単かを再考しようと思いますです。

433 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/17(土) 16:04:32.01
>>430
PCが処理できないような巡回セールスマン問題は起きてないよ。
そういう問題が起こらないようにプログラムされてる。

>>431
>だから、最初にスプーンを取るときはそのコップを取るというロジックしか頭の中に存在していず、
>コップを倒すという失敗などを積み重ねて、それらを回避するロジックが頭の中で構成される。
ちょっとコップとスプーンを間違えたから修正。

計算する方が難しいよ。
考えうるリスクをすべて計算する方が難しい。
スプーンを取ろうとした時、空気中の密度や粘度、スプーンの硬度、どこからかボールが飛んで来る危険性、etc・・・。
一度失敗をして、その失敗を再度引き起こさないようにプログラムする方が簡単。

>>432
anlifeについて調べてみたら?
失敗→他の方法→失敗→他の方法を繰り返しながら学習する人工知能。

フレーム問題ではまず失敗が起こらないように人工知能に計算をさせるけど、
そんな事をする必要は本当は無い。
失敗を記憶すればいいだけなんだよ。人間だってそうなんだから。



434 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/17(土) 16:15:48.73
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%95%8F%E9%A1%8C#.E3.83.95.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.83.A0.E5.95.8F.E9.A1.8C.E3.81.AE.E4.BE.8B
ここにフレーム問題の例えが載ってるけど、よくよく考えるとおかしいことがわかる。

まず、爆弾についての教育を受けていない子供だって爆弾持ったままバッテリーを洞窟の外まで運び出すでしょ?
2.3については人間でも同じことだよ。考えすぎて深みにはまっている状態。

例えが爆弾だからいけない、さっき言った、スプーンを運ぶといった動作だったらどう?

人間はスプーンを運ぶ過程で水をこぼすかもしれない。そうしたら親に怒られて失敗を修正し、次からは失敗しなくなるだろう。
初めから失敗しないというのは無理。人間も2.3の解決方法は無理なんだよ。

人工知能だって同じことだ。スプーンを運ぶ過程で水をこぼすかもしれない。そうしたらプログラム設計者が駄目という指示を出す。次からは失敗しなくなるだろう。
初めから失敗しないというのは無理。2.3の解決方法は無理。

435 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/17(土) 16:20:00.04
フレーム問題というのは、
失敗からの学習を否定(失敗したら爆発みたいな)しているから問題になるのであって、
失敗からの学習を肯定すれば、フレーム問題は簡単に解決出来る。

436 : ◆golemBOXTE :2011/09/17(土) 17:29:39.65
ほんといろいろありがとうございすです。
anlifeも紹介してくださってありがとうございましたです。
いろいろ後ほど触ってみますです。

ただ、すいません、簡単のレベルが高すぎるようで、
私には、このanlifeレベルの実装は今のところ無理っぽいです。
試行回数にしても、最低でも万の位なようで、やはり
そういうLVの話になるのですねぇ。
試行回数にしても5〜10回くらいのものを想像しちゃってましたです。


437 : ◆golemBOXTE :2011/09/17(土) 17:32:16.19
続き
そもそも、「フレーム問題」という言葉自体を勘違いしてたみたいでして、
フレーム問題をフレームのぶつかり合いだと思ってました。
(クリーチャーと呼ばれるロボットのことを読んで、しかもちゃんと理解をして
いなないが為に)

「現実に起こりうる問題全てに対処することができないことを示すものである」
的な定義があったのですね。
なので、強いAI限定の話になるのですね。



438 : ◆golemBOXTE :2011/09/17(土) 17:35:08.14
続き
弱いAIでも起こりうる話かと思ってました。ので勘違いしてましたです。

対処すべきことi x 有限情報j > フレーム数k個による対処できること
のときに起こる問題みたいな定義だと勝手に思ってました。

いろいろ細かく教えてくださったおかげで、理解も深まり、
勘違いも解消でき ほんとうにありがとうございましたです。

439 :デフォルトの名無しさん:2011/09/17(土) 17:35:17.37
>>419
線形的な秩序のモデルに当てはめると全ては合理的に捉え非合理な部分は排除される
特徴になります。何故なら求めるものに効率や結果が求められ、そこに隠れているものが
合理的であるからです。どうやっても合理的な欲求を重ね、無限に重ねるほど合理的な部分
な性質になり、非合理と思われる範囲を扱わなくなります。理由は無駄だからです。
複雑な問題は秩序に逆らうような特徴を持っているからこそ合理的な捉え方では計れない
のです。そこに必要なのは非合理的な特徴、巡回セールスマン問題はカオスニューラルネット
ワークモデルで完璧に近いほど解けています。解けないパターンはまだ発見されていない。
注意ですが、そのモデルで100%解けると証明されていないので完璧とはまだいえません。

学習の否定から計算できるという考えもありますが。そのモデルは有限値の範囲であり
無限大に近づくほと学習量は指数的の肥大化して学習からの判断は不可能になります。
学習するという情報を蓄える規模が大きくなるほど比例する程度では問題ないかも
しれませんが、指数的に検索経路が肥大化することで検索が困難(不可能の域に収束する)
になる。

440 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/17(土) 17:49:22.80
>>436
人間だって5〜10回程度じゃ学習出来ないから仕方ないね。
高校で部活やるにしても、毎日毎日の練習を1〜2年続けないと上手くならないしね。

>>439
人間程度の知能を持ち合わせるくらいなら十分可能だと思ってる。
バーチャル空間での学習能力は人間よりもPCの方がすでに上だと思う。

もちろん人間を超えてさらに先に進むようになると困難になることは十分に理解してるけど、
今はそこまでの技術は必要ないと思ってる。

441 :デフォルトの名無しさん:2011/09/17(土) 17:58:21.42
ハッシュ法のような単純な検索方法でも検索部分の肥大化、多段でハッシュを行っても
情報の分散が均一化していなければ極度に無駄な検索情報が累積肥大化という状況になります
肥大化させない為に許される範囲で線形探索を許容する必要があり、完全な解決には
至りません。何故このようなことが避けられないか?、それは学習の蓄積で行う判定が
論理的なメタ情報の判定で行われるからです、単純化した判定は社会構造のような高度な
意味を扱えません。そのような抽象的な判断をするには抽象的な学習が必要になります。
抽象的な学習とは哲学用語の形而上の類の学習を示します。
人ができて弱いAIが困難なのは、神や悪魔や精霊のように曖昧で主観的で
客観的に扱えない類を情報にできるかという点にあります。
論理性で極めたコンピュータモデル上で動くAIに論理的な手法やアルゴリズムで
心や精神といった非論理的なものを扱うのが間違いであり非論理的な手法が必要に
なるはずです。植物人間や中2病や精神病がAIで実現できないならば、それは
合理性の範囲を検索するという特徴であります。人間性とは論理を極めるのではなく
非論理的な部分にこそ人間的なものがあるわけです。

442 :303 ◆//7fSEic6hkg :2011/09/17(土) 18:05:19.85
>>441
なるほど、厨二病ですか。いい指摘だと思います。

私が物体が感情を持つために必要だと思っている要素
快楽・恥ずかしさ・痛み・死

褒められたりして気持ちがいい
怒られて気分が悪い

特にこの2つの要素は極めて重要だと思ってる。
犬とかをしつける時に、餌で釣ったりするからね。

443 :デフォルトの名無しさん:2011/09/17(土) 18:38:20.94
>>442
>褒められたりして気持ちがいい
>怒られて気分が悪い
最初は誰でもそういうことを考えるんだよ。
そういう抽象的なことをね。
でもソースプログラムを構想していくうちにそんなんじゃダメだと気づく。
そんな単純なことではないんだ、とね。

まあ方向性はあってると思うがね

444 : ◆golemBOXTE :2011/09/17(土) 18:56:43.67
>>439
回答ありがとうございます。
書いてあることが難しくて表面上の2割りも理解できてないかもしれませんですが、
カオスニューラルネットワークモデルを使えば大丈夫なのですね。
>解けないパターンはまだ発見されていない。
私にとってはそれで、=100%に等しいです。

時間をかけてカオスニューラルネットワークを勉強しようと思います。

445 : ◆golemBOXTE :2011/09/17(土) 18:58:47.64
続き
>そのモデルは有限値の範囲であり無限大に近づくほと学習量は指数的の肥大化して
学習からの判断は不可能になります。
やはり、なんとなくでしか理解できてませんが、経路選択アルゴリズムをやろうとしたときに、
同じような問題にぶつかったような気がします。
理解できてないので変なことを言ってたらすいませんです。


446 :デフォルトの名無しさん:2011/09/17(土) 23:26:10.90
>>428
意識もクオリアもAIとは何の関係もありません。

447 :デフォルトの名無しさん:2011/09/17(土) 23:28:20.36
>>435
そんな単純な話ではないよ。
君AI作ったことあって言っているの?

448 :デフォルトの名無しさん:2011/09/17(土) 23:34:07.35
>>441
>論理性で極めたコンピュータモデル上で動くAIに論理的な手法やアルゴリズムで
>心や精神といった非論理的なものを扱うのが間違いであり非論理的な手法が必要に
>なるはずです。

そうではありません。心も精神も根源的には論理的に動いています。
それは物質が物理法則に従って動いているのと同じです。


449 :デフォルトの名無しさん:2011/09/17(土) 23:40:03.95
>>446-448
また、いつものきもいのがわいたな。

450 :デフォルトの名無しさん:2011/09/18(日) 00:00:27.35
スルーできないのもアホ

451 :デフォルトの名無しさん:2011/09/18(日) 00:11:50.56
AIの議論にクオリアや意識を持ち込むのは本当にやめてほしい。
全然関係ないんだから。

452 :デフォルトの名無しさん:2011/09/18(日) 06:50:37.13
統合失調症の人さ、もうちょっと物事を冷静に考えようね。

453 :デフォルトの名無しさん:2011/09/18(日) 16:46:56.60
>>449
お前にぴったりだ、戌の分際ですこしは黙っていろ。

454 :デフォルトの名無しさん:2011/09/18(日) 17:48:37.42
貴様こそ人間未満だろが。

455 :デフォルトの名無しさん:2011/09/18(日) 19:01:15.63
>>452
本物が釣れたようです。

456 :デフォルトの名無しさん:2011/09/19(月) 17:56:41.53
>>448
おそらく論理的に動いているのであろうが・・・
まだその構造を全て調べられてなじゃないのかい?

457 :デフォルトの名無しさん:2011/09/19(月) 17:58:06.82
>>456
釣り師に餌やらないほうがいいぞ。
上の方のスレ確認汁

458 :デフォルトの名無しさん:2011/09/19(月) 17:58:25.47
レスな

459 :デフォルトの名無しさん:2011/09/19(月) 19:35:59.50
>>456
たった1つの論理構造が駄目でも機能しないタイプだって理解できないんだよ、
それも無数にあるので調べきれない。
調べるほど分からないことがでてくる、それが科学っていうもの。

460 :デフォルトの名無しさん:2011/09/19(月) 22:23:46.92
>>456
調べきれていないのは、スパゲッティソースコードが読めないのと同じ。
ミニマムな構成自体(化学反応)はわかっていても、
複雑に積みあがると何が何だかわけわからんことになったりする。
決定論的カオスが、単純な論理式で作られていても、
それが出す結果を値だけで見ていると出鱈目なランダムに見えてしまう。

461 :デフォルトの名無しさん:2011/09/28(水) 21:25:04.75
パーセプトロンみたいな神経細胞単体のミクロな数理モデルだけじゃ、
脳全体のマクロな挙動を模倣するには計算量や素子数的に限界があるんで、
マクロな挙動を模倣する数理モデルを何個か組み合わせて知能モドキ作れないかな

462 :デフォルトの名無しさん:2011/09/29(木) 13:13:37.54
http://blog.livedoor.jp/karukan123/archives/51291729.html
あまり関係ないかもしれないが、面白い記事があったので。

463 :デフォルトの名無しさん:2011/09/29(木) 13:55:33.27
>>461
作ればいいだろ、「作らない=作れない」という自己紹介

464 :デフォルトの名無しさん:2011/10/17(月) 12:09:36.80
>>マクロな挙動を模倣する数理モデル
これって難しすぎて、まだ誰も作れてないんじゃないかな?

複数のニューロンでできているコラムと言う単位があるそうですが、
先に、コラムの情報処理の仕組みを解明してモデル化できないと難しそう。
適当な知識で書いているので、間違っていたら、こめんなさい。

465 :デフォルトの名無しさん:2011/10/17(月) 22:42:52.07
>>464
それミスリードだろ
自動じゃなくて手動でモデル構築な。モデルなど任意であって創作ってこと。

466 :デフォルトの名無しさん:2011/10/20(木) 21:13:07.29
>>464
モデル自体は山ほど提案されている
問題は一般人から知能と呼んで貰えるレベルのものがないこと
結局は人間の想像力と創造力の問題なんだろう

467 :デフォルトの名無しさん:2011/10/20(木) 21:51:45.45
×結局は人間の想像力と創造力の問題なんだろう
○結局はAIが持つ想像力と創造力の問題なんだろう

468 :デフォルトの名無しさん:2011/10/20(木) 22:44:11.92
神経を束ねた肉のかたまり作っても意味なし。

469 :デフォルトの名無しさん:2011/10/20(木) 22:51:34.73
作れば?

470 :デフォルトの名無しさん:2011/10/28(金) 10:25:06.71
構文解析を勉強したいんだけど何かいい本ない?

471 :デフォルトの名無しさん:2011/10/28(金) 12:50:50.01
人工知能っぽいことをしたいなら自然言語処理か?

472 :デフォルトの名無しさん:2011/10/28(金) 17:27:59.99
>>471
×人工知能っぽいこと
○人工無脳っぽいこと

論理的な側面だけで計るのはパターン集合にすぎない。
感情面、つまり物事の関係を繋ぐものであるならニューラルネットワーク
でも使えよ。

>>470
普通に検索すれば?google
>検索約 426,000 件

473 :デフォルトの名無しさん:2011/10/28(金) 17:56:58.79
人工無脳ならそりゃそうだけど、

自然言語で質問できるエキスパートシステム、って言ったら堅苦しいが
要はSiriとかウルフラムアルファのようなもののフロントエンドにおける構文解析だって、
基本は自然言語処理の手法なわけじゃん?

474 :デフォルトの名無しさん:2011/10/28(金) 22:05:40.35
>>473
それ機械翻訳すれば分かることだ。お前は技術をしらなすぎる。

475 :デフォルトの名無しさん:2011/10/29(土) 09:25:51.29
自然言語処理の手法を使わないで構文解析できる、ということですか?
技術を知ってるなら、ちゃんと説明できますよね、説明してください。

476 :デフォルトの名無しさん:2011/10/29(土) 17:35:13.88
プログラム言語を知っている=設計ができる
コーディングができる=アルゴリズムを作れる
日本語を知っている=論文がかける

ということ?


477 :デフォルトの名無しさん:2011/10/29(土) 18:30:13.91
逆裏対偶もわからない人か?

478 :デフォルトの名無しさん:2011/10/30(日) 01:47:47.37
議論だと思い込んでいる馬鹿がいるなwww

479 :デフォルトの名無しさん:2011/10/30(日) 01:50:29.40
議論すらできないバカなんだろ、おまえが。

480 :デフォルトの名無しさん:2011/10/30(日) 16:53:23.68
2chで議論だってよw

481 :デフォルトの名無しさん:2011/10/30(日) 18:04:21.96
2chは議論する場ですよ、政府内閣だって2chで議論しているし
ノーベル賞もらった大学教授だって2chで議論しているわ

482 :デフォルトの名無しさん:2011/10/30(日) 18:22:35.81
ヒント:議論は一人ではできない。相手は誰よ?

483 :デフォルトの名無しさん:2011/10/31(月) 04:11:24.53
>>482
一人でできるだろ。

484 :デフォルトの名無しさん:2011/10/31(月) 15:18:03.80
>>483
ポエム

485 :デフォルトの名無しさん:2011/11/29(火) 12:05:40.12
入門サイトおしえろ

486 :デフォルトの名無しさん:2011/11/29(火) 14:04:15.30
ggrks

487 :デフォルトの名無しさん:2011/12/03(土) 13:49:54.35
言語は意思疎通の手段でしかない
その土台には感情がある
人と会話するなら人を知らなければならない

488 :デフォルトの名無しさん:2011/12/03(土) 18:07:32.19
kzdmr

144 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)